俵屋宗達のニュース

あす10/10から4週連続で琳派シリーズを放送!テレビ東京「美の巨人たち」

PR TIMES / 2015年10月09日13時27分

礎を築いた本阿弥光悦、俵屋宗達、その流れを受け継ぐ尾形光琳、酒井抱一の作品を取り上げ、琳派の名品の数々を紹介しながら、類稀なる美の系譜をたどります。時代の最先端を走った琳派という、型破りな一大流派は、どのようにして始まり、どんな作品を残したのか?どうぞご期待ください!【放送ラインナップ】第1弾/10月10日放送 本阿弥光悦 国宝『舟橋蒔絵硯箱』[画像1: [全文を読む]

俵屋宗達風神雷神が喋る動画に!日本画・浮世絵・歴史人物・画像も動画も編集後電子納品

DreamNews / 2016年10月28日16時00分

■本社〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-4-21TEL:03-5273-2741 FAX:03-5273-2563http://www.meibis.com/ [全文を読む]

寺宝と庭に酔いしれる禅寺!5分で知る建仁寺の見どころ

Walkerplus / 2016年09月08日16時05分

京都五山の一つにも数えられる京都屈指の寺院は、俵屋宗達の風神雷神図屏風をはじめ、建仁寺方丈障壁画、108畳分にも及ぶ双龍図など、美術界にも大きな影響を与えた寺宝を数多く所有することでも有名。境内には加藤熊吉が作庭した四方から眺められる潮音庭など方丈庭園をはじめ、4つの日本庭園が点在し、それぞれ時間を忘れるほど美しい。 ■ 文化財 <風神雷神図屏風(国宝)> [全文を読む]

“琳派”誕生400年「美の巨人たち」4週連続特別企画

Smartザテレビジョン / 2015年10月09日18時10分

10月17日(土)放送のシリーズ第2週では、書の達人・本阿弥光悦と、天才絵師・俵屋宗達のコラボレーション作品の重要文化財「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」を紹介。宗達の類まれなる才能を見いだした光悦は、決してでしゃばらない宗達の下絵に多くの書をしたためてきた。しかし、この作品では、主張する鶴の下絵の迫力に負けじと、琳派第一人者ならではの技量とセンスで立ち向かう宗達 [全文を読む]

コロコロ仔犬の一筆箋など、琳派400年を記念した「和樂」の特別付録“和ごころ”セットが豪華すぎ!

Woman Insight / 2015年07月11日16時50分

そんな『和樂』最新号の特別付録セットも、またまた話題に! 今回は、琳派(りんぱ)400年を記念して、俵屋宗達(たわらやそうたつ)さん、酒井抱一(さかいほういつ)さん、鈴木其一(すずききいつ)さん、神坂雪佳(かみさかせっか)さんという、琳派の絵師たちの作品を、一筆箋、懐紙、ポチ袋、クリアフォルダー(※次号の付録)に仕立てた、“和ごころ”4点セットという豪華版 [全文を読む]

日本文化を伝える雑誌『和樂』編集長が語る「○○こそサイコーのエンターテインメント!」

Woman Insight / 2014年12月29日21時00分

橋本 まず「琳派」とは、江戸時代初期に、本阿弥光悦と俵屋宗達によって創始された、大胆な構図や華やかな金地の画面など、美術にさほど詳しくない方が観ても、思わず「すごい!」と感じるパワーに満ちた美術の様式です。俵屋宗達『風神雷神図屏風』などが有名ですね。2015年はその「琳派」創成から400年、さらに琳派の代表的作家である尾形光琳の没後300年という節目を迎 [全文を読む]

閉門後の薬師寺境内を貸切!村治佳織クラシックギターコンサートin世界遺産・薬師寺

PR TIMES / 2017年06月09日19時57分

■「村治佳織クラシックギターコンサートin世界遺産・薬師寺」(ツアー一例) <神社仏閣めぐりの旅> 『村治佳織クラシックギターコンサートin世界遺産薬師寺と案内付きで見学する京を彩る重要文化財 2日間』 出 発 日 : 2017年9月22日(金) 旅行代金: おひとり89,800円(一泊二日) 行 程: 〔1日目〕首都圏出発→新幹線で京都へ →興福寺(「 [全文を読む]

京都らしさのすべてがある。五感で古都に触れられる花見小路の旅

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日01時44分

そして現在は京都国立博物館に寄託されてしまいましたが、俵屋宗達が描いた「風神雷神図屏風」のレプリカを見ることが出来ます。 ● 「琳派 風神雷神図屏風」(メルマガ「おもしろい京都案内」第8号) 建仁寺ホームページ アクセス 電車京阪電車「祇園四条駅」徒歩7分阪急電車「河原町駅」徒歩10分 バスJR京都駅より 市バス 206系統・100系統・市バス「東山安井」 [全文を読む]

春めく古都をぶらりと散策。京都通が案内する八坂通りの歩き方

まぐまぐニュース! / 2017年03月04日08時00分

実際に拝観出来るものとしては、俵屋宗達筆の「風神雷神図屏風」や小泉淳作筆の双龍図など数多くの寺宝があります。また、大雄園(だいゆうえん)をはじめとする3つの庭園も見事です。境内もかなり広いので、ゆったりと落ち着いた雰囲気を満喫することが出来るでしょう。 六道珍皇寺 六道珍皇寺は小野篁(たかむら)の冥界伝説が残る寺院です。小野篁は平安時代の貴族で、昼は内裏 [全文を読む]

書家、中島瞻風 初の個展開催 【本邦初?! 風神雷神図を書で表現!】

DreamNews / 2016年10月27日09時00分

出品作品(1)「風神雷神」 以前より俵屋宗達や尾形光琳の「風神雷神屏風絵」に惹かれて、いつかこの絵を書で表現したいと思っていました。そのうえ無謀にも左側の「雷神」は右脳を全開にして初めて左手を使い一心不乱に書ききりました。 「風神」は嵐の如くに吹き荒れる風を表し落ちてゆく稲妻を表現しました。 両手を用いた作品は、これも本邦初かと思います。「雷神」は天から閃 [全文を読む]

国宝・重要文化財クラスの名画の魅力と絵師の生きざまをイラストで解説! 『絵とき日本美術 イラストでおぼえる日本の絵師・名画たち』発売

PR TIMES / 2016年09月09日10時44分

〈本書の内容〉 ■絵巻物・日本画 源氏物語絵巻/鳥獣人物戯画/築島物語絵巻/狩野正信/狩野永徳/俵屋宗達/尾形光琳/伊藤若冲/曾我蕭白/円山応挙/長沢芦雪/酒井抱一/鈴木其一/狩野一信/中村芳中/横山大観/上村松園/鏑木清方/小村雪岱/竹久夢二/高畠華宵 ■水墨画・禅画 雪舟/長谷川等伯/本阿弥光悦/白隠慧鶴/与謝蕪村/仙厓義梵/河鍋暁斎 ■浮世絵・版画 [全文を読む]

琳派×初音ミク―全長3mの金屏風、都内に降臨

インターネットコム / 2016年05月24日16時05分

17世紀、江戸時代に俵屋宗達・本阿弥光悦らによって始まった大和絵と呼ばれる日本画復興の流れが、画家の尾形光琳によって広く伝わり、光琳の「琳」をとって琳派と呼ぶようになった。 19世紀には万国博覧会を通じて、「印象派」の画家をはじめとした西洋絵画の流れにも大きな影響を与え、さらに21世紀の現代美術にも波及している。 なお今回の展覧会は、従来の展覧会にはなかっ [全文を読む]

累計来場者数270万人突破のモンスターイベントに「カイゲンの風神さん」が登場!!

PR TIMES / 2015年12月25日19時44分

◇会場:京セラドーム大阪(大阪市西区千代崎3丁目中2-1) ◇料金:入場券700円(税込)(飲食代別途) 食券・電子マネー利用可能 ※食券は1枚700円(税込) ■「カイゲンの風神さん」とは [画像: http://prtimes.jp/i/11431/25/resize/d11431-25-190063-1.jpg ] 俵屋宗達の「風神雷神図屏風」の風 [全文を読む]

400年の美。なぜ狩野派だけが、天下人の心を捉えたか?

まぐまぐニュース! / 2015年12月20日19時00分

京都国立博物館でも琳派展が開催され俵屋宗達、尾形乾山、酒井抱一の「風神雷神図屏風」が一堂に集まり展示されました。琳派や朝廷の絵所預(えどころあずかり)として活躍した土佐派など、日本美術史には京都を起源に持つ画派はいくつもあります。 しかし、室町時代末期から江戸時代の終わりまで、400年という長きに渡って画壇に君臨し続けた絵師集団は狩野派だけです。今回は世 [全文を読む]

清水寺に「スター・ウォーズ」を表現した風神雷神降臨

Walkerplus / 2015年12月01日17時39分

2015年は、本阿弥光悦と俵屋宗達が創始し、尾形光琳・乾山兄弟によって発展した、装飾的作風を特色とする芸術様式「琳派」が誕生して400年にあたる年でもあることから、今回のコラボが実現。現代琳派の継承者である“ニッポン画家”の山本太郎さんが、琳派の代表的作品「風神雷神図屏風」へのオマージュとして「スター・ウォーズ」の世界観を表現した「『スター・ウォーズ/フ [全文を読む]

「スター・ウォーズ」史上初の試み、“集大成”が清水寺でお披露目

モデルプレス / 2015年11月30日12時05分

今年は、江戸時代に現れた装飾的な作風を特色とする、俵屋宗達、尾形光琳といった芸術家の一群をゆるやかにつなぐ“琳派”が400年を迎える年。新たなる3部作公開と琳派400年を記念して、レイとカイロ・レンが屏風に描かれたが「スター・ウォーズ」がこのような形で描かれるのは世界でも初めて。 「スター・ウォーズ」のファンだという山田府知事は、「現在、京都は琳派400 [全文を読む]

三菱商事、米国スミソニアン博物館 フリーア美術館・サックラー美術館への支援

JCN Newswire / 2015年11月24日16時09分

両美術館はその内の2館であり、俵屋宗達の「松島図屏風」・「雲龍図屏風」や葛飾北斎の「雷神図」等の国宝級の作品をはじめ、約4万点の日本を中心とした東洋関連の美術品を収蔵し、日本文化・芸術発信の中心となっています。当社の寄付は、常設展、2017年春に開催予定の企画展「歌麿展」の他、両美術館と日本の美術館との結びつきを深めるための日英バイリンガルのコーディネータ [全文を読む]

『ぼくらが琳派を継いでいく』展 第2弾が11月20日よりスタート

NeoL / 2015年11月19日01時17分

江戸時代初期、本阿弥光悦や俵屋宗達の作品を源流とし、尾形光琳・乾山、酒井抱一、鈴木其一らへと受け継がれ、発展した美意識の流れ、琳派。 「もし琳派の画家や若冲が今の時代を生き、海外に渡っていたらどのような表現をしただろうか」というコンセプトに基づいて、琳派美術館の異名を持つ、京都細見美術館の館長、細見良行氏監修の下、琳派のエッセンスを受け継ぐ表現を現代的な [全文を読む]

「平沼有梨 RIMPA CANTATA! feat.古澤巌~耳で観る音琳派~」 東京公演 12月22日(火)開催!

PR TIMES / 2015年11月18日18時26分

光悦、俵屋宗達から、尾形光琳、酒井抱一、神坂雪佳らへと継承されてきた琳派。 この琳派発祥の地、光悦芸術村は、京都生まれの平沼有梨が幼い頃から慣れ親しんできた場所。いつも当たり前に身の回りにあった「琳派」を、この記念の年に改めて意識する切っ掛けとなり、そこから感じたものを音で表現してみたいと思ったという。 奔放で大胆、独創的な技法は、日本のみならず広くヨー [全文を読む]

くすりの町 大阪道修町の「神農祭」に「カイゲンの風神さん」が参加

PR TIMES / 2015年11月18日11時58分

カイゲンの風神さん [画像1: http://prtimes.jp/i/11431/23/resize/d11431-23-926666-1.jpg ] 俵屋宗達の「風神雷神図屏風」の風神をキャラクター化したカイゲンファーマのマスコットキャラクターです。1982年にTVCMに「かぜひいてまんねん」のセリフで登場させたのが始まりで、現在も着ぐるみの姿でテレ [全文を読む]

フォーカス