小林節のニュース

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節が読み解く日本会議 「宗教や思想を押しつける世界では民主主義なんて絶対に成立しない」

週プレNEWS / 2016年06月19日11時00分

彼らはなぜこれほどまでに改憲に熱心なのか? この国を誰から「取り戻し」、どのような「美しい国」を目指しているのか? 日本会議の背景にある「国家神道」や「新宗教」に詳しい宗教学者の島薗(しまぞの)進・東京大学名誉教授と、日本を代表する憲法学者で慶應義塾大学名誉教授の小林節(せつ)氏のふたりが「立憲主義の危機と宗教」について語る。 前編『自民党の改憲案は「個 [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節 「靖国参拝を“日本人なら当然の常識”と考える『日本会議』には歴史の反省がない」

週プレNEWS / 2016年06月18日06時00分

彼らはなぜこれほどまでに改憲に熱心なのか? この国を誰から「取り戻し」、どのような「美しい国」を目指しているのか? 日本会議の背景にある「国家神道」や「新宗教」に詳しい宗教学者の島薗(しまぞの)進・東京大学名誉教授と、日本を代表する憲法学者で慶應義塾大学名誉教授の小林節(せつ)氏のふたりが「立憲主義の危機と宗教」について語る。 前編の『自民党の改憲案は「 [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節 「自民党の改憲案は『個性を持った個人の尊重』という原則を捨て去ろうとしている」

週プレNEWS / 2016年06月17日06時00分

安倍政権と日本会議はなぜこれほどまでに改憲に熱心なのか? この国を誰から「取り戻そう」としているのか? そして彼らが目指す「美しい国、日本」の姿とはなんなのか? 日本会議の背景にある「国家神道」や「新宗教」に詳しい宗教学者の島薗(しまぞの)進・東京大学名誉教授と、日本を代表する憲法学者で慶應義塾大学名誉教授の小林節(せつ)氏のふたりに「立憲主義の危機と宗 [全文を読む]

憲法学者・小林節に注目すれば安倍政権の赤信号がわかる

週プレNEWS / 2015年07月13日06時00分

本誌連載中のコラム「衆愚レアリズム宣言!!」より、ジャーナリストの川喜田研氏が“シューグ”な現実と向き合い世の中を見つめなおす! *** 憲法学者の小林節(せつ)慶應義塾大学名誉教授に初めてお目にかかってから、かれこれ2年以上になるだろうか。 当時、週プレで改憲問題の特集を担当していた僕は「改憲派の論客」として知られる小林センセーにインタビューするため、慶 [全文を読む]

参院選出馬の小林節氏 小沢一郎氏や社民党から合併話か

NEWSポストセブン / 2016年05月31日16時00分

昨年夏、安保法制を「違憲」だとして廃案を訴え、注目を集めた憲法学者の小林節・慶應大学名誉教授が、今度は「国民怒りの声」という政治団体を組織し、参院選出馬を決めた。 メンバーは小林氏以外に公表されていないが、5月19日の記者会見で小林氏は、次のように胸を張った。 「できたばかりのまだ形になってもいない小さな党ですが、ありがたいことに2つの政党から対等合併の話 [全文を読む]

小林節教授の政治団体「国民怒りの声」に抱く期待と不安。既存政党に失望する多数の代弁者になれるのか

週プレNEWS / 2016年05月24日06時00分

小林節(せつ)・慶應義塾大学名誉教授ら、市民グループが政治団体を立ち上げたのだ。 団体名は「国民怒りの声」。基本政策は「憲法改悪の阻止」「戦争法の廃止と関連予算の福祉・教育への転換」など7項目が並ぶ。安保関連法を「違憲」と批判する小林教授らしいチョイスだ。 この政治団体は、地方区には候補を立てない。もっぱら比例区にターゲットを絞り、小林教授を含めて10人程 [全文を読む]

改憲派のリーダー・櫻井よしこは「言論人の仮面をかぶった嘘つき」だ! 憲法学者・小林節が対談を捏造されたと告発

リテラ / 2016年05月02日18時00分

バカバカしい」 こんな発言をしたのは、憲法学者の小林節・慶應義塾大学名誉教授だ。もともと、自民党の改憲論議に付き合ってきたタカ派の改憲論者で、近年、安倍政権の立憲主義を無視した暴挙に危機感を表明したことで知られる小林教授だが、最近、「月刊日本」(ケイアンドケイプレス)2016年4月号のインタビューに登場、櫻井氏を苛烈かつ理路整然と批判しているのである。「公 [全文を読む]

憲法学者・小林節氏も「許せない」と憤り…安倍政権が次期選挙でうやむやにする“争点のステルス化”とは

週プレNEWS / 2016年04月27日06時00分

「改憲の具体的な議論を避けながら、選挙に臨もうとする安倍政権のやり方は卑怯!」と、怒りを露(あら)わにするのは、日本を代表する憲法学者で慶應義塾大学名誉教授の小林節氏だ。 「今の通常国会で安倍首相は憲法改正への強い意欲を示し、憲法改正の発議が可能な両院の3分の2以上の議席獲得を目指すと発言しました。また、自民党はすでに独自の改憲草案を示し、『緊急事態条項 [全文を読む]

憲法学者の小林節氏 春画がわいせつに当らない法的根拠語る

NEWSポストセブン / 2015年10月21日16時00分

この問題について議論すべく、憲法学者の小林節氏に意見を求めた。 * * * わいせつは刑法で規定されているものですが、その判断基準は、憲法の「表現の自由」に関わってくる。春画がわいせつか否かについては「表現の自由の限界例」と位置付けられます。 ここでいう限界とは、「公共の福祉」に反する場合と、「権利の濫用」になる場合です。公共の福祉とは、公共の利益であり、 [全文を読む]

憲法は「権力という野蛮な動物」を管理するためにあるーー小林節氏が語る「立憲主義」

弁護士ドットコムニュース / 2015年08月08日11時33分

基調講演とパネルディスカッションには、憲法学者の小林節慶大名誉教授、元NHKアナウンサーでフリージャーナリストの堀潤さん、元日弁連会長の平山正剛弁護士が登壇し、「平和と憲法」について、それぞれの思いを語った。 ●国民が「プロパガンダ」に利用されないために 堀さんは、ジャーナリストの立場から、戦争に向かう国家がプロパガンダ(政治的な宣伝)によって国民を利用す [全文を読む]

フォーカス