野口英世のニュース

「千円札で思い浮かぶ人物は誰?」その答えで年齢がバレます!

Woman Insight / 2016年09月29日07時00分

皆さんは誰を思い浮かべますか……?(画像は壱萬円札ですが……) 20代は「野口英世」が53.9%と最も高く、30代以上では「夏目漱石」を選ぶ人が最も多い結果となりました。また、50代以上は、4人に1人が「伊藤博文」と回答する結果となりました。 ■千円札で思い浮かぶ人物(上位3位) 全体(n=1080) 1位:夏目漱石(41.6%)、2位:野口英世(35. [全文を読む]

学問は一種のギャンブルである。~野口英世【科学者の智慧 vol.10】

FUTURUS / 2016年08月22日10時00分

■ 典型的な立志伝中の人 野口英世……1876~1928。福島県出身の細菌学者。ロックフェラー医学研究所などで細菌学の研究に従事し、梅毒や黄熱病などの研究で数々の論文を発表。ノーベル生理学・医学賞に3度もノミネートされたが、黄熱病の研究中に51歳で死去。 野口英世といえば、日本の偉人伝の代表格だ。 いわく、「幼い頃いろりで大やけどをして左手が不自由になった [全文を読む]

偉人版しくじり先生!? 野口英世が語る、3度もノミネートされながらノーベル賞を受賞できなかった理由

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月01日06時30分

偉人も人の子? 野口英世の意外なダメっぷりに唖然 数々の偉人の授業の中でも衝撃的なのは野口英世の話だった。野口英世は、自分がノーベル賞に3度もノミネートされながら受賞できなかった理由を、お金にルーズで、情けをかけてくれた人の気持ちを裏切り続けてきたためだと語っていた。留学のために援助してもらったお金を、留学前に飲み代として使ってしまったり、援助を引き出すた [全文を読む]

取材NGがついに解禁!史上初の夢の対談が実現。『いつかお会いしたいと思ってました。』福沢諭吉・樋口一葉・野口英世スペシャルインタビュー

PR TIMES / 2017年04月01日15時38分

』 長年謎のベールに包まれていた福沢諭吉・樋口一葉・野口英世の禁断のトーク、本邦初公開です。◼タイトル『いつかお会いしたいと思ってました。』(福沢諭吉・樋口一葉・野口英世)◼URLhttps://stage.st/talent/1808[画像1: https://prtimes.jp/i/15329/10/resize/d15329-10-895384-0 [全文を読む]

努力の人・野口英世は遊郭入り浸り 留学費用で放蕩三昧

NEWSポストセブン / 2017年03月23日16時00分

偉人の伝記にも数多く登場する野口英世は福島県の貧しい家庭に生まれ、左手に障害を持ちながらも医学を志し、伝染病の研究に生涯を捧げた。「努力だ、勉強だ、それが天才だ」という言葉が有名。2004年より千円札の肖像になっているが、作家・星亮一氏は「まさかの素顔」を明らかにする。 * * * 野口英世といえば、子供の頃、左手に大火傷を負いながら苦境に負けず、細菌学の [全文を読む]

明治村とSCRAPがタッグを組んで贈る完全オリジナルストーリーのリアル脱出ゲーム、2コース同時開催!

@Press / 2016年08月17日14時15分

秘密を抱えた帝國ホテル宿泊者である、野口英世と樋口一葉の事件を解決することが目的となります。今作は、野口英世編と樋口一葉編の2つのコースに分かれ、どちらからでもお楽しみいただけます。さらに2つのコースを両方解決した方だけが挑むことができる、第3の事件もご用意しております。どうぞご期待ください。■博物館明治村×リアル脱出ゲーム「帝國ホテル支配人の華麗なる推理 [全文を読む]

「人寸陰(すんいん)を惜しまば、吾また分陰(ふんいん)を惜しまん」(野口英世)【漱石と明治人のことば93】

サライ.jp / 2017年04月03日06時00分

【今日のことば】 「人(ひと)寸陰(すんいん)を惜しまば、吾また分陰(ふんいん)を惜しまん」 --野口英世 野口英世は明治9年(1878)、福島の猪苗代湖畔の村に生まれた。なにごとによらず、精魂のつづく限り徹底的に遂行せねば気の済まない質であった。医学者として、1日の睡眠時間を3時間に削って勉学や研究に励んだ。ナポレオンにできることなら、自分にもできると [全文を読む]

新作「Bitte」は8粒1000円 野口英世も納得して旅立つ高級感

しらべぇ / 2016年09月30日17時30分

いくらなんでもさすがに高すぎやしないか......?■野口英世も心置きなく財布を旅立つということで、早速その商品を実食。この記事が配信された翌日10月1日の発売なので、世間よりも一足先の実食である。ウェブライターなんて仕事は基本的に貧乏で土日も関係ない悲しい商いだが、こういう瞬間だけは優越感を感じられるというものだ。商品名は「Bitte TOKYO FUS [全文を読む]

サッポロ生ビール黒ラベル「ふくしまのおもてなし」中びん発売 ~名産「桃」や地元出身「野口英世」などゆかりのあるイラストで、福島県の観光を応援!~

PR TIMES / 2016年01月12日13時27分

ラベルデザインは、名産「桃」や地元出身「野口英世」など福島県にゆかりのあるイラストをあしらいました。 昨年、ふくしまデスティネーションキャンペーンにあわせて発売した「ふくしまDC ふくしまのおもてなし」中びんの好評を受け、再発売することで福島県の観光を応援し、観光客の皆様に福島の魅力を知っていただくきっかけとなるよう、話題を喚起していきます。 当社は、福島 [全文を読む]

「小説の主脳は人情なり、世態風俗これに次ぐ」(坪内逍遥)【漱石と明治人のことば94】

サライ.jp / 2017年04月04日06時00分

野口英世が、たまたまこの本手にしたのだ。そのまま読み進めていくと、野々口清作という医学生が登場し、将来を嘱望される秀才だったのに、ふとしたきっかけから手のつけられぬ遊蕩児となって破綻していくさまが描かれていた。 野口はこれを読んで衝撃を受けた。 両親が彼に与えた名は清作(野口清作)で、彼と物語中の人物は、名前も行動も酷似していた。まるで自分のことをモデルに [全文を読む]

フォーカス