川端康成のニュース

川端康成『雪国』の冒頭は「こっきょう」か、「くにざかい」か

まぐまぐニュース! / 2016年08月03日20時00分

川端康成の有名な小説『雪国』の冒頭には「国境」という言葉が出てきます。この漢字には読みが2種類ありますが、『雪国』に関してはどちらが正解なのか、いまだにわかっていないといいます。このような読みが2つある熟語は意外と多く、それぞれがまったく違うイメージになるものも。無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、そんな日本語の奥深さを紹介しています。 読み方が [全文を読む]

川端康成「眠れる美女」原作の現代オペラ 長塚京三・原田美枝子を起用し、日本初上演!

@Press / 2016年04月28日16時30分

▼『眠れる美女 ~House of the Sleeping Beauties~』詳細http://www.t-bunka.jp/sponsership/spo_161210_11.html【川端康成原作「眠れる美女」をヨーロッパでオペラ化】この作品は、川端康成による中編小説「眠れる美女」を原作とし、制作プロダクション LOD(ベルギー・ゲント)と、Ton [全文を読む]

日本初上演!川端康成の原作オペラ『眠れる美女』 長塚京三・原田美枝子がオペラ初出演![12月10・11日]

@Press / 2016年12月09日12時00分

東京文化会館では、川端康成原作、オペラ『眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~』を、東京文化会館開館55周年・日本ベルギー友好150周年記念公演として、2016年12月10日(土)と11日(日)、東京文化会館・大ホールにて日本で初めて上演いたします。▼『眠れる美女~House of the Sleeping Beauti [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

谷崎潤一郎や川端康成の文学作品にも登場する紅しだれ桜は死ぬまでに一度は見ておきたい光景です。 毎年4月第2週の週末には神苑の紅しだれ桜のライットアップの中で「紅しだれコンサート」が開催されます。幻想的な夜桜と神苑での野外コンサートの共演は今までに感じたことのない感動を味わうことが出来ます。 広大な神苑は回遊式になっていて約300本の桜を楽しめる桜ノ苑は見事 [全文を読む]

向田邦子、川端康成…おいしいものを知り尽くした作家が愛した「昭和のおやつ」5選

Woman Insight / 2015年05月22日11時30分

向田邦子さん、中里恒子さん、獅子文六さん、沢村貞子さん、川端康成さん……と、5人の文化人たちと菓子のエピソードも添えて、ご紹介します。 ●向田邦子さんが愛した「菊家」の水羊羹 自らを“水羊羹評論家”と称した向田邦子さんが、毎年心待ちにしていたのは、東京・青山「菊家(きくや)」の水羊羹。上質な小豆の香りを生かした水羊羹は、店の奥の小さな工房で手づくりされて [全文を読む]

芥川龍之介、川端康成、池波正太郎…有名文豪たちが愛した名店3店

Woman Insight / 2015年05月18日19時00分

江知勝(えちかつ) 東京都文京区湯島2-31-23 03-3811-5293 17時~21時(L.O.) 日曜・祝日休(年末年始・8月の土曜も休) 【2】川端康成が愛した「つるや」のうな重 いわゆる「鎌倉の大仏」へ続く通り沿いにある、表にガラスの小さなショーウインドーが置いてあるだけのお店、「つるや」。一見地味な店構えですが、昭和4(1929)年に創業し [全文を読む]

川端康成の恋文 「恋しくて恋しくて僕は何も手につかない」

NEWSポストセブン / 2015年05月15日07時00分

歴史に名を残した文豪、川端康成はいかなる恋文を書いていたのか。 川端が大正10年(1921年)に書いた手紙が、2014年に1993年の時を経て、神奈川県鎌倉市の旧川端邸で発見された。当時の婚約者に宛てたものだが、未投函で日付や封筒はなく、正確な日時は不明ながら、11月初めに書かれたものと推測される。 B5判の薄紙に青インクで書かれたその手紙には、川端の若き [全文を読む]

「恋しくって恋しくって」川端康成のラブレター公開――故人にプライバシーはないの?

弁護士ドットコムニュース / 2014年07月19日10時54分

「恋しくって恋しくって早く會(あ)わないと僕は何も手につかない」「必ず迎えに行く」――ノーベル賞作家・川端康成がつづった未投函の「ラブレター」が7月16日から、岡山県立美術館で公開されている。川端が暮らしていた神奈川県鎌倉市の家から発見されたものだ。 手紙は、川端が一度は結婚を誓い合った女性に向けた内容。他にも、この女性から届いた手紙10通が見つかっており [全文を読む]

歴史的発見「川端康成の投函されなかったラブレター」『文藝春秋』8月号で全文公開! 電子雑誌版も同時発売

@Press / 2014年07月10日09時30分

同誌には、日本の近代文学史上の重大な新発見を報じる「川端康成『投函されなかった恋文』――『伊豆の踊子』の原点の女性がいた」が掲載されています。この発見は、7月8日のNHKニュース、讀賣新聞夕刊トップで取り上げられるなど、早くも大きな反響を巻き起こしています。 同記事は、ノーベル賞作家・川端康成(1899~1972)が大正10年、初恋の女性に宛てて綴った恋文 [全文を読む]

朱に映える紅。文豪も絶賛した平安神宮のしだれ桜を愛でに京都へ

まぐまぐニュース! / 2017年03月31日02時55分

谷崎潤一郎、川端康成といえば日本を代表する文豪ですが、その二人が絶賛した京都の桜をご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では、文学作品の中にも登場し、今なおその美しい姿を保ち続ける平安神宮の紅しだれ桜が紹介されています。 平安神宮の紅しだれ桜 明治の文豪が絶賛したその魅力 桜を観に平安神宮を訪れたことがあるでしょうか? 平安神宮の桜は紅 [全文を読む]

【京都】平安時代へ時間旅行。都の秋を彩る「時代祭」の歩き方

まぐまぐニュース! / 2016年09月16日19時00分

文豪たちがこよなく愛した平安神宮の「しだれ桜」の魅力 平安神宮の桜の美しさは谷崎潤一郎の「細雪」、川端康成の「古都」の中でも描写されています。谷崎潤一郎の「細雪」の主な舞台は芦屋と大阪で、京都が登場するのは春。主人公たちは花見だけは毎年京都と決めていて、春になると連れ立って行くのが恒例の行事になっている。あちこちの花の名所を回り、いつも最後をしめくくるの [全文を読む]

3階に上がると、そこは雪国だった…アディアム、伊勢丹で川端康成コレクション展開。フロアの底が白くなった

FASHION HEADLINE / 2014年11月27日11時45分

川端康成の小説『雪国』からインスパイアされたアイテムを紹介する。芸者の抜き衣紋をイメージしたネックラインのワンピース、袴のシルエットを意識したマキシスカートなどは、同小説のヒロイン・駒子のワードローブが現代にタイムスリップしたという想定でデザインされたという。 会場には伊勢丹限定のコート(58万円)も登場。カラーはホワイト系とブラック系があり、コートの上半 [全文を読む]

新山詩織、「古都」京都プレミアで優しい歌声を響かせる

Smartザテレビジョン / 2016年11月17日22時13分

本映画は'62年に新潮社より刊行された川端康成「古都」の現代版として、原作では描かれなかった、大人になった主人公たちの物語として映像化されたもの。 京都伝統の呉服屋で生きる姉と北山杉の里で働く双子の妹を主演の松雪が一人二役で演じ、それぞれの娘役で橋本愛と成海璃子が共演。その他、伊原剛志、奥田瑛二ら豪華キャストが脇を固める。 川端が執筆のために宿泊していた [全文を読む]

朝ドラのモデル大橋鎭子 川端康成や志賀直哉とも交流あった

NEWSポストセブン / 2016年04月08日07時00分

川端康成もそのひとりだ。 「鎭子さんとは新聞社時代からのお付き合いだったそうです。彼女は粘り強く執筆依頼し、何度も断わられ、最後は涙を流しながらも原稿を書いてもらったそうです。以来、川端先生も“大橋君、大橋君”と鎭子さんを可愛がるようになり、『暮しの手帖』の創刊号にも寄稿しています」(鎭子を知る出版関係者) 志賀直哉は『暮しの手帖』の大ファンだったという。 [全文を読む]

眠る娘に添い寝するジジイは何の夢を見るか? 川端康成『眠れる美女』|連載第2回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月13日11時30分

夜の底が白くなった」というあまりにも有名な書き出しで始まる『雪国』などの作品、そして日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成の『眠れる美女』(新潮社)だ。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら■かわばた・やすなり 1899年(明治32年)大阪市天満此花町出身。東京帝国大学在学中に菊池寛に認められる。横光利一らとともに「新感覚派」と呼ばれた。代表 [全文を読む]

「文豪・川端康成はシュークリームが大好物だった!?」 シュークリームに特化した情報サイト モンテール『シュークリームNavi』WEBサイトが5月19日(金)からオープン

PR TIMES / 2017年05月19日11時00分

~発売20周年を記念し、シュークリームの歴史や食べ方・雑学等を大公開!~ 洋生菓子を製造・販売する株式会社モンテール(本社:東京都足立区、以下モンテール)は、人気定番商品である「牛乳と卵のシュークリーム」が2017年で発売から20周年を迎えることを記念し、シュークリームに特化した情報サイト・モンテール「シュークリームNavi」(http://www.mon [全文を読む]

芸能生活19年 成海璃子が2016年に想うこと

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月24日22時00分

川端康成原作の小説のその後を描いた映画で、主演・松雪泰子演じる女性の娘・結衣を演じた。この度、“永遠のオトナ童貞のための文化系マガジン・チェリー”で初のインタビュー。最新作での現場でのエピソードや、これまでの長いキャリアを通じての変化などを聞いた。■共感できる“挫折感”――映画『古都』では成海璃子さん演じる結衣が、画家を目指してフランスに留学するも、自分の [全文を読む]

掘り起こしたくない黒歴史、あなたは持っていますか?

マイナビ進学U17 / 2016年09月23日00時16分

黒歴史とは少し異なるものかもしれませんが、川端康成も人には知られたくない過去があるようです。「雪国」「伊豆の踊り子」などを執筆した川端康成は、愛しい人へ恋文をつづっています。そのラブレターの内容は、「あなたのことを忘れられません」「恋しくって恋しくって、何も手につきません」などと書かれていました。中には、その恋文を書いたは良いものの、何らかの理由で送れず、 [全文を読む]

谷亮子は大塩平八郎にソックリ!? 歴史上の人物に似ている有名人4選

tocana / 2016年08月22日08時00分

トンネルといえば川端康成だ。小説『雪国』の「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しは、あまりにも有名であるが、その次にくる、「夜の底が白くなった」も名文である。そういえばダルビッシュ有は若いころの川端康成に似ている。ちなみに川端も、浅草一の美人と言われた伊藤初代と婚約破談となった経歴がある。顔がそうさせるのだろうか。 というわけで、今回 [全文を読む]

【川奈まり子の実話系怪談コラム】彼岸トンネル(後編)【第四十五夜】

しらべぇ / 2016年08月17日21時00分

文芸評論家、奥野健男の『素顔の作家たち 現代作家132人』(1978年 集英社刊)という本に、奥野氏がインタビューをした当時、存命だった川端康成本人が自作『雪国』について、「西洋人には理解できないと思う」と語るくだりがある。そこで川端康成は驚くべきことを言っている。≪なぜならば、あそこには生きている人間は書いていないのだからと言われた。ぼくは驚いて島村も駒 [全文を読む]

フォーカス