落合陽一のニュース

落合陽一はいかにして“魔法使い”になったのか? 父・落合信彦の影響で読んだニーチェが「人生観を決めた」

週プレNEWS / 2017年02月06日10時00分

『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、“現代の魔法使い”落合陽一の「未来教室」。最先端の異才が集う最強講義を独占公開! 「筑波大学未来教室」の最終回は、これまでホスト役を務めていた“現代の魔法使い”落合陽一自身がゲストスピーカーとなり、これまでのキャリアを語る。 学界やメディアアートの世界にとどまらず、バラエティ番組に出演して“極度のグミ好き”が注目される [全文を読む]

落合陽一はなぜ“魔法使い”になったのか?「この世界の『時間』と『空間』をどうコントロールするか―そこを開拓する」

週プレNEWS / 2017年02月07日15時00分

『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、“現代の魔法使い”落合陽一の「未来教室」。最先端の異才が集う最強講義を独占公開! 「筑波大学未来教室」の最終回は、これまでホスト役を務めていた“現代の魔法使い”落合陽一自身がゲストスピーカーとなり、これまでのキャリアを語る。 学界やメディアアートの世界にとどまらず、バラエティ番組に出演して“極度のグミ好き”が注目される [全文を読む]

“現代の魔法使い”落合陽一×『ギズモード』編集者・斎藤真琴「コンピューターに記事選択をやらせたら、悪意あるデマニュースが選ばれるようになった」

週プレNEWS / 2016年12月26日06時00分

『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、“現代の魔法使い”落合陽一の「未来教室」。最先端の異才が集う最強講義を独占公開! 落合陽一をゲスト編集長に招いたこともある先鋭的なテクノロジー情報サイト『ギズモード・ジャパン』。斎藤真琴は東京大学工学部在学中からこの編集部でアルバイトを始め、卒業と同時に編集者になった。その経歴からも推察されるように、一般書から科学の専 [全文を読む]

TDKが想像力と創造力を試すバーチャル実験室「TDK Attracting Tomorrow Lab」を開設 第一弾として落合陽一氏の浮揚実験動画「浮かせてみた」を公開

@Press / 2017年06月07日15時00分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/129264/LL_img_129264_1.jpg浮揚実験動画「浮かせてみた」イメージ1 第一弾のプロジェクトとして、メディアアーティストであり筑波大学の助教である落合陽一氏と身近なモノを浮かす浮揚実験動画「浮かせてみた」を公開しました。本プロジェクトは、磁性技術を強みとする [全文を読む]

「アイルトン・セナを“音”で蘇らせる」“現代の魔法使い”落合陽一×電通クリエーティブ・テクノロジスト・菅野薫

週プレNEWS / 2017年01月30日06時00分

『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、“現代の魔法使い”落合陽一の「未来教室」。最先端の異才が集う最強講義を独占公開! Dentsu Lab Tokyoは、電通内でもクリエーティブ部門の研究・企画・開発に特化した新設の部署だ。スタジオの一画には、これまでに獲得したクリエイター垂涎(すいえん)のトロフィーの数々がズラリと並び、ビジネスやエンターテインメントの [全文を読む]

“現代の魔法使い”落合陽一×『ギズモード』編集者・斎藤真琴「米大統領選で『正しさ』がポピュリズムに負けたっていうのはすごく悲しい」

週プレNEWS / 2016年12月27日10時00分

『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、“現代の魔法使い”落合陽一の「未来教室」。最先端の異才が集う最強講義を独占公開! 落合陽一をゲスト編集長に招いたこともある先鋭的なテクノロジー情報サイト『ギズモード・ジャパン』。斎藤真琴は東京大学工学部在学中からこの編集部でアルバイトを始め、卒業と同時に編集者になった。その経歴からも推察されるように、一般書から科学の専 [全文を読む]

大人気イラストレーター・漫画家「カナヘイ」初の特別展「カナヘイのゆるっとタウン」オープニングセレモニー開催・メディアアーティスト「落合陽一」氏とのコラボ作品も!

PR TIMES / 2016年12月19日19時33分

2016年12月に発表された「LINE Creators Stamp AWARD 2016」において見事グランプリを獲得するなど、いま大注目のイラストレーター・漫画家「カナヘイ」がプロデュースに携わる本展は、ゆるっとかわいいカナヘイ作品の展示はもちろん、メディアアーティストの落合陽一氏とのコラボによるコーナーや、キャラクターをモチーフにした特別メニューが楽 [全文を読む]

“現代の魔法使い”落合陽一×シシヤマザキ「シシちゃんって、カメラが回ったときになんか人類を超越する」

週プレNEWS / 2016年12月12日06時00分

『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、“現代の魔法使い”落合陽一の「未来教室」。最先端の異才が集う最強講義を独占公開! シシヤマザキは、東京藝術大学デザイン科在学中にデビューして以来、有名ブランドや人気歌手との仕事を続けている若手売れっ子アニメーション作家だ。 学生時代にPRADA主催の映像コンペで入賞し、ブランドのプロモーションに起用。卒業後はルミネカー [全文を読む]

“現代の魔法使い”落合陽一×西村真里子「新聞、絵画、イッセイミヤケの服もメディアのひとつ」

週プレNEWS / 2016年11月28日06時00分

『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、“現代の魔法使い”落合陽一の「未来教室」。最先端の異才が集う最強講義を独占公開! 今回のゲストは「最強IT女子」。現代の魔法使い・落合陽一は、西村真里子をそう呼んでいる。 ICU(国際基督教大学)で国際関係学を専攻し、卒業後はIBMに入社。エンジニアとして国際特許も取得した。その後、「Flash」などのウェブツールで知 [全文を読む]

IoT、AI、ロボットを学ぶ中高生向けサマースクールを開催!WIRED × イノラボ × TechShop未来をつくる「イノヴェイション・サマースクール」

JCN Newswire / 2016年08月17日14時37分

筑波大・落合陽一氏、きゅんくんら気鋭のサイエンティストを講師に最新技術を使ったものづくりに挑戦TOKYO, Aug 17, 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)のオープンイノベーションラボ(以下イノラボ)は、『WIRED』日本版、TechShop Toky [全文を読む]

ONE OK ROCKニューアルバム“Ambitions”リリース記念 新曲『We are』を全身で体感できるジャケット『WEARABLE ONE OK ROCK』開発、世界初“着る試聴会”を実施

PR TIMES / 2017年01月06日13時29分

ギア開発・音響デザインはメディアアーティスト/筑波大助教 落合陽一氏 全身に20個の音響装置を配置し、身体を震わせる新しい音楽体験を実現株式会社A-Sketchは、所属するアーティストONE OK ROCKの新アルバム“Ambitions”の発売を記念して、音楽を全身で体験できるジャケット、『WEARABLE ONE OK ROCK』を開発しました。1月1 [全文を読む]

“現代の魔法使い”落合陽一×「ハコスコ」代表・藤井直敬「世の中にインパクトを残したいなら『親』を殺す必要がある」

週プレNEWS / 2016年12月20日15時00分

『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、“現代の魔法使い”落合陽一の「未来教室」。最先端の異才が集う最強講義を独占公開! スマートフォンで手軽にVRコンテンツを楽しめる段ボール製のビューワー「ハコスコ」の開発者・藤井直敬(ふじい・なおたか)は、SR(代替現実)を応用した体験型の作品を手がけるアーティストとしても活躍している。同時に、理化学研究所脳科学総合研究 [全文を読む]

“21世紀の魔法使い”落合陽一「人間にとってエモいこと以外は全部コンピューターにやらせればいい」

週プレNEWS / 2016年10月28日06時00分

コンピューターと人間の境目がなくなっていく「デジタルネイチャー時代」の到来を予言する、“21世紀の魔法使い”こと落合陽一が、人類の未来を予言する当連載。今回のテーマは「『ロボット彼女』の実現可能性」だ。 AI(人工知能)やVR(仮想現実)、ロボットが人間の生活にどんどん進出してくるなか、未来の仕事や恋愛はどうなるのか? そこで人間には何が残るのか? そのキ [全文を読む]

“21世紀の魔法使い”落合陽一「完全自動運転カーが実用化されたら、公共財に近くなる」

週プレNEWS / 2016年09月24日15時00分

コンピューターと人間が当たり前に共生する「デジタルネイチャー時代」を先取りし、“21世紀の魔法使い”と呼ばれる落合陽一氏が、人類の未来を予言する『週刊プレイボーイ』の月イチ連載(前回記事「“21世紀の魔法使い”落合陽一『人間よりAIのほうがまともな判断をする』」)。 今回のテーマは「自動運転」だ。「200ms[ミリセック](0.2秒)の壁」というキーワード [全文を読む]

“21世紀の魔法使い”落合陽一 「人間よりAIのほうがまともな判断をする」

週プレNEWS / 2016年07月06日06時00分

“21世紀の魔法使い”と呼ばれるのが、筑波大学でデジタルネイチャー研究室を主宰する落合陽一助教だ。落合氏は音でモノを空中浮遊させ、シャボン玉に映像を映し、プラズマを使って妖精を空中に飛ばす。 エネルギーと五感の相互作用に着目したエジソンの時代とは異なり、コンピューターの制御による「物理場」を変えて新たな表現方法を生み出すメディアアーティスト。そして、コンピ [全文を読む]

“現代の魔法使い”落合陽一の主張「“超AI時代”を生き抜くために今を食い散らかせ!」

週プレNEWS / 2017年05月26日11時00分

“現代の魔法使い”こと落合陽一が、人類の未来を予言する『週刊プレイボーイ』の月イチ連載『人生が変わる魔法使いの未来学』。 29歳にして5階級特進! この4月、デジタルネイチャー研究室創設3年目にして、筑波大学学長補佐に就任した落合博士。昼も夜もなく働く彼は最近、これからの「超AI時代」を生き抜くための“真理”に気づいたという。 前編に続き、その心を聞いた。 [全文を読む]

“現代の魔法使い”落合陽一「超AI社会で人生を決めるのは“モチベーションの格差”」

週プレNEWS / 2017年05月25日06時00分

“現代の魔法使い”こと落合陽一が、人類の未来を予言する『週刊プレイボーイ』の月イチ連載『人生が変わる魔法使いの未来学』。 29歳にして5階級特進! この4月、デジタルネイチャー研究室創設3年目にして、筑波大学学長補佐に就任した落合博士。昼も夜もなく働く彼は最近、これからの「超AI時代」を生き抜くための“真理”に気づいたという。果たして、その心は? * * [全文を読む]

VERBAL 祝・ラジオ復帰!5/14(日)22:00~J-WAVE「イノフェス」特番をナビゲート!

PR TIMES / 2017年05月11日15時00分

「イノフェス」への出演が決まっている錚々たるイノベーター陣(AR三兄弟の川田十夢、chlomaの鈴木淳哉、落合陽一、津田大介ほか)がゲストまたはコメントで登場します。さらに、昨年のイノフェスで大好評となった田原総一朗×堀江貴文による対談「学生からの手紙」もダイジェストでお届け!是非お聴きください。[画像2: https://prtimes.jp/i/254 [全文を読む]

3月15日、“MEDIA AMBITION TOKYO 2017”を盛り上げたクリエイター達によるトークセッションを開催

PR TIMES / 2017年03月08日12時35分

落合陽一、Takram田川欣哉、ライゾマティクス 齋藤精一、JTQ谷川じゅんじによるクロストーク 「テクノロジーとアートと東京の未来」 ジャンルの枠を横断して多様な表現を仕掛ける気鋭のアーティストたちが、テクノロジーの活用法や東京の未来について語ります。 [画像: https://prtimes.jp/i/9285/24/resize/d9285-24-5 [全文を読む]

“使える”テクノロジーアートの祭典、デートスポットしても“使える”MAT2017開幕

FASHION HEADLINE / 2017年02月14日20時00分

また、デジタルネイチャーを提唱する落合陽一の浮遊をテーマにしたインスタレーション作品、デザインエンジニアリングという考え方を実践しているTakramによる3作品、今年のアルスエレクトロニカに出展した小室哲哉と脇田玲による映像作品など、コマーシャル業界を始め幅広いジャンルで知名度のあるチームやアーティストたちが出品している。「Android Experime [全文を読む]

フォーカス