野茂英雄のニュース

【プロ野球】監督に牙を剥いた男たち。野茂英雄は任意引退の末に海を渡った……。プロ野球「確執」列伝!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月21日17時05分

■任意引退して海を渡った野茂英雄(元近鉄ほか) メジャーリーグへの道を切り拓き、パイオニアたる存在になった野茂英雄(元近鉄ほか)も監督との確執に左右された男のひとりだ。近鉄時代の1993年、就任した鈴木啓示監督とは、とことん反りが合わなかった。 当時の近鉄投手陣は立花龍司コーチとともにアメリカの最新トレーニングを取り入れていたが、鈴木監督は根っからの「走 [全文を読む]

近鉄入団直後の野茂英雄 泥酔しトイレで寝て同僚の信頼獲得

NEWSポストセブン / 2013年12月19日16時00分

プロ野球界は現在オフシーズンだが、野球ファンにとって嬉しいニュースが、野茂英雄氏(45)の日米の殿堂入り候補者リストへの選出だ。独特なフォームで日本のみならず全米でも人気を博した彼の素顔は、一体どんな人物なのか? スポーツライターの永谷脩氏が綴る。 * * * 新ポスティング制度が日米間で妥結しないまま、越年の気配を見せている。楽天・田中将大の処遇も宙ぶら [全文を読む]

楽天、15得点大勝で首位固め…則本昂大が5試合連続二桁奪三振、野茂英雄の記録に迫る

サイクルスタイル / 2017年05月17日21時49分

野茂英雄氏がもつ6試合連続の日本記録まであとひとつと迫った。 楽天ファンからは、「5試合連続二桁ってヤベェな」「悪いなりに調子をあげるエースの自力」「三振ショーも良いけどチームの為の勝利者を期待したい!打たせて勝利もイイものだよ!」「のりサイコーだね!」など、圧巻の投球を見せた則本を称賛する声が多く寄せられていた。 [全文を読む]

WBC始球式でトルネードを披露した野茂英雄氏の「恩師への気づかい」

週プレNEWS / 2017年03月29日15時30分

1995年、野茂英雄は海を渡りメジャーリーガーとなってドジャースタジアムのマウンドに立った。 22年後、今度はWBC準決勝の始球式のために同マウンドに立つ。恩師のトミー・ラソーダ元監督から受け取ったボールを本塁に背を向ける“トルネード”と呼ばれた独特のフォームから投げ込む。 ボールは大きく外れるもスタンドからはレジェンドの共演に、この日一番と言っていいほど [全文を読む]

野茂英雄以来の達成へ 楽天・則本、4年連続200奪三振&最多奪三振に期待!

ベースボールキング / 2017年01月05日07時45分

ちなみに、NPBで最後に4年連続200奪三振、4年連続最多奪三振のタイトルを獲得した投手は野茂英雄となる。野茂は奪った三振の数も凄かった。90年と91年が287奪三振、92年が228奪三振、93年が276奪三振と、毎年300近い三振を奪った。 今季は3月にWBCが開催されることもあり、則本のコンディションが心配される。不安要素もあるが、今年も“200奪三 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<野球篇/「あの重大事件」座談会>(3)球団社長をわざと怒らせてメジャー移籍した野茂英雄

アサ芸プラス / 2016年10月16日17時56分

D メジャーリーグは今年、イチローイヤーだったけど、切り開いたのは95年にドジャースと契約した野茂英雄だった。A これは亡くなった近鉄の社長から聞いたんだが、球団が野茂と契約更改の下交渉の時、いきなりホテルの部屋に団野村が現れて、当時まだ認められていなかった代理人交渉をゴリ押し。「6年20億円」という法外な複数年契約を要求した。これは球団社長を怒らせて任意 [全文を読む]

元ド軍監督 「野茂英雄は日本のジャッキー・ロビンソンだ」

NEWSポストセブン / 2015年05月22日11時00分

「これからどんどん日本からメジャーに行く選手が出てきてほしい」 野茂英雄がドジャースタジアムの狭いクラブハウスで私にそう語ったのは1995年6月のことだった。 所属していた近鉄球団との全面対決、日本球界やメディアからの逆風を受けながらの渡米だった。この発言があったのは、ようやく本来の実力を発揮してトルネードがうなりをあげ始め、アメリカの野球ファンにも注目さ [全文を読む]

野茂英雄、福本豊、伊藤智仁、王貞治の「伝説の真実」に迫る書

NEWSポストセブン / 2015年02月22日16時00分

【書籍紹介】『プロ野球、伝説の表と裏』/長谷川晶一/主婦の友社/1404円 トルネード投法の野茂英雄は、なぜフォークとストレートだけで三振の山を築けたのか。王貞治は一本足打法でホームラン王になったが、一本足打法を受け継ぐ選手が少ないのはなぜか。なぜ誰も盗塁王の福本豊の足を止められなかったのか。伊藤智仁は、なぜ高速スライダーを使えるのか。 プロ野球史に名を残 [全文を読む]

近鉄・鈴木啓示監督とエース・野茂英雄の確執が生まれた瞬間

NEWSポストセブン / 2013年10月06日16時00分

1994年のシーズン開幕前、「今年は野茂と心中する」と公言した近鉄・鈴木啓示監督は、開幕投手に野茂英雄を指名。4月9日の西武球場での開幕戦で、野茂は8回まで西武打線をノーヒットに抑えた。 9回に近鉄が3点を先制。しかしその裏、先頭の清原和博が初安打を放つと、四球と失策で1死満塁。前年、18打数7安打と野茂と相性の良い伊東勤を打席に迎えると、鈴木監督はなんと [全文を読む]

落合信彦氏 野茂英雄やイチローの生き方に感銘受けたと語る

NEWSポストセブン / 2012年11月28日16時00分

今でこそ米大リーグで多くの日本人プレーヤーが活躍しているが、パイオニアとしてその道を拓いた野茂英雄が私の頭にまず思い浮かぶ。日本での所属球団と対立した野茂は、「もう二度と日本で野球はできない」という状況の中で渡米した。 独特のトルネード投法から繰り出されるストレートと決め球のフォークボールでメジャーの打者たちを次々と仕留め、新人王と奪三振王を獲得。ポーカー [全文を読む]

フォーカス