今村猛のニュース

田中が菊池、鈴木に続きWBCメンバー入り 広島から過去最多の3名選出

ベースボールキング / 2017年01月28日18時22分

3連覇を逃した2013年の第3回大会では、前田健太と今村猛がメンバー入り。前田は準決勝のプエルトリコ戦で負け投手になったが、先発3試合で防御率0.60、18奪三振をマークし大会ベストナインに選出。今村は2試合の登板で3失点と力を発揮できなかったが、大舞台で貴重な経験を積んだ。 同一チームからの3名選出は、昨シーズン日本一を争った日本ハムの5名に次ぐ2番目 [全文を読む]

【プロ野球】広島と日本ハムの勢いに乗るべき!? 独断で選ぶ「侍ジャパンの投手陣」はコレだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日16時05分

また谷本と同じく強化試合には選出されていないが、広島のブルペンを支えた今村猛は、2013年のWBCメンバーに選出されながらプレミア12には不調で出場できなかった。期するものがあるはずだ。 今村は日本シリーズでは6連投しながらも最終戦でホールドを挙げるなど、タフネスさは健在。歴代の侍ジャパンは、負けると「中継ぎの専門家が少ない」と決まりごとのように言われる [全文を読む]

斎藤佑樹、菊池雄星…甲子園の歴史に名を刻む「“春のセンバツ”モンスター選手誕生の瞬間」

日刊大衆 / 2016年04月25日08時30分

今村猛(清峰)VS菊池雄星(花巻東)2009年センバツ甲子園決勝は予想通り投手戦に! クールVSガッツ、勝ったのは……!? 右と左、静と動。すべてが対照的なエースが、決勝の舞台で火花を散らした。静の清峰・今村猛(現広島)の投球スタイルは、高校生離れしていた。「ピンチになるまで力を入れないんです。ランナーが出て初めて140キロ超を投げる。非常にクレバーで [全文を読む]

「2020年の侍ジャパン」東京五輪野球代表をガチで考える

ベースボールキング / 2017年02月20日11時00分

山本ジャパンに90年代生まれ選手は今村猛(広島)の1人のみだったのが、4年後の小久保ジャパンはなんと28名中11名が90年代生まれの選手だ。 今思えば、現在の代表チームで主力投手として期待の懸かる菅野智之(巨人)、則本昂大(楽天)、藤浪晋太郎(阪神)、そして右足首の故障で出場辞退となった大谷翔平(日本ハム)らがプロのキャリアをスタートさせたのが、前回WBC [全文を読む]

広島の左のリリーフ候補は誰がいる?

ベースボールキング / 2017年02月17日09時00分

今村猛もジャクソンと同じチーム最多の67試合に登板した。 ヘーゲンズ、今村、ジャクソン、中崎が勝ち試合のリリーフとして奮闘したが、振り返ると全員が右投手。左のリリーフで30試合以上登板した投手は、12球団で唯一誰もいなかった。右のリリーフのみで優勝したことで、左のリリーフがいなくても勝てると思われるが、ワンポイント、ロングなど役割はあり、左がいないよりかは [全文を読む]

【プロ野球】いざ出陣! 侍ジャパンのカープ戦士・鈴木誠也、菊池涼介はWBCでも「神れる」のか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月27日17時05分

■WBC第1回大会(2006年) 黒田博樹 左手人差し指の負傷により出場辞退 新井貴浩 2試合:打率.333(3打数1安打)/0本塁打/0打点 ■WBC第2回大会(2009年) 石原慶幸 1試合:打率.000(0打数0安打)/0本塁打/0打点 栗原健太 2試合:打率.000(3打数0安打)/0本塁打/0打点 ※村田修一の負傷により準決勝から追加招集 ■W [全文を読む]

侍ジャパン06年組たったひとりの生き残り、35歳青木宣親に求められるもの

ベースボールキング / 2017年01月25日13時27分

前回大会(2013年)の90年代生まれは今村猛(広島)1人のみだっただけに、この4年間で日本球界が一気に世代交代したことがよく分かる。 ちなみに日本代表が初優勝を飾った2006年大会は途中離脱した2名も含め32名中22名が70年代生まれの選手である。里崎智也、谷繁元信、岩村明憲、小笠原道大、松中信彦、宮本慎也、和田一浩、多村仁、金城龍彦・・・多くの選手がす [全文を読む]

【侍ジャパン】過去3大会のリリーフ陣はどんなメンバーだった?

ベースボールキング / 2017年01月19日05時45分

【第2回】(投手13人) 馬原孝浩(ソフトバンク) 藤川球児(阪神) 山口鉄也(巨人) ◆ リリーフ陣が苦戦した第3回 大会3連覇を目指した第3回は、前年30セーブをあげた涌井秀章、第2回大会で世界一に貢献した山口、左のスペシャリストの森福允彦、前年69試合に登板した今村猛が選出された。 今村は大会球に苦しみ、山口は中国戦、オランダ戦で失点、森福は大会中 [全文を読む]

中継ぎ投手の奪三振率ランキングに見る “真の奪三振王”

ベースボールキング / 2017年01月06日11時00分

【セ・リーグ】30試合以上救援登板した投手の奪三振率ベストテン順位 選手(所属)1位 11.72 ジャクソン(広島)2位 11.03 マシソン(巨人)3位 11.01 藤川球児(阪神)4位 10.63 今村猛(広島)5位 9.66 小川龍也(中日)6位 9.53 ドリス(阪神)7位 9.52 山﨑康晃(DeNA)8位 9.37 ザガースキー(DeNA)9位 [全文を読む]

不振で結果を残せず 復活が期待される選手は?

ベースボールキング / 2016年12月25日18時00分

昨季打撃不振に苦しんだ内川聖一(ソフトバンク)、糸井嘉男(オリックス)、投手ではここ2年思うような結果を残せなかった野村祐輔(広島)、今村猛(広島)などが復活した。今季不振で結果を残せず、来季、復活に期待がかかる選手がいる。 鳥谷敬(阪神)がその一人。鳥谷は今季も全143試合に出場したが、打率.236、7本塁打、36打点と打率と打点はレギュラー定着後、自己 [全文を読む]

フォーカス