松尾芭蕉のニュース

水曜日のカンパネラ、新曲「松尾芭蕉」MVはコムアイが水の中を漂う幻想的な作品に

okmusic UP's / 2016年08月30日00時00分

水曜日のカンパネラが新曲「松尾芭蕉」のミュージックビデオを公開した。 【その他の画像】水曜日のカンパネラ今作はトヨタ・プリウスとのコラボレーションMVとなっており、ビデオ内でもPRIUSが登場している。“松尾芭蕉"と“PRIUS"という2つを、“次元を超える旅"というテーマに昇華させたのは、これまでも水曜日のカンパネラでは「ナポレオン」「メデューサ」「ツチ [全文を読む]

ARで伊達政宗や松尾芭蕉と一緒に記念撮影、政宗の兜をARで着用できる松島歴史トリップアプリ「松島ダテナビ」が大きくバージョンアップ

@Press / 2016年12月07日13時00分

【伊達政宗や松尾芭蕉など、松島ゆかりの偉人がARで出現!】 瑞巌寺や五大堂など、松島町内のそれぞれゆかりの地点にARで伊達政宗、北条時頼、坂上田村麻呂、松尾芭蕉・曾良が出現します。一緒に記念撮影をすることができます。 【おくのほそ道をたどれる!】 マップ上に“おくのほそ道”の松島町内ルートが表示されます。そしてルート上のいくつかの地点では“おくのほそ道” [全文を読む]

地下水に恵まれた「水の都」岐阜県大垣市の魅力

ZUU online / 2017年04月05日06時40分

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」誰もが一度は聞いたことがある松尾芭蕉の「奥の細道」の序文です。旅をしながら全国を巡った紀行作品として有名な「奥の細道」ですが、松尾芭蕉が旅の終わりの地として選んだのが岐阜県大垣市でした。今回はそんな大垣市の魅力について紹介します。■水の都大垣市大垣市は湧き水が多いことで知られ、「水の都」とも呼ばれています。市内 [全文を読む]

松尾芭蕉からアインシュタインまで 松島の絶景は東西の偉人を感動させた

CREA WEB / 2017年03月12日12時00分

江戸時代には松尾芭蕉も訪れ、その美しさを句にしている。 また、ここは月見の名所としても知られている。1922年、アルベルト・アインシュタインも月見をするため、夫人をともに松島を訪れた。このとき、月を見た彼はあまりの素晴らしさに絶句したという。 2011年3月11日に発生した東日本大震災では、一帯は津波による大きな被害を被ったが、地元の人々による懸命な復旧作 [全文を読む]

水曜日のカンパネラ、「アラジン」MV公開&特設ページに魔法のランプ登場

okmusic UP's / 2016年11月01日17時00分

本作は、過去にも「ナポレオン」「メデューサ」「ツチノコ」を手掛け、前作「松尾芭蕉」では“松尾芭蕉"と“PRIUS”という2つを、“次元を超える旅”というテーマで制作した山田智和監督が担当している。 また、「アラジン」魔法のランプ特設ページがスマートフォン向けに公開された。 これはスマートフォンのみアクセスできる特設ページで、表示されている魔法のランプを“ [全文を読む]

今、ひそかなブーム!? 「おくのほそ道」を歩いて、俳句の魅力に迫る!

マイナビ進学U17 / 2016年08月04日12時01分

そこで、俳句の祖・松尾芭蕉の紀行文『おくのほそ道』の足跡をたどることからスタートし、俳句の魅力と面白さに迫ってみました。■松尾芭蕉は、出羽路(山形県)で、10を超える句を詠んだ!俳句の祖・松尾芭蕉が、600里(約2,500キロ)161日間にわたる『おくのほそ道』の旅に出るために江戸を出発したのは、1689年。今から327年も前のことです。山形県は当時「出羽 [全文を読む]

松尾芭蕉 旅費捻出のため旅先でバイトをしていた

NEWSポストセブン / 2016年03月21日16時00分

東北・北陸を巡った紀行文『おくの細道』で有名な俳人、松尾芭蕉。旅費を捻出するために旅先のアルバイトで稼いでいたという。歴史研究家で文教大学付属高等学校教諭の河合敦氏がいう。 「旅の途中に各地の句会で、一句100文(約1200円)で4~6句程度の添削を行ない、旅費の半額程度を稼いでいたようです」 また、東日本を代表する豪商の紀伊国屋文左衛門は、城や武家屋敷な [全文を読む]

【石川県】松尾芭蕉も愛した山中温泉のおすすめグルメとお土産、観光スポット

TABIZINE / 2016年02月01日12時00分

あの松尾芭蕉も愛したという、古きよき温泉地です。加賀温泉駅からバスで30分ほどいった山間にあり、伝統的な文化と大自然が魅力の山中温泉。おすすめスポットをご紹介いたします。 料理の巨匠道場六三郎さんプロデュースのかに鍋 山中温泉は道場六三郎さんの故郷でもあります。4月から10月31日までの期間限定で、道場六三郎さんプロデュースのスイーツが楽しめる川床(渓谷沿 [全文を読む]

松尾芭蕉も訪れた足立区で探す歴史の足跡

Walkerplus / 2015年08月11日07時00分

■ 奥の細道 矢立初めの地 あの松尾芭蕉の「奥の細道」のスタート地点には、「奥の細道 矢立初めの地」として石碑が建っている。石碑は千住大橋駅から程近い、千住橋戸町の千住大橋にあるので、この地に立って歴史に思いを馳せてみよう。 ほかにもいくつか歴史スポットが点在しているので、知る人ぞ知る、足立区の歴史にゆかりある地を訪ねてみよう。【東京ウォーカー】 [全文を読む]

松尾芭蕉「奥の細道」に倣えば、五月病が解消される?

太田出版ケトルニュース / 2014年05月16日09時01分

タイミングよく、5月16日は「旅の日」と定められており、これはかの有名な俳人・松尾芭蕉が『奥の細道』へと旅立った日に由来するそうだ。『奥の細道』といえば、芭蕉が約5カ月間という長旅の道中で残した俳句を集めた作品集。その中で、芭蕉は旅の道中いくつかの温泉地に足を運んだとつづっている。 その一つが石川県の山中温泉だ。現代でも名湯として知られる山中に立ち寄った [全文を読む]

フォーカス