藤浪晋太郎のニュース

大谷翔平、藤浪晋太郎…甲子園を沸かせた「“春のセンバツ”モンスター選手誕生の瞬間」

日刊大衆 / 2016年04月18日07時30分

花巻東の大谷翔平(現日本ハム)と、大阪桐蔭の藤浪晋太郎(現阪神)。両エースの投手戦が期待されたこの試合、意外な結末が待っていた。5回まで強打の大阪桐蔭打線を無失点に抑えていた大谷だったが、後半に乱れ、まさかの9失点。「大谷は、序盤から制球が荒れに荒れ、7四死球。スライダーなどで前半は切り抜けていましたが、最後は力尽きてしまいましたね」(スポーツ誌編集者) [全文を読む]

【プロ野球】セの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日16時05分

(ボールを)つかまえるのは非常に上手いバッターなので、僕は首位打者に挙げました」(山崎) 【投手タイトル編】 <里崎予想> 最多勝&防御率:菅野智之(巨人) 奪三振:藤浪晋太郎(阪神) <駒田予想> 最多勝&奪三振…藤浪晋太郎(阪神) 防御率:菅野智之(巨人) <西崎予想> 最多勝&奪三振:藤浪晋太郎(阪神) 防御率:藤川球児(阪神) <山崎予想> 最多勝 [全文を読む]

藤浪晋太郎と大谷翔平が1対1で本音を語り合う!GAORA SPORTSで特別対談番組の放送が決定!

PR TIMES / 2015年11月27日11時12分

今シーズン松坂大輔以来となるプロ入り後3年連続2桁勝利を挙げ、最多奪三振のタイトルを獲得した藤浪晋太郎。一方プロ入り後“二刀流”で投打に活躍、2015年シーズンには開幕投手を務め、最多勝利、最優秀防御率、最高勝率の投手3冠を達成した大谷翔平。阪神タイガース、北海道日本ハムファイターズの主催ゲームを徹底放送しているGAORA SPORTSでは、「藤浪晋太郎× [全文を読む]

藤浪晋太郎の“追試”

ベースボールキング / 2016年11月12日12時30分

たとえば、阪神から唯一の選出となった藤浪晋太郎がその一人。正直なところ、メンバー発表で藤浪の名前が呼ばれた際には「なぜ...?」という声も多数挙がった。 それは仕方がないことかもしれない。今シーズンは26試合の登板で7勝11敗と4つの負け越し。高卒1年目から続けていた連続2ケタ勝利の記録に、ついに終止符が打たれた。 とにかく立ち上がりが悪く、26度の先発 [全文を読む]

「+Style」、阪神タイガースとコラボレーションしたリストバンド型の活動量計「UP3 阪神タイガースモデル」を限定販売!

PR TIMES / 2016年09月20日17時27分

さらに、阪神タイガースの藤浪晋太郎選手がデザインを監修した「UP3 藤浪晋太郎モデル」をコレクターズ特別BOXとして50セット限定で販売します。「UP3 藤浪晋太郎モデル」は、「UP3」に「Tigers」のチームロゴと背番号・選手名「19 FUJINAMI」がプリントされており、さらにオリジナルのロゴ入りACアダプタが付属します。価格は「UP3 阪神タイガ [全文を読む]

『藤浪晋太郎×大谷翔平』 プロ初の投げ合いを完全生中継!

PR TIMES / 2014年03月05日09時31分

藤浪晋太郎投手(阪神タイガース)と大谷翔平選手(北海道日本ハムファイターズ)が、プロ入り後初の投げ合いが予定されるオープン戦『阪神 vs 北海道日本ハム』(3月8日開催)を試合終了まで完全生中継します。 高校時代を含め過去2回の対決では、いずれも打者・大谷が投手・藤浪を攻略したものの、試合は藤浪に軍配があがりました。3度目となる今回、プロ入り後初となる“投 [全文を読む]

『藤浪晋太郎 × 大谷翔平』夢の対談企画が実現!

PR TIMES / 2014年01月31日09時59分

株式会社GAORA(本社:大阪市北区、代表取締役社長:東 龍一郎)は「GAORAプロ野球キャンプ直前スペシャル」として、1月31日(金)午後6時30分から、藤浪晋太郎(阪神タイガース)と大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ)のテレビカメラの前では初めてとなる対談の模様を放送することを決定しました。 撮影は1月28日、自主トレのため既に沖縄入りしていた二人は [全文を読む]

【プロ野球】各球団が警戒? 荒れ球・藤浪晋太郎のこれまでの“デッドボール”を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年04月08日17時05分

4月4日、ヤクルト対阪神の試合で藤浪晋太郎(阪神)が畠山和洋(ヤクルト)の肩口に、あわや顔面というデッドボールを当て、両軍入り乱れての乱闘に発展した。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 藤浪といえば、阪神ファンですら“コントロールがよい”とは口が裂けても言えず、荒れ球で知られている。 昨シーズンまでのプロ4年間で与死球は32 [全文を読む]

【阪神】「どうせの虫」が騒ぎ出した今、それでも藤浪晋太郎に期待したい

文春オンライン / 2017年04月07日11時00分

阪神・藤浪晋太郎の株が下がり続けている。昨季は7勝11敗とプロ入り以来最低の成績に終わり、今季の巻き返しが期待されたものの、去るWBCでは首脳陣の信頼を得られず、今季初先発となった4日のヤクルト戦でも不安定な投球を見せた。5回2失点という結果だけを見ればまずまずかもしれないが、与四死球9で奪三振0はいただけない。課題とされていた制球難が一向に改善されていな [全文を読む]

2位巨人の坂本勇人!プロ野球女子が選ぶ「イケメン選手」納得の1位は

VenusTap / 2017年03月06日17時40分

■同票4位:藤浪晋太郎(9人)4位には同票で3人が選ばれる結果に。1人目は、阪神タイガースのピッチャー「藤浪晋太郎(ふじなみ・しんたろう)」選手。高校時代には“浪速のダルビッシュ”と呼ばれ、2012年にドラフト会議で4球団から1巡目指名を受け、阪神タイガースへ入団。2014年には、日米野球2014の代表選手に選出されました。 晋ちゃんいってらっしゃい! 活 [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース