井上晴哉のニュース

球界に“せいや”旋風到来…?

ベースボールキング / 2017年02月14日11時30分

◆ アジャの名も“せいや” “アジャ”の愛称で親しまれる井上晴哉(ロッテ)は、レギュラー定着が期待される。昨季二軍では打率.342で首位打者に輝いたが、一軍では35試合に出場して、打率.232、2本塁打、16打点に終わった。 プロ4年目を迎える今季に向けて井上は「デスパイネがいなくなってチーム的には痛いと思う。だが個人的にはチャンス。やらないといけない時 [全文を読む]

【プロ野球】太るのも才能! 2016年のプロ野球には100キロ超が13名。日本人“体重”トップ5は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月10日17時05分

※体重は公称をもとにしています ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■【1位】井上晴哉(ロッテ):114キロ 内野手・180センチ114キロ 35試合:打率.232(99打数23安打)2本塁打/16打点/0盗塁 助っ人以外での最重量は「アジャ」ことロッテの井上晴哉。今季は開幕スタメンをつかみ、持ち前のパワーを見せつける年にな [全文を読む]

期待の星が勢揃い!ファーム年間表彰

ベースボールキング / 2016年11月28日13時20分

ロッテの井上晴哉は打率.342という好成績を残しながら、規定打席に45打席届かず。それでも、不足した45打席を足しても打率は.2877となり、規定到達でトップの中川大志(楽天/打率.2872)を上回るため、野球規則9.22(a)より首位打者として認定されている。 また、この日はリーグごとの優秀選手やスポンサー表彰もあわせて発表。今年のファームを彩った将来の [全文を読む]

【プロ野球】100キロ超えは当たり前!球界の重量番付2016

デイリーニュースオンライン / 2016年02月19日16時00分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■NPB史上最重量、アマダー堂々の来日 《2016年 パ・リーグ体重上位TOP10》 横綱:アマダー(楽天) 135キロ 193センチ 大関:メヒア(西武) 118キロ 198センチ 関脇:ミコライオ(楽天) 115キロ 205センチ 小結:井上晴哉(ロッテ) 114キロ 180センチ 前 [全文を読む]

日ハム・栗山監督、斎藤佑樹を評価「点を取ってあげれば勝てた」

ベースボールキング / 2017年04月06日18時35分

昨年7月28日の西武戦以来の先発となった斎藤は、2回と4回に井上晴哉にタイムリーを浴びたが、5回まではロッテ打線を2失点に抑えた。1点ビハインドの6回もマウンドにあがった斎藤だったが、先頭のパラデスに四球を与えたところで降板。 降板後、2番手の公文克彦が、斎藤が出した走者を還したため、この日は5回0/3を6安打、3失点。斎藤は敗戦投手となったため、568 [全文を読む]

ロッテ、ドラ1・佐々木千隼がプロ初登板初勝利…日本ハムに勝ち越し

サイクルスタイル / 2017年04月06日17時38分

ロッテは1-1で迎えた4回裏、昨シーズンは2軍で首位打者を獲得した井上晴哉内野手が適時打を放って勝ち越しに成功。6回裏には走者満塁の場面で、再び井上が適時二塁打を放ち4-1とリードを広げると、大嶺翔太内野手の犠飛も飛び出し5-1とした。 投げては、先発の佐々木が日本ハム打線を1失点に抑える好投。後を継いだリリーフ陣も無失点リレーを見せた。 ロッテは開幕か [全文を読む]

日ハム、開幕から2カード連続負け越し 前田幸長氏「心配していない」

ベースボールキング / 2017年04月06日17時30分

後を受けてマウンドにあがった公文克彦だったが、鈴木大地、ダフィー、井上晴哉の3連打で2点を失うと、一死後、大嶺翔太に犠飛を浴び、この回3点を許した。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める前田幸長氏は、日本ハムの敗因に「公文が簡単に打たれすぎて、追加点を生んでしまった。試合を決めた3点といってもいいかもしれませんね」と6回に3点を失った場面を挙げた [全文を読む]

チーム打率.183、6得点…我慢が続くロッテ

ベースボールキング / 2017年04月05日11時00分

また、期待の大砲4年目の井上晴哉は打率.286を記録しているが、4日の1点を先制してなお、二死満塁のチャンスで三振に倒れるなど、打点は0。チャンスで勝負強い打撃が期待されるだけに、やや物足りない印象だ。 打線全体をみても、4日の日本ハム戦では、毎回のように走者を出しながらもチャンスであと1本が出ず。7安打放ちながら1得点のみ。 伊東監督は4日の日本ハム戦 [全文を読む]

脳震盪の影響なし!ロッテ・細谷「とにかく打つだけ」

ベースボールキング / 2017年03月24日09時00分

昨季細谷が一軍で活躍していたときにチームメイトの井上晴哉は「僕が一軍にいるときも少し聞いたんですけど、ブレない軸を1つ作る事。バッティングの中の注意点として、ブレないことを1つ持っていて、年間通してやるとおっしゃっていた」と教えてくれた。 細谷も昨季ブレイクに繋がった要因に「(井上が話したブレない軸)それもありますし、毎日同じ考え方でいけるようにして、上 [全文を読む]

レギュラーに定着したシーズンのOP戦はどうだった?

ベースボールキング / 2017年03月18日10時00分

<2014年> OP戦:13試 率.213 本0 点1 シーズン:143試 率.324 本29 点89 一方で14年オープン戦首位打者の井上晴哉(ロッテ)、16年オープン戦首位打者の坂田遼(西武)などはオープン戦でアピールしたものの、レギュラー奪取とはならなかった例もある。レギュラーを奪うためには、必ずしもオープン戦で結果を残すことが重要になってくるとは [全文を読む]

フォーカス