成毛眞のニュース

トランスコスモス、Facebookにて「新年度応援キャンペーン」を開始

PR TIMES / 2013年03月01日19時47分

期間中、トランスコスモス公式Facebookページに「いいね!」を押してご応募いただいた方の中から抽選で100名様に、成毛眞著「面白い本(※)」(岩波新書・著者サイン入り)を、さらに2名様には「面白い本」で紹介されている“面白い本”112冊をまとめてプレゼントします。■「新年度応援キャンペーン」概要賞品: 1.「面白い本」で紹介されている “面白い本” 1 [全文を読む]

大人にこそ必要な「STEAM+SF教育」とは何か

Forbes JAPAN / 2017年02月13日13時00分

HONZの成毛眞氏は、日本人の科学技術リテラシーの低さに警鐘を鳴らす。「STEM(ステム)」あるいは「STEAM(スチーム)」という言葉がある。教育の分野で使われることが多く、サイエンス(科学)の「S」、テクノロジー(技術)の「T」、エンジニアリング(工学)の「E」、マセマティックス(数学)の「M」で「STEM」。これにアート(芸術)の「A」を加えると、「 [全文を読む]

日本人も驚き。「英語ができないのは、幸福な国の証」だった

まぐまぐニュース! / 2016年02月11日02時00分

しかし、メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』の著者である伊勢雅臣さんは、マイクロソフト日本邦人取締役・成毛眞氏の著書を引用しながら、教養や品格など、英語を学ぶよりもっと大切なことがあると説いています。 マイクロソフト日本の取締役でも「英語はほとんど話せなかった」 マイクロソフト日本法人の取締役を務めていた成毛眞(なるけ・ま [全文を読む]

【書評】書評サイトHONZ代表・成毛眞氏が薦める今年の3冊

NEWSポストセブン / 2015年12月29日16時00分

そこで、書評サイトHONZ代表、インスパイア取締役ファウンダーの成毛眞さんが選ぶ、2015年のベストスリーをご紹介。 【1】『冒険歌手 珍・世界最悪の旅』山口恵以子著/山と渓谷社 女性シンガーによる空前絶後の冒険記録。今年読んだ最高のエンターテインメントだ。リア充だった彼女が選んだのは奇人としての生き方だった。彼女の行き当たりばったりの旅はまだ終わっていな [全文を読む]

【著者に訊け】成毛眞氏が経験から説く『情報の「捨て方」』

NEWSポストセブン / 2015年06月05日16時00分

【著者に訊け】成毛眞氏/『情報の「捨て方」』/角川新書/800円+税 配慮より実質を重んじる言葉が、一々耳に刺さる。例えば、〈みんなと同じ行動──それでは“大衆”から抜け出すことはできません〉〈大衆のままでいたがることはすなわち成長の拒否であり〉〈前向きな大人たるもの、人と違う判断を下し行動を起こすため、人とは違う判断材料が必要です〉 成毛眞著『情報の「捨 [全文を読む]

社内英語公用語化は無意味と元マイクロソフト社長成毛眞氏

NEWSポストセブン / 2013年01月20日16時00分

元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞氏が解説する。 * * * 英語公用語化がいくつかの企業で進められている。楽天、ユニクロのファーストリテイリングに続いて、IT企業のサイバーエージェントが導入するなどベンチャー企業や急成長を遂げた企業に多い。 楽天が社員に求める英語力の水準はTOEIC(国際コミュニケーション英語能力)のスコアで一般社員が600点、係長ク [全文を読む]

ビル・ゲイツが破天荒な質問をした深いワケ 天才経営者の「頭の中」から学べること

東洋経済オンライン / 2017年06月11日10時00分

自身で本のサイトも運営するほどの読書家である成毛眞氏が、読むに値すべき人物の、「本当のすごさ」がわかる自伝・評伝を選び抜いた『この自伝・評伝がすごい!』から、ビル・ゲイツとイーロン・マスクの2人を紹介する。「富士山を動かすのにどれだけ時間がかかるか、日本人のキミならわかるだろう」かつて同僚として一緒に働いていたビル・ゲイツは、マイクロソフトの入社試験に、そ [全文を読む]

AIが議員の代わり? “ホリエモン新党”が掲げる「コンピューターによる直接民主制」

週プレNEWS / 2017年05月20日06時00分

「AIは地方議員の代わりになる」と言うのは、元マイクロソフト社長で「HONZ」代表の成毛眞(なるけ・まこと)氏だ。 「今は火事や事故などがあると、目撃した人は現場の写真などをSNSに投稿します。こうした投稿をAIを使って、今どこで何が起こっているのかを解析し、その情報をテレビ局や新聞社などに提供している会社がある。最近、ニュースなどで火事の燃え始めの映像 [全文を読む]

成毛眞氏が考える東芝再生計画 「小東芝」になればいい

NEWSポストセブン / 2017年04月25日07時00分

「東芝本体を生き延ばせるという考えを捨てるべき」 そう語るのは、マイクロソフト日本法人社長を経て、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立した成毛眞氏だ。 「東芝の問題点は、総合重電、総合家電にこだわってきたことにあります。ずっと事業部門の出身者が経営トップを務め、自分が担当していた分野の感覚で東芝全体をマネジメントしてきた。重電の発想で半導体の投 [全文を読む]

販売数伸長率120%超!スタート前販売冊数ゼロの約1,000タイトルが売れた 『休眠書籍』を動かすオンライン発のサービス「ブックツリー」 実店舗でもついに展開開始!

PR TIMES / 2016年12月15日15時32分

現在、タレントの壇蜜さんや、スタジオジブリプロデューサーの鈴木敏夫さん、書評サイトの代表を務める成毛眞さん、作家の石田衣良さんなど、本に精通した著名人、作家、編集者、書店員などおよそ80名の方がブックキュレーターとして様々な切り口で本を紹介しています。■販売数伸長率120%超!休眠書籍を動かす「ブックツリー」販促効果について 10月より本格始動した「ブッ [全文を読む]

【連載】読んでおきたい本を紹介~資格・検定・就職編~

マイナビ進学U17 / 2016年08月16日12時02分

マイクロソフト日本法人の元社長、成毛眞氏が「すべての社会人は英語よりも簿記を学ぶべき」と発言し、簿記の注目度は高まっています。参考サイト:https://www.kentei.ne.jp/interview/3762数学が苦手だった人、文系の人ほど、簿記をきっかけに数字の基礎知識を学ぶといいでしょう。就職後に使える実践的なスキルだといえそうです。■クックパ [全文を読む]

成毛眞氏 日本の家電業界復活のカギはスマホ連動

NEWSポストセブン / 2016年05月21日07時00分

マイクロソフト日本法人の元社長、現在は本の紹介サイトHONZ代表でコンサルタントとしても知られる成毛眞氏は、最近の日の丸家電に「日本らしさ」が戻ってきたと言う。 * * * 日の丸家電の強みは、「これが欲しい!」という要素が入っていることだ。 僕の自宅はリビングが広く、そこに65インチの大型テレビがある。テレビから仕事机まで5m離れていて、部屋でテレビの [全文を読む]

「事典」はツイッターと同じ? サクッと知的好奇心を満たすツール

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月14日06時30分

そうした「事典」の魅力を豊かな視点とともに紹介しているのが、成毛眞氏が著した『教養は「事典」で磨け』(光文社)。多数の読書本を出版する本のエキスパートでもある成毛氏は、「事典」こそ、最高の教養本と読むことを薦める。◆疲れているときこそ事典。読書のウォームアップにもなり自然と教養がつくように 事典はどこからでも好きなように読んでいいのだ。そこには主義や主張と [全文を読む]

宇宙ロケットの燃料にミドリムシ? 世界が注目のユーグレナ社社長「日本経済の未来は明るいですよ」

週プレNEWS / 2016年01月09日06時00分

そこで次にサポートを買ってでたのが、文筆家として知られる、元マイクロソフト社長の成毛眞(なるけ・まこと)氏。今度は成毛氏のサポートのもと、IPO(新規公開株)にして1千億円規模の価値を持つ企業にまで成長した。 2005年の創業時から注目していた、堀江氏に話を聞いた。 「(社長の)出雲さんと出会ったのは2005年、ユーグレナ社を設立する前のことです。単なる [全文を読む]

「情報を捨てる技術」とは? ニュースサイトは一日2回、15分ずつしか見ない!

週プレNEWS / 2015年08月25日06時00分

そうなると“情報をどう使うか”よりも“必要のない情報をどう捨てるか”のほうが重要になってきます」 著者の成毛眞(なるけ・まこと)氏(投資コンサルティング会社代表で、元・日本マイクロソフト社長、現・書評サイト『HONZ』代表)は『情報の「捨て方」知的生産、私の方法』を書いたきっかけについてそう話す。 パソコンやスマホから流れてくる膨大な情報は本当に自分に必要 [全文を読む]

人を動かし、世界を変える「言葉の力」~クーリエ・ジャポン7月号 5/25(月)発売!~

PR TIMES / 2015年05月25日10時50分

[画像: http://prtimes.jp/i/1719/650/resize/d1719-650-307049-0.jpg ] <クーリエ・ジャポン7月号の主な内容> ★特集:人を動かし、世界を変える「言葉の力」 Part1 人の心を動かす「言葉」 ・あの言葉はなぜ人の心を打ったのか 世界の歴史を変えた11のスピーチ ・コミュニケーションの悩みを解決 [全文を読む]

人を動かし、世界を変える「言葉の力」~クーリエ・ジャポン7月号 5/25(月)発売!~

PR TIMES / 2015年05月25日10時50分

[画像: http://prtimes.jp/i/1719/650/resize/d1719-650-307049-0.jpg ] <クーリエ・ジャポン7月号の主な内容> ★特集:人を動かし、世界を変える「言葉の力」 Part1 人の心を動かす「言葉」 ・あの言葉はなぜ人の心を打ったのか 世界の歴史を変えた11のスピーチ ・コミュニケーションの悩みを解決 [全文を読む]

「誰もが信じているその常識を疑え。~クーリエ・ジャポン6月号 4/25(土)発売!~

PR TIMES / 2015年04月25日13時06分

“公認伝記”が伝えなかった素顔が明らかに! ■強力連載陣 山口絵理子/スプツニ子!/瀧本哲史/町山智浩/佐藤優/戸塚隆将/成毛眞ほか <概要> 月号:クーリエ・ジャポン6月号 発売日:4月25日(土) 定価:800円(税込) 発行:株式会社講談社 ☆新生活応援キャンペーン実施中! 詳しくは以下ページで。 http://www.fujisan.co.jp/c [全文を読む]

「頭がいい人」の条件が変わった。~クーリエ・ジャポン5月号 3/25(水)発売!~

PR TIMES / 2015年03月25日12時05分

〔特別対談〕松尾豊(人工知能学者)×竹内薫(サイエンス作家) ~これから必要になる「頭のよさ」とは何か?~ Part1 世界はこんな人を求めている! ・米国の大学が本気で取り組む「クリエイティブな人」を育てる授業 ・プログラミングを習うよりも「プログラマーの思考」を学ぼう ・変化が激しい時代に必要なのは「正しい問い」を立てる力だ ・人工知能が人間を超えた [全文を読む]

「世界を変えた人」が30歳までにしたこと。~クーリエ・ジャポン4月号 2/25(水)発売!~

PR TIMES / 2015年02月25日11時14分

Part1 「若い頃」にしておくべきこと ・世界で最も野心的な起業家、イーロン・マスクは12歳で「ビジネスの味」を覚えた ・ジョブズ、ベゾス、バフェット…、多感な「思春期」に人生は決まった ・ピケティやサンドバーグは「25歳」のとき、何をしていたのか? ・激論!人生の成功を決めるのは「生まれ」か「育ち」」か? Part2 人生に「逆転」を起こすために ・ [全文を読む]

フォーカス