松山竜平のニュース

広島・松山が一軍復帰!天谷が抹消…12日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月12日15時25分

◆ 左の切り札となるか... 広島は12日、松山竜平を一軍登録した。 松山は4月13日の巨人戦の9回、守護神・カミネロから代打同点本塁打を放つなど見せ場を作ったが、シーズン打率は.196となかなか状態が上がらず。5月2日に登録を抹消されていた。 また、松山に代わって天谷宗一郎が登録を抹消された。天谷もここまで打率.118(17-2)、0本、2打点と不調が続 [全文を読む]

【プロ野球】ストライク先行の重要性を明らかにした日本シリーズ。明暗を分けた場面には打者有利のカウントがあった!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月02日16時05分

松山竜平の大谷翔平撃ちはボール先行の「2-0」から 広島が5対1で勝利した第1戦を見てみよう。2回に広島が相手守備の連係ミスに乗じ、本盗で先制点を挙げた。この失点は大谷翔平が先頭打者に「2-0」とボール先行を招き、結局、フルカウントから四球で歩かせたことがきっかけとなった。 点差を2点に広げた4回の松山竜平のソロ弾も、「2-0」から大谷がストライクを取 [全文を読む]

交流戦好調の広島 里崎氏「バティスタが打ち続ける間は上位」

ベースボールキング / 2017年06月09日10時00分

パ・リーグ主催試合では、バティスタがレフトに入り、レフトを守ることの多いエルドレッド、松山竜平がDHに入っている。セ・リーグ主催試合となるオリックス、ソフトバンク戦で、どのように起用していくかがポイントになりそうだ。 ただ守備力に目をつぶってでも、現状のバティスタの打撃力は魅力的。里崎氏も交流戦、「バティスタが打ち続けている間は上位にいる」と話すほど。バテ [全文を読む]

野村弘樹氏、西武・十亀を評価「腹を括って腕を振りましたね」

ベースボールキング / 2017年06月01日22時15分

2回は一死後、エルドレッドを四球で歩かせると、松山竜平に2ランを浴び先制を許した。2回までの十亀の投球を見ると、広島ペースで試合を進んでいくかに思われた。 ズルズルいかなかったのが、この日の十亀だった。3回、2番菊池涼介から始まる打順を3人で打ち取ると、4回と5回も三者凡退に仕留め、尻上がりに調子をあげていった。打線も同点の5回に源田壮亮、浅村栄斗のタイム [全文を読む]

里崎氏が語る交流戦の指名打者

ベースボールキング / 2017年05月30日11時00分

広島もエルドレッド、新井貴浩のベテランに加え、松山竜平、西川龍馬など打撃が魅力的な選手が多い。彼らを投手の兼ね合いや、疲労などを考慮して上手く使い分けることができる。 これまでは、代打の1番手が指名打者で起用されるケースが多かった。今季は巨人や広島など指名打者を有効に使うことができる球団もある。セがパに勝ち越すためにも、指名打者の起用法が重要になっていき [全文を読む]

好調が続く広島打線

ベースボールキング / 2017年05月28日11時15分

またこの日は一塁にエルドレッド、左翼に松山竜平がスタメン出場したことで、昨季リーグMVPに輝いた新井貴浩はベンチスタートとなった。層が厚いことで、ベテラン選手に休養を与えることもできる。山崎氏は「休ませたくないなと思うんだけど、143試合のことを考えたら、ここで休ませようってなりますよね」と話した。 中心選手だけでなく、下位打線、控え選手も、結果を残し、 [全文を読む]

広島戦、1勝8敗の巨人 原因は6回以降の失点!?

ベースボールキング / 2017年05月27日10時00分

26日の試合でも、5回まで0-1とまずまずの試合運びをみせていたが、広島戦で失点が最も多い6回に先発・マイコラスが踏ん張り切れず、安部友裕、松山竜平にタイムリーを浴び3点を失った。 7回もマイコラスが続投したが、守備のミスからピンチを招き、鈴木誠也の犠飛で1失点。江本氏は「ゲームをしぶとく繋ぐためには、あそこは代えなきゃいけなかった」とマイコラスの続投に [全文を読む]

ヤクルト・近藤、思考の変化で復活

ベースボールキング / 2017年05月24日11時00分

先頭の松山竜平を空振り三振に仕留めると、続く石原慶幸を二ゴロ。代打のペーニャ、1番の田中広輔に連続ヒットを打たれたが、2番の菊池涼介を空振り三振に斬って取った。この日は2本のヒットを浴びながらも、1回を無失点に抑える好リリーフをみせた。 ◆ 崖っぷちからの覚醒 開幕から安定した投球をみせる近藤が、ブレイクしたのはオリックス時代の2008年。オリックスが2位 [全文を読む]

中日・伊藤準規が一軍へ!9年目で迎えたチャンスを生かせるか 2日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月02日15時07分

その他の公示は以下の通り ■北海道日本ハムファイターズ -登録- 26 浅間大基/外野手 ■埼玉西武ライオンズ -登録- 68 キャンデラリオ/投手 ■東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 16 森雄大/投手 39 下妻貴寛/捕手 ■広島東洋カープ -登録- 5 ペーニャ/内野手 =抹消= 44 松山竜平/外野手 ■東京ヤクルトスワローズ -登録- 5 [全文を読む]

DeNA・ラミレス監督、マウンドでパットンに伝えた内容とは…

ベースボールキング / 2017年04月30日17時45分

続く松山竜平を打ち取り一死としたが、新井貴浩、安部友裕に連打を打たれ、一死一、二塁のピンチを招いた。 ここでラミレス監督は、自らマウンドへ行き「球種を混ぜて投げようそうれば問題ない」とパットンに伝えたようだ。その後、田中広輔に押し出し四球を与えたが、最後は代打・堂林翔太を空振り三振に打ち取りなんとか逃げ切った。 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

WBC出場選手「どん底後遺症VSウハウハバブル」の天国と地獄(1)筒香嘉智はアメリカ戦が理由で絶不調?

アサ芸プラス / 2017年04月23日17時56分

球団関係者によれば、逆転負けで3タテを食らった4月13日の広島戦での9回、松山竜平(31)に浴びた同点アーチの配球を、元中日監督の谷繁元信氏に「配球ミスで負けた」とブッタ斬られる始末。前出・NPB関係者が苦笑する。「実はWBCのリードは全て、権藤博投手コーチ(78)に『こうしろ、ああしろ』と具体的に指示されたのをそのままやっていただけ。それを知る関係者の間 [全文を読む]

巨人に安定をもたらす新助っ人

ベースボールキング / 2017年04月22日11時00分

1点リードの9回にマウンドに登るも、先頭の代打・松山竜平に被弾。一瞬で同点とされてしまうと、被安打4で失点6の大炎上。アウト2つまでで無念の途中降板となった。 ショッキングな敗戦となったが、高橋由伸監督はチャンスを与えた。翌14日の中日戦で、同点の10回からカミネロをマウンドに送ったのだ。カミネロも指揮官の想いに応えるように、2回を無失点という好投を披露 [全文を読む]

野村弘樹氏、DeNA・井納に「工夫が必要」

ベースボールキング / 2017年04月21日10時00分

その裏、先頭の松山竜平、エルドレッドの連打で無死一、三塁のピンチを招くと、安部友裕にライト前タイムリーを浴び1点を返される。一死後、代打・小窪哲也にはバットを折りながらライト前に運ばれ、二者の生還を許し同点に追いつかれた。結局、井納はここで降板し、今季初勝利はお預けとなった。 野村氏は「自分のタイムリーで2点追加した後、3連打から始まっているわけですから、 [全文を読む]

山本昌氏が見た広島の強さ

ベースボールキング / 2017年04月14日10時00分

代打で登場した先頭の松山竜平が一発で同点に追いつくと、四球と失策などで無死二、三塁のチャンスを作り、丸佳浩が勝ち越しの2点タイムリー。さらに、安部友裕にもタイムリーが飛び出しリードを広げると、最後は石原慶幸の3ランでトドメを刺した。巨人の守護神を打ち崩し逆転勝利した広島は、これで連勝を10に伸ばした。 2位・阪神とのゲーム差も3.5と、早くも独走態勢の雰囲 [全文を読む]

山本昌氏、広島・松山の同点弾に「代打に懸けてきた男の一振り」

ベースボールキング / 2017年04月13日22時30分

● 巨人 5 - 11 広島 ○ <3回戦 東京ドーム> 広島の松山竜平が、今季初安打を値千金の同点本塁打で決めた。 今季は試合前まで8打数0安打と、チームが連勝の中、乗り遅れている印象があった松山。この日は、1点を追う9回無死走者なしの場面に代打で登場。先頭打者として、出塁したいこの場面に松山は、巨人の守護神・カミネロが投じた初球のストレートを振り抜いた [全文を読む]

山本昌氏、広島の10連勝に「99年の中日に匹敵する強さ」

ベースボールキング / 2017年04月13日21時45分

広島は1点を追う9回、先頭の代打・松山竜平が豪快な一発で同点に追いつくと、四球と失策などで無死二、三塁とチャンスを作り、丸佳浩が2点タイムリーを放ち勝ち越しに成功。1度火のついた打線は止まらない。安部友裕のタイムリー、石原慶幸の3ランで、この回だけで7点を挙げた。その裏、今村猛が巨人打線を3人に抑え勝利。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務めた山 [全文を読む]

江本氏、巨人・菅野の6回の投球に「先頭から2人出したらダメ」

ベースボールキング / 2017年04月11日22時44分

しかし、3点リードの6回、この回先頭の鈴木誠也にレフト前に運ばれると、続く松山竜平に1球もストライクが入らず四球。エルドレッドを空振り三振に仕留めるも、安部友裕の野選で1点を返される。なおもピンチに代打・新井貴浩を三飛に仕留め、二死に漕ぎつけた。 ここを抑えたい菅野だったが、代打・小窪哲也にライトへ2点タイムリー三塁打を浴び同点に追いつかれた。ピリッとしな [全文を読む]

【プロ野球】《2016年カープ通信簿・野手編》神っていた今シーズンの総まとめ。ライターが独断でつけた通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月30日17時05分

44 松山竜平 103試合:打率.291/10本塁打/41打点 通信簿:よくできました(4) 新井貴浩、エルドレッドなどの「代役4番打者」として大活躍。絶妙なバットコントロールと、長打力はチーム屈指。コミカルなキャラクターでも愛されている。来シーズンこそは代役ではなく真の4番打者を目指したい。 49 天谷宗一郎 55試合:打率.175/1本塁打/8打点 [全文を読む]

1991年のカープ 7.5ゲーム差を跳ね返したチーム内の合言葉

NEWSポストセブン / 2016年11月12日16時00分

今季、4番に左打ちの松山竜平と右打ちの新井貴浩を併用したように、25年前も右投手なら左の西田真二、左投手なら右のアレンと使い分けていた。前田智徳、正田耕三、野村謙二郎と1~3番に足のある好打者がいたのも同じ。 ただ、大砲不在で点が取れず、佐々岡真司、川口和久、北別府学の先発3本柱とストッパーの大野豊がフル回転してなんとか踏ん張っている状態だったから、今季の [全文を読む]

【プロ野球】「目の愛護デー」に振り返る、目のトラブルと戦い続けた名プレーヤー・井端弘和伝説

デイリーニュースオンライン / 2016年10月10日17時05分

今季、セ・リーグを制した広島の立役者のひとり・松山竜平は、春先から突然、度入りメガネを着用したことが話題となった。昨季より1割5分以上打率が上がったのも、視界が開けたこととは無関係ではないだろう。 松山のようにメガネを着用したり、レーシック手術を受けたりすることで視力が回復できるのであればいいが、目の病気に悩まされた野球選手も過去にいた。現・巨人の井端弘 [全文を読む]

フォーカス