福浦和也のニュース

ロッテのファーストといえば…最近10年の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年03月15日10時00分

◆ 近年は固定できず ロッテのファーストといえば、90年代後半から00年代にかけて通算2000安打まで残り68本に迫った福浦和也が守ってきたが、近年はファーストのレギュラーを固定できていない印象だ。 最近10年のロッテの年度別ファーストの最多出場選手をみると、07年から09年にかけて福浦がチーム最多出場。10年はこの年、韓国ハンファからロッテに加入した金泰 [全文を読む]

片岡、森野、松坂…開幕一軍を逃したベテラン

ベースボールキング / 2017年03月29日18時00分

その他、2000安打まで残り68安打に迫っている福浦和也(ロッテ)、長年広島の遊撃手としてチームを支えた梵英心(広島)、守備のスペシャリスト飯山裕志(日本ハム)が二軍スタートなっている。 【開幕一軍を逃した主なベテラン】 飯山裕志(日本ハム) 松坂大輔(ソフトバンク) 福浦和也(ロッテ) 梵 英心(広島) 相川亮二(巨人) 片岡治大(巨人) 安藤優也(阪 [全文を読む]

【プロ野球】中年の星になれ! 今季も現役を続行する“オーバー40”の大ベテランたちは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月24日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■40歳以上の選手 岩瀬仁紀(中日・1974年11月10日生・42歳) 井口資仁(ロッテ・1974年12月4日生・42歳) 松井稼頭央(西武・1975年10月23日生・41歳) 福浦和也(ロッテ・1975年12月14日生・41歳) 相川亮二(巨人・1976年7月11日生・40歳) 2017 [全文を読む]

2017年に達成されそうな記録 ―野手編―

ベースボールキング / 2017年01月02日10時00分

17年は阿部慎之助(巨人)の通算2000試合出場、荒木雅博(中日)、福浦和也(ロッテ)、阿部らの通算2000安打達成など多くの大記録が誕生しそうだ。 特に阿部は残り37試合に迫った通算2000試合出場をはじめ、残り83本の通算2000安打、残り27本の通算400本塁打と、“記録ラッシュ”の1年になる可能性が高い。通算2000試合出場は、100試合未満に終わ [全文を読む]

来季のメモリアルはいつ?2000安打のXデーを探る...

ベースボールキング / 2016年12月11日16時00分

ロッテの福浦和也は近年代打出場が多く、ここ5シーズンで安打数が50本を超えた年がないことからやや厳しいかもしれないが、候補者は以下の通りだ。▼ 荒木雅博(中日)☆通算安打 1961本:残39本(※今季71本)・今季39本目⇒37試合目・来季37試合目⇒5月10日vs.De(ナゴヤ) いま最も2000安打に近い位置にいる選手。今季は一時打撃不振に苦しんだこと [全文を読む]

40代の“大ベテラン”たちの今季成績は?

ベースボールキング / 2016年11月15日12時00分

その他、井口資仁(ロッテ)と福浦和也(ロッテ)は先発で出場するなどチームに欠かせない存在感を発揮。球界最年長だった三浦大輔(DeNA)、41歳の倉義和(広島)、40歳のサブロー(ロッテ)、12月で40歳を迎える福原忍(阪神)は現役を引退した。 ◆ 40代の今季成績 三浦大輔(DeNA) 生年月日:73年12月25日 今季成績:3試 0勝3敗 防11.05 [全文を読む]

各球団の最古参メンバーは?

ベースボールキング / 2016年10月27日07時45分

その他の球団を見るとロッテの福浦和也は、12球団で最も長く同じ球団に所属する選手だ。地元・習志野高から93年ドラフト7位でロッテに入団し、今季23年目の大ベテラン。入団時は投手だったが、野手転向後に一気に才能が開化した 。8年目の01年に打率.346を記録し首位打者のタイトルを獲得。同年から6年連続で打率3割 をクリアした。近年はベンチを温める日が増えて [全文を読む]

【プロ野球】今シーズンに”大記録達成”が期待される選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月27日16時00分

福浦和也(ロッテ) 2000安打と言えば、ロッテファンにとって待ち望んでいる記録がある。今季で23年目のシーズンを迎えるベテラン・福浦和也の記録だ。 現在、通算安打は1912安打と、2000安打まであと88。かつては2001年に首位打者を獲得するなど、ロッテ不動の3番打者として活躍してきた福浦。ここ数年は代打出場がメインとなっているものの、2014年に [全文を読む]

【ロッテ】平沢大河は何位? ユニフォーム売り上げの意外なランキング

文春オンライン / 2017年03月31日11時00分

細かく調べてみると、昨年は38選手の背番号、ネーム付きのレプリカユニフォームを販売したが、全体の約45%の売り上げを福浦和也内野手(1位)、鈴木大地内野手(2位)、平沢大河内野手(3位)、清田育宏外野手(4位)、涌井秀章投手(5位)、角中勝也外野手(6位)の6選手が占めており、その売り上げ数も拮抗している。 ルーキーイヤーに大健闘した平沢大河 特筆すべき [全文を読む]

最近10年で開幕戦に本塁打が多かったチームは?

ベースボールキング / 2017年03月30日11時00分

◆ 12球団の開幕戦本塁打ランキング 1位 16本 巨人 内訳:ラミレス(2本)、片岡治大(2本)、長野久義(2本)、ロペス(2本)、ゴンザレス(1本)、イ・スンヨプ(1本)、高橋由伸(1本)、小笠原道大(1本)、村田修一(1本)、アンダーソン(1本)、坂本勇人(1本)、亀井善行(1本) 2位 10本 西武 内訳:中島宏之(2本)、G.G.佐藤(2本)、 [全文を読む]

フォーカス