松坂大輔のニュース

【プロ野球】松坂大輔がソフトバンク入り…豪華すぎる松坂世代の軌跡

デイリーニュースオンライン / 2014年12月05日16時50分

メジャーリーグのニューヨーク・メッツからFAとなった松坂大輔投手(34)の、福岡ソフトバンク・ホークス入りが決定。3年総額12億円、背番号はプロ入りからボストン・レッドソック ス時代まで背負っていた18番だ。 そこで、平成の怪物と評される松坂大輔の原点を振り返ってみたい。 松坂大輔の名が全国に轟いたのは、横浜高校3年の1998年。MAX152キロの剛速球と [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ソフトバンク・松坂大輔投手の人気ぶり。報道陣の多さに攝津投手が「白い巨塔のよう」

TechinsightJapan / 2015年03月22日15時00分

福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が、地域情報番組『おとななテレビ』のインタビューに応じた。ホークスの人気選手たちよりもさらに注目を浴びる松坂投手は、キャンプ地でも報道陣が殺到。そんな彼の人気ぶりを見て攝津正投手は「白い巨塔みたいだ」と評する。さらに元NHKアナウンサー・神田愛花の歯に衣着せぬ質問攻めで、松坂投手から奥さんとの貴重なエピソードも飛び出し [全文を読む]

父・深作欣二に望んだ息子・健太の「一子相伝」

アサ芸プラス / 2012年11月30日09時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(2)松坂が“原点回帰”した プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(3)東尾が松坂に託した“思い” プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(4)31歳になって気づいた部分 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔[全文を読む]

お前はいったい何連休や!松坂大輔の最新ニックネームは「歴史的不良債権」

アサ芸プラス / 2017年04月28日17時59分

「福岡ソフトバンクホークスの超VIP、松坂大輔投手が個人事務所名義でこんな景気のいい買い物をしました。広さは約160平米、室内にトレーニングルームも設置したそうです。 松坂投手は体の状態や近年の衰えが危惧されながらも、メジャー帰りのビッグネームということでソフトバンクと3年12億円の破格契約。しかしご存じのとおり、獲得に反対したホークスファンの声が大当たり [全文を読む]

バッシングの声に今、松坂大輔が思うこと「野球って誰かを見返すためのものじゃない」

週プレNEWS / 2017年04月20日06時00分

松坂大輔のことである。 思い浮かぶのは3年前のことだ。当時、メジャー8年目を迎えていたニューヨーク・メッツの松坂は、オープン戦でローテーションの座を若いピッチャーと争っていた。その最後の登板で、松坂は5回を投げて被安打5、奪三振8、無四球、無失点という文句のつけようがないピッチングを披露した。ところが松坂は、開幕をマイナーで迎えることになったのである。結 [全文を読む]

「バッティングが嫌いだった」伝説のホームランバッター・中村紀洋が今だから語る裏話

まぐまぐニュース! / 2016年06月03日06時00分

次ページ>>特に印象に残る松坂大輔との対戦。清水直行とのオモシロこぼれ話 ただただ楽しかった怪物・松坂大輔との勝負 ──バッティングに関してもお伺いしたいのですが、今まで対戦された中で、特に印象に残っている投手を教えていただけますか。 中村:やはり、松坂大輔(現在・福岡ソフトバンクホークス所属)ですね。18.44メートル(投手と打者の距離)を、三振かホー [全文を読む]

松坂大輔が江夏豊に語った日本球界復帰「妻は“わかった、ついていく”だけでした」

週プレNEWS / 2015年02月24日06時00分

松坂大輔は予定していたブルペンでの投球練習を取りやめ、代わりにキャッチボールと遠投を約1時間、入念に行なった。体重を軸足に真っすぐ乗せ、そこからスムーズに前方へ移動していく投球フォームを体に染み込ませる作業だ。 高校時代から怪物と呼ばれ、26歳でメジャー移籍。酸いも甘いも噛かみ分けて9年ぶりに日本に戻った彼は今、何を思うのか。キャンプ地を訪れた江夏豊氏との [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(3)東尾が松坂に託した“思い”

アサ芸プラス / 2012年09月12日10時59分

【関連記事】 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(2)松坂が“原点回帰”した プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(4)31歳になって気づいた部分 プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(1)「477日ぶり復活勝利」で実践した師匠の教え プロ野球「師弟の絆」裏物語 [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(3)98年PL学園vs横浜高校 松坂大輔を追い詰めた延長17回の死闘!

アサ芸プラス / 2012年07月18日10時57分

【関連記事】 死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(1)98年PL学園vs横浜高校 松坂大輔を追い詰めた延長17回の死闘! 死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(2)98年PL学園vs横浜高校 松坂大輔を追い詰めた延長17回の死闘! 死んでも「アイツ」に勝ちたかった⑥ 田中一徳(元PL学園)(4)98年PL学園 [全文を読む]

中一日も! 始球式アイドル稲村亜美のハイペース登板は「もう松坂大輔の15年分」

アサ芸プラス / 2017年05月10日05時59分

「早くも松坂大輔の15年分の登板だな(松坂は日本球界復帰3年目で1軍では1試合のみ)」「ソフトバンクは稲村と専属契約すべき」「松坂は見たことないが稲村は見たことがある若者が急増中(笑)」など、ソフトバンクと3年12億円の契約をしながら“年俸ドロボー”の名を欲しいままにしている松坂大輔投手がもう散々の言われようだ。 どうせ試合で投げられないのであれば、松坂も [全文を読む]

川崎宗則の“激安”復帰でバッシング再燃!“給料ドロボー”松坂大輔に屈辱ヤジ

アサ芸プラス / 2017年04月05日17時58分

松坂大輔投手です。松坂は3年12億という大型契約を結ぶも、いまだ1軍での勝利はおろか登板数も1試合止まり。契約最終年の今年はようやく体を絞り、遅まきながらやる気を見せていたが、3月18日のオープン戦で右足に異変が出てあっさり降板。もはや年俸ドロボーどころか、かつての栄光も全くなかったかのようにファンにとっては“名前を聞きたくもない”状態。単年9000万円 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松坂大輔投手、西武時代“巨人打線からめった打ち”の真相告白 東尾元監督「なんやそれ!」

TechinsightJapan / 2017年03月07日15時14分

福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が、西武ライオンズに入団した時の監督だった東尾修さんとテレビ番組で対談した。当時“平成の怪物”と呼ばれた松坂投手と東尾元監督は今も師弟以上の絆がある。それだけに普段は話さないような本音が飛びだす場面もあった。3月5日に放送された福岡エリアのスポーツ情報番組『夢空間スポーツ』(FBS福岡放送)で「松坂大輔×東尾修 師弟対 [全文を読む]

プロ野球「キャンプ絶好調」報道はなぜいつも大ハズレなのか

NEWSポストセブン / 2017年02月27日16時00分

たとえば、ソフトバンク・松坂大輔(36)の場合はこんな具合だ。 メジャー帰りの“元”剛腕は“眠れる獅子”となって久しいが、今年は西武黄金時代の「投げ込みフォーム固め」で猛アピール。視察に訪れたWBC日本代表・権藤博投手コーチに〈キューバ戦任せたぞ〉(2月5日、スポーツ報知)といわしめたことが取り上げられた。 一方、昨年は〈完全復活へ前進!松坂「いい感じ」〉 [全文を読む]

松坂大輔「10kg減量」でやる気充分「WBC主将」に大抜擢の奇策

WEB女性自身 / 2017年02月18日06時00分

怪物・松坂大輔(36)が、復活に向けて必死にもがいている。昨年より10kgの減量。特別待遇はいっさいなしで精力的に投げ込みをおこない、若手投手陣にアドバイスを送っている。本人は「特別なことは何もやっていない」と煙に巻くが、親しい知人には今年にかける思いを告白していた。 「昨年11月からほぼ無休でトレーニングを続け、プエルトリコのウインターリーグにも球団に直 [全文を読む]

【プロ野球】復活の日は来るか!? 体重9キロ減でキャンプに臨んだ松坂大輔と「松坂世代」の崖っぷち選手たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月10日17時05分

2月1日のキャンプイン早々に話題を振りまいたのが、9キロの減量に成功し、スリムになって現れた松坂大輔(ソフトバンク)だ。 3年契約の3年目を迎えるが、過去2年で1登板しかできておらず、まさに崖っぷち。「ソフトバンクの不良債権」と口さがない批判の声も挙がるなか、シャープな体からは現状を打破しようとする意気込みが伝わってくる。 今シーズンの松坂には少なからず期 [全文を読む]

今さら大減量!?松坂大輔、“ドロボー契約”最終年のやる気にファンは辟易

アサ芸プラス / 2017年01月31日09時59分

プロ野球界では、近年最悪の「ドロボー契約」と言われて久しい、ソフトバンクの松坂大輔投手。ちょっと投げればノックアウトの連続で、右肩の手術もあり、結果的には3年契約12億円の高額年俸でこの2年間はリハビリしていただけ。初めのうちは温かく見守っていたファンも「松坂を出さないほうがチームの調子がいい」など、もはや疫病神扱い。2年間の“実績ゼロ”の時点で、昨年オフ [全文を読む]

【プロ野球】平成の怪物・松坂大輔復活祈願! タイトルを獲得した歴代のベテランたちを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月15日16時05分

最近のプロ野球の関心事に「松坂大輔(ソフトバンク)の復活」がある。 当の本人もこのオフはプエルトリコのウインターリーグに参加するなど、精力的に活動。来季にかける思いが伝わってくる。 特に今季は、パ・リーグでは松坂と同学年の和田毅(ソフトバンク)が最多勝、35歳の糸井嘉男(オリックス)が盗塁王のタイトルを獲得し、セ・リーグでは39歳の新井貴浩(広島)がリーグ [全文を読む]

背水のウインターリーグ参戦も松坂大輔に冷たい視線。バッシング逃れすら虚しい?

週プレNEWS / 2016年12月15日10時00分

日本ハムの斎藤佑樹とソフトバンクの松坂大輔。文字どおり背水のオフを迎えたふたりの「18」は果たして来季、復活することができるのか!? 前回記事の斎藤は周辺の評判も下降の一途、栗山監督の最後通牒ともいえる発言が意味深だが、再生を期す、こちら元・球界のエースは…。 ■プエルトリコ行きも松坂には厳しい目 一方、斎藤以上に野球人生の岐路に直面しているのが、日本球 [全文を読む]

「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然

アサ芸プラス / 2016年12月09日05時59分

「2015年からソフトバンクと3年契約年俸総額12億円で契約している松坂大輔が、大谷との比較でやり玉に上がってます。1年で年俸4億円をもらいながら、今では完全に不良債権。初年度は1軍登板なし、契約2年目の今年は1試合登板したものの『1回5失点』と、もはや3流以下、年俸100万円でも高いぐらいまで投球レベルが落ちました。ところが、まだ引退どころか来年も4億円 [全文を読む]

プロ野球セ・パ「不良債権男」はコイツらだ!(2)ソフトバンク・松坂大輔が居座れる理由

アサ芸プラス / 2016年11月14日12時56分

松坂大輔(36)だ。 松坂がソフトバンクと3年12億円プラス出来高という大型契約を結んだのは、メジャーを追われた14年オフ。だが、不調やコンディション不良が重なり、終わってみれば昨年は一軍昇格なし。今季もひたすら二軍で調整を続け、最終戦でようやく一軍初登板。結果は1イニングで打者10人に4四死球5失点という悲惨なものだった。なんと、1アウトを取るために1億 [全文を読む]

フォーカス