宮西尚生のニュース

【プロ野球】マネーゲームをしない球団の適正価格? 日本ハム・優勝時の年俸ランキングの推移を検証する!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■【最新年俸】2016-2017年の年俸ランキング上位選手 中田翔:2億8000万円 大谷翔平:2億7000万円 レアード:2億5000万円 増井浩俊:2億2000万円 メンドーサ:2億円 宮西尚生:2億円 田中賢介:2億円 日本一になった今季は、レアード、宮西尚生、田中賢介の3人が新たに [全文を読む]

【プロ野球】200本塁打、200盗塁、250ホールド、100セーブ。日本ハムで今年達成されそうな記録とは!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月28日16時05分

宮西尚生:250ホールド(あと18 ホールド) 昨季は39ホールド、2015年は25ホールド、2014年は41ホールドをマークした宮西尚生だから、あと18と迫った250ホールド達成は、ケガさえなければ時間の問題だろう。 なお600試合出場まではあと77 試合。ルーキーイヤーから9年連続で50試合登板を重ねる宮西だが、最多出場は2012年の66試合だから [全文を読む]

リリーバーの勲章『500試合登板』間近の選手たちに注目

ベースボールキング / 2017年02月21日17時00分

昨季は大逆転Vに大きく貢献した日本ハム・宮西尚生と、こちらもリーグ制覇を成し遂げた広島・永川勝浩の2名がこれを達成。この結果、現役選手で『500試合登板』をクリアしているのは以下の7名となった。 【現役・通算登板数ランキング】 1位 904試合 岩瀬仁紀(中日) 2位 708試合 五十嵐亮太(ソフトバンク) ※日本のみ 3位 624試合 山口鉄也(巨人) [全文を読む]

WBC代表選手が多い球団はどこ?

ベースボールキング / 2017年02月12日07時45分

日本ハムは右足首痛で大谷翔平が辞退したが、日本代表に昨季打点王の中田翔、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した宮西尚生など4名が選出。昨季本塁打王のレアード、日本シリーズで好投したメンドーサがメキシコ代表に入った。日本ハムは昨年日本一に輝いたこともあり、中心選手が多く代表に選出されている印象だ。 その他、楽天と巨人が5名、西武・ヤクルト・広島が3名、ロッテ [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:3人 宮西尚生(日本ハム)/松井裕樹(楽天)/岡田俊哉(中日) ■2013WBC:6人 能見篤史(阪神)/杉内俊哉(巨人)/森福允彦(ソフトバンク)/内海哲也(巨人)/大隣憲司(ソフトバンク)/山口鉄也(巨人) ■2009WBC:4人 内海哲也(巨人)/岩田稔(阪神)/山口鉄也(巨人)/杉内俊哉(ソフトバンク) ■2006WBC:4人 [全文を読む]

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

■パ・リーグは二刀流で大暴れした大谷翔平が受賞 【パ・リーグ/MVP投票獲得点数】 大谷翔平(日本ハム):1268点 レアード(日本ハム):298点 中田翔(日本ハム):190点 和田毅(ソ):100点 西川遥輝(日本ハム):44点 宮西尚生(日本ハム):41点 石川歩(ロ):31点 増井浩俊(日本ハム):28点 角中勝也(ロ):21点 内川聖一(ソ): [全文を読む]

【プロ野球】広島と日本ハムの勢いに乗るべき!? 独断で選ぶ「侍ジャパンの投手陣」はコレだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日16時05分

【先発候補】 武田翔太(ソフトバンク)、石川歩(ロッテ)、野村祐輔(広島)、菅野智之、田口麗斗(巨人)、石田健大(DeNA)、藤浪晋太郎(阪神) 《右腕:6人、左腕:2人》 【中継ぎ候補】 宮西尚生(日本ハム)、千賀滉大(ソフトバンク)、大瀬良大地(広島)、秋吉亮(ヤクルト)、岡田俊哉(中日) 《右腕:3人、左腕:2人》 【抑え候補】 増井浩俊(日本ハム [全文を読む]

【6月6日プロ野球全試合結果】巨人が球団ワーストに並ぶ11連敗、広島は貯金が今季最多13、ソフトバンク・柳田悠岐がサヨナラ打

サイクルスタイル / 2017年06月06日22時44分

敗れた日本ハムは2番手で登板した宮西尚生投手が3失点と誤算だった。■巨人が球団ワーストに並ぶ11連敗、42年ぶりの屈辱「この先どうやってファンを続けていけば…」巨人は6月6日、メットライフドームで西武と対戦。リードを守り切れずに5-8と痛恨の逆転負け。球団ワーストに並ぶ11連敗を喫した。今日も勝てなかった。実に42年ぶりの屈辱だ。巨人は3回表、1死二、三塁 [全文を読む]

【交流戦】広島・エルドレッドが決勝打、見事な逆転勝ちで貯金が今季最多の13

サイクルスタイル / 2017年06月06日21時37分

敗れた日本ハムは2番手で登板した宮西尚生投手が3失点と誤算だった。 [全文を読む]

日本ハム、連敗を10で止めた…中田翔、目覚めの今季第1号が決勝弾

サイクルスタイル / 2017年04月27日22時40分

しかし8回裏、2番手の宮西尚生投手が柳田悠岐外野手に2点本塁打を浴びて試合は振りだしに。 それでも日本ハムは延長10回表、1死一、二塁の場面で、中田が待望の今季第1号となる3点本塁打を放って5-2と勝ち越しに成功。ソフトバンクはその裏、今宮健太内野手の内野安打などで1点差までに詰め寄る粘りを見せるも、あと一歩及ばなかった。 投げては、先発の加藤貴之投手が7 [全文を読む]

フォーカス