宮沢りえのニュース

「生と死は横にある」“監督デビュー作で宮沢りえ主演”が実現したワケ

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月27日17時22分

出演陣は、宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李……とならぶ豪華キャスト。だが、監督は(これまでのインディーズ作品が海外で評価は高かったものの)今回が商業デビュー作品となる中野量太監督だ。こんなに完璧な作品を、デビュー作で……?しかも、宮沢りえが主演で?2016年の当たり年の邦画を追い続けてきた“永遠のオトナ童貞のための文化系マガジン・チェリー”として [全文を読む]

第40回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞は宮沢りえ「大きな爪あとを残した役」

Movie Walker / 2017年03月03日22時52分

見事、最優秀主演女優賞に輝いたのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』の宮沢りえだった。『たそがれ清兵衛』(02)、『紙の月』(14)でも同賞を受賞している宮沢は、今回で3度目の受賞となった。宮沢は本日NODA・MAP第21回公演『足跡姫』に出演するため、レッドカーペットのみの出席となり、代わりに中野量太監督と杉咲花が登壇し、ブロンズを受け取った。 まずはあらかじ [全文を読む]

「自分より守りたい人ができた」杉咲花が語る『湯を沸かすほどの熱い愛』

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月28日17時53分

『湯を沸かすほどの熱い愛』ではガン宣告を受けた主人公・双葉(演・宮沢りえ)の娘、安澄を演じる。作品自体の完成度の高さもさることながら、杉咲さん自身の演技も、役とともに壁を乗り越えた感のある、珠玉の演技。取材時もずっと、宮沢りえさんのことを「お母ちゃん」と呼び続けるのも違和感がないほど、本物の家族のように存在していた。今回のインタビューでは、宮沢りえさんと母 [全文を読む]

SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH 宮沢りえを起用した2015年 秋冬の最新イメージビジュアルが登場

PR TIMES / 2015年08月20日13時37分

宮沢りえ 現代美術家INA JANGとファインアートに挑戦!!センスオブプレイス バイ アーバンリサーチの15AWヴィジュアルが公開。前回に続き、日本を代表する俳優宮沢りえをモデルに、現代芸術家のイナ・ジャンが撮影を![画像: http://prtimes.jp/i/3710/192/resize/d3710-192-654110-1.jpg ]“THE [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大島優子の女優力を、宮沢りえが高評価。「センターにいた人は違う」

TechinsightJapan / 2014年11月16日19時35分

映画『紙の月』で主人公を演じる宮沢りえが、共演した大島優子の現場での能力を高く評価。「やっぱりセンターにいた人は違う」と感心した。一方の大島も、女優の大先輩となる宮沢と絡むシーンでは「飲み込まれそう」だったと心境を明かしている。 映画『紙の月』がロードショー公開された11月15日、『王様のブランチ』(TBS系)に本作のメインキャストとなる宮沢りえ、池松壮亮 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮沢りえに「奇才」の声 新年の挨拶で披露した1枚の絵が“芸術”のよう

TechinsightJapan / 2017年01月04日11時00分

新年に第59回ブルーリボン賞の主演女優部門に映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年10月公開)でのノミネートが決まった宮沢りえ。昨年12月放送のNHK BSプレミアム『漱石悶々』では文豪・夏目漱石(豊川悦司)と交流のあった京都・祇園茶屋の女将・磯田多佳役を好演するなど役者としての幅の広さを見せた。しかし、そんな彼女にとって“女優”とは数ある表現方法の1 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】豊川悦司の“漱石”に女将姿の宮沢りえ 「キュートな大人で素敵!」

TechinsightJapan / 2016年12月13日13時20分

宮沢りえがドラマで共演した豊川悦司と役柄の着物姿でピースサインするところをInstagramに公開してファンを喜ばせた。「かっこいいツーショット」「粋なお二人。素敵です」と反響があり、ドラマを見た人からは感銘を受けたというコメントが寄せられている。 12月10日にNHK BSプレミアムで放送されたスペシャルドラマ『漱石悶々(もんもん)夏目漱石最後の恋 京都 [全文を読む]

【特選映画レビュー】『湯を沸かすほどの熱い愛』:宮沢りえのお母ちゃんに何度も何度も泣かされる

ガジェット通信 / 2016年11月03日09時00分

◇女優・宮沢りえの真骨頂!観客も思わず「お母ちゃん」と抱きつきたくなる この映画の見どころは、何といっても宮沢りえが演じる母親像だ。”母の愛”を描いた作品は数あれど、これほどまでに“熱くて強い愛”に満ちた「お母ちゃん」は、未だかつてなかっただろう。 物語は、母娘2人で暮らす家庭から始まる。口うるさい母親・双葉(宮沢りえ)と、学校でイジメにあっている気弱な [全文を読む]

まさにお似合い、森田剛・宮沢りえカップルの「しっくり」馴染む関係

messy / 2016年10月28日02時00分

宮沢りえ(43)とV6・森田剛(37)の恋愛関係が、発売中の「週刊新潮」(新潮社)によって明らかになった。2人は今年8月に上演された故・蜷川幸雄氏舞台「ビニールの城」で共演。10月22日の夜、代官山の蔦谷書店で人目をはばかることなくデートしてから2人で宮沢の自宅に向かい、森田は翌23日の午前11時に宮沢のマンションを後にしたという。23日午後には、V6とし [全文を読む]

【WOWOW】土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」の製作が決定!

PR TIMES / 2016年02月07日10時03分

猫好きのあなたに朗報!宮沢りえ主演「連続ドラマW グーグーだって猫である」の放送から約1年…続編は6月放送予定 宮沢りえ×犬童一心監督が再びタッグを組み大島弓子の世界感をお届け! そして、長塚圭史、黒木華、田中泯と豪華キャスト陣も再集結!! [画像: http://prtimes.jp/i/1355/3073/resize/d1355-3073-87291 [全文を読む]

宮沢りえさん表紙&インタビュー!「FRaU」7月号特集「母と私」は、“近すぎて難しい母との付き合い方”を探ります

PR TIMES / 2015年06月12日11時24分

[画像: http://prtimes.jp/i/1719/666/resize/d1719-666-630585-0.jpg ]表紙&インタビューでは宮沢りえさんが登場。撮影は篠山紀信氏。「女優・宮沢りえ」の人生についてはもちろん、宮沢さんの母親について、母親としての宮沢さんについて、語っています。撮影は溶岩の山という、フラウでも過去に例を見ないシチュエ [全文を読む]

土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW グーグーだって猫である」放送文化基金賞【番組部門】テレビドラマ番組 奨励賞受賞!主演 宮沢りえは演技賞を受賞!

PR TIMES / 2015年06月10日16時51分

また、主演の宮沢りえが同部門の演技賞を受賞しました。 「グーグーだって猫である」は、少女漫画界の巨星・大島弓子の自伝的コミックエッセイを原作にドラマ化した作品です。脚本は『婚前特急』『そこのみにて光輝く』の高田亮。監督は映画版に続き『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』の犬童一心が手掛け、原作の世界観を踏襲しながらも連続ドラマとして新たなアプローチで再構築さ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮沢りえが“さわやかに破滅する”ヒロインを熱演。『紙の月』が東京国際映画祭に出品決定。

TechinsightJapan / 2014年09月18日06時00分

宮沢りえの主演映画『紙の月』(吉田大八監督)が、第27回東京国際映画祭の「コンペティション部門」に日本代表として出品することが決まった。東京国際映画祭プログラミングディレクターも、本作での吉田監督と宮沢りえの出会いを「運命的である」と評するほど期待している。 10月23日に開幕する第27回東京国際映画祭は、上映エリアも拡大されて様々なジャンルによるこれまで [全文を読む]

有吉弘行、白石麻衣写真集のヒットに不満!?

日刊大衆 / 2017年04月22日16時05分

かつて大ヒットした宮沢りえ(44)の写真集と比較し、持論を述べた。 今回の放送は冒頭から、アシスタントを務めるアルコ&ピースの酒井健太(33)が、別の仕事のため遅刻していることに有吉が激怒。もう一人のアシスタント、落合ココアこと、ぐりんぴーすの落合隆治(31)に八つ当たりのムチャぶりをして困らせていた。 放送開始から30分ほどたった頃、今週のニュースを振り [全文を読む]

TOKIO松岡、宮沢りえの「自宅に通う」関係だった!?

日刊大衆 / 2016年11月03日22時00分

10月26日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、女優の宮沢りえ(43)が出演。かつて、TOKIOの松岡昌宏(39)と“意外な関係”だったことが明らかになる場面があった。 番組冒頭、国分太一(42)がメンバーに向かって「共演もないわけですか?」と質問すると、松岡は「一番最初はプライベートでお知り合いになったんです」と語り始めた。松岡は昔、宮沢の母と [全文を読む]

V6・森田剛、宮沢りえ宅に“お泊まり”発覚! ファンは「やっぱり」と交際察していた?

サイゾーウーマン / 2016年10月27日09時00分

V6・森田剛が女優・宮沢りえの自宅に“お泊まり”したと、10月27日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。今年8月に上演された舞台『ビニールの城』での共演を機に仲を深めたようで、森田のファンにとってはショックな報道かと思いきや、意外な反応が上がっている。 同誌によると、2人は10月22日の夜、渋谷区・代官山の蔦屋書店へ。親密そうな雰囲気でデートを楽しみ [全文を読む]

宮沢りえは9月に転機?新たな一歩を踏み出した彼女の今後を占断【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年03月21日10時30分

先日、女優の宮沢りえさんが、プライベートで新たな一歩を踏み出したことを発表しました。「役者として、母として、一人の人間としてこれからも前進していこうと思います」とのメッセージが印象的でしたよね。かつてのアイドル的なイメージから一転、今や押しも押されぬ大女優となった宮沢さん。年齢を重ねるごとに輝きを増していく彼女の魅力や今後の展望を、占星術で読み解いていこう [全文を読む]

女優・宮沢りえ×現代美術家でファインアート。内なるエネルギーをビジュアル化

FASHION HEADLINE / 2015年08月20日13時50分

センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ(SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH)が8月21日より、15-16SSシーズンに引き続き、女優の宮沢りえをモデルに起用した15-16AWのイメージビジュアルを展開する。 今回の撮影を手掛けたのは、11年に「イエール国際モード&写真フェスティバル」のファイナリストにノミネートされ、若手作 [全文を読む]

『ヨルタモリ』宮沢りえの眼前で...篠山紀信が『Santa Fe』未発表ヌードをテレビ公開! 児童ポルノ法への挑戦か

リテラ / 2015年07月27日21時00分

というのも、ゲスト出演した篠山紀信が、宮沢りえの目の前でいきなり『Santa Fe』(朝日出版社)のときのヌード写真を公開したからだ。 『Santa Fe』といえば、りえが17歳のときに篠山が撮影したヘアヌード写真集で、1991年に発売され、150万部の大ベストセラーになるなど、社会的現象を巻き起こした。 この日、篠山は登場するや、いきなりカバンの中から、 [全文を読む]

「ざらつきのない道は歩きたくない」宮沢りえが語る“母と私”

Woman Insight / 2015年06月18日16時50分

表紙&インタビューでは宮沢りえさんが登場。「女優・宮沢りえ」の人生についてはもちろん、宮沢さんの母親について、母親としての宮沢さんについて、語っています。撮影は篠山紀信さんです。 撮影は溶岩の山という、『FRaU』でも過去に例を見ないシチュエーションで行われました。しかし、そんな危険ともいえる場所において、宮沢さんはためらいなく撮影に臨んでいます。 「『 [全文を読む]

フォーカス