吉行和子のニュース

吉行和子、この歳でもやれる役があるというのは凄く幸せ

NEWSポストセブン / 2017年05月21日16時00分

今回は、映画『家族はつらいよ2』で熟年離婚の危機を乗り越えた夫婦の妻を演じる吉行和子が、山田洋次監督の作品に出演したことで知った演技の難しさ、幸せについて語った言葉を紹介する。 * * * 吉行和子は2013年、山田洋次監督の『東京家族』に出演、日常空間に本当にいそうな、平凡な田舎の主婦役を演じている。「今までは独立系の映画ばかり出てきたので、撮影が終わる [全文を読む]

吉行和子 42歳で映画『愛の亡霊』に出演して得た転機

NEWSポストセブン / 2017年05月13日16時00分

今回は、映画『家族はつらいよ2』で熟年離婚の危機を乗り越えた夫婦の妻を演じる吉行和子が、劇団民藝を辞めてアングラ系の芝居に加わり、42歳で大島渚監督の『愛の亡霊』出演に至るまでを語った言葉を紹介する。 * * * 吉行和子は1969年に劇団民藝を離れ、一転して唐十郎ら反体制のアングラ系の演劇人たちとの芝居に参加していく。「民藝とまるで違うことを皆さんやって [全文を読む]

吉行和子 60年前の初舞台『アンネの日記』で発揮した意地

NEWSポストセブン / 2017年05月03日07時00分

今回は、5月公開の映画『家族はつらいよ2』で熟年離婚の危機を乗り越えた夫婦の妻を演じる吉行和子が、60年前に踏んだ初舞台について語った言葉を紹介する。 * * * 吉行和子は劇団民藝に所属、当初は女優になる気はなかった。 「子供の時から体が弱くて、友達もいなくて、学校にもあまり行けないから、いつも本ばかり読んでいました。本の中で登場人物はこういうことを喋っ [全文を読む]

橋爪功&吉行和子らお騒がせ家族が再集結! 『家族はつらいよ2』本編映像初解禁

CinemaCafe.net / 2017年03月10日13時00分

周造(橋爪功)と富子(吉行和子)との離婚騒動から数年――。周造はマイカーでの気ままな外出をささやかな楽しみにしていたが、車に凹み傷が目立ち始めたことから、高齢者の危険運転を心配した家族は、運転免許を返上させることを画策する。しかし、頑固オヤジをいったい誰が説得するのか!? 嫌な役回りを兄妹夫婦でなすりつけ合ううちに、平田家はまたもや不穏な空気に包まれてい [全文を読む]

吉行和子 逝去1年…107歳まで生きた母あぐりさんへの思い

WEB女性自身 / 2016年03月04日09時00分

テレビ小説 ですから脚色したところもありましたけれど、テレビを見て、初めて母の生い立ちや人生を知ることができました」 そう本誌に語るのは、女優・吉行和子さん(80)。昨年1月亡くなった彼女の母親は吉行あぐりさん(享年107)。田中美里主演でNHK朝ドラのモデルにもなった、日本の女性美容師の草分け的存在だ。15歳という若さで作家・詩人の吉行エイスケ氏と結婚 [全文を読む]

吉行和子が見せた「不在の存在感」…映画「家族はつらいよ2」

スポーツ報知 / 2017年05月27日15時00分

女優・吉行和子(81)が出演した山田洋次監督(85)の新作「家族はつらいよ2」が27日に封切られた。3世代10人の平田家が繰り広げるドタバタ喜劇の第2弾。母・富子役を務める吉行は、出演時間こそ少ないものの独特の存在感を発揮している。80歳を超え、なお活躍を続ける現在の心境を聞いた。(北野 新太) 示したのは「不在の存在感」だった。スクリーンに映っていない時 [全文を読む]

女優・吉行和子の覚悟の演技に刮目の性愛名作!

文春オンライン / 2017年05月23日17時00分

先日、吉行和子にインタビューさせていただいた。 八十歳を超えてもなお、どこか可愛らしいチャーミングさのある方で、飾り気のないおっとりした口ぶりには惹かれるものがあった。一方、その優しい口調とは裏腹に、語られる女優人生は苛烈で、六十年にわたり第一線を生き抜くだけの意志を感じ取ることができた。当初は引っ込み思案だったのが「どうせ長く続かない」という先輩の陰口へ [全文を読む]

徳島新聞女性クラブ~石田純一・鳥越俊太郎・吉行和子・冨士眞奈美・金美齢が登場!

PR TIMES / 2015年01月23日11時52分

[画像: http://prtimes.jp/i/4519/22/resize/d4519-22-683115-0.jpg ] ◇会員期間:平成27年4月~平成28年3月末日(1年間) ◇対象:18歳以上の女性 ◇年会費:1万800円(税込み) ◇講演会・トークショー(各回14時~) 第1回=石田純一(俳優)5/23(土) 第2回=鳥越俊太郎(ジャーナリ [全文を読む]

‘高齢者の婚活’を描いた話題の映画『燦燦-さんさん-』とパートナーエージェントが特別なイベントを開催

PR TIMES / 2013年10月03日11時42分

当日は、映画 『燦燦-さんさん-』に出演する吉行和子、宝田明がスペシャルゲストとして登場予定。たくさんの幸せを紡ぐ場として知られ、日常を忘れられる優雅なホテル椿山荘東京で映画『燦燦-さんさん-』の爽やかな感動を味わってから、婚活体験してみませんか!?【映画『燦燦-さんさん-』とは?】 ストーリー 吉行和子、宝田明、山本學ら名優たちによる、“高齢者の婚活” [全文を読む]

吉行和子 他の女優への競争心や嫉妬ない質素な性格と自己分析

NEWSポストセブン / 2012年09月15日07時00分

暑いけど私たちも頑張らなきゃって、一生懸命だったの」 主演映画『人生、いろどり』(9月15日公開)の撮影を語る吉行和子(77才)の表情には、楽しさがあふれている。 ロケが行われた徳島・上勝町が物語の舞台だ。ある年の冬、特産のみかんが全滅し、町はどん底に陥る。この苦境をなんとか救おうと若い農協職員・江田(平岡祐太)は、料理の彩りに使う“つまもの”と呼ばれる葉 [全文を読む]

フォーカス