松田優作のニュース

もしも松田優作が、仮面ライダーウィザードだったら。

インフォシーク / 2012年11月20日17時30分

マイケル・ジョーダンの野性的な舌出し天才プレイ、マリリン・モンローの類似無きセックスアピール、ブルース・リーの研ぎ澄まされた肉体と超奇声…日本においては、例えば松田優作の低い声、鍛え抜かれた肉体、喧嘩腰でありながらストイックな演技…は、昭和を代表するヒーローであろう。さて、ヒーローと言えば仮面ライダーもそうである。個性(アク?)の強い藤岡弘が、決して真っ直 [全文を読む]

CS放送「チャンネル銀河」 スカパー!無料放送期間6月1日(土)~10日(月)に “松田優作”出演作品を特集放送

PR TIMES / 2013年05月28日14時30分

CS放送ドラマ・エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」は、スカパー!無料放送期間6月1日(土)~10日(月)に“松田優作”出演作品11タイトルを特集放送。 番組放送後に流れるキーワードで応募すると、豪華プレゼントが当たるキャンペーンも実施します。 ドラマ・エンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河」(チャンネル銀河株式会社、東京都千代田区、代 [全文を読む]

みうらじゅん×クドカンが悩む 「女性の誕生日プレゼントって何をあげればいいの?」

週プレNEWS / 2016年07月29日11時00分

宮藤 ウチの奥さんに去年の誕生日に「何がほしい?」って聞いたら、松田優作のDVDシリーズをリクエストされたんですよ。 みうら デアゴスティーニ的なやつでしょ(笑)。一度申し込んだら、毎月、自動的に家まで送られてくるんじゃなかったっけ? 宮藤 そうそう、あれがいいって言われたんですよ。 みうら となると、保管用バインダーもセットであげたほうがいいね。 宮藤 [全文を読む]

本邦初、松田優作モデル iPhone5/5Sケース、iPhone5プロテクター 25周忌となる11月6日発売!!

PR TIMES / 2013年11月06日09時47分

「MUSIC SMARTPHONE CASE」「MUSIC SMARTPHONE PROTECTOR」シリーズ最新作 松田優作25周忌にあたる本日11月6日、株式会社アイ・シー・エージェンシー(東京都港区)と有限会社オフィス作(東京都渋谷区)は、本邦初の松田優作スマートフォンケース3タイトル(「iPhone5S/5」向け)、およびスマートフォンプロテクター [全文を読む]

松田優作の代表作「探偵物語」LINEスタンプ配信開始!ボイスでよみがえる伝説のドラマ

@Press / 2016年05月06日12時00分

株式会社ファイブディメンション(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大原秀高)は、LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤剛)が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」内のスタンプショップにて、2016年5月3日(火)に販売を開始した「松田優作 探偵物語ボイススタンプ」の制作に協力しました。 販売ページリンク: https://line. [全文を読む]

仮面ライダー鎧武と芸術論。なのだ。

インフォシーク / 2014年03月18日17時30分

ずっとずっと以前に驚いたのは、松田優作が出演したハリウッド映画「ブラックレイン」に、2パターンのクライマックスが用意されていた、ということを知ったときだった。悪者のボス的存在である松田優作は、刑事であるマイケル・ダグラスや高倉健に追われ、マイケル・ダグラスの目の前で同僚刑事のアンディ・ガルシアを殺したりしながら、最後にマイケル・ダグラスと泥まみれの大格闘を [全文を読む]

2月25日(火)創刊!『山口百恵「赤いシリーズ」DVDマガジン』

PR TIMES / 2014年02月13日11時38分

松田優作共演!幻のドラマ「赤い迷路」が初DVD化!! DVDマガジンは各巻にドラマ3話ずつを収録。創刊号のDVDには山口百恵が不幸な事故により白血病となる少女を演じた「赤い疑惑」、今回が初の映像ソフト化となる松田優作との共演作「赤い迷路」、引退記念ドラマとして挙式直前に放送された「赤い死線」を各1話ずつ収録。 マガジンには篠山紀信氏撮影による山口百恵の [全文を読む]

松田優作のお墓に行ってきた! 霊園が広すぎて「なんじゃこりゃ~!!」

ハピズム / 2013年10月05日13時00分

――歴史上の人物から現代人まで著名人が眠るお墓を訪ね歩くハカマイラーが、線香片手に、今日も誰かのお墓へ参る! 松田優作といえば、野性味あふれる演技と個性的なキャラクターで、現在でも多くのファンを持つ俳優。世界的にビックになろうと思う野望を抱く筆者。優作のお墓をお参りして、ビックな息吹を感じてみることにしました。 優作は、俳優、松田龍平・翔太兄弟の父。テレビ [全文を読む]

松田龍平を嫉妬させたい?故・松田優作「人間の証明」ドラマ化で藤原竜也が決意表明

アサ芸プラス / 2017年01月31日17時59分

故・松田優作と岡田茉莉子主演による77年公開の名作映画「人間の証明」がこの春、単発テレビドラマとなって甦ることがわかった。 映画公開の前年である76年に森村誠一による長編推理小説として発表された同名作品は一躍ベストセラーとなり、現在までに単行本・文庫本で累計770万部以上を売り上げ、松本清張の「砂の器」とともに、昭和を代表する名作推理小説として知られている [全文を読む]

【ムービープラス】俳優 高倉健さんを偲び、追悼放送が決定。映画『ブラック・レイン』をムービープラスで11月27日(木)23:00~翌1:15に放送

PR TIMES / 2014年11月18日19時14分

『ブラック・レイン』は、松田優作と共演したリドリー・スコット監督による傑作ノワール。劇中では刑事役のマイケル・ダグラスの相棒として、寡黙だが情に厚い難しい役どころの松本を見事に演じました。 『ブラック・レイン』(1989年/アメリカ) 監督:リドリー・スコット 出演:マイケル・ダグラス、高倉健、松田優作 リドリー・スコット監督が大阪の街を舞台に描く犯罪ア [全文を読む]

桃井かおりの結婚に胸を撫で下ろす男たち

アサ芸プラス / 2013年09月03日10時00分

これまで桃井は、つかこうへい、松田優作、伊集院静、あまり公になっていないが西城秀樹など、数多くの男たちと恋に落ちては結ばれぬままに終わった。今回のお相手は「出会って50年の初恋の相手」というから、あの猛女にしては何とも可愛らしい。 そんな大女優と映画やテレビ、舞台で仕事をしてきた俳優・男性スタッフの間で、ゲームのごとく取り交わされてきた「選択」があった。 [全文を読む]

TBSラジオ「竹中直人~月夜の蟹~」に故・松田優作さんの最初の妻でノンフィクション作家の松田美智子さん登場

PR TIMES / 2012年08月01日10時51分

8/6(月)、8/13(月)は、衝撃作『越境者 松田優作』の著者、故・松田優作さんの最初の妻で、ノンフィクション作家の松田美智子さんをお迎えします。 1994年に出版された著書『少女はなぜ逃げなかったのか 女子高校生誘拐飼育事件』が、99年に和田勉監督・新藤兼人脚本で『完全なる飼育』として改題され映画化。その作品の主演を竹中直人が務めたこともあり、面識は [全文を読む]

70年代シネマ女優たち 桃井かおり 絶頂期の松田優作にダメ出し

アサ芸プラス / 2012年03月10日10時54分

また1期後輩の松田優作を、後にドラマ「春が来た」(82年/テレビ朝日)で共演した際に、激しく罵倒している。 「あんた、ホームドラマだと思ってナメてるんじゃないの? あんたの演技、アクションスターの松田優作みたいで変!」 絶頂期の松田優作にダメ出しをできた唯一の女優であろう。優作はこの直後、箸の上げ下げから真剣に取り組んだという。 [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

後のジーパン刑事、松田優作である。 ちなみに、降板したショーケンが次に出演したドラマが『傷だらけの天使』(日テレ)だった。■14年間ものロングランに 『太陽~』以前、刑事ドラマでレギュラーの刑事が殉職することは、まずなかった。だが、怪我の巧妙か、ショーケンの殉職シーンは高視聴率を取ったばかりか、以後、ジーパン(松田優作)、テキサス(勝野洋)、ボン(宮内淳) [全文を読む]

松田翔太・秋元梢の「芸能界“最強”2世カップル」に熱い視線が!

アサジョ / 2017年05月22日10時15分

「秋元は故・九重親方(元千代の富士)の次女で、松田は言わずと知れた故・松田優作の次男。このまま2人は結婚まで進み“芸能界最強2世カップル”になるだろうと言われています。2人が写真を撮られたのも松田の兄・龍平の誕生会に出席するため、龍平の住むマンションの駐車場でタクシーから降りたところを直撃されたもの。つまり秋元はすでに兄の龍平に紹介されているということです [全文を読む]

ご存知ですか? 5月9日は松田龍平の誕生日です

文春オンライン / 2017年05月09日07時00分

松田龍平の父親は、言うまでもなく俳優の松田優作である。龍平が生まれた1983年、父・優作は映画『探偵物語』『家族ゲーム』にあいついで出演、俳優として成熟しつつあったころだ。『探偵物語』で優作が共演した薬師丸ひろ子とは、龍平もその30年後、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』で共演する。筆者は劇中で並んだ両者を見たとき、その身長差といい、龍平をどうしても父 [全文を読む]

松田龍平が離婚へ 万能の姑・松田美由紀の存在が影響か

NEWSポストセブン / 2017年02月23日07時00分

◆料理の腕前も人づきあいも一流の姑 龍平を語るとき、避けて通れないのが「松田優作ファミリー」の存在だ。龍平が6才の時に父・松田優作(享年40)が亡くなると、母の美由紀が龍平と弟の翔太(31才)、妹でシンガーのYukiを女手一つで育てた。 結束も固く、今も母の誕生日には必ずきょうだいが集まってお祝いをする。お互いの家を行き来したり、きょうだいで飲みに行くこと [全文を読む]

宮川一朗太が松田優作さんや「ラストコップ」を語る

Smartザテレビジョン / 2017年01月07日16時03分

2週目は、映画「家族ゲーム」で忘れられないという松田優作さんとのビンタシーンなど、撮影秘話を中心に、これまで出演したドラマ、舞台、CM、吹き替えなどの活躍を紹介。ほか、プライベートについても語る。 3週目では、キャスターや馬主としての競馬愛とそのきっかけ、勝ち負けの額や、ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」('16年10月-12月、日本テレビ [全文を読む]

草刈正雄の魅力は「シャイなかっこよさ」伝説のキャメラマンが語る角川映画の名優たち

Movie Walker / 2016年08月06日16時39分

松田優作、草刈正雄、薬師丸ひろ子ら名優陣との撮影秘話を明かした。 仙元は、1969年の『新宿泥棒日記』で撮影監督としてデビュー。今回の「角川映画祭」では、『蘇える金狼』『野獣死すべし』『セーラー服と機関銃』『汚れた英雄』『里見八犬伝』『Wの悲劇』など、仙元が撮影監督を務めた11作品が上映されている。 1982年の『汚れた英雄』では、オートレースシーンの迫力 [全文を読む]

死に至った者も…!? 役作りのためにトンでもない人体改造を行った芸能人5選!

tocana / 2016年06月13日09時00分

2 松田優作:奥歯4本抜き 歯を抜いた芸能人はほかにもいる。松田優作は1980年公開の映画『野獣死すべし』において、痩せこけた人物を演ずるため、10キロ以上の減量を行い、さらに奥歯を四本抜いた。またその10年後には、松田は膀胱がんを発症するも、アクションシーンができなくなるとして、治療を拒否し米映画『ブラックレイン』の撮影に挑んでいる。同映画が日本で公開さ [全文を読む]

フォーカス