川端康成のニュース

川端康成『雪国』の冒頭は「こっきょう」か、「くにざかい」か

まぐまぐニュース! / 2016年08月03日20時00分

川端康成の有名な小説『雪国』の冒頭には「国境」という言葉が出てきます。この漢字には読みが2種類ありますが、『雪国』に関してはどちらが正解なのか、いまだにわかっていないといいます。このような読みが2つある熟語は意外と多く、それぞれがまったく違うイメージになるものも。無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、そんな日本語の奥深さを紹介しています。 読み方が [全文を読む]

川端康成「眠れる美女」原作の現代オペラ 長塚京三・原田美枝子を起用し、日本初上演!

@Press / 2016年04月28日16時30分

▼『眠れる美女 ~House of the Sleeping Beauties~』詳細http://www.t-bunka.jp/sponsership/spo_161210_11.html【川端康成原作「眠れる美女」をヨーロッパでオペラ化】この作品は、川端康成による中編小説「眠れる美女」を原作とし、制作プロダクション LOD(ベルギー・ゲント)と、Ton [全文を読む]

日本初上演!川端康成の原作オペラ『眠れる美女』 長塚京三・原田美枝子がオペラ初出演![12月10・11日]

@Press / 2016年12月09日12時00分

東京文化会館では、川端康成原作、オペラ『眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~』を、東京文化会館開館55周年・日本ベルギー友好150周年記念公演として、2016年12月10日(土)と11日(日)、東京文化会館・大ホールにて日本で初めて上演いたします。▼『眠れる美女~House of the Sleeping Beauti [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

谷崎潤一郎や川端康成の文学作品にも登場する紅しだれ桜は死ぬまでに一度は見ておきたい光景です。 毎年4月第2週の週末には神苑の紅しだれ桜のライットアップの中で「紅しだれコンサート」が開催されます。幻想的な夜桜と神苑での野外コンサートの共演は今までに感じたことのない感動を味わうことが出来ます。 広大な神苑は回遊式になっていて約300本の桜を楽しめる桜ノ苑は見事 [全文を読む]

向田邦子、川端康成…おいしいものを知り尽くした作家が愛した「昭和のおやつ」5選

Woman Insight / 2015年05月22日11時30分

向田邦子さん、中里恒子さん、獅子文六さん、沢村貞子さん、川端康成さん……と、5人の文化人たちと菓子のエピソードも添えて、ご紹介します。 ●向田邦子さんが愛した「菊家」の水羊羹 自らを“水羊羹評論家”と称した向田邦子さんが、毎年心待ちにしていたのは、東京・青山「菊家(きくや)」の水羊羹。上質な小豆の香りを生かした水羊羹は、店の奥の小さな工房で手づくりされて [全文を読む]

芥川龍之介、川端康成、池波正太郎…有名文豪たちが愛した名店3店

Woman Insight / 2015年05月18日19時00分

江知勝(えちかつ) 東京都文京区湯島2-31-23 03-3811-5293 17時~21時(L.O.) 日曜・祝日休(年末年始・8月の土曜も休) 【2】川端康成が愛した「つるや」のうな重 いわゆる「鎌倉の大仏」へ続く通り沿いにある、表にガラスの小さなショーウインドーが置いてあるだけのお店、「つるや」。一見地味な店構えですが、昭和4(1929)年に創業し [全文を読む]

川端康成の恋文 「恋しくて恋しくて僕は何も手につかない」

NEWSポストセブン / 2015年05月15日07時00分

歴史に名を残した文豪、川端康成はいかなる恋文を書いていたのか。 川端が大正10年(1921年)に書いた手紙が、2014年に1993年の時を経て、神奈川県鎌倉市の旧川端邸で発見された。当時の婚約者に宛てたものだが、未投函で日付や封筒はなく、正確な日時は不明ながら、11月初めに書かれたものと推測される。 B5判の薄紙に青インクで書かれたその手紙には、川端の若き [全文を読む]

「恋しくって恋しくって」川端康成のラブレター公開――故人にプライバシーはないの?

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月19日10時54分

「恋しくって恋しくって早く會(あ)わないと僕は何も手につかない」「必ず迎えに行く」――ノーベル賞作家・川端康成がつづった未投函の「ラブレター」が7月16日から、岡山県立美術館で公開されている。川端が暮らしていた神奈川県鎌倉市の家から発見されたものだ。 手紙は、川端が一度は結婚を誓い合った女性に向けた内容。他にも、この女性から届いた手紙10通が見つかっており [全文を読む]

歴史的発見「川端康成の投函されなかったラブレター」『文藝春秋』8月号で全文公開! 電子雑誌版も同時発売

@Press / 2014年07月10日09時30分

同誌には、日本の近代文学史上の重大な新発見を報じる「川端康成『投函されなかった恋文』――『伊豆の踊子』の原点の女性がいた」が掲載されています。この発見は、7月8日のNHKニュース、讀賣新聞夕刊トップで取り上げられるなど、早くも大きな反響を巻き起こしています。 同記事は、ノーベル賞作家・川端康成(1899~1972)が大正10年、初恋の女性に宛てて綴った恋文 [全文を読む]

朱に映える紅。文豪も絶賛した平安神宮のしだれ桜を愛でに京都へ

まぐまぐニュース! / 2017年03月31日02時55分

谷崎潤一郎、川端康成といえば日本を代表する文豪ですが、その二人が絶賛した京都の桜をご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、文学作品の中にも登場し、今なおその美しい姿を保ち続ける平安神宮の紅しだれ桜が紹介されています。 平安神宮の紅しだれ桜 明治の文豪が絶賛したその魅力 桜を観に平安神宮を訪れたことがあるでしょうか? 平安神宮の桜は紅 [全文を読む]

フォーカス