野村祐輔のニュース

【侍ジャパン】タイトルを獲得も代表落ちしたケースは?

ベースボールキング / 2017年01月25日05時00分

角中勝也(ロッテ)は首位打者と最多安打、野村祐輔(広島)と和田毅(ソフトバンク)は最多勝と勝率第1位の二冠に輝いたが、侍ジャパンには選出されず。その他、盗塁王の金子侑司(西武)、糸井嘉男(阪神)、最多セーブの沢村拓一(巨人)の名前が呼ばれなかった。 【第4回大会】 首位打者:角中勝也 最多安打:角中勝也 盗塁王:金子侑司、糸井嘉男 最高出塁率:柳田悠岐 [全文を読む]

【プロ野球】復活を遂げた広島・野村祐輔の今までとこれから

デイリーニュースオンライン / 2016年06月19日16時05分

2012年、ルーキーイヤーに新人王に輝き、未来の広島カープのエース候補として期待された野村祐輔。しかし、ここ2年は不本意なシーズンが続いている。昨シーズンに至ってはプロワーストの成績を残してしまい、存在感も薄くなりつつあったほど。 そんな野村だが、今年はかつての輝きを見せている。6月16日、対西武戦で6回を無失点に抑え、勝ち投手となった。これでハーラー単独 [全文を読む]

田尾氏がみた今季初先発の広島・薮田和樹

ベースボールキング / 2017年05月30日22時05分

この日は、火曜日に登板する野村祐輔が故障で離脱したこともあり、先発のチャンスが巡ってきた。 今季初先発となった薮田は、毎回のように走者を背負うも、粘り強いピッチングでスコアボードに0を並べていく。1点リードの6回は二死後、栗山巧、メヒアに連打を浴び、二、三塁のピンチを招いたが、木村文紀を力強いストレートで右飛に打ち取り、無失点で切り抜けた。ピンチを凌いだ薮 [全文を読む]

広島・野村を抹消、10年目左腕・佐藤が昇格 24日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年05月24日15時12分

広島は24日、野村祐輔の出場選手登録を抹消し、佐藤祥万を登録した。 野村は23日のヤクルト戦に先発するも、3回2失点で降板した。今季はここまで8試合に登板し、3勝1敗、防御率2.16という成績になっている。 代わって昇格したのは、10年目左腕・佐藤祥万。移籍1年目の昨季は、2試合に登板し、防御率7.71。今季はウエスタン・リーグで15試合に登板して1勝0敗 [全文を読む]

【5月16日プロ野球全試合結果】阪神3連勝で貯金11、ロッテが早くも自力V消滅、ソフトバンク・千賀滉大にまさかのアクシデント

サイクルスタイル / 2017年05月16日23時02分

■広島、打線爆発でDeNAに大勝…野村祐輔が7回1失点広島は5月16日、尾道でDeNAと対戦。先発の野村祐輔が好投し打線が爆発、10-1で大勝した。広島は0-1と1点ビハインドで迎えた5回裏、無死満塁の好機を作ると、石原慶幸捕手が犠飛を放って同点とする。続く満塁の場面で田中広輔内野手が適時打を放ち勝ち越しに成功。さらに菊池涼介内野手にも適時打が飛び出すなど [全文を読む]

5月のチーム防御率6.27と苦しむ広島投手陣

ベースボールキング / 2017年05月13日11時00分

【広島先発陣の月別成績】 九里亜蓮 3・4月:5試 2勝2敗 防4.97 5月:1試 0勝1敗 防8.44 岡田明丈 3・4月:5試 3勝1敗 防2.55 5月:1試 0勝0敗 防11.12 加藤拓也 3・4月:4試 1勝3敗 防4.13 5月:1試 0勝0敗 防2.08 大瀬良大地 3・4月:4試 1勝0敗 防1.67 5月:2試 0勝0敗 防10.4 [全文を読む]

【5月2日プロ野球全試合結果】巨人・菅野智之が3試合連続完封、ソフトバンク、甲斐拓也の満塁弾など一発攻勢で西武に大勝

サイクルスタイル / 2017年05月03日01時41分

■広島、集中打で中日に快勝…野村祐輔が7回2失点の好投広島は5月2日、マツダスタジアムで中日と対戦。先発の野村祐輔が7回2失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、5-2で勝利した。広島は0-1と1点ビハインドで迎えた5回裏、2死三塁の好機を作ると、鈴木誠也外野手が適時打を放ち同点とする。続く走者一、三塁の場面で、新井貴浩内野手が適時打を放って勝ち越しに成功。 [全文を読む]

広島、集中打で中日に快勝…野村祐輔が7回2失点の好投

サイクルスタイル / 2017年05月03日00時48分

先発の野村祐輔が7回2失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、5-2で勝利した。 広島は0-1と1点ビハインドで迎えた5回裏、2死三塁の好機を作ると、鈴木誠也外野手が適時打を放ち同点とする。続く走者一、三塁の場面で、新井貴浩内野手が適時打を放って勝ち越しに成功。さらに続く好機で、安部友裕内野手らも適時打で続き、5-1とリードを広げた。 投げては、野村が安定し [全文を読む]

【4月25日プロ野球全試合結果】楽天・松井裕樹が史上16人目の三者連続三球三振、巨人・菅野智之が2試合連続完封

サイクルスタイル / 2017年04月26日00時00分

■巨人、菅野智之が2試合連続の完封…広島は好投の野村祐輔を援護できず巨人は4月25日、マツダスタジアムで広島と対戦。先発の菅野智之投手が2試合連続となる完封勝利を挙げ、1-0で広島を下した。巨人は4回表、マギー内野手が今季第3号となるソロ本塁打を放ち1点を先制。その後は、広島・先発の野村祐輔投手の好投の前に打線が得点を奪えずも、菅野が9回を投げて7奪三振無 [全文を読む]

鯉の快進撃を支える『大卒投手王国』

ベースボールキング / 2017年04月17日13時30分

先発陣の勝利の内訳を見てみると、九里亜蓮と岡田明丈が2勝で引っ張り、野村祐輔とルーキーの加藤拓也、床田寛樹が1勝ずつの計7勝。そんな彼らにはある“共通点”がある。全員が大卒でプロの世界へと入ってきた投手たちということだ。◆ 今年も救世主現る...? 思えば昨年、開幕前の広島が指摘されていたのが“マエケンロス”――。エース・前田健太のメジャー移籍に伴い、苦 [全文を読む]

7連勝に導いた鯉の若き先発陣が黒田の穴を埋める

ベースボールキング / 2017年04月11日11時00分

【直近7試合における広島先発陣の成績】 4月2日 阪神 九里亜蓮 6回 自責1 4月4日 中日 野村祐輔 7回 自責1 4月5日 中日 床田寛樹 6回1/3 自責3 4月6日 中日 大瀬良大地 6回 自責0 4月7日 ヤクルト 加藤拓也 8回1/3 自責1 4月8日 ヤクルト 岡田明丈 8回1/3 自責1 4月9日 ヤクルト 九里亜蓮 7回 自責2 ◆ [全文を読む]

テレ東・紺野あさ美アナ 結婚報道にブチ切れ!スポーツ紙に猛抗議したワケ

アサ芸プラス / 2017年02月19日17時57分

徹底した極秘交際の理由を、本人は、「2股っぽく見られるのはもうこりごりなんだ」 と周囲に語っていたというが、意味するのは13年12月に広島・野村祐輔(27)との交際報道時の一件だ。「紺野は、14年3月に体調不良で3カ月自宅療養していました。野村とは会えなかったが、『三嶋クン』と慕う大学時代の交際相手、DeNA・三嶋一輝(26)と連絡を取るようになったのです [全文を読む]

野村、石田、森福らが予備登録投手 WBC公式Twitterがロースターを発表

ベースボールキング / 2017年02月09日10時46分

WBCの公式アカウントには、昨年11月に行われた強化試合で侍ジャパンに選出された石田健大(DeNA)、野村祐輔(広島)、大瀬良大地(広島)、山崎康晃(DeNA)の他、第3回大会の日本代表に選出された森福允彦、昨季最多セーブのタイトルを獲得した沢村拓一(巨人)、15年の最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した増田達至(西武)、昨季10勝を挙げた岩貞祐太(阪神) [全文を読む]

大谷が代表辞退へ 先発の代替候補は誰がいる?

ベースボールキング / 2017年02月03日16時00分

強化試合で侍ジャパンに選出されるも、WBCの日本代表に選ばれなかった先発投手をみると、石田健大(DeNA)、野村祐輔(広島)、武田翔太(ソフトバンク)、田口麗斗(巨人)がいる。 【強化試合での投球成績】 武田翔太(ソフトバンク) 1試 0勝0敗 4回 責1 防2.25 野村祐輔(広島) 1試 1勝0敗 4回 責3 防6.75 石田健大(DeNA) 1試 [全文を読む]

【プロ野球】《2016年カープ通信簿・投手編》神っていた今シーズンの総まとめ。ライターが独断でつけた通信簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月23日17時05分

※通信簿は「大変よくできました」(5)、「よくできました」(4)、「まぁまぁです」(3)、「もう少し」(2)、「頑張りましょう」(1)の5段階評価、選手は背番号順に掲載、選手名の前の数字は背番号 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■優勝を置き土産に引退した黒田博樹、エースへと成長した野村祐輔 11 福井優也 13試合:5勝 [全文を読む]

カープ女子必見! 広島カープ勝利のキーマン野村祐輔ストレートインタビュー

Spark GINGER / 2016年12月22日12時00分

その快進撃の中、緒方監督が放った「神ってる」というワードは流行語大賞を取り、シーズン終了後の今なおその盛り上がりはアツい! 今年、街中を華やかな赤のコスチュームで染めた「カープ女子」の人気を集めているひとりが野村祐輔選手。16勝3敗で最多勝をとり、日本シリーズでも快投を見せたキーマンにその「勝利」への感覚をインタビューしました。タフネスに生き抜く男のストレ [全文を読む]

【プロ野球】広島と日本ハムの勢いに乗るべき!? 独断で選ぶ「侍ジャパンの投手陣」はコレだ!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月10日16時05分

【先発候補】 武田翔太(ソフトバンク)、石川歩(ロッテ)、野村祐輔(広島)、菅野智之、田口麗斗(巨人)、石田健大(DeNA)、藤浪晋太郎(阪神) 《右腕:6人、左腕:2人》 【中継ぎ候補】 宮西尚生(日本ハム)、千賀滉大(ソフトバンク)、大瀬良大地(広島)、秋吉亮(ヤクルト)、岡田俊哉(中日) 《右腕:3人、左腕:2人》 【抑え候補】 増井浩俊(日本ハム [全文を読む]

【プロ野球】25年ぶりリーグ優勝のトピックスは? 広島・劇的優勝の歓喜をもっと噛み締めよう!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月15日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■野村祐輔が先発の柱に成長 今季の広島の前評判は高いものではなかった。その要因がチームを支えてきたエース・前田健太のドジャースへの移籍だった。前田の抜けた穴は埋まるのか……。そんな広島ファンの不安を覆したのは野村祐輔の活躍だった。 昨年はわずか5勝と悔しい結果に終わった野村。だが今季は、3 [全文を読む]

夏の甲子園・我が心の決勝戦(8)広島の新エース野村祐輔を襲った悪夢のドンデン返し

アサ芸プラス / 2016年08月22日09時58分

このチームからはその後、エースの野村祐輔、ショート上本崇司、サード土生翔平の3人が広島カープに、キャッチャー小林誠司が巨人に入団。それだけでもいかにエリート集団だったかがわかる。一方の佐賀北は雑草軍団。力の差は明白だった。 その見立てどおり、2回表に広陵が早々と2点を先制。さらに3回以降も毎回のように得点機に走者を進め、試合を優位に展開する。7回表には、こ [全文を読む]

【プロ野球】昨季の不振から一転…今シーズン復活した男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年06月18日16時05分

リードオフマンかポイントゲッターか、岡島の適性はいかに!? <2015年成績> 41試合/打率.168/1本/13打点/7盗塁 <6月14日現在成績> 53試合/打率.312/1本/18打点/7盗塁 ■マエケンの穴を埋める! ”野村祐輔” ここ2年、規定投球回にも達せず負け越しが続き、「新人王はフロックだったのか?」などの声が挙がっていた野村祐輔(広島)が [全文を読む]

フォーカス