西野真弘のニュース

【プロ野球】西野真弘、安達了一は盤石。残る一、三塁で激しい戦いが…。オリックスのレギュラー争い~内野手編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月26日17時05分

■師匠の背番号5を継承した西野真弘 入団3年目にして、師匠ともいえる先輩・平野恵一(現阪神コーチ)の背番号5を継承した西野真弘。昨季は全143試合に出場。打率.264、33打点、63得点の成績を残し、ガッチリと正二塁手の座をキープした。 西野の魅力は、小柄な体格ながらパンチの効いた打撃。リードオフマンとしてさらに貢献度を高めるなら、昨季.335だった出塁 [全文を読む]

【プロ野球】《二遊間の系譜》西野真弘、安達了一で時代を築け! 阪急、オリックスのキーストーンコンビ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月11日17時05分

オリックスの西野真弘の背番号が39から5に変更となることが発表された。以前、背番号5をつけていたのは、すでに引退した平野恵一(現阪神コーチ)だ。 平野が5の番号が入った愛用の遠征バッグを西野にプレゼントするなど、西野の入団当時から平野と西野の間には師弟関係が築かれていた。。今回、西野はバッグだけでなく、背番号も継承したことになる。 そこで、阪急、オリックス [全文を読む]

角中「61」→「3」、桜井「21」→「36」 オフに背番号を変更した選手は?

ベースボールキング / 2017年01月04日07時45分

その他、西武の浅村栄斗は長年熱望していた「3」をに手に入れ、、オリックスの西野真弘は憧れの平野恵一が着けていた「5」、川島慶三は前任者の金子圭輔に託され「4」に変更となる。 ◆ 今オフ背番号を変更した選手 【日本ハム】 斎藤佑樹「18」→「1」 岡 大海「31」→「18」 谷元圭介「48」→「22」 【ソフトバンク】 松田宣浩「5」→「3」 川島慶三「3 [全文を読む]

身長170センチ未満の現役プロ野球選手といえば…

ベースボールキング / 2016年12月20日10時00分

身長167センチの西野真弘(オリックス)は、プロ2年目の今季セカンドのレギュラーの座をモノにした。プロ1年目の昨季は骨折でシーズン途中に離脱したが、今季は開幕からレギュラーで出場し、全143試合に出場。来季からは憧れの平野恵一が背負っていた背番号「5」を付けることになった。 投手では、身長167センチの石川雅規(ヤクルト)がそうだ。石川はプロ1年目から5年 [全文を読む]

【プロ野球】《裏タイトル・野手編》今年の二塁打王、三塁打王は? 気になる「裏タイトル」獲得者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月13日17時05分

【三塁打王】 茂木栄五郎(楽天)/西野真弘(オリックス):7三塁打 藤田一也(楽天)/今宮健太(ソフトバンク)/松田宣浩(ソフトバンク)/角中勝也(ロッテ):5三塁打 三塁打部門ではルーキーの茂木栄五郎(楽天)と2年目の西野真弘(オリックス)が1位。フレッシュな走力を見せつけた。 【最多四球】 柳田悠岐(ソフトバンク):100四球 中村晃(ソフトバンク) [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■オリックス≪開幕オーダー≫ 1 指 吉田正尚 2 一 小谷野栄一 3 右 糸井嘉男 4 三 モレル 5 中 ボグセビック 6 遊 中島宏之 7 左 T‐岡田 8 捕 伊藤光 9 二 西野真弘 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 二 西野真弘 ○ 2 遊 安達了一 3 指 糸井嘉男 ◎ 4 左 T?岡田 ○ 5 右 ボグセビック ◎ 6 一 モレル ○ 7 三 大 [全文を読む]

日本ハム・上沢直之、1年8ヶ月ぶりの一軍登板は6回4失点で黒星「リズムを作れなかったのは反省」

サイクルスタイル / 2017年04月08日12時43分

三回にも西野真弘のタイムリー安打、ロメロの2ラン本塁打で3点を失った上沢。復帰登板は6回4失点(自責3)で負け投手になった。 「一軍のマウンドに立てて感じるものはありました」と上沢。だが投球内容については「6回まで投げられたことは良かったと思いますが、序盤に失点されたことで、攻撃のリズムを作れなかったのは反省点ですね」としている。 上沢のピッチングに日本 [全文を読む]

オリックス、ロメロが3戦連発で3連勝…金子千尋が今季初勝利

サイクルスタイル / 2017年04月08日01時57分

オリックスは1-0とリードして迎えた3回裏、走者三塁の好機を作ると、西野真弘内野手が適時打を放って2-0とする。さらに、走者二塁の場面でロメロが3試合連発となる特大の2点本塁打を放ち4-0とリードを広げた。 投げては、先発の金子千尋投手が6回2失点の好投を見せ、今季初勝利。対する日本ハムは近藤健介外野手の適時打で2点を返したものの、反撃はそこまでだった。 [全文を読む]

【プロ野球】若鷹が羽ばたき、若虎は猛虎へ!? 侍ジャパンを破った若鷹と若虎。ソフトバンクと阪神の未来は明るい

デイリーニュースオンライン / 2017年03月09日16時05分

西野真弘と安達了一の1・2番コンビが藤浪晋太郎(阪神)の立ち上がりを叩いて1得点。そこから売り出し中の吉田正尚が追加点を奪うタイムリーを放ち、理想的な形で初回から2点を挙げた。 調子が上がりきらない侍ジャパンとはいえ、若手野手中心のソフトバンクと阪神が勝ちきったのはたいしたもの。若鷹と若虎が元気なソフトバンクと阪神の未来は明るい! 文=森田真悟(もりた・し [全文を読む]

侍ジャパン、ラスト実戦は辛勝…代打・秋山が大仕事、2勝3敗で本番へ

ベースボールキング / 2017年03月05日22時00分

先頭の西野真弘に四球を与えると、盗塁で無死二塁とされた後、安達了一は犠打。転がった打球を投手の藤浪が処理するも、この一塁送球が二塁方向に逸れて後逸。この間に西野が生還し、ミスで先制点を献上してしまった。 なおも失策で出塁させた安達に盗塁を決められ再びピンチとなると、3番・吉田正尚に対しては内角の速球でバットを折るも、打球はショートの頭を越えてレフトの前にポ [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース