細川護熙のニュース

安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時45分

国民に人気を博した総理大臣といえば、スタイルの新鮮さでブームとなった細川護熙元首相がいますが、その熊本藩主・細川家と近衛家も縁戚関係を結んでいます。 細川護熙氏の母は近衛文麿元首相の娘ですので、祖父・孫の関係になります。さらに、そうした縁もあり、細川護熙氏の弟は近衛家を継いで現当主となっています。 このように、実は江戸時代・明治時代だけでなく、家系というも [全文を読む]

「小泉純一郎」ツイッター半日で5万人フォロアー!なぜ突然と憶測も飛び交う

秒刊SUNDAY / 2014年01月20日10時24分

@J_Koizumi_Japan(スタッフ)— 細川護熙 (@morihirotokyo)2014, 1月 19「小泉純一郎」公式ツイッターは認証済みアカウントということでたった半日で5万人のフォロアーを獲得しております。また「細川護熙」氏も小泉氏のツイッター開設を祝福。今後小泉氏側から何らかの発信があるものと思われる。しかし疑問なのは、なぜ突然小泉氏がツ [全文を読む]

薬師寺慈恩殿 奉納障壁画展 ~細川護熙障壁画と奉納散華60選~ 〈会期〉1月25日(水)~2月6日(月)〈会場〉日本橋三越本店 新館7階ギャラリー

PR TIMES / 2017年01月19日20時44分

入場料:一般・大学生800円 高校・中学生600円[小学生以下無料・税込] 主催:「薬師寺慈恩殿 奉納障壁画展」実行委員会 協力:法相宗大本山薬師寺、一般社団法人九曜アートプロジェクト 2019年春に奉納される細川護熙制作の襖絵と壁画の一部、ならびに薬師寺所蔵の散華を一堂に展覧します。 [画像: https://prtimes.jp/i/8372/351/ [全文を読む]

小池百合子「時の権力者」に乗り続けた女の「勝負勘」

WEB女性自身 / 2016年07月07日06時00分

その場合『反安倍』を打ち出せば、小泉純一郎、細川護熙両元首相の応援を仰げると踏んだ」(同前) 6月29日の小池百合子衆院議員(63)による都知事選 電撃出馬 は、周到すぎるほどの計算に裏づけられていたというのだ。したたかな小池氏の「女の勝負勘」。それは、24年にわたる政治家人生でいかんなく発揮されてきた。 日本新党、新進党、自由党と渡り歩き、2002年に自 [全文を読む]

永青文庫が日本初の春画展を開催 細川護熙元首相の肝いりで実現

太田出版ケトルニュース / 2015年09月09日11時27分

会場の確保が難しく、これまで国内では春画展の開催は叶わなかったが、永青文庫の理事長を務める細川護熙元首相が会場提供を快諾し、今回の春画展が実現した。 会場には、大英博物館やデンマーク、日本の美術館や個人コレクションから選りすぐった133点の作品が登場。版画のように印刷された春画ではなく、人の手で線と色を書き出した「肉筆」、菱川師宣、喜多川歌麿、葛飾北斎ら、 [全文を読む]

加藤嘉一「元首相が地方から国政に干渉する。あまりに異様な光景です!」

週プレNEWS / 2014年02月08日15時00分

都知事選に立候補した細川護熙氏と、それを支援する小泉純一郎氏。ふたりの元首相の行動を論理的に説明することはぼくにはできません。 東京都知事選挙の投票日が近づいてきましたが、ぼくには今回の選挙戦が非常に不可解なものに見えます。思い出してしまうのは、尖閣諸島をめぐるふたつの事案。2010年に起きた中国漁船衝突事件と、12年の国有化です。 漁船衝突事件は当然、国 [全文を読む]

都知事選出馬の細川護熙氏 「ボランティア一筋妻」の素顔

NEWSポストセブン / 2014年01月24日07時00分

脱原発を掲げて16年ぶりの政界復帰を目指すのが細川護熙元首相(76才)だ。その妻・佳代子さん(72才)は“ボランティア一筋妻”としてよく知られている。1947年に始まった赤い羽根共同募金発案者の1人といわれる経営者の娘として生まれた佳代子さんは、細川氏と上智大学の先輩後輩として出会う。 「ふたりは大学のゴルフ部で知り合ったんですが、細川さんは佳代子さんに [全文を読む]

細川護熙氏の1億円借り入れ 東京佐川急便事件と全く関係なし

NEWSポストセブン / 2014年01月20日16時00分

小泉純一郎・元首相の支援を受け、東京都知事選(2月9日投開票)への立候補を表明した細川護熙・元首相。案の定というべきか。官邸と自民党は新聞・テレビとともに、細川・小泉バッシングの大合唱である。 「殿、ご乱心」(甘利明・経済再生相) 「五輪を人質に取って原発ゼロをやろうなんて卑怯だ」(森喜朗・元首相) 自民党の有力者がそう次々に声をあげたばかりか、いざ、細川 [全文を読む]

細川護熙氏都知事選出馬 当選ならお台場カジノ構想に影響か

NEWSポストセブン / 2014年01月15日07時00分

細川護熙・元首相が東京都知事選への出馬を表明した。出馬を促したのは小泉純一郎・元首相。2人が脱原発を掲げて組んだことで、選挙圧勝を確実視する向きもある。 急浮上した「細川出馬」の動きに震撼したのが首相官邸と自民党執行部だ。小泉氏と細川氏の都知事選連携を報じた本誌前号が発売されるや、自民党執行部は大慌てで情報の真偽確認に走った。自民党都連幹部は語る。 「都知 [全文を読む]

細川護熙・元首相 東京都知事選挙への電撃出馬劇の内幕とは

NEWSポストセブン / 2014年01月14日07時00分

総理の職を辞して20年、晴耕雨読の日々を過ごす細川護熙・元首相(元熊本県知事)に東京都知事選出馬を促したのは、あの小泉純一郎・元首相。それにしても、細川氏はいつ、“本気”になったのか。 本誌が小泉氏と細川氏の連携の動きをキャッチし、細川氏側に取材した昨年12月24日時点では、細川事務所は小泉氏からの都知事選出馬の打診について、「人づてには聞いている」と認め [全文を読む]

小泉純一郎氏 細川護熙元首相が都知事選に出馬するなら応援

NEWSポストセブン / 2014年01月04日07時00分

「小泉さんが細川護熙・元首相と食事した際、原発ゼロを求める国民の声に謙虚に耳を傾けようとしない自民党の姿勢を強く批判し、2人は意見が一致。その後、小泉さんは細川さんに“あなたが出るならオレは応援する”と都知事選への出馬を促したという話が伝わっている」 確かに、細川氏は昨年10月に小泉氏と会談した後、脱原発を主張し、「幕末も薩長土肥が攘夷で一致した」(朝日 [全文を読む]

米追従の日本人は“幸福な奴隷”メディアリテラシー獲得重要

NEWSポストセブン / 2012年10月02日16時00分

孫崎さんは岸信介も田中角栄も米国の工作で潰されたと述べられていますが、細川護熙首相の唐突な辞任劇はどう見ていますか。孫崎:細川氏は安全保障で脱アメリカを図り、「成熟した大人の関係」を築くと表現した。彼が作成させた「樋口レポート」は、国連を中心とし、日米安保はその次としていました。関岡:米国は自主自立派を必ず潰しにくるわけですね。孫崎:その通りです。細川氏の [全文を読む]

~江ノ島の海や街の魅力を高める!~クラウドファンディングプロジェクトを始動

PR TIMES / 2017年05月30日17時26分

【概要】プロジェクト詳細:http://www.makuake.com/project/enoshima/実行者:「江ノ島クラウドファンディングプロジェクト」・会長 白洲信哉細川護熙首相の公設秘書を経て、執筆活動に入る。その一方で日本文化の普及につとめ、書籍編集、デザインのほか、さまざまな文化イベントをプロデュースする。2013年より月刊「目の眼」編集長。 [全文を読む]

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(7)小沢一郎を旗印に掲げる!

アサ芸プラス / 2016年11月28日12時55分

小池の「突破力」は、いよいよ日本を動かしていく! 国民の期待を受けてスタートした細川護熙政権だったが、94年(平成6年)4月8日、細川総理の辞任表明により、あっさり瓦解してしまう。後継は、細川内閣で副総理だった羽田孜だった。 小池百合子は、その羽田政権の命運が今や尽きようという94年6月ごろ、新生党代表幹事の小沢一郎と初めて顔を合わせた。「日本政治の負遺産 [全文を読む]

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(4)チャレンジ精神で政界入り

アサ芸プラス / 2016年11月21日05時55分

新興政党からの出馬、かつてない選挙運動など、その型破りな行動は周囲を揺さぶり、「日本の政治を変える!」という願いは、瞬く間に結実することとなる! ニュースキャスターとして成功した小池百合子が政治家へと転身するきっかけは、「日本新党」を結成し、後に総理大臣となる細川護熙元熊本県知事との出会いであった。 1992年(平成4年)5月7日、細川は記者会見を行い、夏 [全文を読む]

中田宏氏「生活保護でパチンコ」おかしい 自分のカネで遊べ

NEWSポストセブン / 2016年11月11日07時00分

細川護熙氏、小池百合子氏の秘書を務めた後、衆議院議員に転身。2002年から2009年まで横浜市長を務めた。『改革者の真贋』(PHP研究所刊)、『失敗の整理術』(PHPビジネス新書)など著書多数。 ※SAPIO2016年12月号 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<政治とカネ>

アサ芸プラス / 2016年10月28日05時55分

そして翌年には宮澤喜一内閣が倒れ、細川護熙内閣が発足。自民党は38年ぶりに野党に転落した。 角栄氏の金権政治を引き継いだかのような竹下氏。「経世会」を中心に、当時の成長企業から資金が渡っていた実態に、国民がさすがに嫌気をさしたのである。 政治評論家の有馬晴海氏はこう解説する。「政治とカネと言う場合、カネはカタカナで表記され、いわく付きで意味深な表現として使 [全文を読む]

いま、最も熱い注目を浴びる政治家・小池百合子の全軌跡をあきらかにした唯一の本、『挑戦 小池百合子伝』緊急刊行。

PR TIMES / 2016年10月27日15時05分

「女性都知事ならではの視点、カイロ大学で学んだ国際的感覚、細川護熙、小沢一郎、小泉純一郎らの改革政治家から学び取った改革魂を活かし、東京都を改革し続けていく…。」本書より 【目次】 都知事・小池百合子 プロローグ 第一章 アラブに学ぶ 第二章 通訳からキャスターへ 第三章 政治家への転身 第四章 自民党で闘う 第五章 華麗なる環境大臣 第六章 新たなる飛 [全文を読む]

「放射能被害とわかる、常識で」小泉元首相、元米兵支援「トモダチ基金」の意義語る

弁護士ドットコムニュース / 2016年09月07日16時01分

小泉氏は今年7月、細川護熙元首相とともに「トモダチ作戦被害者支援基金」を立ち上げた。「直に病気で苦しんでいる兵士の話を聞いて、『気の毒ですね』『かわいそうですね』で終わらせてはいけないと思った」。小泉氏によると、あくまで民間人としての活動で、来年3月末までに寄付金1億円を目指すという。 (弁護士ドットコムニュース) [全文を読む]

茶の湯を支えた桃山陶 現代作家の作品も共演桃山陶と現代の作品展

PR TIMES / 2016年08月30日10時06分

<白洲信哉> 細川護熙首相の公設秘書を経て、執筆活動を開始。日本の伝統・文化に造詣が深く、書籍編集・デザインのほか各種文化イベントのプロデュースなどを通して日本文化の普及に努める。父方の祖父母は白洲次郎・正子。母方の祖父は文芸評論家の小林秀雄。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

フォーカス