川端慎吾のニュース

【プロ野球】復活を期すヤクルト打線。カギをにぎるのは川端慎吾と畠山和洋の2人だ!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月23日16時05分

特に2015年の打撃部門のタイトルを獲得した川端慎吾と畠山和洋の戦線離脱のダメージは大きかった。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■首位打者・川端慎吾が自打球を当てて右足骨折 2015年は首位打者&最多安打の「二冠」に輝いた川端。しかし、昨季は7月18日のDeNA戦で自打球を右足に当てるアクシデントに見舞われた。診断の結果 [全文を読む]

【プロ野球】「いじられ役」から「スベリ芸人」まで! ヤクルトが誇るユーティリティープレーヤーはこの選手だ!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月17日16時05分

山田哲人、川端慎吾、畠山和洋と昨シーズンのリーグ制覇を支えた打撃陣の主力が相次いで離脱した今シーズンのヤクルト。その苦境のなか、主力不在のピンチをを支えたユーティリティープレーヤーを紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ヤクルトの“いじられ役”三輪正義 ヤクルトが誇るユーティリティープレーヤーといえば、この選手を [全文を読む]

【プロ野球】菊池涼介(広島)、秋山翔吾(西武)…。今季12球団の2番打者を比較! 攻撃的2番打者は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月23日17時05分

(成績は2番スタメン出場時のもの) 広島東洋カープ 菊池涼介140試合:打率.315(572打数180安打)/13本塁打/56打点/23犠打/OPS.790 田中広輔1試合:打率.000(3打数0安打)/0本塁打/0打点/0犠打/OPS.250 読売ジャイアンツ 橋本到35試合:打率.206(126打数26安打)/2本塁打/10打点/17犠打/OPS.5 [全文を読む]

女子野球W杯でV5を達成したマドンナジャパンの4番・川端友紀が大変身を見せたワケ

週プレNEWS / 2016年10月07日06時00分

ヤクルト・川端慎吾の実妹であり、「史上初の兄妹プロ野球選手」と話題になった女子球界最大のスターである彼女は10年、発足したばかりの女子プロ野球リーグ「GPBL」(現・JWBL)所属の京都アストドリームスに入団。 リーグ初年度の10年、翌11年に兄同様、広角に打ち分ける巧みなバッティングで首位打者を獲得すると、すぐにリーグを代表する存在に。そして、プロでの [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

■ヤクルト ≪開幕オーダー≫ 1 中 上田剛史 2 三 川端慎吾 3 二 山田哲人 4 一 畠山和洋 5 右 雄平 6 左 坂口智隆 7 捕 中村悠平 8 遊 大引啓次 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 遊 大引啓次 ○ 2 中 坂口智隆 ○ 3 三 川端慎吾 ○ 4 二 山田哲人 ○ 5 右 雄平 ◎ 6 左 バレンティン 7 一 今浪隆博 8 捕 中村悠平 [全文を読む]

【プロ野球】セの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日16時05分

【打撃タイトル編】 <里崎予想> 打率:川端慎吾(ヤクルト) 本塁打&打点:筒香嘉智(DeNA) <駒田予想> 打率:川端慎吾(ヤクルト) 本塁打:山田哲人(ヤクルト) 打点:筒香嘉智(DeNA) <西崎予想> 打率:山田哲人(ヤクルト) 本塁打:エルドレッド(広島) 打点:筒香嘉智(DeNA) <山崎予想> 打率:筒香嘉智(DeNA) 本塁打:バレンテ [全文を読む]

里崎氏、苦戦が続くヤクルトに「戦える状態ではない」

ベースボールキング / 2017年06月08日22時30分

川端慎吾、畠山和洋と主軸をケガで欠く中、ここへ来てバレンティンが8日に一軍登録を抹消。チームにとってはさらに頭の痛い状況となった。 また里崎氏は、交流戦で下位に沈む球団が浮上するために「結果を残すなら、誰でもいいんですよ。いる選手が結果を残さないから、結果が出る選手が必要になってくる」と活躍する選手が出て来るかが重要だと語った。さらに里崎氏は「チームが下位 [全文を読む]

打撃好調の燕・雄平と杉村コーチが取り組んだこと

ベースボールキング / 2017年05月23日11時15分

川端慎吾、畠山和洋が故障で離脱中、山田哲人の状態が上がらない中、雄平の存在が日に日に大きくなっている。 ※成績は2017年5月22日現在 (提供=ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

若松氏、ヤクルト・小川に「打線に頑張ってと言った方がいいよ」

ベースボールキング / 2017年04月29日11時15分

打線を売りにするチームではあるが、主力の山田哲人、バレンティンが打撃不振、川端慎吾と畠山和洋が故障により二軍で調整を続けるなど、苦しい状態が続いている。 若松勉氏は試合後、「チャンスで1本が出ない。得点圏での配球の読みをしっかりやっていかないと。毎回ヒットが打てるわけではないので、ランナーがいるときに還すバッティングをしていかないと、このままズルズルいって [全文を読む]

【プロ野球】捕手の座は中村悠平ががっちりつかんだ、のだが、ヤクルト野手陣で予期せぬ争いが発生!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月22日16時05分

しかし、三塁の川端慎吾が椎間板ヘルニアで戦線離脱。西浦が三塁に回ることになり、遊撃のレギュラー争いは起きなかった。 4月18日現在で大引が打率.200、西浦に至っては打率.095。ともに結果を残せていない。法政大出身選手の名誉に賭けて奮起をうながしたい。 ■起こって欲しくなかったが起きてしまった中堅手争い…… 昨シーズン、坂口智隆が加入したことで、懸念だ [全文を読む]

女子プロ野球リーグ、2017年シーズンが開幕!

Smartザテレビジョン / 2017年03月24日14時15分

一本足打法で豪快なホームランを放つ外野手・楢岡美和と、東京ヤクルトスワローズ・川端慎吾の妹でもある内野手・川端友紀がその中心だ。川端は今オフも兄と自主トレを実施。「兄にバッティングの粘りが足りないと指摘されたので、右足を探るように踏み出すステップを習得できるよう練習しています。打率4割を越えて、2013年以来の首位打者を奪還したい!」と語る。さらに、“美し [全文を読む]

【プロ野球】過去には最下位→優勝→最下位も。優勝から最下位に急降下 or 最下位から優勝に急上昇した球団は?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月10日16時05分

■ヤクルト 2014年:最下位/2015年:優勝 2013年、2014年と2年連続で最下位に低迷していたヤクルトだったが、2015年は山田哲人がトリプルスリー、川端慎吾が最多安打と首位打者、畠山和洋が打点王と打線が覚醒。 また、最多セーブのタイトルを獲得したバーネットが、シーズンの最後までしっかりしていたのも大きかった。ヤクルト生え抜きの真中満監督は就任 [全文を読む]

【プロ野球】これは強そう……。里崎智也、岡本篤志、藤田宗一が本気で選んだ「侍ジャパン仮想ドラフト」がアツい!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■日本代表仮想ドラフトの結果は!? ■里崎JAPAN 1(中)青木宣親(アストロズ) 2(三)菊池涼介(広島) 3(二)山田哲人(ヤクルト) 4(DH)筒香嘉智(DeNA) 5(左)角中勝也(ロッテ) 6(右)鈴木誠也(広島) 7(一)中村晃(ソフトバンク) 8(捕)嶋基宏(楽天) 9(遊 [全文を読む]

【プロ野球】今季の真中采配はどうなる? 1番・山田哲人構想? ヤクルトの気になるところはここだ ~野手編~

デイリーニュースオンライン / 2017年01月14日16時05分

思い起こせば2015年シーズンの開幕5試合の打順は、1番・山田、2番・川端慎吾の並びだった。しかし、ポイントゲッターとして期待されたミレッジが5試合目で離脱。その後、打順は試行錯誤を繰り返したが、シーズン後半に2番・川端、3番・山田、4番・畠山和洋の並びが機能し、リーグ制覇の原動力となった。結果オーライではあったが、もともと真中監督の構想の基本は「1番・ [全文を読む]

【プロ野球】2017年、岩田稔(阪神)が子どもたちのために野球人生最後の復活にかける!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月08日16時05分

7回裏から登板した岩田は、ヤクルトの先頭・川端慎吾を遊ゴロに打ち取ったものの、山田哲人にこの日3本目となる本塁打を右翼席に叩き込まれ、完全に歯車が狂いだす。 この回、1四球を挟み4連打を浴び、4失点の大乱調。岩田にとっては、久々に1軍登録された日に起こった悪夢であった。 開幕からローテーションの4本柱の1人として金本知憲監督に期待されていた昨シーズン。最 [全文を読む]

【プロ野球】シーズンオフの風物詩!? ミスタープロ野球が広めた「自主トレーニング」にまつわるアレコレ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日17時05分

ヤクルトでは1990年代の池山隆寛が愛媛・松山で自主トレを行って以降、宮本慎也が引き継ぎ、現在では川端慎吾、山田哲人へと続いている。 ソフトバンクでは、ダイエー時代に秋山幸二が自主トレをグアムで実施。その流れは松中信彦、松田宣浩と今も続いている。 ■球団、競技の垣根を超えた自主トレ 近年は、交流戦やWBCなどの影響で球団の垣根を越えた選手同士の交流が、一昔 [全文を読む]

【プロ野球】盗塁王の本当の価値。ヤクルト・山田哲人の「トリプルスリー」だけじゃない歴史的偉業

デイリーニュースオンライン / 2016年11月14日17時05分

1997年:ホージー(本塁打王) 1998年:川崎憲次郎(最多勝)、石井一久(最多奪三振) 1999年:ペタジーニ(本塁打王、最高出塁率)、高津臣吾(最優秀救援) 2000年:石井一久(最優秀防御率、最多奪三振) 2001年:ペタジーニ(本塁打王、打点王、最高出塁率)、藤井秀悟(最多勝)、高津臣吾(最優秀救援) 2002年:ホッジス(最多勝)、石井弘寿( [全文を読む]

【プロ野球】「とりあえず生中!」の前に、ヤクルトの合言葉「とりあえず◯◯!」を3つ紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月03日16時05分

山田哲人、川端慎吾といった中軸選手たちも高校時代はショートを守っていた。 昨年のドラフトで獲得した内野手・廣岡大志、渡邉大樹も高校時代にショートで起用されている。ヤクルトの内野手が全員元ショートになることも珍しくない。 ヤクルトがショート以外の内野手を指名したのは、2005年の希望枠・武内晋一までさかのぼる。ヤクルトのドラフト戦略は「とりあえずショート!」 [全文を読む]

【プロ野球】意外な発見!? 甲子園経験者がセ・リーグの開幕オーダーにどれだけいたのか調べてみた

デイリーニュースオンライン / 2016年08月28日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ヤクルト:9人 (中)◎上田剛史(関西) (三)◎川端慎吾(市和歌山) (二)◎山田哲人(履正社) (一)◎畠山和洋(専大北上) (右)◎雄平(東北) (左)◎坂口智隆(神戸国際大付) (捕)◎中村悠平(福井商) (遊)◎大引啓次(浪速) (投)◎小川泰弘(成章) (※◎は甲子園出場経験 [全文を読む]

あのスターを生んだ夏の甲子園(6)ヤクルト川端、“不満だらけの3本”が首位打者の原点

アサ芸プラス / 2016年08月13日09時59分

ヤクルト14年ぶりのリーグ制覇に貢献した川端慎吾。広角に打ち分ける技術は日本球界随一。今や日本球界を代表するヒットメーカーに成長したが、じつは高校時代にその本領をすでに垣間見せていた。 03年に大阪のボーイズリーグから県外選手の推薦制度があった市和歌山商(現・市和歌山)へ進学。1年春から背番号10をつけて公式戦デビューすると、その夏に早くもショートのレギュ [全文を読む]

フォーカス