丸佳浩のニュース

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■セ・リーグ:野手の裏タイトル獲得者 【二塁打王】 村田修一(巨人):32二塁打 丸佳浩(広島):30二塁打 筒香嘉智(DeNA)/坂本勇人(巨人)/長野久義(巨人):28二塁打 二塁打ランキングは大きく入れ替わった。2015年は山田哲人(ヤクルト)が39二塁打、梶谷隆幸(DeNA)が35 [全文を読む]

山本昌氏が見た広島の強さ

ベースボールキング / 2017年04月14日10時00分

代打で登場した先頭の松山竜平が一発で同点に追いつくと、四球と失策などで無死二、三塁のチャンスを作り、丸佳浩が勝ち越しの2点タイムリー。さらに、安部友裕にもタイムリーが飛び出しリードを広げると、最後は石原慶幸の3ランでトドメを刺した。巨人の守護神を打ち崩し逆転勝利した広島は、これで連勝を10に伸ばした。 2位・阪神とのゲーム差も3.5と、早くも独走態勢の雰囲 [全文を読む]

広島・緒方監督、鈴木4番構想「成長が見られれば」

ベースボールキング / 2017年03月27日18時20分

昨季は田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、新井貴浩、鈴木誠也、野村祐輔、ジョンソン、ジャクソン、中崎翔太といった選手たちの活躍が目立ち、圧倒的な強さで25年ぶりのリーグ優勝を達成した。 投手陣に目を向けると、今季はチームの精神的支柱だった黒田博樹が現役を引退。先発ローテーションの枠が1枚空いた。この穴埋め役として緒方監督は「大瀬良、九里に期待している」と2013 [全文を読む]

【プロ野球】《2016年カープ通信簿・野手編》神っていた今シーズンの総まとめ。ライターが独断でつけた通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月30日17時05分

選手は背番号順に掲載、選手名の前の数字は背番号 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■チームを牽引した先頭打者・田中広輔に、不動のクリーンナップ・丸佳浩 0 上本崇司 7試合:打率.000/0本塁打/0打点 通信簿:頑張りましょう(1) 7試合に出場し、打席に立つ機会はなかった。 2 田中広輔 143試合:打率.265/13本 [全文を読む]

【プロ野球】去年の自分を超えろ! 2016年プロ野球・自分の壁を突き破った選手たち!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月23日17時05分

【内竜也の年度別投球回数】 2004年:投球回16 2006年:投球回20.2 2009年:投球回26 2010年:投球回20 2011年:投球回24.2 2012年:投球回25 2013年:投球回25.2 2014年:投球回5.1 2015年:投球回21.1 2016年:投球回28.1(9月19日現在) (※2005年、2007年、2008年は1軍登板 [全文を読む]

【プロ野球】打って、走って、ガッツポーズ! セ・パ両リーグの“二塁打王”の行方は?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月23日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■セ・リーグは二塁打のイメージが薄いあの選手がトップ 【セ・リーグ二塁打数ベスト5】1位:丸佳浩(広島)/29本1位:村田修一(巨人)/29本3位:坂本勇人(巨人)/27本3位:筒香嘉智(DeNA)/27本3位:ロペス(DeNA)/27本(※9月19日現在) ある程度、“足がある選手”が二 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■広島 ≪開幕オーダー≫ 1 遊 田中広輔 2 二 菊池涼介 3 中 丸佳浩 4 三 ルナ 5 左 エルドレッド 6 一 新井貴浩 7 右 下水流昂 8 捕 石原慶幸 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 遊 田中広輔 ◎ 2 二 菊池涼介 ◎ 3 中 丸佳浩 ◎ 4 一 ルナ ◎ 5 左 松山竜平 [全文を読む]

【プロ野球】今季の”タイトル外スタッツ王”は?二塁打王、三塁打王らを中間報告

デイリーニュースオンライン / 2016年06月16日16時05分

■三塁打王 【セ・リーグ】 大島洋平(中日) 6本 坂口智隆(ヤクルト) 鈴木誠也(広島) 丸佳浩(広島) 4本 【パ・リーグ】 角中勝也(ロッテ) 岡島豪郎(楽天) 4本 柳田悠岐(ソフトバンク) ほか6名 3本 運の要素もある三塁打だが、昨季は田中広輔(広島)が9本、秋山翔吾(西武)が10本で蓋を開ければ、機動力が見えるスタッツ。今季はまだまだ先が見 [全文を読む]

【プロ野球】今年のカープ打線と歴代最強の赤ヘル打線を検証

デイリーニュースオンライン / 2016年05月06日16時04分

今年の好調の要因は打線にアリ! 昨季は不調に終わった菊池涼介や丸佳浩が復活。通算2000安打を達成した新井貴浩やベテラン助っ人・エルドレッドも中軸として大活躍だ。5月1日終了時点で、チーム打率.283、165得点、32本塁打はいずれもリーグトップ。抜け目ない打線を構築している。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■今季の主な [全文を読む]

【広島】カープにも「アベ」がいる “カープ黄金世代”の10年目・安部友裕がブレイク間近

文春オンライン / 2017年06月05日11時00分

思い返せば、菊池涼介と丸佳浩がキクマルコンビと言われはじめた2013年からはや4年。昨年から、そこに田中広輔が新たに加わり、タナキクマルと呼ばれるようになった。 この三人は同級生で、世の中全般には「菅野智之世代」「中田翔世代」と言われている平成元年生まれ(早生まれは除く)だ。しかし、広島ではタナキクマル世代の方がしっくりくるし、ピンとくる。投手には昨年のセ [全文を読む]

自己犠牲ができる2番打者・菊池涼介

ベースボールキング / 2017年06月02日11時00分

丸佳浩が投ゴロ、4番鈴木誠也が空振り三振に倒れ、得点には繋がらなかったが、広島の強さを象徴するようなシーンだった。 また、野村克也氏も4月21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター巨人 - 阪神戦』の中継の中で2番の役割について「典型的な脇役だと思うんですよ。進んで自己犠牲ができる選手が、2番を打つのが一番いいんです」と繋ぎの役割こそが2番打者だ [全文を読む]

野村弘樹氏、西武・十亀を評価「腹を括って腕を振りましたね」

ベースボールキング / 2017年06月01日22時15分

この回もテンポよく抑えるかと思われたが、丸佳浩、鈴木誠也の連打で一、三塁とされる。なんとしてもこのピンチを封じたい十亀は、安部友裕を空振り三振に斬ってとると、続くエルドレッドを110キロのカーブで空振り三振に仕留め、この回を0に抑えた。 一発打たれれば逆転の場面、見事に無失点で切り抜けた十亀について野村氏は「腹を括って腕を振りましたよね。その分、アウトロー [全文を読む]

好調が続く広島打線

ベースボールキング / 2017年05月28日11時15分

広島打線は1番・田中広輔、2番・菊池涼介がチャンスメイクし、3番・丸佳浩、リーグトップの39打点をマークする4番・鈴木誠也が還す。5番には打率リーグトップの.346を記録する安部友裕が座り、6番・エルドレッドや新井貴浩で、さらに追加点を奪うという抜け目のない打線となっている。 山崎氏はこの日のスタメンについて「(エルドレッドの)後ろに松山でしょう。8番に [全文を読む]

山崎武司氏、巨人・宮国の交代に「遅い」

ベースボールキング / 2017年05月27日21時25分

しかし2回一死走者なしから会沢翼にライト前に運ばれると、二死後、田中広輔に先制タイムリー、菊池涼介がライト前ヒットで繋ぐと、丸佳浩、鈴木誠也の連続タイムリーを浴び、この回3点を失った。 続く3回はエルドレッドに12号ソロで失点すると、4回も鈴木、エルドレッドのタイムリーを打たれ3失点。宮国はエルドレッドにタイムリーを浴びたところで降板となったが、山崎氏は「 [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

ノムさんに配球を学びにきた阪神の捕手とは…

ベースボールキング / 2017年05月08日00時35分

また、同番組で阪神2点リードで迎えた5回二死一、二塁、広島・丸佳浩を打席に迎えた場面、阪神バッテリーの配球について解説した。初球スライダーでボール、2球目はシュートで見逃しストライク。1ボール1ストライクにすると野村氏は「1ボールからインコースに要求というのは、キャッチャー野村としては頭に浮かんでこない」とコメント。3球目は低めのスライダーで見逃しストラ [全文を読む]

DeNA・久保康友の準備力

ベースボールキング / 2017年05月01日10時00分

丸佳浩の内野ゴロの間に失点、鈴木誠也にタイムリーを浴び3点を失った。結局、久保はこの回を投げ終えたところで降板。6回以降はリリーフ陣に託した。 終盤、リリーフ陣が乱れ最大7点あったリードを1点差に迫られたが、「僕は常に後ろのピッチャーを信じているので、当然勝つと思っていました」と久保の想いがリリーフ陣に伝わり、今季初登板で初勝利。ベテランの久保は、遅れなが [全文を読む]

DeNA・ラミレス監督、マウンドでパットンに伝えた内容とは…

ベースボールキング / 2017年04月30日17時45分

先頭の丸佳浩にライト前に運ばれると、鈴木誠也に2ランを浴びる。続く松山竜平を打ち取り一死としたが、新井貴浩、安部友裕に連打を打たれ、一死一、二塁のピンチを招いた。 ここでラミレス監督は、自らマウンドへ行き「球種を混ぜて投げようそうれば問題ない」とパットンに伝えたようだ。その後、田中広輔に押し出し四球を与えたが、最後は代打・堂林翔太を空振り三振に打ち取りなん [全文を読む]

【プロ野球】高山俊の足。左を並べた打順。踏ん張った能見篤史。阪神が「強すぎる広島」を倒した戦略とは?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月23日16時05分

丸佳浩はしぶとく四球を選び、無死満塁。ここで、4番・鈴木誠也の当たりはボテボテのピッチャーゴロとなり、ダブルプレーかと思われた。 しかし、本塁送球を焦った青柳がこの打球を取り損ね1点を献上してしまう。田中の鋭い走塁が頭に焼きついて、リズムを崩したのだろう。そんな先制パンチだった。 この後、青柳は1死からエルドレッドには死球で押し出し、天谷宗一郎にタイムリー [全文を読む]

山本昌氏、ヤクルト・小川の投球を評価「これだけの投球を見るのは久しぶり」

ベースボールキング / 2017年04月22日21時40分

4回に丸佳浩にこの日はチーム初安打を浴びるも、後続を打ち取り無失点で切り抜けると、5回以降も安定した投球でスコアボードに0を並べた。試合は7回裏、ヤクルトの攻撃中に雨が激しく降ったため中断。結局試合は降雨コールドとなり、7回を無失点に抑えたヤクルトの小川は、16年8月31日の巨人戦以来となる完封勝利となった。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた [全文を読む]

フォーカス