菊池涼介のニュース

侍ジャパンがWBC決勝トーナメント進出!功労者はあの苦労人

しらべぇ / 2017年03月22日08時00分

■チームを守備で救った菊池涼介要所でホームランを放った4番筒香嘉智選手や、勝負強さをみせた中田翔選手、3本塁打の山田哲人選手など、打者の好調ぶりが目立った予選ラウンド。そんななか、1番の功労者と評価されているのがセカンドを守る菊池涼介選手だ。打率こそ低調ながら、その華麗な守備で何度も窮地を救い、チームに勢いを与えた。なかでも大きかったのが、初戦のキューバ戦 [全文を読む]

【ギース尾関しらべぇ】 全米を震撼させたカープ驚愕のプレーベスト3

しらべぇ / 2014年12月08日17時00分

第3位 菊池涼介選手の超絶グラブトス! 先日行われた日米野球で魅せた菊池涼介選手のグラブトスは観てるものすべての度肝を抜くほどのファインプレーでした。そのプレーがなんとあのメジャーリーグ公式サイトで特集されたのです! さらに「日本のセカンド菊池涼介のプラトン的なグラブトスの理想像を前に、永遠を垣間見ることが出来ただろう。」との激烈な賞賛も。正直何を言って [全文を読む]

自己犠牲ができる2番打者・菊池涼介

ベースボールキング / 2017年06月02日11時00分

今季はペゲーロ(楽天)、梶谷隆幸(DeNA)といった攻撃的な2番打者が主流になりつつあるが、広島の菊池涼介は数少ない自己犠牲のできる2番打者だ。 1日の西武戦で、これぞ2番打者という仕事を見せた。初回、先頭の田中広輔が二塁打で出塁し迎えた第1打席。この場面、田中を三塁に進めたいところ。菊池は2球連続でバントを試みるも失敗。2ストライクと追い込まれたが、1ボ [全文を読む]

【プロ野球】各球団が警戒? 荒れ球・藤浪晋太郎のこれまでの“デッドボール”を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年04月08日17時05分

菊池涼介の胸へズドン! 2014年9月12日の広島戦。すっぽ抜けた球が菊池涼介の左胸を直撃。前の回に阪神はマートンが死球を受けていたこともあって、両軍首脳陣が睨み合い。警告試合が宣告された。 ■レジェンド・黒田博樹が激怒 2015年4月25日の広島戦。2回裏、1死一塁でバッターは黒田博樹でバントの構え。1球目はヒザ元へのストレート、2球目は頭付近のボー [全文を読む]

広島・緒方監督、鈴木4番構想「成長が見られれば」

ベースボールキング / 2017年03月27日18時20分

昨季は田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、新井貴浩、鈴木誠也、野村祐輔、ジョンソン、ジャクソン、中崎翔太といった選手たちの活躍が目立ち、圧倒的な強さで25年ぶりのリーグ優勝を達成した。 投手陣に目を向けると、今季はチームの精神的支柱だった黒田博樹が現役を引退。先発ローテーションの枠が1枚空いた。この穴埋め役として緒方監督は「大瀬良、九里に期待している」と2013 [全文を読む]

【プロ野球】巨人の「真顔の大型補強」に物申す! 8打者で231発。思い出したい2004年の史上最強打線!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本中が注目する山田哲人と菊池涼介の二塁手争い ヤクルトファンだけではなく多くの野球ファンが注目している日本代表の二塁手争い。打撃の山田哲人(ヤクルト)と守備の菊池涼介(広島)。どちらがスタメンをつかむのか。山田が有利との見立てが有力だが、それでも、ファンの意見は2つに分かれている。 昨 [全文を読む]

【プロ野球】《2016年カープ通信簿・野手編》神っていた今シーズンの総まとめ。ライターが独断でつけた通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月30日17時05分

■MVP・新井貴浩、最多安打・菊池涼介、ベストナイン・石原慶幸らがタイトル! 25 新井貴浩 132試合:打率.300/19本塁打/101打点 通信簿:大変よくできました(5) 40歳にしてかつての輝きを取り戻した。また、2000本安打、300号本塁打の金字塔を打ち立てるなどメモリアルなシーズンとなった。最終的にはMVPも獲得。紆余曲折を経て、最良の1年 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

【最多犠打】 菊池涼介(広島):23犠打 橋本到(巨人)/堂上直倫(中日):20犠打 菊池涼介(広島)が2年連続3度目の最多犠打に輝いた。昨年は49犠打だったが、今年のセ・リーグはバントが少ない傾向に。その結果、菊池は安打数と犠打数で同時トップに輝く史上初の快挙を成し遂げた。 【最多犠飛】 ロペス(DeNA):7犠飛 坂本勇人(巨人)/福留孝介(阪神)/ [全文を読む]

【プロ野球】菊池涼介(広島)、秋山翔吾(西武)…。今季12球団の2番打者を比較! 攻撃的2番打者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月23日17時05分

(成績は2番スタメン出場時のもの) 広島東洋カープ 菊池涼介140試合:打率.315(572打数180安打)/13本塁打/56打点/23犠打/OPS.790 田中広輔1試合:打率.000(3打数0安打)/0本塁打/0打点/0犠打/OPS.250 読売ジャイアンツ 橋本到35試合:打率.206(126打数26安打)/2本塁打/10打点/17犠打/OPS.5 [全文を読む]

【プロ野球】守備のタイトル、ゴールデングラブ賞発表! セ・リーグで激戦だったのはどのポジション!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月14日16時05分

■最多得票は菊池涼介 なお、セ・パを通じての最多得票は、二塁手部門の菊池涼介(広島)で、257票。4年連続4回目のゴールデングラブ賞受賞となった。 同じ二塁手で、打撃では史上初となる2年連続トリプルスリーを達成した山田哲人(ヤクルト)は7票。シーズン前はこの賞を目標のひとつに掲げていた山田だったが、毎日のようにスーパープレーを繰り出す菊池に、票数で大きく [全文を読む]

【プロ野球】25年ぶりの優勝にもっとも貢献したのは誰? カープのMVPをガチ予想!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月13日17時05分

≪野手≫ 鈴木誠也(22歳) 116試合:打率.335(421-141)/24本塁打/85打点/15盗塁 菊池涼介(26歳) 128試合:打率.323(523-169)/13本塁打/54打点/13盗塁 新井貴浩(39歳) 120試合:打率.308(422-130)/18本塁打/98打点/0盗塁 ≪投手≫ ジョンソン(32歳) 24試合:14勝6敗/防御率 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■広島 ≪開幕オーダー≫ 1 遊 田中広輔 2 二 菊池涼介 3 中 丸佳浩 4 三 ルナ 5 左 エルドレッド 6 一 新井貴浩 7 右 下水流昂 8 捕 石原慶幸 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 遊 田中広輔 ◎ 2 二 菊池涼介 ◎ 3 中 丸佳浩 ◎ 4 一 ルナ ◎ 5 左 松山竜平 [全文を読む]

【プロ野球】今年のカープ打線と歴代最強の赤ヘル打線を検証

デイリーニュースオンライン / 2016年05月06日16時04分

今年の好調の要因は打線にアリ! 昨季は不調に終わった菊池涼介や丸佳浩が復活。通算2000安打を達成した新井貴浩やベテラン助っ人・エルドレッドも中軸として大活躍だ。5月1日終了時点で、チーム打率.283、165得点、32本塁打はいずれもリーグトップ。抜け目ない打線を構築している。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■今季の主な [全文を読む]

フライデーされたフジ女子アナの素顔「本命は別にいた」

デイリーニュースオンライン / 2015年09月06日08時00分

それがある時、カープの取材に行くことになり、マエケンこと前田健太選手や菊池涼介選手、大瀬良大地選手に触れ、『野球初心者の私にも優しく接してくれて、カープが大好きになりました。これから野球の勉強頑張ります!』とのめり込んでいった。今やフォークの角度や守備の外野シフトについて考察できるほど野球通に成長しており、たしかに“カープ女子”でまとめるのはかわいそうかも [全文を読む]

【菊池涼介選手、推薦! スラィリー、デビュー20周年記念1stフォトブック!】 広島東洋カープのマスコット、スラィリーが広島県の“いいところ”でイタズラ三昧!?

PR TIMES / 2015年03月26日11時02分

状況によっては、目・とさか・尻尾も変化します! また、チームがハッピーなときには「ハッピースラィリー」に変身! 【商品情報】 著 者: 広島東洋カープ、河野英喜 定 価: 1,000円+税 ページ数: 96 判 型: A5判 [表: http://prtimes.jp/data/corp/7006/table/1394_1.jpg ] 企業プレスリリース詳 [全文を読む]

ソフトバンク・今宮、阪神・鳥谷…「守備の名手」に注目|愛甲猛コラム

デイリーニュースオンライン / 2015年02月14日07時50分

セカンドは12球団でもっとも守備範囲が広い菊池涼介(広島)だ。二遊間の難しい当たりをあれだけ処理してもらえれば、投手は本当に助かる。メジャーに「理想のグラブトス」と称された守備力で、昨年捕殺の日本記録を作った。守りの野球で優勝を目指すカープにとって必要不可欠な選手だ。 堅実さでは鳥谷敬(阪神)だ。2年連続ゴールデングラブ賞に輝いた彼は、2年間でわずか9つ [全文を読む]

CS開幕直前大アンケート実施! 巨人、阪神ファンから「マエケンが欲しい」とぜいたくな争奪願望?

週プレNEWS / 2014年10月08日06時00分

Q)「あなたのファンチームにひとり、ほかのセ・リーグCS進出チームから選手がもらえるとしたら欲しい選手は誰ですか?」 【阪神】 1 前田健太(広)……70人 2 特になし……36人 3 菅野智之(巨)……20人 4 丸 佳浩(広)……14人 5 菊池涼介(広)……10人 【広島】 1 特になし……52人 2 菅野智之(巨)……40人 3 藤浪晋太郎(阪) [全文を読む]

【広島】カープにも「アベ」がいる “カープ黄金世代”の10年目・安部友裕がブレイク間近

文春オンライン / 2017年06月05日11時00分

思い返せば、菊池涼介と丸佳浩がキクマルコンビと言われはじめた2013年からはや4年。昨年から、そこに田中広輔が新たに加わり、タナキクマルと呼ばれるようになった。 この三人は同級生で、世の中全般には「菅野智之世代」「中田翔世代」と言われている平成元年生まれ(早生まれは除く)だ。しかし、広島ではタナキクマル世代の方がしっくりくるし、ピンとくる。投手には昨年のセ [全文を読む]

“アライバ”の現在地

ベースボールキング / 2017年06月05日07時00分

今でこそ、名二塁手と言えば広島・菊池涼介の名が浮かぶが、全盛期の荒木の守備範囲の広さは図抜けていた。これを支えていたのがキャンプで名物となっていた落合のノックだ。 捕れる、捕れない、の絶妙な位置に、意地悪なほど正確な打球が飛ぶ。いわゆる、球際の強さを鍛えるわけだが、“アライバ”はどちらかが音を上げるまでやめようとしない。壮絶な鍛錬があったからこそ40歳近 [全文を読む]

野村弘樹氏、西武・十亀を評価「腹を括って腕を振りましたね」

ベースボールキング / 2017年06月01日22時15分

3回、2番菊池涼介から始まる打順を3人で打ち取ると、4回と5回も三者凡退に仕留め、尻上がりに調子をあげていった。打線も同点の5回に源田壮亮、浅村栄斗のタイムリーで2点を奪い勝ち越しに成功。 2点のリードをもらった十亀は6回も、先頭の菊池を二ゴロに打ち取り、簡単に一死を奪う。この回もテンポよく抑えるかと思われたが、丸佳浩、鈴木誠也の連打で一、三塁とされる。な [全文を読む]

フォーカス