明石家さんまのニュース

いきものがかり、10周年記念ライブに明石家さんま乱入で“さんまワールド”に!?

okmusic UP's / 2016年08月28日13時00分

その瞬間、大型LEDにパっと映し出されたのはなんと明石家さんま!この日の超シークレットゲストである。背中に「超さんま」と入ったハッピの下には「いきものがっかり」と手書きされたTシャツという出で立ちでステージに現れる。いかにも明石家さんまらしい、ユーモア満載の登場である。いきものがかりと明石家さんま。両者は以前から交流はあったのだが、先日とあるTV番組にて、 [全文を読む]

明石家さんま「たけし、さんま、所の3人が一斉にやめないと後が出てこない」

メディアゴン / 2016年04月29日07時50分

明石家さんま(60)による、25日深夜に放送されたMBS「痛快!明石家電視台」での発言からだ。筆者もこの番組を見て思ったことは、この一連の発言で重要なのは、引退の理由の方である。今のテレビ芸はすべて「きっかけの発言」と、それに対するリアクションと、さらにリアクションへのフォローの三つで成り立っている。この三つが時に繰り返されて、時に変形されて進んで行く。芸 [全文を読む]

明石家さんまプロデュース『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』予告編公開!主題歌はMISIAが担当

RBB TODAY / 2017年04月19日08時45分

明石家さんまが企画・プロデュースを担当するNetflixオリジナルドラマとして、全9話世界190カ国同時配信を予定している『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』。このたび、予告編とMISIAが歌う「最後の夜汽車」の主題歌情報が解禁となった。 同作は幼いころから何をやってもダメだったジミー大西が天才芸人・明石家さんまら実際の人物との出会いを経て成長していく [全文を読む]

明石家さんま、29年ぶりニッポン放送に帰還 これまでの出演拒否を生で語る

ORICON NEWS / 2017年04月11日05時00分

お笑い芸人の明石家さんま(61)が、17日放送のニッポン放送の生番組『君に耳キュン!雪どけ 春の大作戦 明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト』(後6:00~9:50)で29年ぶりに同局でパーソナリティーを務めることが10日、わかった。 【貴重写真】ニッポン放送で撮影された若手時代の明石家さんま さんまは、かつて『オールナイトニッポン』(1979 [全文を読む]

明石家さんま企画「Jimmy」、ジミー大西の描き下ろしイラスト入りビジュアル解禁

CinemaCafe.net / 2017年04月05日12時15分

明石家さんまが企画・プロデュースし、ジミー大西を中尾明慶、さんまさんを小出恵介が演じるNetflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」。このほど、その配信日が7月7日(金)に決定、ジミーさん描き下ろしイラストも入った豪華キャスト勢ぞろいのキービジュアルも初解禁となった。 稀代のエンターテイナー・明石家さんまが、芸歴42年目で初めて連続 [全文を読む]

明石家さんまプロデュースドラマ、佐藤浩市ら全キャスト発表

モデルプレス / 2017年03月21日06時00分

【佐藤浩市・明石家さんま/モデルプレス=3月21日】お笑いタレントの明石家さんまが脚本・プロデュースを担当するドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(今夏Netflixにて世界190ヶ国に配信/全9話)の全キャストが発表された。◆全キャスト発表 同作は、子供の頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・大西(中尾明慶)が、人気絶頂の明石家さんま[全文を読む]

小出恵介、明石家さんま役に「お受けするか悩みました」

Smartザテレビジョン / 2016年12月12日11時27分

“お笑い怪獣”とも称される、稀代のエンターテイナー・明石家さんまが、芸歴42年目で初めて連続ドラマをプロデュースすることが分かった。'17年夏にNetflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」として、全世界190カ国で全9話配信される。 本作は、幼い頃から何をやっても駄目だった男が天才お笑い芸人に出会い、導かれ、失敗を繰り返しながらも [全文を読む]

1位は明石家さんま「好感度が高い男性芸能人」大健闘の2位俳優は

VenusTap / 2016年02月07日17時40分

1位・・・明石家さんま(65票・13%)2位・・・阿部寛(43票・8%)同率3位・・・福山雅治、所ジョージ(35票・7%)4位・・・タモリ(31票・6%)5位 マツコ・デラックス(25票・5%)1位はレギュラー番組を多く持つ、明石家さんま。2位はモデル出身のルックスながら、コミカルな役からシリアスな役まで幅広い演技力を持つ阿部寛。3位は同票で福山雅治と所ジ [全文を読む]

<視聴者は追い込まれる明石家さんまが観たいのだ>生誕60周年記念番組「さんまでっか!?TV」に充満していた「遠慮しすぎの空気」

メディアゴン / 2015年07月05日07時20分

影山貴彦[同志社女子大学 教授/元・毎日放送 プロデューサー]* * *明石家さんま生誕60周年記念番組「さんまでっか!?TV」。7月1日、フジテレビで放送された4時間30分の番組を観た。さんまさんの誕生日に合わせたこれほどのスペシャル番組を編成できるのはフジテレビだけだろう。大の明石家さんまファンを自認する筆として、楽しく観ることができた。最高殊勲者は、 [全文を読む]

吉澤ひとみが明石家さんまを描いた絵の下絵公開 完成品も改めて話題「ピカソの再来」の声

AOLニュース / 2014年05月09日17時00分

そして、2010年9月12日放送の「さんまのスーパーからくりテレビ」に出演した際に披露した、明石家さんまを描いたという絵の下書きも公開。 これは同番組の「合体絵画グランプリ」という企画で、2つのキーワードをもとに、芸能人が絵を描くというもの。幻想的な抽象画が得意で、自身の写真集にも絵を掲載するほどの腕前と紹介された吉澤のお題は「エキゾチック」と「魚」だっ [全文を読む]

フォーカス