三島由紀夫のニュース

三島由紀夫を聴く~1970年2月19日のインタビューテープ~

PR TIMES / 2017年02月27日12時39分

放送日時:3月1日(水)18:00~19:00 出演者:岩下尚史(作家)吉田大八(映画監督)山中剛史(三島由紀夫文学館特別研究員) [画像1: https://prtimes.jp/i/3392/230/resize/d3392-230-167302-0.jpg ] 1月に、TBS社内で 文学者・三島由紀夫の肉声テープが発見された。それは「使用禁止」と書か [全文を読む]

特報!三島文学の最高峰「剣」の唯一のTV版ドラマが2月7日(火)にCS・TBSチャンネル2で放送!

PR TIMES / 2017年02月01日17時40分

「傷つきやすく、雄々しく、美しい自尊心をいだいた青年の死」の物語 CS放送「TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ」では、三島由紀夫原作ドラマ「剣」を2月7日(火)午後7時から放送する。 [画像1: https://prtimes.jp/i/3065/746/resize/d3065-746-347464-0.jpg ] 三島由紀夫ドラマ「剣」は [全文を読む]

ええ~ッ。そんな繋がりあったの!? 三島由紀夫と石原慎太郎の“アヤシイ“関係!

tocana / 2014年04月26日21時00分

「十一月半ばのよく晴れた夜半すぎ、埼玉県飯能市の大きな邸の車庫から、五十一年型のフォルクスワーゲンがけたたましい音を立てて走り出した」(『美しい星』より引用) 三島由紀夫の小説『美しい星』の冒頭である。ちなみに車の行き先は街の外れにある羅漢山。そして目的はなんと、空飛ぶ円盤との交流である。 小説が発表されたのは昭和37年。以前からUFO観測に熱中していた三 [全文を読む]

『三島由紀夫 展示即売会』開催!~ 「小宮山書店」、4階ショールームにて7月14日(土)より ~

@Press / 2012年07月06日10時00分

株式会社小宮山書店(本社:東京都千代田区、代表取締役:小宮山 慶太)が運営する古本屋「小宮山書店」は、2012年7月14日(土)から7月29日(日)まで、4階ショールームにて『三島由紀夫 展示即売会』を開催します。『三島由紀夫 展示即売会』:http://www.book-komiyama.co.jp/mishima_exh.php【代表取締役 小宮山 慶 [全文を読む]

三島由紀夫の近代能楽集を美輪明宏主演で上演 『葵上(あおいのうえ)・卒塔婆小町(そとばこまち)』

@Press / 2017年02月23日18時00分

三島由紀夫が生前に切望した美輪明宏演出・主演による舞台「葵上・卒塔婆小町」 三島由紀夫と美輪明宏の美学が織り成すこれぞまさに究極の耽美的世界! 大好評にお応えして、7年ぶりに待望の再演! 三島由紀夫が、その上演を切望した美輪明宏演出・主演による『近代能楽集』より「葵上」と「卒塔婆小町」の2作品。1996年にパルコ劇場で三島氏に美輪氏が説明した演出プラン [全文を読む]

文庫週間・月間ランキング1位!盛り上がる文豪作品ブーム 三島由紀夫のエンタメ小説が発行部数20万部突破

@Press / 2015年10月21日11時00分

株式会社筑摩書房(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:山野浩一)が1998年に刊行した三島由紀夫『命売ります』(ちくま文庫)は売上好調につき、2015年10月13日、累計発行部数20万部を突破いたしました。(2015年10月21日現在 24刷 累計21万1,200部)刊行から今年6月までの17年間は4万部という静かな売れ行きでしたが、新しい帯を付けて再展 [全文を読む]

没後45年に偉業達成!三島由紀夫のエンタメ小説『命売ります』が2015年 紀伊國屋書店新宿本店 文庫年間ランキング1位に

@Press / 2016年01月21日14時30分

株式会社筑摩書房(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:山野浩一)が1998年に刊行した三島由紀夫『命売ります』(ちくま文庫)が、2015年紀伊國屋書店新宿本店文庫年間ランキング1位となりました。三島由紀夫生誕90年・没後45年のメモリアルイヤーに刻まれたこの歴史的な快挙に、関係者の間でも驚きの声が上がっています。『命売ります』は刊行から2015年6月まで [全文を読む]

三島由紀夫の隠れた怪作が20万部突破!三島作品No.1を決定する“緊急国民投票”も開催中

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月24日09時00分

1968年に『週刊プレイボーイ』にて連載された、三島由紀夫の長編小説『命売ります』。同作は、従来の三島作品のイメージを覆すような、軽いタッチとスリリングな展開で繰り広げられる、極上のエンタメ小説だ。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 1998年に文庫版が刊行された『命売ります』だが、2015年10月13日(火)に累計発行部数が20万部を突破した。刊 [全文を読む]

三島由紀夫「処女作」幻の生原稿を独占入手

NEWSポストセブン / 2016年11月14日07時00分

作家・三島由紀夫にとっては、16歳の時に書いた短編「花ざかりの森」がそれにあたる。だが、長らくその生原稿の所在は不明であり、研究者の間では失われたものと思われていた。 1970年11月に自決してから46年の時を経た今、三島研究で知られる文芸評論家・西法太郎氏の手により、その生原稿が発掘された。そこに記されていたのは、まさに作家・三島由紀夫の誕生の瞬間だった [全文を読む]

明治以降の文壇で一番ケンカが強い作家は誰だろう?

メディアゴン / 2015年06月16日07時00分

柴川淳一[郷土史家]* * *本棚に三島由紀夫と太宰治の文庫本があった。有名な話だが、鰻屋の二階だかで、三島由紀夫が太宰治に向かって「僕は貴方が嫌いです。」と言ったというエピソードを思い出した。三島は太宰に喧嘩を売っているのか? というわけでもなく、「あなた(太宰)の文学が嫌いだ」という文学論争を吹っ掛けたのだとかいうのが事実らしい。しかし、文学について無 [全文を読む]

フォーカス