村上龍のニュース

村上龍 iBookstoreで3作品を配信開始

PR TIMES / 2013年03月07日18時36分

村上龍電子本製作所」では、2013年3月6日、村上龍の小説3作品をAppleのiBookstore限定で、iPad, iPhone, iPod touch向けに配信開始しました。著者のディレクションのもとに制作された同作品は、いずれも読むだけにとどまらないリッチコンテンツにこだわった作品です。 ■村上龍からのメッセージ iBookstoreに、作品を提供 [全文を読む]

村上龍電子本製作所より新たに 『トパーズ』『村上龍映画小説集』の2作品が登場!

PR TIMES / 2013年09月18日16時06分

村上龍電子本製作所」(株式会社G2010・東京都世田谷区)は、村上龍著『トパーズ』および『村上龍映画小説集』の2つの小説を、それぞれ新たに著者のディレクションによるアニメーションも取り入れ、電子版として2013年9月18日よりiBookstoreにて販売開始しました。 ■著者からのメッセージ 電子書籍のリッチコンテンツ化の方法が、少しずつわかってきました [全文を読む]

社会に飛び出す新社会人、そして、元新社会人のビジネスパーソンへ「村上龍」が贈る、“本音”のメッセージ『新社会人のみなさんへ 村上龍』を4月1日(金)より配信スタート!!

PR TIMES / 2016年04月01日09時22分

“エイプリルフール“の4月1日、あえて等身大“本音”のメッセージで応援! NTT都市開発株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 牧 貞夫、以下 NTT都市開発)は、日本全国のオフィスビルに夢を抱えて出社する新社会人に向けて、初出社日となる4月1日(金)より、小説家の村上龍氏による本音の応援メッセージ『新社会人のみなさんへ 村上龍』を、スペシャルサイ [全文を読む]

電子コンテンツの新レーベル「村上龍電子本製作所」発足!

PR TIMES / 2013年03月06日17時56分

株式会社G2010(東京都世田谷区)は作家・村上龍氏の著作とプロデュース作品を発行するプライベートブランド「村上龍電子本製作所」を新たに立ち上げました。今後の活動、新作情報については、以下の公式サイトで随時発表致します。 村上龍電子本製作所公式ウェブサイト http://ryumurakami.com/ ■ 村上龍氏からのメッセージ 2010年2月、故ステ [全文を読む]

『日経スペシャル カンブリア宮殿』放送開始10年「カンブリア宮殿 村上龍×経済人 スゴい社長の金言」発売

PR TIMES / 2016年09月23日17時11分

村上龍さん・小池栄子さんをMCに毎回、多彩なゲストを迎え、日本の今を伝える経済トーク番組『日経スペシャル カンブリア宮殿』(毎週木曜夜10時放送中)は、今年4月に放送開始から満10年を迎えました。放送10周年を記念し、「カンブリア宮殿 村上龍×経済人 スゴい社長の金言」を日本経済新聞出版社より刊行いたします。 この10年間に「カンブリア宮殿」にお越しいただ [全文を読む]

「恋愛というのは、必要としないときに生まれることが多い」 新社会人へ村上龍さんからの7つのメッセージ

太田出版ケトルニュース / 2016年04月01日09時03分

また、掲出時間によってメッセージが変化するWEB広告を配信し、さらに「日本経済新聞」朝刊にも、村上龍さんからの言葉が掲載された。 村上龍さんは、「仕事」「夢」「失敗」「お酒」「上司」「恋愛」「趣味」について7つの“本音”を披露。たとえば、「恋愛」については次のような氏の知見を読むことができる。 ≪「恋愛」≫ 不思議なもので、恋愛というのは、それを必要としな [全文を読む]

村上龍×坂本龍一「日本の伝統行事、世界で語れる?」大人たちを魅了する”バイブル”登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月21日09時00分

この本で紹介した伝統的な行事は、わたしたちすべての日本人が、すでに広く平等に持っている無形の財産だ」――序文から村上龍さんの熱いが伝わるのが『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』(村上龍ほか/講談社)だ。日本の風習や伝統行事を1月の正月から12月の年越し・大晦日まで順に並べ、イラストと写真で紹介したものである。 本書は、 [全文を読む]

村上龍があの名作を書く前に言われた言葉とは?【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年09月25日19時00分

◆文壇に突如現れた新星『限りなく透明に近いブルー』(1976年)でセンセーショナルなデビューを果たした村上龍。処女作の主人公の名前は「リュウ」といい、明らかに自叙伝的な書き方をしている。続けて書かれた今回取り上げる作品『海の向こうで戦争が始まる』(1977年)は、そんな彼の2作目にあたる。ひとつの夢想が成長し展開し、たった1日で終わっていく様を描いているよ [全文を読む]

村上龍が描く50代男女の「セカンドライフ」5つの等身大物語

NEWSポストセブン / 2013年02月06日16時00分

【書評】『55歳からのハローライフ』村上龍/1575円/幻冬舎 【評者】末國善己(文芸評論家) 中学生に向けて、将来どんな仕事を選ぶのかを問い掛けた職業ガイド『13歳のハローワーク』を発表した村上龍が、その姉妹編ともいえる連作集『55歳からのハローライフ』でテーマにしたのは、人生の節目を迎え、老後の生活を考え始める50代の男女のセカンドライフである。 5つ [全文を読む]

日本の古き良き物を世界へ。視点を変えて蘇らせた2人の女社長

まぐまぐニュース! / 2017年04月04日01時35分

スタジオでは、村上龍が2人に将来のビジョンについて尋ねた。 「麹の力で世界中の人のおなかを元気にして幸せにしたいという気持ちがあります。戦争など争いで世界が平和になることはないけど、食べ物が美味しくてみんなが笑顔になれば、きっと争いも消えていく。ノーベル平和賞いただけそうでしょ(笑)」(浅利) 「私はお客さんと働く人を同時に幸せにする会社をつくりたいです。 [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース