昌子源のニュース

MVPは中村憲剛が初受賞!!Jリーグアウォーズでベスト11など各賞を表彰

ゲキサカ / 2016年12月20日23時03分

7年ぶり8度目のリーグ制覇を成し遂げた鹿島アントラーズからはDF昌子源が初のベストイレブン入り。リーグ王者からベストイレブン入りが一人のみとなるのは99年の磐田、07年の鹿島に続いて3度目となった。クラブ別では年間勝ち点1位ながらチャンピオンシップ決勝で鹿島に敗れた浦和レッズからGK西川周作、DF槙野智章、MF阿部勇樹、MF柏木陽介の最多4人が選ばれた。 [全文を読む]

名古屋vs鹿島 試合記録

ゲキサカ / 2016年05月02日14時58分

【ナビスコ杯グループA第3節】(パロ瑞穂) 名古屋 1-3(前半1-0)鹿島 [名]野田隆之介(38分) [鹿]遠藤康(52分)、カイオ(66分)、昌子源(71分) [名]オーマン(83分) [名]安田理大(56分)、オーマン2(68分、83分) [鹿]昌子源(27分)、土居聖真(37分)、カイオ(69分)、西大伍(87分) 観衆:6,134人 主審:岡宏 [全文を読む]

柴崎、昌子、浅野ら次世代エースの原点に迫る『壁を越えろ 走り続ける才能たち』絶賛発売中!

ゲキサカ / 2017年09月14日10時21分

小林祐希、柴崎岳、昌子源、植田直通、浅野拓磨、南野拓実、堂安律など、2018年W杯ロシア大会、2020年東京五輪、2022年W杯カタール大会を見据えた次世代エースの原点に迫る。 ! 【プロローグ】 日本を代表する原石 ●第一章 苦悩する者たち 小林祐希/柴崎岳 ●第二章 出会うべく運命だった二人の男 昌子源/植田直通 ●第三章 日本を救う男たち 浅野拓磨/ [全文を読む]

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第25節】“神奈川ダービー”勝利の立役者3名が選出! 代表帰りの2選手もノミネート

超ワールドサッカー / 2017年09月11日13時30分

◆第25節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:曽ヶ端準 DF:藤谷壮、奈良竜樹、昌子源 MF:大島僚太、ソウザ、古林将太、中村憲剛、ハモン・ロペス FW:石原直樹、杉本健勇 ◆寸評 GK曽ヶ端準(鹿島アントラーズ/3度目) ▽序盤のビッグセーブを筆頭に抜群のショットストップで大宮アルディージャの前に立ちはだかった。FW金崎夢生の値千金の先制弾を死守 [全文を読む]

【鹿島vs大宮プレビュー】鹿島はルヴァンカップの敗退を力に変えられるか…大宮は鹿島との直近5対戦で3勝1分1敗と優位に立つ

サッカーキング / 2017年09月08日19時07分

「僕らにはリーグと天皇杯しかない」(昌子源)という思いも重なってくる。 移籍後、リーグ戦では2度目の先発となる見込みの金森健志も練習でキレのある動きを見せており、鹿島の新たな武器となることだろう。ホームで、いつも通り勝利に徹したサッカーで勝ち点3を手にしたい。 【マイナス材料】 日本代表に参加していた昌子、植田直通が揃って先発する見込みだ。6日夜にサウジア [全文を読む]

サウジ戦に本田がキャプテンで先発!!豪州戦からスタメン4人変更

ゲキサカ / 2017年09月06日01時26分

守備陣に変更はなく、GK川島永嗣、4バックは右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF昌子源、DF長友佑都。中盤はオーストラリア戦後に離脱したMF長谷部誠に代わってMF柴崎岳が先発し、MF井手口陽介、MF山口蛍と中盤を構成する。柴崎は15年10月13日のイラン戦以来、約2年ぶりの先発となった。 攻撃陣は総入れ替えとなり、右にFW本田圭佑、中央にFW岡崎慎司、 [全文を読む]

柴崎が2年ぶり先発、本田が主将! サウジ戦スタメン発表、W杯へ新章開幕

サッカーキング / 2017年09月06日01時25分

最終ラインも変わらず右から酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都の布陣。前節では主将・長谷部誠が務めた中盤のアンカーポジションには山口蛍が入り、インサイドハーフには井手口陽介と柴崎岳が並ぶ。前線は前節から3人を変更し、原口元気、本田圭佑、岡崎慎司が選ばれた。 敵地で行われる日本対サウジアラビアの一戦は5日26時30分(6日2時30分)にキックオフ予定。テレビ [全文を読む]

OB昌子の姿に刺激…米子北高「先輩に届くくらいの活躍を見せる」

ゲキサカ / 2017年09月02日07時15分

6大会連続6度目のW杯出場を決めたオーストラリア戦に先発フル出場し、2-0の完封勝利に貢献したDF昌子源(鹿島)の母校・米子北高(鳥取)では、サッカー部員など関係者が校内で生中継を見守った。 昌子は08年にG大阪ジュニアユースから米子北高に進学。当初はFWだったが1年時にCBに転向し、翌年のインターハイ準優勝に貢献するなど一気に頭角を現した。食堂のスタッフ [全文を読む]

W杯出場を決めたピッチに立っていたDF昌子源「すごく誇らしい」《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2017年09月01日15時27分

▽オーストラリア戦で先発したDF昌子源(鹿島アントラーズ)は、ストレッチとリカバリーのトレーニングを終えて取材に応対。W杯出場を決めたことを喜ぶとともに、サウジアラビア戦に向けて気を引き締めることを語った。 ◆DF昌子源(鹿島アントラーズ) ──改めてW杯出場を決めて 「やっとニュースとかを見て、決まったんやという感じですね。予選を2年ぐらいやって、数多 [全文を読む]

【THE REAL】日本代表・昌子源が挑む一世一代の大勝負…常勝軍団で培われた濃密な経験を武器に

サイクルスタイル / 2017年08月30日19時42分

DF昌子源は心地よい武者震いを感じている。「少しずつですけどプレッシャーは感じるだろうし、緊張もするでしょうね。ただ、自分が出る、出ないに関係なく、本当に大切な試合という国民の方々がわかっていると思うので。しっかりと準備したいですね」オーストラリア代表を埼玉スタジアムに迎えて、31日午後7時35分にキックオフされるワールドカップ・アジア最終予選第9戦。勝て [全文を読む]

豪戦のキーマン DF昌子源が代表守備リーダーの自覚を語る

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年08月30日09時26分

同4試合の昌子源(鹿島)、そして出場ゼロの植田直通(鹿島)と三浦弦太(G大阪)の若い陣容でコンビネーションを高めていく。中でも常勝軍団・鹿島の主軸を担う24歳DF昌子の存在価値が、一気に高まっている。統率力と鋭い読みを武器とするキーマンに大一番への意気込みを聞いた。 26日のセレッソ大阪との上位対決は「仮想オーストラリア」と言える一戦だった。相手は杉本健勇 [全文を読む]

【C大阪vs鹿島プレビュー】C大阪は杉本健勇が直近7試合で計8得点と躍動…鹿島はセンターバックコンビが日本代表へ

サッカーキング / 2017年08月25日19時03分

また、日本代表に選出された昌子源と植田直通のセンターバックコンビは、日本代表の名に恥じないプレーを、と士気を高く保っている。 【マイナス材料】 今週の序盤は夏とは思えない涼しさで、調整にも苦慮した。試合当日は30度以上に上がる夏日が予想されており、暑さへの対応が勝敗のカギを握ると見られる。 もともと鹿嶋市近郊には別荘地帯があり、避暑地として活用する人も多 [全文を読む]

勝利にこだわりを見せる鹿島DF昌子源「意地でもW杯出場を決めたい」

超ワールドサッカー / 2017年08月24日16時54分

▽鹿島アントラーズのDF昌子源がクラブを通じてコメント。W杯出場に向け勝利を掴むと述べた。 ◆DF昌子源(鹿島アントラーズ) 「W杯に出場できるかどうかが決まる、本当に大切な試合のメンバーに入ることができ、身の引き締まる思いです。日本のために戦う経験ができることに誇りを持ち、勝つためのプレーを徹底し、意地でもW杯出場を決めたいと思います」 [全文を読む]

W杯最終予選に挑む日本代表27名発表! 武藤と柴崎が代表復帰、杉本は初選出

サッカーキング / 2017年08月24日15時27分

DFでは、イングランドで好調を維持している吉田麻也(サウサンプトン)やイラク戦で先発出場した昌子源(鹿島アントラーズ)が選ばれている。そして、植田直通(鹿島アントラーズ)も復帰した。また、サイドバックとして長友佑都(インテル)や酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)も順当に選出。 MFには、ケガから復帰した香川真司(ドルトムント)が引き続き [全文を読む]

【倉井史也のJリーグ】今週は特にアピールしてほしい選手を見に行くかな!? の巻

超ワールドサッカー / 2017年08月17日17時29分

昌子源がいるから大丈夫! とも言えないのが今の代表で。だってケガ人どんどん出ますよね。イラク戦だって、井手口陽介の途中交代って予想外だったろうし。となると、CBは必ずもう1人見つけとかなきゃいけない。 ▽なら、私の推薦は植田直通なワケです。だって植田は強い! フィジカルコンタクトには自信を持ってるし、186センチと高さもあるし、精神的にもタフ。右足の正 [全文を読む]

DAZNがJ1第20節の週間ベストプレーヤーを発表…鹿島からDFが3人選出

サッカーキング / 2017年08月08日16時09分

日本代表DF昌子源、DF西大伍、DF伊東幸敏のDF陣がベストイレブン入り。ジュビロ磐田に競り勝ち、久しぶりの白星をあげたサンフレッチェ広島から2人が選出。勝利に導いたFWパトリックとMF青山敏弘が選ばれた。また、ヴィッセル神戸とアルビレックス新潟に勝利した柏レイソルと横浜F・マリノスからも2名が選出されている。 J1第20節の週間ベストプレーヤー11名は以 [全文を読む]

背負う責任が進化の証…昌子源、鹿島と代表でさらなる飛躍へ「強くなる」

サッカーキング / 2017年07月10日07時45分

日本代表の一員として3つ目のキャップを刻んだ昌子源は、自らの「マークミス」と言い切った失点と向き合いながら、しかし前を見据えていた。「次も俺で行く保証なんてない」と先発落ちの可能性に自ら言及するほどのミスだったと認めつつ、「周りから何を言われようが、引きずったら負け」と続けた。「最後の局面は(センターバックの)僕と(吉田)麻也くんのところでやられるわけで、 [全文を読む]

浦和撃破の立役者・磐田MF松浦や大宮FW江坂ら…DAZNがJ1第15節のベストイレブン発表

ゲキサカ / 2017年06月20日10時59分

途中出場から2ゴールで浦和撃破に大きく貢献したジュビロ磐田のMF松浦拓弥や、“裏天王山”で2ゴールを決めた大宮アルディージャのFW江坂任、日本代表DFのDF昌子源(鹿島)らが選出された。 以下、J1第15節の『DAZN週間ベストプレイヤー』 ▽GK 岡大生(甲府) ▽DF 吉田豊(鳥栖) ファビオ(G大阪) 昌子源(鹿島) 登里享平(川崎F) ▽MF ア [全文を読む]

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第15節】磐田に勝利呼び込んだ2選手が選出! フィニッシャーとして開花の川崎Fアタッカーも!

超ワールドサッカー / 2017年06月19日10時45分

◆第15節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:シュミット・ダニエル DF:昌子源、中澤佑二、谷口彰悟 MF:倉田秋、松浦拓弥、阿部浩之、中村充孝 FW:ペドロ・ジュニオール、江坂任、アダイウトン ◆寸評 GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台/初) ▽1失点こそ許したが、好セーブを連発。判断の良さが光った DF昌子源(鹿島アントラーズ/5度目) ▽ [全文を読む]

【日本代表コラム】結果はドローも、新世代のプレーに見えた光明

超ワールドサッカー / 2017年06月14日19時15分

◆本来のパフォーマンスを見せた昌子源▽シリア戦では久々の代表戦、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)との初コンビなど、イレギュラーな要素もあり不安定な立ち上がりとなったDF昌子源(鹿島アントラーズ)。しかし、イラク戦では鹿島で見せているパフォーマンスに近いものを発揮することができていた。▽持ち味である一対一の強さは試合中に何度も見せ、ロングボールで [全文を読む]

フォーカス