宮里優作のニュース

香妻陣一朗、宮里優作ら5人がそろって首位スタート!

ParOn.(パーオン) / 2016年09月30日02時54分

トップ杯東海クラシック(9月29日~10月2日、愛知県・三好カントリー倶楽部 西コース、7315ヤード、パー72) トップ杯東海クラシックが開幕し、初日から香妻陣一朗、S・H・ペク、宮里優作、谷原秀人、片岡大育の5人が通算4アンダーで並ぶ混戦となった。香妻は5バーディ、1ボギーの68をマークし、2014年のマイナビABCチャンピオンシップの初日以来となる首 [全文を読む]

今季初優勝の宮里優作、賞金王の可能性も残した

ParOn.(パーオン) / 2015年11月22日18時52分

ダンロップフェニックストーナメント(11月19日~22日、宮崎県・フェニックスCC、7027ヤード、パー71) ダンロップフェニックスの最終ラウンドが行われ、2位に2打差の首位で出た宮里優作が4バーディ、2ボギーの69、2アンダーで回り、通算14アンダーとリードを保ち、逃げ切りで今季初優勝、通算3勝目を挙げた。 2位に2打差の単独首位で最終日を迎えた宮里優 [全文を読む]

宮里優作が逃げ切り今季初優勝! 松山英樹は猛追及ばず2位タイで終了

ParOn.(パーオン) / 2015年11月22日14時36分

単独首位から出た宮里優作が通算14アンダーで、2位に2打差をつけて逃げ切り今季初優勝。ツアー通算3勝目を挙げた。連覇を狙った松山英樹は67で回り、通算12アンダーと2打及ばずに2位タイで終わった。 2打差の単独首位からスタートした宮里優作は、出だし1番でボギーが先行、4番もボギーとスコアを落として後続に並ばれたものの、7番でようやくバーディを奪い、前半を1 [全文を読む]

宮里優作が単独首位浮上! 松山英樹は4位タイで最終日へ

ParOn.(パーオン) / 2015年11月21日16時43分

宮里優作が64をマークして通算12アンダーの単独首位に浮上。今季初優勝に王手をかけた。2打差の2位に藤本佳則の通算10アンダー。11位タイから出た松山英樹は通算8アンダーの4位タイに浮上した。 4位タイの宮里優作がビッグスコアで単独首位に浮上した。出だし1番でボギーをたたいたものの、続く2番、3番で連続バーディを奪うなど前半でスコアを二つ伸ばすと、後半は1 [全文を読む]

近藤共弘が首位をキープ! 宮里優作が1打差2位タイに浮上

ParOn.(パーオン) / 2015年10月10日16時20分

64をマークした宮里優作が通算12アンダーで李京勲(韓国)と並んで2位タイに浮上した。 単独首位でスタートした近藤共弘は2番でバーディが先行したものの、前半は2バーディ、2ボギーのイーブンで終えると、後半は4バーディを奪って67。スコアを4つ伸ばして通算14アンダーで首位をキープ。2位に2打差で明日の最終日を迎え、昨年のHEIWA・PGM CHAMPION [全文を読む]

J・B・パク、金 亨成が首位タイ! 池田勇太、宮里優作が2打差の3位タイに浮上

ParOn.(パーオン) / 2015年07月04日15時03分

2打差の3位タイに池田勇太、宮里優作、岩田寛、今平周吾の4人が並ぶ混戦となった。 単独首位のJ・B・パクが3バーディ、2ボギーの71と、スコアを一つ伸ばしただけの通算12アンダーで何とか首位をキープ。4位からスタートした同じ韓国出身の金 亨成が5バーディ、ノーボギーの67をマークして、通算12アンダーで首位タイに浮上した。明日の最終日、パクは4年ぶりの2勝 [全文を読む]

金 庚泰が逆転で3年ぶりのV! 宮里優作が4位タイ

ParOn.(パーオン) / 2015年06月14日21時45分

日本勢では宮里優作が通算13アンダーで最上位の4位タイに入った。 首位に1打差の2位で14アンダーからスタートした金 庚泰は、1番をバーディ、続く2番ではイーグルを奪うなど4つスコアを伸ばし、前半を終えて通算18アンダー。しかし、3位タイで同じ最終組を回る韓国出身19歳の王 情訓が、3連続バーディを含む6バーディを奪うと通算19アンダーの単独首位に立ち、優 [全文を読む]

宮里優作は2位に後退、賞金王は小田孔明にほぼ決定か!?

ParOn.(パーオン) / 2014年12月06日15時31分

宮里優作は通算6アンダーの2位タイ、宮本勝昌は通算4アンダーの6位タイに後退。小田孔明は通算2アンダーの9位タイに後退したが、賞金王争いで優勝が絶対条件の3人が下位に沈み、逆転は厳しい状況となった。 首位タイで最終組を回った3人、宮里優作は前半を4バーディ、1ボギーで単独首位に立って折り返したが、10番でボギーをたたくと14番で痛恨のダブルボギー。15番の [全文を読む]

【中間速報】宮里優作が単独首位、小田孔明4位、石川遼は12位に後退

ParOn.(パーオン) / 2014年12月06日12時57分

ゴルフ日本シリーズJTカップ(12月4~7日、東京都・東京よみうりCC、7023ヤード、パー70) 男子ツアー最終戦3日目の前半が終了し、宮里優作が通算8アンダーで単独首位に立っている。宮本勝昌と李尚熹は2打差で暫定2位タイ、小田孔明は通算5アンダーの暫定4位タイ。 首位タイに並んだ3人の最終組が前半を終え、宮里優作が4バーディ、1ボギーと順調にスコアを伸 [全文を読む]

宮里優作が首位に浮上! 小田孔明は4位に後退

ParOn.(パーオン) / 2014年12月05日15時19分

昨年優勝の宮里優作が通算5アンダーで宮本勝昌、李尚熹と並んで首位タイに浮上した。石川遼も通算3アンダーの6位に順位を上げている。 初日6アンダーで単独首位に立った小田孔明は、1番をボギースタートすると前半2オーバーで後退。後半10番でこの日初のバーディを奪ったが、我慢のゴルフが続き、15番のボギーで72、二つスコアを落として通算4アンダーの4位タイに後退し [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース