東小雪のニュース

同性と結婚したらどうなるの?渋谷区パートナーシップ証明書の第1号となった同性婚の先駆者カップルによる新書『同性婚のリアル』を刊行。「同性のことが好きな人」「同性婚をしたいカップル」の未来を照らす一冊

DreamNews / 2016年01月29日17時00分

株式会社ポプラ社は、2016年2月4日に、『同性婚のリアル』東小雪+増原裕子 著を発売します。「渋谷区パートナーシップ証明書」の第1号&東京ディズニーリゾート初の同性結婚式を挙げた、同性婚先駆者が語る現状とは。同性が好きと気付いた時の体験から、お付き合い、結婚までの喜びと苦悩、今後の子どもの持ち方まで語ります。ゲイカップルとのクロストークも収録。同性カップ [全文を読む]

男は子育てに必要か?【鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子 <後編> 】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月03日11時00分

特別鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い!その3:男は子育てに必要か不要か?女どうしで子どもを産むことにしましたさきごろコミックエッセイ『女どうしで子どもを産むことにしました』を出した東さんと増原さん。レズビアンカップルへの社会的偏見を超えて妊娠をめざす彼女たちの挑戦は、あらためて「妊娠・出産」に対する女の自覚——―産 [全文を読む]

「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い!【鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子 <中編> 】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月02日11時00分

特別鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い!その2:レズビアンカップルが子づくりして何が悪い!上野千鶴子×東小雪&増原裕子さきごろコミックエッセイ『女どうしで子どもを産むことにしました』を出した東さんと増原さん。レズビアンカップルへの社会的偏見を超えて妊娠をめざす彼女たちの挑戦は、あらためて「妊娠・出産」に対する女の自覚 [全文を読む]

女にとって「産む」とは何か?【鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子 <前編> 】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月01日11時00分

特別鼎談 上野千鶴子×東小雪&増原裕子「産む」「産まない」は私が決めて何が悪い!その1:女にとって「産む」とは何か?上野千鶴子×東小雪&増原裕子さきごろコミックエッセイ『女どうしで子どもを産むことにしました』を出した東さんと増原さん。レズビアンカップルへの社会的偏見を超えて妊娠をめざす彼女たちの挑戦は、あらためて「妊娠・出産」に対する女の自覚——―産む・産 [全文を読む]

日本からLGBTという言葉がなくなる日を目指して

ウートピ / 2016年05月31日20時00分

世界的ブームとなっているマインドフルネスと、アライとしての活動の意外な関係とは? 今回は川上副住職と、『同性婚のリアル』(ポプラ新書)を著し“レズビアンふうふ”として知られる東小雪(ひがし・こゆき)さん&増原裕子(ますはら・ひろこ)さんの3人がトークを繰り広げます。*自分自身はLGBTではないが、LGBTを支援することを表明している人。「回復の手段」として [全文を読む]

全米で同性婚「合法化」ーーNY滞在の東小雪さん「歴史的瞬間を喜ぶ人でいっぱい」

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月29日14時48分

今回のパレードには、LGBTアクティビストの東小雪さんも参加していた。同性パートナーの増原裕子さんと一緒にニューヨークに滞在している東小雪さんに、連邦最高裁の判決が現地でどのように受け止められているかを聞いた。 ●「日本も大きな影響を受けると思います」 「判決が出た瞬間はニューヨークにいました。すぐにストーンウォール インに駆けつけると、そこは歴史的な瞬 [全文を読む]

実父からの性虐待を受けた元タカラジェンヌが考える“暴力の本質”――生きづらい世の中を変えていくために

ウートピ / 2014年06月29日12時00分

『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』(講談社)の著者・東小雪さんは、家庭という閉ざされた環境で日常的に行われていた暴力について振り返ると同時に、かつて所属していた宝塚歌劇団における「暴力」についても告発しています。>>>【前編はコチラ】「性虐待は実は数えきれないほど起きています」 実父から被害を受けた元タカラジェンヌの衝撃的な告白h [全文を読む]

「性虐待は実は数えきれないほど起きています」 実父から被害を受けた元タカラジェンヌの衝撃的な告白

ウートピ / 2014年06月28日18時00分

著者・東小雪さんの決意に後押しされるようにして、ページを開いた。東さんは、かつて宝塚歌劇団に所属していた元タカラジェンヌ。2010年にレズビアンであることをカミングアウトし、現在はパートナーのひろこさんとともにLGBTを支援する活動を行っている。彼女は性虐待の記憶を長らく封印してきた。いや、自覚すらしていなかった。封じ込めてきたものが一気にあふれ出したとき [全文を読む]

とあるレズビアンカップルの、ディズニーランド結婚式秘話

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月25日11時20分

それが、増原裕子と元タカラジェンヌ東小雪のレズビアンカップルだ。しかし、彼女たちがここで式を挙げるまでにはさまざまな苦労があったという。そんな結婚までの軌跡を描いた『レズビアン的結婚生活』(東小雪+増原裕子:著、すぎやまえみこ:マンガ/イースト・プレス)が1月17日に発売された。レズビアンカップルが結婚式を挙げるには、どんな壁が立ちはだかっていたのだろう? [全文を読む]

「work with Pride」策定。日本初の企業のLGBTに関する取り組み評価指標「PRIDE指標」にてインフォテリアが「シルバー」を受賞!

PR TIMES / 2016年10月27日14時34分

<2016年2月に実施した「LGBT社内研修会」、講師は東小雪氏(トロワ・クルール)>[画像: http://prtimes.jp/i/10008/147/resize/d10008-147-268742-0.jpg ]また、2016年2月には全社員を対象に「LGBT社内研修会」を実施し、社員がLGBTに関する理解を深めています。また、全社的にいつでも相談 [全文を読む]

「性虐待」を伝えるということ 東 小雪×ヤマダカナン 対談(後編)

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月30日09時00分

同じく実父からの性虐待の記憶を持ち、パートナー・増原裕子さんとの共著『女どうしで子どもを産むことにしました』(すぎやま えみこ:漫画)を上梓したLGBTアクティビストの東小雪さん。日本では公に語ることがタブーとされる黒い影の記憶をさらけ出し、多くの女性たちの痛みを代弁してくれている2人が、あえて「書く」ことで見えてきたこととは? 全女性必読の特別対談をお届 [全文を読む]

どう「母の呪縛」から逃れるか?東 小雪×ヤマダカナン 対談(前編)

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月29日09時00分

同じく実父からの性虐待を受けて育ち、パートナー・増原裕子さんとの共著『女どうしで子どもを産むことにしました』(すぎやま えみこ:漫画)を上梓したLGBTアクティビストの東小雪さん。日本では公に語ることがタブーとされる黒い影の記憶をさらけ出し、多くの女性たちの痛みを代弁してくれている2人が、あえて「書く」ことで見えてきたこととは? 全女性必読の特別対談をお届 [全文を読む]

【LGBT事情】レズビアンカップルに訊く、ボーダレスな恋愛観とは?

ANGIE / 2016年04月11日23時30分

タレントの一ノ瀬文香さんと女優兼ダンサーの杉森茜さん、元宝塚の東小雪さんと会社経営の増原裕子さん、タレントで文筆家の牧村朝子さんとフランス人女性など……。LGBT(セクシャル・マイノリティー)の成婚カップルが増えています。 2015年11月には渋谷区と世田谷区で、結婚に相当する関係を公式に認める「同性パートナーシップ証明書」の制度がスタートするなど、国内で [全文を読む]

同性パートナーシップ証明書では、手術に同意できない その問題点と、東京都の対応

ウートピ / 2016年02月08日21時00分

開始当時は、元タカラジェンヌの東小雪さんが認定第1号となったことがメディアで大きく報じられた。証明書を発行するためには、「パートナーシップ合意契約」と「任意後見契約」を作成することが条件になる。この「任意後見契約」で、同性パートナーを指定した場合に、手術の同意までは委託されないことがわかった。どういった問題が生じるのか、東京都はどう対応したのか、ライターの [全文を読む]

同性パートナー証明取得者「婚姻届に性別欄なくなればいい」

NEWSポストセブン / 2015年11月12日11時00分

増原裕子さん(37才)と東小雪さん(30才)は、11月5日の朝、渋谷区が発行を始めた「パートナーシップ証明書」を手に、喜びを隠せない。「こんな日が来るなんて全く予想していなかったよね?」(増原さん)「うん!」(東さん) ふたりが出会ってから4年。確かにここまでの道のりは険しいものだった──。渋谷区が同性のカップルを対象に「結婚に相当する関係」と認める証明書 [全文を読む]

渋谷区「同性パートナー証明書」申請開始ーー最初の二人「お守りのように携帯したい」

弁護士ドットコムニュース / 2015年10月28日11時42分

2013年に結婚式を挙げ、同性カップルとして暮らしている東小雪さん(30)と増原裕子さん(37)の2人が、朝一番で渋谷区役所を訪れ、第1号の申請を行った。 東さんと増原さんの2人は手をつないで入庁。数分で申請を終え、庁舎から出てきたところで、多数のメディアに取り囲まれた。申請内容の確認などがあるため、実際に証明書が発行されるのは11月5日からとなる。2人は [全文を読む]

『マイナビウエディングサロン』業界初の「LGBTウエディングコンシェルジュ研修」を全店舗で実施、サービス向上へ

PR TIMES / 2015年10月28日11時24分

▼ 実際に同性同士の結婚式を挙げたレズビアンカップル・東小雪さんと増原裕子さんや、 LGBTの社員をお客様役として招き、ロールプレイングを実施しました。 [全文を読む]

LGBT活動家・東小雪が伝える、ニューヨークで出会った4つの新しい家族のカタチ

ウートピ / 2015年08月13日15時00分

LGBTアクティビストの東小雪です。2年前に東京ディズニーシーで、日本のディズニーとしては初となる同性結婚式を挙げて以来、「新しい家族のかたち」について発信を続けています。今回は、日本ではまだあまり知られていないレズビアンマザーとゲイファザーの家族について、ニューヨークで出会った4つの家族の例からお伝えしたいと思います。お会いしたのは以下の4家族。1.国際 [全文を読む]

「同性カップル宣誓書」を発行する世田谷区ーー「渋谷区よりも取得しやすい」と専門家

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月30日20時59分

性的少数者の問題に詳しい中川重徳弁護士と、LGBTアクティビストの東小雪さんに話を聞いた。●中川重徳弁護士「この流れは止まらない」「同性カップルに区が公的書類を出すことは、性的少数者が社会の一員として当たり前に生活していることや人間の性が本来多様なものであることを真正面から認めるもので、大きな意味があります。性的指向や性自認が違うというだけで、いろいろな生 [全文を読む]

渋谷区「同性パートナー条例」成立――性的少数者「証明書をすぐ取りに行きたい」

弁護士ドットコムニュース / 2015年03月31日20時15分

●証明書「いつも携帯したい」元タカラジェンヌの東小雪さん(30)=写真中央右=と、パートナーの増原裕子さん(37)=写真中央左=は、並んで記者たちの質問に答えた。女性同士カップルの2人は2013年、東京ディズニーリゾートで初めて「ウェディングドレス同士の結婚式」を挙げ、話題を呼んだ。条例化の動きを聞きつけて、4カ月前に渋谷区に転入してきた。2人は現在、一緒 [全文を読む]

フォーカス