平幹二朗のニュース

平幹二朗 狂気につかれた異形の人間を「好きな役」と演じる

5 / 2014年07月13日07時00分

端正な容姿とすらりとした姿で注目を浴びた俳優座でのデビューから半世紀以上の時を経て、俳優・平幹二朗は狂気にとりつかれた人間をよく演じる役者としても知られるようになった。異形の人間を演じることについて平が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 平幹二朗は1978年、蜷川幸雄演出の『王女 [全文を読む]

平幹二朗さん、噴き出す衝動も悲しみもクールに伝えた

4 / 2016年12月19日07時00分

今回は、10月22日に82歳で亡くなった故平幹二朗さんが、かつて本連載登場時に語った言葉からお届けする。 * * * 平幹二朗が亡くなった。今回は彼への追悼の想いを込めて、本連載登場時に遺していただいた「言葉」を振り返りたい。近年、舞台を観ていると感情を込め過ぎて役者の台詞が聞き取りにくいことが多い。だが、平の芝居は最後まで台詞が聞き取りやすく、その上で感 [全文を読む]

Hey! Say! JUMP山田涼介主演 月9「カインとアベル」平幹二朗さんの代役発表

4 / 2016年10月31日11時13分

平幹二朗・寺尾聰/モデルプレス=10月31日】Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「カインとアベル」(毎週月曜よる9時)に出演し、10月22日に亡くなった俳優の平幹二朗さん(享年82)の代役が決定した。平さんの代役をつとめるのは俳優の寺尾聰。寺尾が演じるのは、主人公の高田優(山田)とその兄・隆一(桐谷健太)の祖父。な [全文を読む]

平幹二朗さん 生前にささやかれた「あの噂」と結婚生活

4 / 2016年10月28日07時00分

和装の老人は、主人公・優(山田涼介)の祖父で、不動産会社会長の宗一郎を演じる平幹二朗(享年82)だ。これが名優の最後のセリフとなった。《10月23日、高田宗一郎役の平幹二朗さんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈りいたします》 放送の冒頭では、そうメッセージが映し出された。 平は広島市出身。父親とは1才になる前に死別し、母親は平が疎開中に被爆。高校 [全文を読む]

平幹二朗 「言葉をはっきり伝えるのが役者のやるべきこと」

4 / 2014年06月29日16時00分

俳優、平幹二朗が出演する舞台を観た人の多くは、彼が発する台詞がとても聞き取りやすいことに驚かされる。マシンガンを撃つように台詞を数珠つなぎに語り続ける現代劇が多い最近になって、言葉の伝え方について劇団四季を率いる浅利慶太から平が思い起こし、語った言葉とは。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載「役者は言葉でできている」からお届けする。 * * * 平 [全文を読む]

平幹二朗 主役から脇に回り全体を見て演じることが分かった

4 / 2014年06月22日07時00分

俳優座でデビューしてから半世紀以上の役者人生のなかで平幹二朗は長らく主役を務め続けてきた。ところが、最近では脇役を演じることが増え、そのことで初めて分かったことがあるという平が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載「役者は言葉でできている」から抜粋してお届けする。 * * * 1960年代初頭から半ばにかけて、平幹二朗は数多くの東映時代 [全文を読む]

故・平幹二朗さん、悠々自適の晩年だった「行きつけのイタリアンで、いつもワインを……」

3 / 2016年11月03日09時00分

演劇界を代表する俳優で、10月22日に死去した平幹二朗(享年82)。 「突然の訃報に、周囲もいまだ動揺を隠せません。あの年齢で、あれだけの演技をする人は、芸能界にもそうはいませんからね。キャスティングでいつもライバルとなる近藤正臣さんが74歳、石橋蓮司さんが75歳と、それでも7~8つ違っていましたから、貴重な存在でしたよ」(芸能事務所関係者) 1970年に [全文を読む]

この上なくうらやましい生涯!平幹二朗は孤独を謳歌したシニア世代の星だった

3 / 2016年10月28日09時59分

10月23日、俳優・平幹二朗の逝去が発表された。享年82。前日から連絡が取れなくなっていたことを心配した、息子で俳優の平岳大が自宅を訪れ浴槽で発見したという。「日本の誇る名優が、いわゆる“孤独死”をしたことにショックを受けた人も多いようですが、平さんが不幸だったとは思えません。気にかけてくれる家族がいて、仕事も順調だったわけですから。ドラマ『カインとアベル [全文を読む]

平幹二朗さん“月9”出演中も急死…自宅の浴室で発見される

3 / 2016年10月24日17時00分

紫綬褒章や旭日小綬章を受章した日本を代表する俳優の平幹二朗さんが23日の夜、東京・世田谷区の自宅で亡くなった。82歳だった。 平さんは現在放送中のフジテレビ系のドラマ『カインとアベル』で、主人公の祖父役として出演中だった。フジテレビは、代役は検討中としている。また、今月9日までは大阪で主演舞台『クレシダ』を行っており、演劇関係者によると公演中も、元気な様子 [全文を読む]

ドラマ「医龍4」、新キャスト発表 初の2世タッグが実現

3 / 2014年02月10日10時32分

◆初の2世ダッグ 6日に放送された第5話では、L&P病院へ検査にやってきた桜井修三(平幹二朗)を見て、意味深な笑顔を浮かべていた野口賢雄(岸部一徳)。13日放送の第6話では、接点がないように見えた桜井と野口の2人の意外な過去と関係が明らかになる。 劇中に登場する当時の回想シーンで大学時代の桜井修三を演じるのは平幹二朗の長男で俳優の平岳大。同じく大学時代の [全文を読む]

フォーカス