松尾芭蕉のニュース

【旅好きが口コミランキングで絶賛】絶景スポット立石寺ってどこ?

TABIZINE / 2017年04月21日12時00分

松尾芭蕉も訪れた有名な山寺 ではそんな立石寺、どのようなお寺なのでしょうか。筆者も学生のころに一度訪れただけで、それほど詳しいわけではないのですが、松尾芭蕉の有名な俳句、 <閑(しずか)さや岩にしみ入(い)る蝉(せみ)の声>(NHKテキストViewより引用) が詠まれた場所としてまず有名な山寺です。 1,000段の修験道を自分の足で上る 大学生のころ、傾 [全文を読む]

地下水に恵まれた「水の都」岐阜県大垣市の魅力

ZUU online / 2017年04月05日06時40分

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」誰もが一度は聞いたことがある松尾芭蕉の「奥の細道」の序文です。旅をしながら全国を巡った紀行作品として有名な「奥の細道」ですが、松尾芭蕉が旅の終わりの地として選んだのが岐阜県大垣市でした。今回はそんな大垣市の魅力について紹介します。■水の都大垣市大垣市は湧き水が多いことで知られ、「水の都」とも呼ばれています。市内 [全文を読む]

水曜日のカンパネラ、「アラジン」MV公開&特設ページに魔法のランプ登場

okmusic UP's / 2016年11月01日17時00分

本作は、過去にも「ナポレオン」「メデューサ」「ツチノコ」を手掛け、前作「松尾芭蕉」では“松尾芭蕉"と“PRIUS”という2つを、“次元を超える旅”というテーマで制作した山田智和監督が担当している。 また、「アラジン」魔法のランプ特設ページがスマートフォン向けに公開された。 これはスマートフォンのみアクセスできる特設ページで、表示されている魔法のランプを“ [全文を読む]

今、ひそかなブーム!? 「おくのほそ道」を歩いて、俳句の魅力に迫る!

マイナビ進学U17 / 2016年08月04日12時01分

そこで、俳句の祖・松尾芭蕉の紀行文『おくのほそ道』の足跡をたどることからスタートし、俳句の魅力と面白さに迫ってみました。■松尾芭蕉は、出羽路(山形県)で、10を超える句を詠んだ!俳句の祖・松尾芭蕉が、600里(約2,500キロ)161日間にわたる『おくのほそ道』の旅に出るために江戸を出発したのは、1689年。今から327年も前のことです。山形県は当時「出羽 [全文を読む]

「5・7・5」の俳句に隠されていた「白銀比」

プレジデントオンライン / 2017年05月04日11時15分

私が白銀比に関心を持ったそもそものきっかけは、中学2年のときに読んだ松尾芭蕉の俳句だ。芭蕉の「奥の細道」には、私の故郷である山形で詠んだ句がたくさんある。その中のひとつ、「閑さや岩にしみ入る蝉の声」は、立石寺に参詣した際に詠んだものだ。また、「雲の峯幾つ崩て月の山」は、私の家の近くにある月山を詠んだ句である。 中学2年生の私はこの2つの句を読んで、えも言わ [全文を読む]

ARで伊達政宗や松尾芭蕉と一緒に記念撮影、政宗の兜をARで着用できる松島歴史トリップアプリ「松島ダテナビ」が大きくバージョンアップ

@Press / 2016年12月07日13時00分

【伊達政宗や松尾芭蕉など、松島ゆかりの偉人がARで出現!】 瑞巌寺や五大堂など、松島町内のそれぞれゆかりの地点にARで伊達政宗、北条時頼、坂上田村麻呂、松尾芭蕉・曾良が出現します。一緒に記念撮影をすることができます。 【おくのほそ道をたどれる!】 マップ上に“おくのほそ道”の松島町内ルートが表示されます。そしてルート上のいくつかの地点では“おくのほそ道” [全文を読む]

水曜日のカンパネラ、Chim↑Pom展示会場でゲリラ撮影した「アラジン」インストビデオを限定公開

okmusic UP's / 2016年10月21日19時00分

「ツチノコ」「松尾芭蕉」のMV制作を手掛けた山田智和監督の快諾もあり、展示会場である歌舞伎町振興組合ビルにて「アラジン」のインストビデオをゲリラ撮影することが決定した。 ビデオはコムアイが1Fの屋外展示スペースからビルの屋上まで登っていく様子をさまざまな場所に設置されたカメラで追っていくという内容。展示を見ているお客さんの驚きの様子や、4Fからビルの吹き抜 [全文を読む]

水曜日のカンパネラ、3曲入りデジタルシングル「SUPERKID」を11月1日にリリース

okmusic UP's / 2016年10月09日12時00分

【その他の画像】水曜日のカンパネラ今作に収録されるのは、トヨタ・プリウスとのコラボレーションによるミュージック・ビデオも話題となった「松尾芭蕉」と、未発表曲「アラジン」、「カメハメハ大王」の全3曲。11月1日よりiTunes Store、Apple Musicで、その他の配信サイトでは11月30日より配信がスタートする。 そして、「SUPERKID」配信開 [全文を読む]

透き通る水まんじゅうで涼む、水の都・大垣を歩く

IGNITE / 2016年09月03日12時00分

松尾芭蕉が「奥の細道」を終えた場所も、この大垣だった。 「蛤のふたみに別れ行く秋と」 元禄2(1689)年の8月21日に、ここ大垣を最後に長い旅を終えた松尾芭蕉。俳句好きな方にも、ぜひ訪れて欲しい水の都である。 (田原昌) [全文を読む]

大好評オンエア中、SPACE SHOWER TV × BEAMS『PLAN B』9月は、水曜日のカンパネラのMV制作に密着!

PR TIMES / 2016年09月01日19時23分

9月初回放送は9月2日(金)20:57~21:00、終了後にはYoutubeでも視聴可能です!日本最大の音楽番組専門チャンネル「SPACE SHOWER TV」と今年40周年を迎えたBEAMSによる、予測不能の番組『PLAN B』が7月よりスタート、9月のマンスリーゲストには、水曜日のカンパネラが登場します!水曜日のカンパネラ史上最大規模で撮影された、 新 [全文を読む]

スペースシャワーTVで7月からスタートした新番組「PLAN B」!9月は水曜日のカンパネラのMV制作に密着!

PR TIMES / 2016年09月01日18時28分

新曲「松尾芭蕉」のMV制作現場に、ドキュメンタリー映画監督の岩渕弘樹が密着 [画像1: http://prtimes.jp/i/2929/761/resize/d2929-761-389264-1.jpg ] 株式会社スペースシャワーネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水英明)が運営する日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワーTVにて、 [全文を読む]

水曜日のカンパネラ、新曲「松尾芭蕉」MVはコムアイが水の中を漂う幻想的な作品に

okmusic UP's / 2016年08月30日00時00分

水曜日のカンパネラが新曲「松尾芭蕉」のミュージックビデオを公開した。 【その他の画像】水曜日のカンパネラ今作はトヨタ・プリウスとのコラボレーションMVとなっており、ビデオ内でもPRIUSが登場している。“松尾芭蕉"と“PRIUS"という2つを、“次元を超える旅"というテーマに昇華させたのは、これまでも水曜日のカンパネラでは「ナポレオン」「メデューサ」「ツチ [全文を読む]

今日は何の日 5月16日は「旅の日」/INSIGHT NOW! 編集部

INSIGHT NOW! / 2016年05月16日06時50分

日付は、松尾芭蕉が「おくのほそ道」に旅立った5月16日(陰暦元禄2年3月27日)にちなんでいます。「おくのほそ道」を旅したとき、松尾芭蕉は40代半ばでした。30代半ばでようやく俳諧を職業とするようになった芭蕉は、40歳で「野ざらし紀行」の旅に出てから、「旅に病んで」大阪の地で亡くなるまでの約10年間、多くの旅をしました。その旅程が時に、あまりにも強行軍であ [全文を読む]

【石川県】松尾芭蕉も愛した山中温泉のおすすめグルメとお土産、観光スポット

TABIZINE / 2016年02月01日12時00分

あの松尾芭蕉も愛したという、古きよき温泉地です。加賀温泉駅からバスで30分ほどいった山間にあり、伝統的な文化と大自然が魅力の山中温泉。おすすめスポットをご紹介いたします。 料理の巨匠道場六三郎さんプロデュースのかに鍋 山中温泉は道場六三郎さんの故郷でもあります。4月から10月31日までの期間限定で、道場六三郎さんプロデュースのスイーツが楽しめる川床(渓谷沿 [全文を読む]

本場の京都人が選ぶ!京都の穴場紅葉スポット5選

clicccar / 2015年11月14日16時33分

松尾芭蕉がよく訪れた場所とも知られており、後に松尾芭蕉を慕っていた与謝蕪村によって再構築されました。庭園で落ち着いて紅葉を見ることができるため、静かな雰囲気の中で紅葉を楽しめます。庭園周辺も紅葉が咲き誇っているので、歩きながらの紅葉観賞もオススメです。 「初めて知ったかも」なんていう場所もあるのではないでしょうか?穴場スポットに訪れてみるのもありですよ。 [全文を読む]

【台北行き航空券プレゼント!】初海外にオススメしたい「台湾」の魅力

TABIZINE / 2015年09月22日16時00分

■【保存版】リピーターも大満足! 在住者オススメの台湾土産 「海外旅行って不安だけど、台湾なら大丈夫かも・・・」 「忙しくて諦めていたけど、時差も無いし行ってみようかな」 と思ってくださった方にピッタリなイベントを見つけました! 台北友町(たいぺいまちまち)で9月22日よりスタートする「松尾芭蕉の台北風景」。台北情景を詠んだ俳句を応募すると、なんと大賞は [全文を読む]

「台北友町」イベント第二弾!俳句を詠んで台北行き航空券を当てよう 9月は2つの展覧会に出展。地元発信の台北旅行情報をお届け

PR TIMES / 2015年09月18日13時16分

台北友町は、9月22日からイベント第二弾「松尾芭蕉の台北風景」俳句大会を開催します。松尾芭蕉は有名な「俳人」。ぜひ台北友町のサイトで紹介された旅行情報をお題に俳句を作り、投稿してください。フェイスブックの「いいね!」を最も多く獲得した作品の応募者に東京―台北往復航空券をプレゼントします。奮ってご応募ください!そのほか台北市の記念グッズも用意しているので、 [全文を読む]

松尾芭蕉も訪れた足立区で探す歴史の足跡

Walkerplus / 2015年08月11日07時00分

■ 奥の細道 矢立初めの地 あの松尾芭蕉の「奥の細道」のスタート地点には、「奥の細道 矢立初めの地」として石碑が建っている。石碑は千住大橋駅から程近い、千住橋戸町の千住大橋にあるので、この地に立って歴史に思いを馳せてみよう。 ほかにもいくつか歴史スポットが点在しているので、知る人ぞ知る、足立区の歴史にゆかりある地を訪ねてみよう。【東京ウォーカー】 [全文を読む]

新旧“月9”クイズ対決!福士蒼汰が木村拓哉に壁ドン

Smartザテレビジョン / 2015年07月27日16時50分

「HERO」チームには3問目で、松尾芭蕉の有名な俳句の下の句を当てる問題が出される。 実は'07年、「FNS27時間テレビ内」の「ネプリーグ」に生放送で参戦した映画「HERO」チーム。その時、木村が頭を悩ませた結果、まさかのミスをしてしまったのが松尾芭蕉の別の俳句問題だった。八嶋の指摘でその事を思い出した木村は「あー!そうだった!!」と驚きの表情を浮かべる [全文を読む]

松尾芭蕉「奥の細道」に倣えば、五月病が解消される?

太田出版ケトルニュース / 2014年05月16日09時01分

タイミングよく、5月16日は「旅の日」と定められており、これはかの有名な俳人・松尾芭蕉が『奥の細道』へと旅立った日に由来するそうだ。『奥の細道』といえば、芭蕉が約5カ月間という長旅の道中で残した俳句を集めた作品集。その中で、芭蕉は旅の道中いくつかの温泉地に足を運んだとつづっている。 その一つが石川県の山中温泉だ。現代でも名湯として知られる山中に立ち寄った [全文を読む]

フォーカス