清原和博のニュース

2,016人にきく! 2016年上半期 日本の世相調査(マクロミル調べ)

PR TIMES / 2016年07月21日11時54分

“にがいニュース”ランキング1位「舛添(元)都知事の辞職」、2位「清原和博容疑者逮捕」、3位「熊本地震発生」 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、全国2,016人を対象に「2016年上半期 日本の世相調査」を実施しました。 調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2016年6月21日(火)~6月 [全文を読む]

清原和博と佐々木主浩、親友のライバル関係はいかにして生まれたのか

デイリーニュースオンライン / 2016年05月21日16時04分

5月17日、覚せい剤取締法違反の罪に問われた清原和博被告の初公判が東京地裁で開かれ、弁護側の情状証人として野球評論家の佐々木主浩氏が出廷。清原被告の人柄などについて証言した。 今、球界では誰も清原被告との関係について触れられたくない、という。だからこそ、親友として、元ライバルとして、周囲の目を気にせずに法廷に立った「大魔神」の勇気を讃える声は多い。 ただ [全文を読む]

清原和博氏 黒パンツ一丁で『とんぼ』を熱唱した泥酔の夜

NEWSポストセブン / 2012年04月16日16時00分

桑田真澄とのCM初共演で、因縁解消かと話題になっている番長こと、清原和博(44)は、夜の街でも絶好調だった。 「清原さんは黒パンツ一丁になって歌って踊って、そりゃあ、大騒ぎでしたよ」 と、話すのは清原の“ショー”を目撃した男性。 この日、番長が出撃したのは都内の繁華街にあるガールズバーだった。最近、お気に召したようで、頻繁に通っているんだとか。 「その日は [全文を読む]

「小学生がブラックカードを......」清原和博・亜希夫妻 事務所倒産でも家計は超安泰か

日刊サイゾー / 2012年02月21日08時00分

"球界の番長"こと清原和博のマネジメントを行う「ジャパン・スポーツ・マーケティング」(以下JSM)が、事実上倒産していたことが明らかになった。折しも清原がバラエティ番組で「現役時代に比べて金回りが悪くなり、食うに困ってきている」という発言をした直後の出来事だが、当の本人はどこ吹く風のようだ。 JSMは北海道日本ハムファイターズの中田翔選手らも所属し、マネジ [全文を読む]

清原和博 有罪判決後の「逆風の更生ロード」肉声を独占入手!(1)外出ができない現在の様子は?

アサ芸プラス / 2016年06月11日09時57分

清原和博被告に有罪判決が下され、一連の騒動に終止符が打たれた。しかし、ファンが望んだ会見はついに開かれずじまい。世間とは距離を置きつつも再生を目指す番長は今、何を思っているのか──。本人の肉声を独占入手した。「外出ができないので趣味だった酒、女、クスリ、全てを禁じられてしまった。今は新たな趣味の開拓に取り組んでいます。スマートフォンゲームを紹介されたんです [全文を読む]

野球人に最も愛されたスポーツライターが遺した、キレイ事ではない「名選手たちの本音」

週プレNEWS / 2016年04月26日11時00分

昔は、女の子の気をひこうと大変だったのを考えるとね、世の中ほんとにむずかしいなあって」(「清原和博 第5回『ナンバーMVP賞』決定発表」)と、自身のフィーバーぶりを無邪気に語る86年の清原和博。 これらはいずれも『永谷脩の仕事 プロ野球ベストセレクション 珠玉の53篇』に収められたインタビュー原稿からの抜粋だ。永谷脩(ながたに・おさむ)氏は、数々の偉大な野 [全文を読む]

「怪しいことに惹かれる」運命の清原 復帰への道は?

NEWSポストセブン / 2016年04月24日07時00分

今回は、5月17日に覚醒剤所持・使用事件の初公判を控えている元プロ野球選手・清原和博被告について占っていただきました。【プロフィール】清原和博(きよはらかずひろ)生年月日:1967年8月18日 48歳出身地:大阪府岸和田市 1986年、西武ライオンズに入団、新人賞を獲得。西武の黄金時代を支える。1997年、巨人に移籍。2006年、オリックスに移籍し、200 [全文を読む]

清原和博と羽生結弦、対照的な2人に共通点!? 直居ユミリーが風水で斬る!

i無料占い / 2016年03月02日12時10分

特に、元プロ野球選手・清原和博さんの逮捕は衝撃的でした。風水デザイナー・直居ユミリーが、昨年から今年にかけ、ニュースとなった人々の共通点と相違点を教えます!■清原和博と羽生結弦にある“共通点”とは 同じアスリートでも、世間を騒がせた元プロ野球選手・清原和博さんと、世界に敵なしのフィギュアスケーター・羽生結弦選手。この2人の運勢に共通点があるなんて思いますか [全文を読む]

【清原薬物報道】舎弟・元木大介が口を閉ざしているワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年02月12日07時00分

2月2日に覚せい剤所持の容疑で現行犯逮捕されて以来、連日にわたって世間を騒がせている元プロ野球選手の清原和博。余波は広がり、読売ジャイアンツ(以下、巨人)の関係者やOBの選手らを中心に続々と証言が出ているが、現役時代に清原和博と親密な関係を見せていた元プロ野球選手・元木大介が姿を現さず、野球ファンが首をひねっている。 ■子分・元木が親分の騒動に口を閉ざして [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『文春』記者はレベル高い! 東国原氏と角川春樹の娘が生放送でぶっちゃけ

TechinsightJapan / 2016年02月05日20時15分

清原和博容疑者が覚せい剤所持で逮捕された。この話題を取り上げたお昼のバラエティ『バイキング』で、東国原英夫氏と角川春樹の娘・角川慶子が『週刊文春』の取材力について「記者のレベルが高い!」「他とは比にならない」と評価した。しかも2人は具体例をあげて生々しく語るので、坂上忍らも「生放送で言っていいのか?」とハラハラしながら聞いていた。 角川春樹氏は1993年、 [全文を読む]

本当に訴えるの!? “薬物中毒報道”週刊文春 VS 清原和博、因縁バトルの行方――

日刊サイゾー / 2014年04月08日22時00分

“番長”こと元プロ野球選手の清原和博が、覚せい剤などを使用していると報じた「週刊文春」(文藝春秋)に対して、法的措置も辞さない構えを見せている。 一方の文春もペンを緩めず、その後も清原が巨人時代にアンフェタミン系興奮剤の「グリーニー」を使用していたと報道。グリーニーは飲むと眠くならず、腹が減らず、集中力が出るなど覚せい剤と同じような効果をもたらすそうで、清 [全文を読む]

清原和博「月給30万円で運転手募集」広告の戦慄業務

アサ芸プラス / 2012年12月12日10時00分

「ドタキャン尻拭い、醜聞揉み消しまでやらされる」 「求ム 清原和博の運転手兼マネージャー」。転職情報サイト「DODA(デューダ)」に登場した、ひときわ目立つキャッチコピーの広告。黒く日焼けした精悍な顔だちの写真がドーンと控える。かつて球界の番長として君臨した、清原和博氏(45)のことである。 * この求人広告に「仕事内容」として書かれているのは次のとおり。 [全文を読む]

藤川球児のストレートは「狙っても打てない」と野球評論家

NEWSポストセブン / 2012年03月30日16時00分

藤川は通算500本本塁打まであと1本だった清原和博と対峙していた。フルカウントからフォークで清原を空振り三振に打ち取る。 が、ストレートで勝負してくると信じて疑わない清原は「10対2(阪神がリード)で、2死満塁でフォーク。ちゃうやろ。ケツの穴小さいわ」と激怒。藤川は悔しい思いを味わう。 それから2か月後。リベンジの舞台は甲子園だった。前回と同じカウントで今 [全文を読む]

清原和博「盟友の死」で狭まる「薬物捜査」包囲網

アサ芸プラス / 2017年05月04日17時57分

こんな思惑から、清原和博(49)を取り巻く警察とマスコミの動きが慌ただしくなってきたという。「シャブ捜査」の包囲網が狭まった発端は、盟友の死だった。 4月8日早朝、自宅で首をつって死亡しているのが発見された東京のサパークラブ「A」の代表取締役・I氏(享年43)。週刊アサヒ芸能で「昨年3月の保釈時から二人三脚」「衣食住全てを支える」と報じた、清原の最大の支援 [全文を読む]

ベッキー、川谷、矢口真里…今も復帰を良く思えない有名人ランキング

しらべぇ / 2017年05月02日08時00分

■4位:清原和博 19.4%4位は元プロ野球選手で評論家の清原和博(49)。2016年に覚醒剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決が下される。年末にはTBS系『新・情報7days ニュースキャスター』などでインタビューが放送された。とくに60代男性の割合が高い。■3位:山本圭壱(極楽とんぼ) 20.2%3位の極楽とんぼ・山本は、2006年に未成年女 [全文を読む]

清原和博 最大支援者の“自死”に涙の悔恨!(4)「十分苦しんだし、楽しんだ」

アサ芸プラス / 2017年04月23日17時57分

4月11日、夜8時過ぎ、白いワンボックスカーが葬儀場に到着し、清原が現れた。無数のフラッシュがたかれ、詰めかけた報道陣からやつぎばやに声を投げかけられたものの、無言を貫き、早足で室内へと消えた。「焼香を済ませたのち、関係者に促されるまま、重い足取りでご遺体と対面しました。声をかけることなくただただ見下ろし、祈り続けるだけだった。わずか5分ばかりの滞在でした [全文を読む]

清原和博 最大支援者の“自死”に涙の悔恨!(3)将来の不安を吐露した清原

アサ芸プラス / 2017年04月23日09時57分

自殺の原因はわかりませんが、心身ともに限界だったのは確かです」 [全文を読む]

清原和博 最大支援者の“自死”に涙の悔恨!(2)デッドボールのよけ方指南

アサ芸プラス / 2017年04月22日17時57分

「清原の支援者」といえば、証人として出廷し、「支えていきたい」と表舞台で表明したプロ野球評論家の佐々木主浩氏(49)が思い浮かぶ。だが、実際に寄り添っていたI氏とは、公判日まで面識すらなかったという。「『何かあったら何でも言ってください。俺がキヨをぶん殴るんで』とIさんに話していましたが、具体的な支援はなかったそうです。Iさんも一人ではさすがに限界があるの [全文を読む]

清原和博 最大支援者の“自死”に涙の悔恨!(1)見返りを求めないサポート

アサ芸プラス / 2017年04月22日09時57分

判決から1年がたってなお、厳しい薬物断ちの現実と、重い糖尿病との闘いがのしかかっている清原和博をさらなる試練が襲った。逮捕以降、多くの人たちに見捨てられていく中、物心ともに支え続けてくれた最大の支援者が突然みずから命を絶ったのである。絶望の淵に立たされた清原は自責の念から号泣し、祈るばかりだった──。 巨体を窮屈に丸め、出棺する遺体に向け、手を合わせる。祈 [全文を読む]

「清原和博氏プロデュースのラーメン店」プラン完全消滅……複数店舗オーナーが“断った理由”とは?

日刊サイゾー / 2017年04月20日09時00分

覚せい剤取締法違反で懲役2年6月・執行猶予4年の有罪判決を受け、更生中の元プロ野球選手・清原和博氏の再起プランとして持ち上がっていた「ラーメン店経営」が、頓挫したという。後見人ともいわれた40代の男性A氏が先日急死したが、A氏から話を持ちかけられたというラーメン店のオーナーがいるのだ。 A氏から「清原プロデュースのラーメン店」を相談されたのは、首都圏に6店 [全文を読む]

フォーカス