原田芳雄のニュース

原田マハ フリーになって扱い変わらなかったのは100人中3人

NEWSポストセブン / 2012年07月09日07時00分

※女性セブン2012年7月19日号 【関連ニュース】原田芳雄さん 死の数日前「優作が迎えにきた」とうわごと松田優作 死の2日前に原田芳雄さんの前で点滴を引きちぎる松田優作 隣の家に引っ越しするほど原田芳雄に憧れていた松田翔太 母に「魂もらえる」といわれ原田芳雄さん葬儀参列原田マハの最新小説 「イメージは平成の女版・寅さんです」 [全文を読む]

水俣病研究の原田正純氏「うわー、よか先生」と慕われていた

NEWSポストセブン / 2012年06月22日16時01分

これから先、患者さんがどう生きるかの自立支援も不足していると嘆いていました」 ※女性セブン2012年7月5日号 【関連ニュース】原田芳雄さん 死の数日前「優作が迎えにきた」とうわごと松田優作 死の2日前に原田芳雄さんの前で点滴を引きちぎる松田優作 隣の家に引っ越しするほど原田芳雄に憧れていた松田翔太 母に「魂もらえる」といわれ原田芳雄さん葬儀参列あゆ、メイ [全文を読む]

MUROの新MIXアルバムは「日本のAOR」原田芳雄、竹下景子も収録

dwango.jp news / 2017年04月26日13時03分

この中で原田芳雄『NEVER CHANGE YOUR MIND』、竹下景子『ベッドサイドの子守唄』、上田正樹『寒い野原』の3曲は初CD化となる。 また、今回のアルバムの内容についてMURO本人からのコメントも到着した。 【MURO コメント】 「今回のMIXは「JAPANESE AOR」というテーマで、80年代の楽曲をメインに選曲させて頂きマスター!まだま [全文を読む]

阪本順治監督と斎藤工が対談。原田芳雄への思いを明かす

Movie Walker / 2016年06月03日07時01分

阪本監督と斎藤にインタビューし、撮影裏話から亡き名優・原田芳雄のエピソードまで、いろいろな秘話を語ってもらった。『団地』は、家業の漢方薬局を畳んで、団地に引っ越してきた山下ヒナ子(藤山直美)と夫・清治(岸部一徳)が、そこで繰り広げる珍騒動を描いた異色作。斎藤は、ヒナ子たちを訪ねてやってきた漢方薬局の顧客・真城役を演じた。念願の阪本組初登板となった斎藤は「職 [全文を読む]

俳優・原田芳雄が最後に引き合わせた松田優作の「二人の妻」

NEWSポストセブン / 2015年05月24日16時00分

それは2011年7月、故・原田芳雄さん(享年71)の告別式でのこと。 原田さんを「兄」と慕っていた優作を通じて、“2人の妻”は、長く交流を続けていたそうだ。 告別式では周囲の複雑な思いが渦巻くなか、松田美由紀と松田美智子は、大事な人をともに見送ったという。 [全文を読む]

俳優・原田芳雄が最後に引き合わせた松田優作の「二人の妻」

NEWSポストセブン / 2015年05月24日16時00分

それは2011年7月、故・原田芳雄さん(享年71)の告別式でのこと。 原田さんを「兄」と慕っていた優作を通じて、“2人の妻”は、長く交流を続けていたそうだ。 告別式では周囲の複雑な思いが渦巻くなか、松田美由紀と松田美智子は、大事な人をともに見送ったという。 [全文を読む]

故・原田芳雄氏が生前「一番辛い」と語った演技への感想は?

NEWSポストセブン / 2013年05月09日07時00分

2011年に亡くなった原田芳雄さんは、夏八木勲らと同じ俳優座養成所「花の15期生」だったが、そもそも彼を役者の道に飛び込ませた背景には「劣等感」があったのだという。映画史・時代劇研究家の春日太一氏が、原田さんの背景について語る。 * * * 原田芳雄は二〇一一年に惜しくも亡くなった。晩年はバラエティ番組『タモリ倶楽部』に出演した際の鉄道マニアぶりなど、飄々 [全文を読む]

熊谷真実 妹・松田美由紀の影響もあり18才年下書道家と結婚

NEWSポストセブン / 2012年11月19日07時00分

そんな話を聞いていくうちに、熊谷さんも恋愛脳になって、ストライクゾーンも広がっていったんじゃないでしょうか」(熊谷の知人) ※女性セブン2012年11月29日・12月6日号 【関連ニュース】松田美由紀の誕生会に福島瑞穂、山本太郎、内田裕也ら出席熊谷市の女性「日本一暑いといわれるのは迷惑千万」と激怒原田芳雄さん 死の数日前「優作が迎えにきた」とうわごと松田優 [全文を読む]

松田美由紀 長女の元カレと「手つなぎ」でパーティーに出席

NEWSポストセブン / 2012年06月14日07時00分

※女性セブン2012年6月28日号 【関連ニュース】松田美由紀の誕生会に福島瑞穂、山本太郎、内田裕也ら出席原田芳雄さん 死の数日前「優作が迎えにきた」とうわごと松田優作 死の2日前に原田芳雄さんの前で点滴を引きちぎる松田美由紀誕生会出席の福島みずほ氏 あやまん下ネタに呆然広末の夫、キャンドル・ジュン 全身タトゥー目立つため [全文を読む]

有名人15人「臨終の瞬間」壮絶舞台ウラ(1)原田芳雄「喪失感」を遺作監督が激白

アサ芸プラス / 2012年02月21日10時54分

あなたの「理想の逝き方」はどれだ? 男たちの「憧れ」であり、多くの俳優から「兄貴」と慕われた原田芳雄(享年71)。 彼がこの世を去ったのは去年の7月19日のことだ。半年が経過した現在、多くの人々が抱える「喪失感」は、ますます大きくなるばかりなのだ。 * 原田が亡くなる8日前、遺作となった映画「大鹿村騒動記」の試写会に現れた鬼気迫る姿は、多くの人の脳裏から離 [全文を読む]

坂上忍、柄本・安藤夫妻のなれ初めに憤慨「ふざけんな」

日刊大衆 / 2017年05月18日08時05分

また、俳優の故原田芳雄の家族が、原田のことを“芳雄”と呼んでいたことに父の柄本明が憧れ、家族に“明”と呼ぶように命じたことがあると暴露。しかし佑ら息子たちが調子に乗って「おいおい明! 明!」「明、ちょっとしょうゆとってよ!」と言っていたところ、機嫌が悪くなってしまい、「その(宣言した)初日の夜には誰とも口を利かなくなった」とその顛末(てんまつ)を語り、笑い [全文を読む]

サプライズ登壇のジョン・ウー監督、初タッグの福山雅治を絶賛!!

Movie Walker / 2017年04月26日18時22分

本作『追捕MANHUNT』は、1976年に高倉健&原田芳雄の共演で公開された佐藤純彌監督の『君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ』の再映画化。チャン・ハンユーと福山雅治のダブル主演で無実の罪を着せられた国際弁護士(ハンユー)と、彼を追う敏腕刑事(福山)が繰り広げるアクションサスペンスだ。かつて高倉と一緒に仕事をしたいと話していたが、残念ながら叶わなかった監督念願 [全文を読む]

タコメーターについて:杉作J太狼XS「美しさ勉強講座」連載44

ブッチNEWS / 2017年03月10日19時25分

ま、どうしてそうなったかというのはいま考えることではないんだけど、原田芳雄さんだとか、松田優作さんだとか、内田裕也さんだとか、安藤昇さんだとか、勝新太郎さんだとか、山城新伍さんだとか、むかし俺たちがあこがれた男たちはそうではなかったな。石原裕次郎さんなんかも自社の作る映画の主演ゲストに飯島洋一さんを呼んだりしてた。飯島洋一さんのことインディーズ映画ファン [全文を読む]

プリプリの歯ごたえがいい!鈴木清順監督の映画に登場した「コンニャクすき焼き」

サライ.jp / 2017年02月24日19時00分

映画では、原田芳雄扮する中砂宅で、友人の青地(藤田敏八)とともに、酒を酌み交わしながら、すき焼きをつつく。その傍らで、中砂の妻、園(大谷直子)はコンニャクをちぎり続ける。 よく見ると、コンニャクは弾力のある玉コンニャクだ。エロティシズムの象徴として、コンニャクをちぎる音が使われているのだが、なにやら旨そうに見える。鈴木監督に、この場面について尋ねた。 「 [全文を読む]

映画「追捕 MANHUNT」の福山雅治、チャン・ハンユーとは「言葉の壁あっても信頼関係」―中国

Record China / 2017年01月20日12時30分

「君よ憤怒の河を渉れ」では原田芳雄さんのハマリ役となった矢村警部を演じたのが福山雅治だが、インタビューでは原田さんの見せた魅力的な雰囲気、セクシーさを絶賛。その上で、今回の映画には矢村警部に新たなエピソードが加えられていることを明かし、前作との違いを語っている。 共演したチャン・ハンユーについては、「そのシーンに的確と思える力強い芝居をする人」と称賛してい [全文を読む]

板尾創路、ロマンポルノの舞台挨拶で「EDになりそうだった」

Movie Walker / 2016年11月26日18時30分

亡くなった原田芳雄さんから『ポルノは機会あればやっとけ』と言われたのが残っていて」と言うと、行定監督もうなずいた。 ヒロインを務めた芦名は「初めての長編映画で1日目はオロオロしちゃったけど、2日目からはお芝居を体操選手のように反射神経でやっていくようにしました」とコメント。板尾は「彼女は覚悟ができていて、競馬の馬で言うと走りたくてしょうがない状態。鼻息が荒 [全文を読む]

その熱さが羨ましい! 伝説の深夜ラジオ『林パック』が今、伝える“本物の青春”

週プレNEWS / 2016年09月21日21時00分

イベントポスターで原田芳雄の下に名前を載せられて「冗談じゃねぇ」って怒った宍戸錠が、「日活でまた青春映画を撮るんだ」と涙ながらに鈴木清順をお客さんに紹介する。それに万雷の拍手を送られたかと思えば、「こんなポルノ女優と一緒にやるのか」と言われた日活の女優たちが激怒して「帰る」騒ぎに…。すったもんだあって、最後に菅原文太が長谷川ゴジ(和彦)と飲んで意気投合して [全文を読む]

時代劇研究家・春日太一氏が選ぶ「心震える大河ドラマ」TOP5

NEWSポストセブン / 2016年08月21日07時00分

また、壮絶な愛憎のドラマを見せる母親役の岩下志麻、器量人として育てる父親役の北大路欣也、支え続ける家臣役の西郷輝彦と三浦友和、荒武者役で初の本格的な役者出演となるいかりや長介、終生のライバル・最上義光役の原田芳雄、そして天下人としてその前に立ちはだかる秀吉役の勝新太郎……多彩なキャスティングが完璧に決まった」【2位『武田信玄』(1988年)】主演/中井貴 [全文を読む]

福山雅治×チャン・ハンユーの主演映画、80年代ヒット作「狼/男たちの挽歌・最終章」のような作品に?―中国

Record China / 2016年08月12日10時50分

原田芳雄さんが演じた検事を追いかける警部役は、歌手で俳優の福山雅治が演じる。 この弁護士と警部、およびヒロインとの関わりについて、ジョン・ウー監督はオリジナル版より色濃く描くことを希望している。このため監督のヒット作で、殺し屋と刑事にいつしか友情が芽生えるさまを描いた「狼/男たちの挽歌・最終章」(89年)の面影を残した作品になりそうだ。 弁護士役についてジ [全文を読む]

福山雅治とは言葉の壁あり、「あまり交流できていない」ダブル主演の俳優チャン・ハンユー―中国

Record China / 2016年07月26日11時30分

「君よ憤怒の河を渉れ」ではそれぞれ、高倉健さんと原田芳雄さんが演じていた。年内にクランクアップし、18年春の公開が予定されている。(翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

フォーカス