小沢一郎のニュース

橋本治の相変わらず役に立たない話 第10回「アラブから『民主主義の成果』を思う

週プレNEWS / 2013年01月29日17時30分

じゃ、なんで大同団結が起こらなかったのか? 理由ははっきりしている「小沢一郎の不在」ですね。 「壊し屋」とは言われているけれど、小沢一郎は「くっつけ屋」でもあって、小沢一郎がいてこそ政党はくっつく。1990年代からの日本政治はそういうもんです。小沢一郎がくっつけて、大同団結を実現して、政権交代を起こしている。しかも二度も。「壊し屋」の面ばかり強調されている [全文を読む]

増税も原発も総選挙で阻止 「生活」小沢代表が表明

ニコニコニュース / 2012年08月24日17時00分

新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表は2012年8月24日、ニコニコ動画「小沢一郎チャンネル」のブロマガで、今秋とみられる衆議院総選挙について、脱原発、消費税増税反対、地域主権の確立を争点に掲げ、その3点を国民に約束する勢力が連合して新政権を樹立して、原発と消費税増税を廃止する構想を初めて明らかにした。 その中で、小沢代表は原発再稼働と消費税増税について [全文を読む]

小沢ガールズが「私の決断」を連続告白(2)

アサ芸プラス / 2012年07月25日10時57分

「女性のほうが強いんです」 小沢一郎が土壇場で持ちこたえたことで、政界は暴風域に突入した。7月2日。 「野田総理の下での民主党は、政権交代を成し遂げた民主党ではない。国民が政治を選択する権利を何としても確保する」 と、小沢一郎を先頭に衆参両院議員約50人が離党し、新党結成に向かった。が、この船出に光明があるのか玉砕覚悟なのかは、まだ誰にも読めなかった。 ド [全文を読む]

森永卓郎氏「維新VS未来の第三極内の闘いは角福戦争の再来」

NEWSポストセブン / 2012年12月12日07時00分

国民の生活が第一を解党して合流した小沢一郎氏が重要な舵取り役となっているといわれる日本未来の党、その公約はどういうものなのか。そして、未来の党が選挙戦に躍り出た意味とは…? 経済アナリストの森永卓郎氏が分析する。(『メルマガNEWSポストセブンVol.43』より抜粋) * * * 日本未来の党に関しては、乱立していた脱原発政党の核ができたと評されている。し [全文を読む]

「第三極」を結集して新政権を 「生活」小沢代表が必要性を強調

ニコニコニュース / 2012年10月01日20時00分

新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表は2012年10月1日午後、民主党の野田代表(首相)再選と自民党の安倍総裁就任を受けて、ニコニコ動画の「小沢一郎チャンネル」でブロマガと動画を緊急配信、「両党ともそれぞれ根本的な自己改革を迫られているのに、どちらもそれを成し得ない」との見方を示したうえ、次の総選挙で「第三極」を結集して新政権を樹立する方針を表明した。 [全文を読む]

「秋にも解散・総選挙」と見通し 「生活」小沢代表が表明

ニコニコニュース / 2012年08月31日18時00分

新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表は2012年8月31日、参議院で野田首相に対する問責決議が可決されて通常国会が事実上休会となったことを受けて、ニコニコ動画「小沢一郎チャンネル」で動画とブロマガを緊急配信、今後の政局について「この秋には政局が非常に大きなヤマ場を迎える。ズバリ、秋にも衆議院解散・総選挙がある」との見通しを明らかにした。 その理由について [全文を読む]

小沢ガールズが「私の決断」を連続告白(1)

アサ芸プラス / 2012年07月24日10時57分

新党「国民の生活が第一」を結成した小沢一郎代表に、この間、重い決断を迫ったのが「剛腕」の下、当選を果たした“親衛隊”女性議員「小沢ガールズ」だ。中には袂を分かち民主党に残った者もいたが、次の選挙への「不安」を顧みず一途についていく者も多かった。そんな彼女たちの“決意の理由”を連続直撃! 「同調者」への苛酷な締めつけ 政界が騒然となる時はいつも、「壊し屋」の [全文を読む]

小沢一郎氏に秘書として10年仕えた男性がその体験を綴った本

NEWSポストセブン / 2012年05月11日16時00分

【書籍紹介】『雑巾がけ 小沢一郎という試練』(石川知裕/新潮新書/714円) * * * 早大留年時に小沢事務所に入り、2日目には訳も分からず怒鳴られ、その後も理不尽な思いもしながら約10年を秘書として小沢一郎に仕えた著者による体験談。そこには彼が学んだ多くのこと、そしてこれからの若者が学ぶべきことがたくさん詰まっている。 ※週刊ポスト2012年5月18日 [全文を読む]

4月26日に小沢一郎氏判決 大メディアの予定稿の内容とは?

NEWSポストセブン / 2012年04月23日07時00分

「最後のご奉公」と思い定めた小沢一郎・民主党元代表と日の出の勢いの橋下徹・大阪市長――2人の共通点は、霞が関と大メディアの嫌われ者であること、そして壊し屋であること。 橋下氏は消費税増税と原発再稼働を推し進める民主党政権の打倒を掲げて宣戦布告した。 小沢氏はいち早く民主党で増税阻止を唱え、自派の議員に政府・党の役職を集団辞任させたが、政権の内と外からの反増 [全文を読む]

与野党が国会で小沢排除を言い合うのは世界でも尋常ではない

NEWSポストセブン / 2012年03月12日16時00分

消費税増税をめぐって2月28日に行なわれた党首討論で谷垣禎一・自民党総裁は野田佳彦・首相に、反増税を打ち出す小沢一郎・元民主党代表について小沢氏を切るなら増税賛成もと匂わせるなど、与野党間で「小沢切り」が進んでいる。 日本の現代政治や官僚制度の研究家として知られるアムステルダム大学教授のカレル・ヴァン・ウォルフレン氏は、著書『誰が小沢一郎を殺すのか?』(角 [全文を読む]

日中の首脳が相互訪問呼びかけへ。二階氏の訪中は正解と言えるのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月25日04時30分

日中関係を最優先した田中角栄と小沢一郎が招いたもの アメリカを出し抜いた田中角栄 1960年代末、ニクソン大統領は、ソ連に対抗するために、中国と和解することにしました。1972年、ニクソンは、中国を訪問。「台湾に関する5原則」を提示し、台湾を事実上見捨てます。このニクソン訪中で、米中関係は、どうなったのでしょうか? キッシンジャー大統領補佐官が、「回顧録 [全文を読む]

野党共闘を妨害する原発推進の御用組合「連合」[植草一秀]

メディアゴン / 2016年10月26日16時16分

だからこそ、この新政権樹立を牽引した小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏に対して、メディアを総動員した総攻撃が展開されたのである。菅直人氏、野田佳彦氏、岡田克也氏は本当の意味での革新勢力である小沢氏と鳩山氏を排除するためのエージェントとして活用されたのである。2010年6月政変は、このエージェント勢力による権力の強奪であった。2010年2月に来日して小沢一郎氏と会談し [全文を読む]

渡る世間で鬼退治。政界渡り鳥・小池百合子は、なぜ出世していくのか?

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時30分

小池さんは、小沢一郎さんが立ち上げた「新進党」に加わります。当時は、「小沢一郎の側近」でした。97年、新進党解党。小池さんは小沢一郎さんが新たに立ち上げた、「自由党」に参加。2000年、自由党が分裂したのを機に小沢さんを離れ、「保守党」に参加。2002年、ようやく自民党に。 こうやって見ると、政界に入ってから10年で、 日本新党 → 新進党 → 自由党 → [全文を読む]

「あまちゃん」ユイの父親・足立市長は小沢一郎系!? プチ鹿島の世相コラム『余計な下世話!』連載11

東京ブレイキングニュース / 2013年10月01日15時00分

「足立功は、岩手のドン・小沢一郎系の政治家なのか、否か。」 先日「あまちゃん」ロケ地の久慈市に行ったら小沢一郎のポスターをよく見かけた。岩手はあまちゃんならぬ「いっちゃん」のおひざ元であることをあらためて痛感したのだ。 しかし、岩手が「小沢王国」のままなら「ユイの父ちゃんも小沢系なんだろな」で終わった話だが、いま岩手でも小沢神話に陰りがあると言われている。 [全文を読む]

「石原新党は自民の補完勢力」 生活・小沢代表が維新との連携否定

ニコニコニュース / 2012年11月27日18時45分

「国民の生活が第一」の小沢代表は2012年11月27日、ニコニコ動画で開設している「小沢一郎チャンネル」で、「談合解散――翼賛選挙の4つの問題点」と題するブロマガと動画を配信、石原慎太郎・前東京都知事が代表を務める日本維新の会について、「もはや『第三極』とは言えず、自民党の補完勢力でしかない」と述べ、維新との連携を全面否定した。 その中で、小沢代表は「太陽 [全文を読む]

小沢氏「総選挙では"第三極"の候補者一本化を」

ニコニコニュース / 2012年10月11日21時00分

新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表は2012年10月11日午後、ニコニコ動画の「小沢一郎チャンネル」で、次の衆議院総選挙で既成の民主・自民・公明体制を打倒して、「国民のいのちと暮らしを守る新政権」を樹立するため、日本維新の会、みんなの党など「第三極」の候補者を一本化すべきだとの考えを明らかにした。 その中で小沢代表は、「第三極」の各党がバラバラに候補者 [全文を読む]

鳩山に刺客・松山千春」黒幕は小沢一郎だった(2)

アサ芸プラス / 2012年08月08日10時57分

「背後で小沢一郎が糸を引いている─。何事につけ鈍感な鳩山さんも、今回はピンときたようです。怪情報が流れて以降、とにかく鳩山さんのビビりようは尋常ではなかった。恫喝にキンタマが縮み上がった鳩山さんは『反消費増税』『反原発』を旗印として新党を旗揚げした小沢さんに恭順の意を示すべく、7月20日には官邸前で行われた一般市民の反原発デモに飛び入り参加。演説までぶっ [全文を読む]

高名評論家 小沢一郎と20回会食も奢り1回だけでケチと評す

NEWSポストセブン / 2012年07月04日07時00分

国際謀略から闇献金、果ては家庭問題まで、なぜ小沢一郎・元民主党代表だけがこれほどまでに狙われるのか。ジャーナリスト、鳥越俊太郎氏と、東京新聞・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏が対談。最近報道された小沢氏の夫人が知人に出したとされる小沢氏への離縁状の背景などを分析する。 * * * 鳥越:「夫人の手紙」はどう見ますか? 私はあまりにも“うまくできてる”印象と [全文を読む]

小沢一郎氏 妻の「手紙」公開で求心力低下、選挙危ぶむ声も

NEWSポストセブン / 2012年06月22日07時00分

小沢一郎衆議院議員(70才)の妻・和子さん(67才)が支援者に宛てて書いたとされる手紙が6月21日号の『週刊文春』で公開された。そこには夫への非難と離婚に至る経緯が綴られている。 ふたりが結婚したのは1973年10月、初当選4年後のこと。小沢氏の師である故・田中角栄元首相が進めた縁談だった。和子さんは田中氏の後援会の大幹部の娘だったため、いわば政略結婚だっ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】坂上忍、小沢一郎氏に“野党共闘”を期待「しのぎを削る姿が見たい」

TechinsightJapan / 2017年02月24日22時26分

お昼のバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)に2月24日、自由党の小沢一郎代表がスタジオ生出演した。昨年の12月には自民党の石破茂議員と生対談した坂上忍だが、今度は小沢一郎氏を迎えて「一生会うことはないと思っていた」と緊張を隠せない。しかし何でも率直かつ真摯に答えてくれる彼に、終盤では「何でも聞いたら答えてくれるんですね」と気軽に声をかけるほど認識が [全文を読む]

フォーカス