滝沢充子のニュース

能年玲奈、証人出廷の可能性も? 滝沢充子氏との“本当の関係”が明らかに!?

tocana / 2016年05月10日09時00分

能年は“生ゴミ先生”こと魅力開発トレーナーの滝沢充子氏を慕い、昨年1月に個人事務所を設立。代表取締役は能年で、滝沢氏は唯一の取締役に就任した。 「それを所属事務所に無断で行ったことから、大騒動になった。滝沢氏のもとにはマスコミが殺到し、一部スポーツ紙と女性誌が能年と滝沢氏の関係を『洗脳状態』と報じた。これに滝沢氏が激怒。『洗脳というワードはオウム真理教事件 [全文を読む]

能年玲奈、マギー、清水富美加……相次ぐ騒動で定着した「レプロ=怖い」というイメージ

日刊サイゾー / 2017年02月14日00時00分

寮の乾燥機が壊れた際には、能年が「明日のパンツがない」「財布に200円しかない」と、深夜、当時演技指導をしていた滝沢充子氏に電話したこともあったと伝えた。 また、『あまちゃん』でブレーク後、能年にはオファーが殺到したが、レプロは仕事を勝手に断っていたといい、その中には能年が出演を熱望していた実写映画『進撃の巨人』も。当時、能年は記者の直撃に「仕事がしたい」 [全文を読む]

能年玲奈の前所属事務所が「ブラック企業大賞はジャニーズ」とツイートし炎上! 一方、能年は林真理子に本音を

リテラ / 2016年11月23日20時00分

しかし、能年が事務所側のマネジメントに不信感をもち、独立を願い出ると、ブレイク前から指導を受けてきた演出家の滝沢充子氏に「洗脳」されているとして、独立を認めず、すべての仕事を剥奪。能年を全く仕事のない飼い殺し状態に追い込んだのだ。 それだけではない。昨年春には週刊誌やスポーツ紙に独立騒動の情報を流し、「洗脳」との能年バッシングの流れをつくりあげた。大手メデ [全文を読む]

のん(能年玲奈)が「ワルイちゃん」グッズ展開も、酒井法子の「のりピーちゃん」に激似!? 丸い顔に毛が3本で

日刊サイゾー / 2016年11月11日17時00分

書籍化やアニメ化のほか、2003年には絵本化もされ、酒井は逮捕される数年前まで、10年以上にわたり展開させていました」(芸能記者) のんといえば昨年1月、個人事務所“株式会社三毛andカリントウ”を魅力開発トレーナーの滝沢充子氏と設立。当時契約していた“レプロエンタテインメント”には無断であったため、改名を余儀なくされるほどの大トラブルに発展した。 「独立 [全文を読む]

騒然! 能年玲奈改め「のん」が、岩手県庁に“小学生レベル”の絵を寄贈

日刊サイゾー / 2016年08月09日18時00分

頼みの綱は、のんが心酔する魅力開発トレーナー・滝沢充子氏プロデュースの舞台くらいのもので、生計を立てるには少々心もとない。そこで始めたのが、芸術家としての活動だ。 4月に発生した熊本地震のときは、ブログに心温まる“くまモン絵”をアップし、被災地を勇気付けた。 そして今回、県庁訪問の手土産に選んだのも、得意のイラストだった。ご当地キャラクター「そばっち」にア [全文を読む]

“関西テレビ界の女帝”上沼恵美子が能年玲奈の母に公開説教!

日刊サイゾー / 2016年07月26日09時00分

能年は昨年1月に個人事務所「三毛andカリントウ」を、心酔する魅力開発トレーナーの滝沢充子氏と設立。何も知らなかった所属事務所「レプロエンタテインメント」は激怒し、先月末に所属契約が切れた現在も大トラブルになっている。 これらは「独立騒動」と報じられ、女性誌では能年の引退報道も飛び出した。これに、別の週刊誌で異論を唱えたのが能年の母。娘の引退報道が事実無 [全文を読む]

泥沼化はあの大物のせい?能年玲奈を悩ます”芸能界の板挟み”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月18日18時05分

第一報を報じた昨年4月の『東京スポーツ』は、能年が“生ゴミ先生”と呼ばれる演出家・滝沢充子氏に「洗脳されている」として、大きな波紋を呼んでいた。一方で『週刊文春』(文藝春秋)ら一部週刊誌は能年側に立ち、メディアを使った代理戦争状態となっていた。 「報道を受けて滝沢氏は東スポ、またレプロ側は文春をそれぞれ提訴。裁判はいまだ続いていますが、これも能年が芸能活 [全文を読む]

テレビから永久追放?”のん”こと能年玲奈と事務所が法廷闘争へ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月17日09時03分

■どっちが悪い? 事務所の対応に賛否両論 2015年1月に、演劇指導の“生ゴミ先生”こと滝沢充子氏とともに株式会社「三毛andカリントウ」を設立した能年。レプロとの二重契約が取り沙汰され、約1年半に渡って姿を消すこととなった。 今年7月に入って、能年は一部雑誌メディアを通じて「(レプロとの)6月までの契約は終わった」と主張し、芸名を「のん」と改名。芸能復 [全文を読む]

負けるな、能年玲奈!「のん」に改名し本格復帰の能年に前事務所が卑劣な妨害工作、自ら明かした冷遇と洗脳報道の真相とは

リテラ / 2016年07月15日15時19分

そんな時に演技のレッスンをしてくれた滝沢充子先生が助けてくれて」 [全文を読む]

能年玲奈を子供扱いし庇護する阿川佐和子と「文春」にがっかり

messy / 2016年07月15日00時00分

能年および能年を支える魅力開発トレーナー・滝沢充子氏寄りの記事で、レプロの能年マネジメントが杜撰であったことや能年が薄給で苦しんだことなどを報じた「文春」に対して、レプロは「事実無根」だと訴えたのである。しかし「文春」はどこまでも強気で、今回の対談でも阿川に「資料によると、『あまちゃん』の撮影の時は選択する時間もないし、給料も月に五万円でお金がなかったって [全文を読む]

事務所退社の“のん”こと能年玲奈、文春インタビューの狙いは「訴訟対策」か

日刊サイゾー / 2016年07月14日18時00分

師事する“生ゴミ先生”こと魅力開発トレーナーの滝沢充子氏との“関係”は、今も健在のようだ。 ファンにとっては久しぶりの能年の肉声はうれしい限りだが、このタイミングで文春の取材に応じたのには、別の狙いもあるという。舞台裏を知る関係者の話。 「現在、能年をめぐっては2つの裁判が進行しています。1つはレプロ VS 文春。能年サイドの主張に乗っかる形で、文春はレプ [全文を読む]

能年玲奈、いよいよ見納め? 「ホットロード」放送でファン歓喜も悲しい結果に…

tocana / 2016年07月06日07時00分

現在、能年は心酔する“生ゴミ先生”こと魅力開発トレーナーの滝沢充子氏とともに新たな個人事務所を立ち上げる準備を進めているという。事情を知る関係者は「芸能活動の窓口もその新事務所になりそうです。業界で御法度とされている独立問題を起こした末の退社なので、テレビや大作映画にキャスティングされることはありえない。滝沢氏は演劇関係に顔が利くので、今後は彼女のプロデ [全文を読む]

能年玲奈がいよいよ復活?主演映画が地上波放送の波紋

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日12時05分

2015年1月には“生ゴミ先生”こと演出家の滝沢充子氏とともに株式会社三毛andカリントウを立ち上げた。しかし事務所との間でいざこざとなり、現在に至るまで芸能活動の休止を余儀なくされている。 一時期は実写映画の『進撃の巨人』や『ちはやふる』、ドラマ『重版出来』(TBS系)への出演がウワサされたものの、いずれも別の女優が起用された。結局、能年は1年半にわたっ [全文を読む]

能年玲奈の母親が“洗脳・引退“バッシングに反撃! BPO申し立てで大手芸能プロと癒着しウソを垂れ流すテレビ局の実態にメスが

リテラ / 2016年06月03日17時30分

芸能マスコミを使って「演出家・演技トレーナーの滝沢充子氏に能年が「洗脳」されている」という情報をリーク。レプロは"芸能界のドン"バーニングプロの周防郁雄社長がバックについていることから、芸能マスコミも、その情報に乗っかって、能年に対するバッシング報道を繰り広げてきた。 しかし、能年側がこれに屈することなく、あくまで独立の姿勢をつらぬくと、契約切れのこのタイ [全文を読む]

能年玲奈はこれから徹底的に潰される…! 関係者語る“裏の取り決め”とは?

tocana / 2016年05月28日09時00分

発端は昨年1月、能年が「生ゴミ先生」と慕う魅力開発トレーナーの滝沢充子氏とともに、個人事務所「三毛andカリントウ」を設立したことに始まる。レプロという所属先がありながら、勝手に個人事務所を立ち上げることは芸能界では御法度。以来、能年とレプロの関係は疎遠になり、弁護士同士のやりとりが続いていた。能年とレプロの所属契約は今年6月まで。 事情を知る関係者による [全文を読む]

能年玲奈を芸能界から「追い出す」ことの理不尽

messy / 2016年05月25日00時00分

能年を洗脳した人物とは、50代の女性演出家・滝沢充子氏だとされている。 滝沢氏と能年が知り合ったのは約10年前。能年の所属事務所が開いたワークショップの演技指導者と生徒として知り合ったという。コンプレックスを徹底的に刺激する滝沢氏独特の教えに心酔した能年。「あなたは女優をやらないと生ゴミね」と言われたことから、滝沢氏のことを「生ゴミ先生」と呼び、慕いだした [全文を読む]

能年玲奈は本当に独立できるのか? 事務所に飼い殺しされバッシングを受けた3年間 、「干されて終わる」と叫ぶテープ

リテラ / 2016年05月24日18時00分

これからは、ブレイク前より演技指導などをしてもらっていた滝沢充子氏と一緒に設立した個人事務所で活動していくことになると思われる。「日刊スポーツ」の報道によれば、〈レプロ側は最後まで契約延長をあきらめていない〉(5月24日付)となっているが、それはまったくの嘘だろう。能年玲奈を干しあげ、飼い殺しにしてきたのは他ならぬレプロだからだ。『あまちゃん』(NHK)で [全文を読む]

能年玲奈に「年齢逆サバ」疑惑浮上!? 「再び大暴れ」の可能性と複雑な現状

Business Journal / 2016年05月09日17時00分

「能年は、13年に放送されたNHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』のヒロイン役でブレークした矢先、演技指導講師として絶大な信頼を寄せている滝沢充子と独立を企てたという疑惑が広まり、事務所とのトラブルに発展。芸能界のタブーともいわれ、これまでに数々の芸能人が干される原因となってきた独立騒動に、能年のファンは戦々恐々となりましたが、即刻クビとはならず、6月までの [全文を読む]

能年玲奈、週休7日でギリギリ生活か? 7月以降にデザイナーデビュー?

tocana / 2016年04月26日08時00分

能年は昨年1月に“生ゴミ先生”こと魅力開発トレーナーの滝沢充子氏とともに、個人事務所を無断で設立。これがトラブルの発端となったが、能年サイドの言い分では「個人事務所は能年のデザイングッズを管理・販売する会社。女優業とは関係ない」というものだった。 裏読みすれば、能年のデザイナーデビューは昨年からの規定路線ということになる。 「ブログで絵や着こなしを載せれ [全文を読む]

“事故物件”能年玲奈に残された3つの道 大穴はオフィス北野へ移籍でタレントデビュー!?

日刊サイゾー / 2016年04月21日17時00分

その新事務所の取締役である“生ゴミ先生”こと滝沢充子氏が、公私にわたり能年に多大な影響を及ぼしており、個人事務所設立は生ゴミ先生の意向だったと報道された。 「こんな騒動があっては、ドラマで能年を使えるはずがありません。クランクアップしてから何か能年が問題を起こせばオンエアできなくなり、すべてがおじゃんになりますからね。しかし、能年がテレビに起用されないのは [全文を読む]

フォーカス