菊池涼介のニュース

侍ジャパンがWBC決勝トーナメント進出!功労者はあの苦労人

4 / 2017年03月22日08時00分

■チームを守備で救った菊池涼介要所でホームランを放った4番筒香嘉智選手や、勝負強さをみせた中田翔選手、3本塁打の山田哲人選手など、打者の好調ぶりが目立った予選ラウンド。そんななか、1番の功労者と評価されているのがセカンドを守る菊池涼介選手だ。打率こそ低調ながら、その華麗な守備で何度も窮地を救い、チームに勢いを与えた。なかでも大きかったのが、初戦のキューバ戦 [全文を読む]

【ギース尾関しらべぇ】 全米を震撼させたカープ驚愕のプレーベスト3

3 / 2014年12月08日17時00分

第3位 菊池涼介選手の超絶グラブトス! 先日行われた日米野球で魅せた菊池涼介選手のグラブトスは観てるものすべての度肝を抜くほどのファインプレーでした。そのプレーがなんとあのメジャーリーグ公式サイトで特集されたのです! さらに「日本のセカンド菊池涼介のプラトン的なグラブトスの理想像を前に、永遠を垣間見ることが出来ただろう。」との激烈な賞賛も。正直何を言って [全文を読む]

自己犠牲ができる2番打者・菊池涼介

2 / 2017年06月02日11時00分

今季はペゲーロ(楽天)、梶谷隆幸(DeNA)といった攻撃的な2番打者が主流になりつつあるが、広島の菊池涼介は数少ない自己犠牲のできる2番打者だ。 1日の西武戦で、これぞ2番打者という仕事を見せた。初回、先頭の田中広輔が二塁打で出塁し迎えた第1打席。この場面、田中を三塁に進めたいところ。菊池は2球連続でバントを試みるも失敗。2ストライクと追い込まれたが、1ボ [全文を読む]

【4月11日プロ野球全試合結果】広島・菊池涼介が5安打3打点の活躍で8連勝、ソフトバンク・千賀滉大が今季初勝利

2 / 2017年04月11日23時45分

■広島が怒濤の8連勝、菊池涼介は5安打3打点…巨人は菅野智之が5失点 広島は4月11日、東京ドームで巨人と対戦。14安打9得点の猛攻を見せ、9-6と逆転勝利を飾った。 広島は0-3と3点ビハインドで迎えた6回表、走者一、三塁の場面で巨人の阿部慎之助内野手のフィルダースチョイスで1点を返すと、続く好機で小窪哲也内野手が適時三塁打を放って3-3の同点とする。 [全文を読む]

広島が怒濤の8連勝、菊池涼介が5安打3打点の爆発…巨人は菅野智之が5失点

2 / 2017年04月11日22時20分

さらに続く2死一、三塁の場面で、菊池涼介内野手が適時打を放って勝ち越しに成功。続く鈴木誠也外野手にも適時打が飛び出して6-3とリードを広げた。その後、マギー内野手に適時打を浴びるなど一時は巨人に追いつかれるも、7回表には菊池に2点本塁打が飛び出すなど打線がつながり、9-6と再びつきはなした。 投げては、3番手で登板した中田廉投手が1回2/3を無失点に抑え [全文を読む]

【プロ野球】各球団が警戒? 荒れ球・藤浪晋太郎のこれまでの“デッドボール”を振り返る

2 / 2017年04月08日17時05分

菊池涼介の胸へズドン! 2014年9月12日の広島戦。すっぽ抜けた球が菊池涼介の左胸を直撃。前の回に阪神はマートンが死球を受けていたこともあって、両軍首脳陣が睨み合い。警告試合が宣告された。 ■レジェンド・黒田博樹が激怒 2015年4月25日の広島戦。2回裏、1死一塁でバッターは黒田博樹でバントの構え。1球目はヒザ元へのストレート、2球目は頭付近のボー [全文を読む]

広島・緒方監督、鈴木4番構想「成長が見られれば」

2 / 2017年03月27日18時20分

昨季は田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、新井貴浩、鈴木誠也、野村祐輔、ジョンソン、ジャクソン、中崎翔太といった選手たちの活躍が目立ち、圧倒的な強さで25年ぶりのリーグ優勝を達成した。 投手陣に目を向けると、今季はチームの精神的支柱だった黒田博樹が現役を引退。先発ローテーションの枠が1枚空いた。この穴埋め役として緒方監督は「大瀬良、九里に期待している」と2013 [全文を読む]

小久保ジャパン・歴代メンバーの成績まとめ ~打者編~

2 / 2017年03月23日10時00分

【小久保ジャパンでの通算成績】小林誠司21試 率.286(35-10) 本1 点7嶋基宏18試 率.237(38-9) 本0 点3炭谷銀仁朗12試 率.188(16-3) 本0 点2大野奨太9試 率.250(16-4) 本0 点2伊藤光7試 率.333(9-3) 本0 点1中村悠平5試 率.200(5-1) 本0 点2会沢翼2試 率.000(2-0) 本0 [全文を読む]

攻守で存在感をみせる『2番・セカンド』菊池涼介

2 / 2017年03月10日11時45分

2試合連続本塁打を放った筒香嘉智(DeNA)、初戦のキューバ戦に先発した石川歩(ロッテ)、オーストラリア戦で好救援をみせた岡田俊哉(中日)、千賀滉大(ソフトバンク)、同試合で決勝弾を放った中田翔(日本ハム)といった選手たちの活躍が光ったが、セカンド・菊池涼介(広島)の存在も忘れてはならない。 菊池といえば、広い守備範囲と強肩で普通の選手がアウトにすること [全文を読む]

小久保監督&石川が“試合を作った”守備に感謝

2 / 2017年03月08日06時51分

試合後、WBCの初戦という難しいシチュエーションで4回を最少失点に抑えて勝利投手になった石川歩、4安打4打点の活躍を見せた松田宣浩と会見場に現れた小久保裕紀監督が開口一番に称えたのは、前述の2人ではなく菊池涼介の守備だった。 侍ジャパンは初回、最も警戒していた1番のサントスに内野安打を許すと、2番・アヤラの三塁へのゴロを松田がファンブル。いきなり無死一、 [全文を読む]

フォーカス