増井浩俊のニュース

【プロ野球】200本塁打、200盗塁、250ホールド、100セーブ。日本ハムで今年達成されそうな記録とは!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月28日16時05分

増井浩俊:100セーブ(あと17 セーブ) 昨季はシーズン途中から先発に配置転換したため10セーブ止まりだったが、2015年には39セーブ、2014年には23セーブを挙げている。 あと17と迫る100セーブが達成されるかどうかは、増井浩俊の希望通りにクローザーのポジションに収まるかにかかっている。もしそうなれば記録達成は問題ないというか、むしろ軽く達成 [全文を読む]

【プロ野球】気が早すぎる来シーズンオフの展望。中田翔(日本ハム)、牧田和久(西武)らFA取得予定選手をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月21日17時05分

増井浩俊(日本ハム・32歳) 昨季の日本一に貢献した増井浩俊もFA権取得濃厚。昨季はルーキーイヤー以来の先発転向で復活したが、今季は再び守護神を希望している。起用法次第ではFA権行使もあり得る。年俸も2億2000万円とやや高額。中田と同様、フロントが“卒業”と言い出してもおかしくない。 同じく日本ハムでは谷元圭介(31歳)もFA権取得間近。年俸1億円到達 [全文を読む]

【プロ野球】広島と日本ハムの勢いに乗るべき!? 独断で選ぶ「侍ジャパンの投手陣」はコレだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日16時05分

【先発候補】 武田翔太(ソフトバンク)、石川歩(ロッテ)、野村祐輔(広島)、菅野智之、田口麗斗(巨人)、石田健大(DeNA)、藤浪晋太郎(阪神) 《右腕:6人、左腕:2人》 【中継ぎ候補】 宮西尚生(日本ハム)、千賀滉大(ソフトバンク)、大瀬良大地(広島)、秋吉亮(ヤクルト)、岡田俊哉(中日) 《右腕:3人、左腕:2人》 【抑え候補】 増井浩俊(日本ハム [全文を読む]

【プロ野球】尊敬する故・三原脩監督の領域!? 周囲があっと驚く栗山英樹監督(日本ハム)のサプライズ選手起用

デイリーニュースオンライン / 2016年11月08日16時05分

■近藤健介、増井浩俊~周囲もビックリなコンバート 周囲が驚いたコンバートといえば、2014年の近藤健介の捕手から三塁手へのコンバートだろう。結果的にこのコンバート自体は定着しなかったが、翌2015年に近藤がパ・リーグ3位の打率(.326)を残す布石となった。 投手の配置転換では、今シーズンの増井浩俊が印象深い。本来のクローザーの役割が果たせないと見るや、 [全文を読む]

【プロ野球】今年は何かが違う?波に乗れぬパ・リーグのクローザーたち

デイリーニュースオンライン / 2016年06月15日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■2015年シーズン終了時のクローザー成績 松井裕樹(楽天) 63試合3勝2敗33セーブ 防御率0.87 サファテ(ソフトバンク) 65試合5勝1敗41セーブ 防御率1.11 増井浩俊(日本ハム) 56試合0勝1敗39セーブ 防御率1.50 西野勇士(ロッテ) 54試合1勝2敗34セーブ [全文を読む]

元プロ野球選手が徹底解説…プレミア12韓国戦が「救援・牧田なら勝っていた」ワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年11月26日08時30分

続く増井浩俊が李大浩に逆転タイムリーを浴びてしまった。 相手打者を幻惑させる「下から上」のアンダースロー 勝負事に「たられば」は禁物であるが、それを承知で、元プロ野球選手にこの試合のターニングポイントを振り返ってもらった。 「継投ミスで負けたのは間違いないんだけど、問題は9回に連打された直後なんだ」 この日の大谷は先発メンバー8人から11三振の〝快投〟。「 [全文を読む]

手薄な日ハム先発陣に里崎氏「6枚揃えないと…」

ベースボールキング / 2017年05月25日10時00分

【主な日本ハムの先発投手】 <規定投球回到達者> 加藤 貴之 8試 3勝3敗 防3.13 メンドーサ 8試 2勝2敗 防3.32 有原 航平 8試 3勝4敗 防5.82 <規定投球回未満> 高梨 裕稔 9試 2勝4敗 防3.98 浦野 博司 3試 3勝0敗 防0.53 昨季10年ぶりに日本一に輝いた日本ハムの先発陣といえば、有原航平が11勝、大谷翔平、増 [全文を読む]

プロ野球「5月の月間MVP」候補選手発表!

ベースボールキング / 2017年05月22日16時00分

◆ パ・リーグ候補選手【投手】▼ 浦野博司(日)防0.53 3試(17回) 3勝0敗 奪三振17▼ 美馬 学(楽)防1.23 3試(22回) 1勝1敗 奪三振15▼ 菊池雄星(西)防1.29 3試(21回) 2勝1敗 奪三振22▼ 金子千尋(オ)防1.96 3試(23回) 1勝1敗 奪三振12 ☆完投1▼ バンデンハーク(ソ)防2.00 3試(18回) 3 [全文を読む]

想像を絶する名将・日ハム栗山監督の真実…選手にひたすら「尽くす」卓越した手法

Business Journal / 2017年04月05日06時00分

栗山監督といえば、大谷の「1番・投手」での二刀流起用や、守護神である増井浩俊投手のシーズン途中からの先発転向など、これまでのプロ野球の常識を覆す大胆な起用法を繰り出す名将といったイメージが強い。しかしそれ以上に着目すべきは、新しいリーダーシップのあり方だ。栗山監督のリーダーシップは、プロ野球の世界にとどまらず、成果責任を厳しく問われるようになってきたビジ [全文を読む]

小久保・侍ジャパン「空中分解」寸前の無気力ベンチ裏!(1)「何をやっても叩かれます」

アサ芸プラス / 2017年03月12日09時56分

そして則本昂大(26)、松井裕樹(21)、増井浩俊(32)という継投が結果的に失敗し、日本中から猛烈なバッシングを浴びたことはまだ記憶に新しい。ネット上での小久保叩きは、いまだ完全には沈静化しておらず、根強い反発の声が実は本人に深い悩みを与えているという。その点を踏まえながらも、球界OBは半ばあきれ口調でこう打ち明ける。「あのプレミア12以来、小久保は親し [全文を読む]

2大会ぶりの優勝奪回なるか!?『がんばれ侍ジャパン! WBC 2017観戦ガイド』発売

PR TIMES / 2017年03月02日10時22分

[画像1: https://prtimes.jp/i/11710/395/resize/d11710-395-800238-0.jpg ]<目次>侍ジャパンが世界の強敵に挑む!侍ジャパン戦力分析28人の侍~世界一奪回に挑む侍ジャパンメンバーを紹介中田翔/坂本勇人/山田哲人/筒香嘉智/内川聖/菅野智之/青木宣親/松井裕樹/秋吉亮/則本昂大/宮西尚生/藤浪晋太 [全文を読む]

『野球つく!!』に侍ジャパン選手が登場!プラチナ会員特典拡大で球団公式ユニフォームの使用も可能に!

PR TIMES / 2017年02月10日19時14分

[画像1: https://prtimes.jp/i/5397/1690/resize/d5397-1690-542938-0.jpg ]■大人気イベント「激闘ジャパン」に侍ジャパン選手が登場!恒例の「激闘ジャパン」イベントに侍ジャパンが登場!今回のイベントでは、ランキング上位入賞で「菊池涼介」選手、「増井浩俊」選手が、12 球団との対戦を重ねると「田口麗 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC 代表選手・監督・コーチ ■投手 大谷翔平(22=日本ハム)右投左打 増井浩俊(32=日本ハム)右投右打 宮西尚生(31=日本ハム)左投左打 菅野智之(27=巨人)右投右打 秋吉亮(27=ヤクルト)右投右打 牧田和久(32=西武)右投右打 則本昂大(26=楽天)右投左打 松井裕樹(21=楽天)左投左打 千賀滉大(23=ソフトバンク)右投左 [全文を読む]

【プロ野球】巨人の「真顔の大型補強」に物申す! 8打者で231発。思い出したい2004年の史上最強打線!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日16時05分

今大会の抑え候補として名が挙がるのは平野佳寿(オリックス)、松井裕樹(楽天)、増井浩俊(日本ハム)、そして秋吉亮(ヤクルト)だろう。 しかし、いずれも絶対的な守護神というわけではなく、現段階では、抑えの起用法は流動的になることが予想される 秋吉は昨年11月に行われた強化試合で3回を投げ無失点に抑えた。奪三振3、与四球0と安定した投球を見せてくれた。オフの自 [全文を読む]

【プロ野球】崖っぷちから羽ばたけ! ファンが“それでも期待する”西田哲朗(楽天)の今シーズン

デイリーニュースオンライン / 2017年01月25日16時05分

西勇輝(オリックス)から中越えの二塁打を2本放ち、増井浩俊(日本ハム))の151キロを打ち返して左中間フェンス直撃の二塁打にするなど、目覚ましい槍働きを見せた。しかしこの後、伸び悩んでしまう。 ■キャリア暗転を招いた2015年の骨折 順調な成長を見せた西田にとって痛すぎたのは、2015年のケガ。久米島キャンプで左足甲を骨折してしまうのだった。このケガで出遅 [全文を読む]

【プロ野球】いよいよWBCの激闘が迫る! 侍ジャパン・日本ハムからの招集メンバーを徹底検証!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月17日16時05分

※公式発表された日本代表選手は1月12日現在 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本ハムから選出された代表選手の成績 ■増井浩俊 【2016年シーズン成績】 30試合:10勝3敗/10セーブ/1ホールド/防御率2.44 【日本代表成績】 4試合:0勝0敗/防御率6.75 (2015年 プレミア12での成績) 昨季は抑えか [全文を読む]

WBC日本代表メンバー発表も盛り上がらないのは小久保監督の不人気のせい?

アサ芸プラス / 2016年12月28日09時58分

同大会でも松井裕樹や澤村拓一、山崎康晃、増井浩俊と4球団の守護神を集めるも中継ぎ専門の投手の招集はかけず。結果、クローザーで7~9回を繋ぐというプランも失敗に終わった。先月行われたメキシコとオランダとの強化試合でも4試合で3勝1敗で表面上は及第点ですが、内容は4試合で計29失点。投手陣は壊滅です。それだけに、さらに投手采配面が心配。監督を変えなければ誰が出 [全文を読む]

【プロ野球】マネーゲームをしない球団の適正価格? 日本ハム・優勝時の年俸ランキングの推移を検証する!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月20日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■【最新年俸】2016-2017年の年俸ランキング上位選手 中田翔:2億8000万円 大谷翔平:2億7000万円 レアード:2億5000万円 増井浩俊:2億2000万円 メンドーサ:2億円 宮西尚生:2億円 田中賢介:2億円 日本一になった今季は、レアード、宮西尚生、田中賢介の3人が新たに [全文を読む]

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

■パ・リーグは二刀流で大暴れした大谷翔平が受賞 【パ・リーグ/MVP投票獲得点数】 大谷翔平(日本ハム):1268点 レアード(日本ハム):298点 中田翔(日本ハム):190点 和田毅(ソ):100点 西川遥輝(日本ハム):44点 宮西尚生(日本ハム):41点 石川歩(ロ):31点 増井浩俊(日本ハム):28点 角中勝也(ロ):21点 内川聖一(ソ): [全文を読む]

新生・侍ジャパンの深刻な弱点は「リリーフ陣」と「正捕手」

週プレNEWS / 2016年11月09日15時00分

その結果、準決勝の韓国戦で則本がつかまり、続く松井裕樹(楽天)、増井浩俊(日本ハム)も流れを止めることができなかった。 リリーフ陣が確立されていれば、逆算して投手継投ができ、戦い方が安定する。強化試合で注目したい中継ぎ投手は、日本ハムの宮西尚生。変化球でストライクが取れる貴重な左腕に期待がかかる一方で、最終回を任せられる絶対的な守護神は見当たらない。 今回 [全文を読む]

フォーカス