宮里優作のニュース

“藍”への声援も受けた宮里優作 全英へ前進もちょっと複雑なワケ

ParOn.(パーオン) / 2017年05月27日18時25分

宮里優作は強風でリーダーボードが停滞する中4バーディ・3ボギーの“71”で回り、トータル3アンダーの10位タイでホールアウト。単独首位に立ったチャン・キム(米国)とは8打差がついたものの、「何とかつながりましたね」。上位フィニッシュを期待できる位置に食い込んだ。藍引退については「選手からも本当なの?とか声をかけられましたね」と近くにいるからこそ、その反響の [全文を読む]

今平周吾、小野田享也が首位T 宮里優作は辛くも決勝R進出

ParOn.(パーオン) / 2017年05月19日19時10分

片山晋呉以来となる、16年ぶりの3戦連続優勝がかかる宮里優作はトータル5オーバー55位タイと、カットライン上でギリギリの予選通過。昨年覇者のチョ・ビョンミン(韓国)も同順位で辛くも決勝進出を果たしている。【2日目までの順位】1位T:今平周吾(-6)1位T:小野田享也(-6)3位T:高山忠洋(-3)3位T:B・ケネディ(-3)3位T:M・グリフィン(-3)3 [全文を読む]

24歳・今平周吾が単独首位スタート 宮里優作は後半失速で48位発進

ParOn.(パーオン) / 2017年05月18日19時10分

片山晋呉以来、16年ぶりとなる3戦連続Vを狙う宮里優作は前半を1アンダーで折り返すも、後半はノーバーディ・3ボギーと失速。2オーバー48位タイとやや出遅れた形となった。また、昨年覇者のチョ・ビョンミン(韓国)も9オーバー133位タイと苦しいスタートとなっている。【初日の順位】1位:今平周吾(-4)2位T:谷口徹(-2)2位T:片岡大育(-2)2位T:小池一 [全文を読む]

宮里優作、地元・沖縄でメジャー制覇!2戦連続Vも達成

ParOn.(パーオン) / 2017年05月14日16時47分

2位から出た同県出身の宮里優作が“66”をマーク。トータル12アンダーで逆転、地元で2週連続優勝を挙げた。ツアー通算は5勝目。出だしから連続バーディ、3番はボギーとしたが4番から3連続バーディと序盤で首位を走っていた谷口徹を捉えると、その後も3つのバーディを量産。後続を突き放し、妹・藍らが見守る中で歓喜の瞬間を迎えた。3打差の2位にブラッド・ケネディ(オー [全文を読む]

「ストレスたまるラウンド」宮里優作は12ホールパーからの連続ボギー

ParOn.(パーオン) / 2017年05月13日21時56分

最終組の谷口徹、宮里優作、重永亜斗夢は4ホールを残して日没順延。難関の14番パー3ではそろってスコアを落とし、谷口がトータル7アンダーで首位をキープ。宮里が小平智と並ぶトータル5アンダー暫定2位タイで最終日22ホールの長丁場に挑む。地元の大声援を受けた宮里は「良いショット、良いパットを打っているのにスコアが伸びないストレスのたまるラウンド」と長い一日に大き [全文を読む]

武藤俊憲、宮里優作が首位T 今平周吾は後半乱れ7位後退

ParOn.(パーオン) / 2017年04月29日19時43分

この日“65”のハイスコアでラウンドした武藤俊憲とスコアを3つ伸ばした宮里優作がトータル11アンダー首位タイでフィニッシュ。共に2年ぶりの勝利をかけて最終日に挑む。1打差3位タイに片岡大育、谷口徹、2打差5位タイに永野竜太郎、藤本佳則が続いている。10アンダー首位タイから出た今平周吾は、後半13番のボギーの直後、14番パー4で痛恨のダブルボギー。トータル8 [全文を読む]

香妻陣一朗、宮里優作ら5人がそろって首位スタート!

ParOn.(パーオン) / 2016年09月30日02時54分

トップ杯東海クラシック(9月29日~10月2日、愛知県・三好カントリー倶楽部 西コース、7315ヤード、パー72) トップ杯東海クラシックが開幕し、初日から香妻陣一朗、S・H・ペク、宮里優作、谷原秀人、片岡大育の5人が通算4アンダーで並ぶ混戦となった。香妻は5バーディ、1ボギーの68をマークし、2014年のマイナビABCチャンピオンシップの初日以来となる首 [全文を読む]

今季初優勝の宮里優作、賞金王の可能性も残した

ParOn.(パーオン) / 2015年11月22日18時52分

ダンロップフェニックストーナメント(11月19日~22日、宮崎県・フェニックスCC、7027ヤード、パー71) ダンロップフェニックスの最終ラウンドが行われ、2位に2打差の首位で出た宮里優作が4バーディ、2ボギーの69、2アンダーで回り、通算14アンダーとリードを保ち、逃げ切りで今季初優勝、通算3勝目を挙げた。 2位に2打差の単独首位で最終日を迎えた宮里優 [全文を読む]

宮里優作が逃げ切り今季初優勝! 松山英樹は猛追及ばず2位タイで終了

ParOn.(パーオン) / 2015年11月22日14時36分

単独首位から出た宮里優作が通算14アンダーで、2位に2打差をつけて逃げ切り今季初優勝。ツアー通算3勝目を挙げた。連覇を狙った松山英樹は67で回り、通算12アンダーと2打及ばずに2位タイで終わった。 2打差の単独首位からスタートした宮里優作は、出だし1番でボギーが先行、4番もボギーとスコアを落として後続に並ばれたものの、7番でようやくバーディを奪い、前半を1 [全文を読む]

宮里優作が単独首位浮上! 松山英樹は4位タイで最終日へ

ParOn.(パーオン) / 2015年11月21日16時43分

宮里優作が64をマークして通算12アンダーの単独首位に浮上。今季初優勝に王手をかけた。2打差の2位に藤本佳則の通算10アンダー。11位タイから出た松山英樹は通算8アンダーの4位タイに浮上した。 4位タイの宮里優作がビッグスコアで単独首位に浮上した。出だし1番でボギーをたたいたものの、続く2番、3番で連続バーディを奪うなど前半でスコアを二つ伸ばすと、後半は1 [全文を読む]

フォーカス