鎌田實のニュース

なぜ人はラクに生きられないのか

プレジデントオンライン / 2017年02月11日11時15分

これまで医療のあり方、生き方について数々の書著を書いてきた諏訪中央病院院長の鎌田實さんが、初めて自分の人生にフォーカスをした本、『遊行を生きる ~悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉』(清流出版)を書きました。自分の生い立ちや、人知れず持っていた孤独な思いなどを突き破り、新しいステージ入った鎌田さんですが、その進化の根底には、あるひとつの言葉があったの [全文を読む]

鎌田實医師 橋田壽賀子氏との対談から考えた安楽死

NEWSポストセブン / 2017年04月14日07時00分

議論も活発になってきているが、その火付け役ともなった脚本家の橋田壽賀子さんと、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が対談をした。橋田さんとの対談で改めて、鎌田医師が日本での安楽死とその現状について考えた。 * * * 91歳の脚本家、橋田壽賀子さんの安楽死宣言が波紋を呼んでいる。「文藝春秋」(2016年12月号)に掲載されたエッセイ「私は安楽死で逝きたい」で、 [全文を読む]

鎌田實医師 「遊行」を意識しもっと自由に大胆に生きる

NEWSポストセブン / 2017年02月10日07時00分

いつもにこやかで、行動力もあり、生き生きとしている鎌田實医師だが、生きる難しさに直面しているという。1月に著書『遊行を生きる』を上梓した鎌田医師が、もっと自由に、大胆に生きる年齢の重ね方を提案する。 * * * 人生はおもしろいはずなのに、生きるのは難しい。どうしたら生きるのが楽しくなるのかいつも考えている。 ぼくはいま68歳。壁にぶつかっている。傍から見 [全文を読む]

鎌田實、久々のエッセイ集発売。『遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉』(鎌田實著)が本日発売(取次搬入)です。

DreamNews / 2017年01月20日09時00分

清流出版株式会社は、1月20日に鎌田實著『遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉』を発売します。 古代インドの思想、人生を四つの時期に分ける「四住期」の一つ、「遊行期」の「遊行」をキーワードに、人生の悩みやしがらみからの解放を、著者自身の経験や古今東西の偉人の言葉、生き方から考えます。 ベストセラー連発の作家・医師、鎌田實の久々にして渾身の [全文を読む]

さだまさしが被災地支援基金を立ち上げたきっかけ

NEWSポストセブン / 2016年12月01日07時00分

さだは早速、友人である医師の鎌田實氏とともに、今夏、台風10号など3つの台風に襲われ、堤防が決壊した空知川(そらちがわ)の河川敷を見て歩く。さだ自身が主題歌を手がけた、倉本聰の名ドラマ『北の国から』(1981年~/フジテレビ系)の第1回で、田中邦衛演じる五郎が初めて口を開いた言葉が、「空知川だ」。この台詞から、物語は始まった。「あの空知川が氾濫したと聞い [全文を読む]

「研修医」になった鎌田實医師 不幸のなかにも必ず幸せある

NEWSポストセブン / 2016年07月20日16時00分

68歳にして訪問診療の「研修医」となった鎌田實医師(諏訪中央病院名誉院長)は、研修で充実した日々を過ごしながら、バルザックの言葉を思い出し、残りの医師人生について思いをはせる。 * * * バルザックの言葉を思い出した。 ぼくは、末期がんや深刻な病の患者さんをたくさん診てきた。どんなに絶望的な状況でも、患者さんに希望をもってもらいたいと思ってきた。どんな不 [全文を読む]

アクティブシニアが驚きのアクションを披露! オムツの歴史が変わる 自由を、はこう。『アテント スポーツパンツ』新テレビCM完成 3月22日(火)より全国でオンエア開始

PR TIMES / 2016年03月18日14時48分

ラストは、アテントのイメージキャラクターである鎌田實先生と戸田恵子さんも加わり、アクティブシニアたちと全員集合のもと「自由を、はこう。」というキーメッセージで締めくくります。 全編を通し、明るくリズミカルな音楽、ファッショナブルでスタイリッシュなトーンをとことん追求した、シニアカテゴリーでは斬新なCMです。■CMストーリー DJがターンテーブルを回す映像と [全文を読む]

ご存知ですか?「11月11日」は「介護の日」

PR TIMES / 2015年11月10日11時35分

)諏訪中央病院名誉院長・医師であり、がんばらない介護生活を考える会委員代表である鎌田實先生をはじめ、介護のエキスパートからの示唆に富むご意見を伺うことができる場として例年ご来場者様からも好評を博しています。アテントは、この「介護の日」セミナーの他にも様々な取り組みを通じて「がんばらない介護生活」を実現するお手伝いをしています。1. セミナー・講演会アテント [全文を読む]

魂を呼び戻す沖縄の風習「マブイグミ」を鎌田實医師が語る

NEWSポストセブン / 2015年10月26日16時00分

長野県の諏訪中央病院名誉院長・鎌田實医師が、講演で訪れた沖縄県で出会った「マブイグミ」という風習に出会ったときのことをつづる。 * * * 9月、沖縄へ講演に行った。沖縄は、長野県が平均寿命日本一になる前、長らく長寿県を誇っていた。なぜ長寿だったのか、そして、なぜ長寿日本一から転落したのかを知ることはとても意味がある。 もともと沖縄は昆布を中心にしたダシ文 [全文を読む]

鎌田實医師 人生に意味や答えはないと思うに至った映画とは

NEWSポストセブン / 2015年09月18日07時00分

長野県の諏訪中央病院名誉院長・鎌田實医師は映画が大好きで、高校時代は年間150本も鑑賞。シナリオを自己流に書いて、映画監督になるか、医者になるか、迷った時期もあったという。鎌田氏は「あの青春時代、映画の中に、どう生きるべきか、答えを探していたように思う」と振り返り、「あれから約50年、ぼくはまた人生に迷い、映画館通いを始めた」という。今年の夏は、「ジュラシ [全文を読む]

鎌田實先生のイラク難民支援ルポ――憎しみの連鎖を断つ支援とは?

WEB女性自身 / 2015年05月22日06時00分

今こそ、憎しみに対して憎悪で報復するような連鎖を、止めなければいけないのです」 こう語るのは長野県・諏訪中央病院名誉院長の鎌田實先生(66)。 04年から、イラクを中心に医療支援を続けている先生に、混沌とするイラク情勢を伝えてもらった。 「アルビル郊外には、『イスラム国』の脅威により、イラク国内やシリアから逃げてきた4万5千人の避難民が暮らしています。そこ [全文を読む]

ケアネット、特別番組をライブ配信 イスラム国の攻撃に苦しむ地域で医療活動を行うベストセラー作家医師、鎌田實先生がゲスト「聴診器でテロと戦う!鎌田實が語る『イスラム国』」4月30日(木)19時00分より無料配信

@Press / 2015年04月28日13時00分

株式会社ケアネット(URL: http://www.carenet.co.jp 、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野元泰、以下「ケアネット」)は、医療界で活躍する多彩なキーパーソンをスタジオにお招きして、番組ホストが様々な角度から「生」で斬り込むインターネットライブ番組「CareNeTV LiVE!」(URL: http://live.carene [全文を読む]

鎌田實氏が「言葉」にこだわり選んだドイツ暗号解析描く映画

NEWSポストセブン / 2015年04月22日16時00分

暗い映画館の中で、慌ただしい日常から解放され、心も無にしてボーっと映像の世界に身を浸すと、リフレッシュされると長野県の諏訪中央病院名誉院長でベストセラー『がんばらない』で知られる鎌田實医師はいう。いま映画館で見られる映画の中から、『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』を鎌田氏が紹介する。 * * * 一時期は斜陽産業と呼ばれた映画がこのとこ [全文を読む]

「僕は聴診器でテロとたたかう」10年間イラクで医療支援してきた鎌田實医師が訴えるイスラムの真実

週プレNEWS / 2015年03月29日06時00分

そんな中、「僕は聴診器でテロとたたかう」と、徹底した非軍事・人道支援を訴えるのが2004年からイラクで医療支援活動を行なう鎌田實(かまた・みのる)医師だ。10年間、何度も現地を行き来してきた鎌田氏が最新作『「イスラム国」よ』で訴えるアラブ世界の現実、そして対イスラム国で私たちができることとは――? ―10年前、イラクで医療活動を始めたきっかけはイラク戦争 [全文を読む]

イラク医療支援する鎌田實氏 「僕は聴診器でテロと闘いたい」

NEWSポストセブン / 2015年03月26日07時00分

ベラルーシやイラクなどへ長年にわたり医療支援を続けている、ベストセラー『がんばらない』著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏が、自分なりのテロとの闘い方について述べる。 * * * これまでも何度となく書いてきたが、僕が代表を務めているJIM-NETは、イラク北部の町・アルビルに拠点を置いて、戦争で傷ついたり、白血病に苦しむ子どもたちを助ける活動を続けてきた [全文を読む]

“オバマケア”の悲劇が日本に飛び火…医療費破産or死がすぐそこにある 【前編】

週プレNEWS / 2015年01月31日06時00分

はたしてアメリカで何が起こっているのか? 日本の医療はどうなるのか? 『沈みゆく大国アメリカ』でオバマケアの欠陥を浮き彫りにしたジャーナリストの堤未果氏と、医師・作家の鎌田實氏に問題点を語ってもらった。 ■皆保険制度導入で医療負担が逆に増大 国民の6人に1人が医療保険に入らず、高額な医療費負担が自己破産原因の6割を占めるといわれるアメリカ。毎年、4万50 [全文を読む]

医師・作家、鎌田實(みのる)先生「医療と介護」を語る

PR TIMES / 2015年01月29日10時49分

2月号の巻頭インタビューに登場するのは医師で作家の鎌田實さん。 [画像: http://prtimes.jp/i/9232/11/resize/d9232-11-682911-0.jpg ] 日本初のデイケア、24時間体制の訪問看護、緩和ケア病棟など「医療と介護」に取り組まれた鎌田實さんに その思いと現在の活動について語っていただきました。 新春総力特集 [全文を読む]

イラク訪問鎌田實医師 イスラム国に家族奪われた人々と会う

NEWSポストセブン / 2015年01月27日07時00分

ベストセラー『がんばらない』著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏は、JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)の代表も務めており、薬を送る支援のほか、直接、医療支援にイラクをたびたび訪れてきた。2014年暮れから正月にかけて約10日間、イラクの難民キャンプを訪れたときに出会った、イスラム過激派組織「イスラム国」によって家族を奪われ、難民キャンプで暮ら [全文を読む]

世界最高齢日本人女性 長寿の秘訣は「たくさん食べること」

NEWSポストセブン / 2014年10月24日07時00分

ベストセラー『がんばらない』著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏が、長寿の秘訣について紹介する。 * * * 最近見たなかで感動的だった映画のひとつは『100歳の華麗なる冒険』だ。おもしろくて、元気が出て、生き方を考えさせられるハッピーな内容だ。世界40か国で翻訳され、800万部の大ベストセラーにもなっている。人口900万人のスウェーデンで100万部を売り [全文を読む]

『がんばらない』著者・鎌田實「○でもなく、×でもなく、△に生きろ!」

週プレNEWS / 2013年10月28日12時00分

ベストセラー『がんばらない』や『いいかげんがいい』(ともに集英社文庫)の著者で、『news every.』(日本テレビ系)のコメンテーターとしても活躍している医師の鎌田實(かまた・みのる)センセイが、今度は“△に生きろ!”という不思議な本を出版した。 △の意味とはなんなのか? ○という勝ち組になれなかったアラサー男子は、どのように△に生きればいいのか? と [全文を読む]

フォーカス