明石健志のニュース

日本シリーズ優秀選手賞を獲得した福岡ソフトバンクホークス 明石健志選手MV初出演!自身の入場曲Ms.OOJA「Be...」新MVに登板

PR TIMES / 2016年02月09日12時21分

苦難を支えた妻への感謝を語った感動作が完成! 昨年、日本シリーズでは全5戦に2番・2塁でスタメン出場、本塁打も放つなど16打数7安打4四球で打率.438、出塁率.609という好成績を残し、優秀選手賞を受賞した福岡ソフトバンクホークスの明石健志選手が自身の入場曲としても使用している楽曲でもあるMs.OOJAの「Be...」のプロモーションビデオに初出演しま [全文を読む]

川崎が復帰 ソフトBの内野手事情は?

ベースボールキング / 2017年04月04日11時15分

近年は打撃不振や故障などで明石健志、川島慶三との併用が続いていたが、開幕3連戦では3試合とも『2番・二塁』で先発し、打率.333(9-3)を記録する。昨季後半から復調傾向にあり、シーズン通して安定した打撃を披露できれば、レギュラーで起用されることは間違いない。 三塁は川崎と同じように大声を張り上げチームを盛り上げる松田宣浩が、長年同ポジションのレギュラーを [全文を読む]

【プロ野球】明石健志の快打でチームは活気づく! ソフトバンク3連覇のために、打てよ明石!!

デイリーニュースオンライン / 2016年08月20日16時05分

急遽「4番ファースト」のポジションについたのが明石健志だった。 明石は0対0の6回表、2死一、三塁のチャンスに打順が回るとライトへ先制タイムリー。このヒットが呼び水となり、ソフトバンクの連敗が6でストップ。まさかの内川の代役がヒーローになった。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■初打席で三塁打デビュー 北海道旭川市出身の明 [全文を読む]

プロ入りから10年以上同じチームでプレーする選手は?

ベースボールキング / 2017年02月19日11時15分

生え抜き最長の14年目を迎える明石健志、城所龍磨の2人は、出場試合数が通算1000試合未満だが、“スーパーサブ”としてチームに欠かせない存在だ。 一方、12球団で最も少なかったのは日本ハムの4人。日本ハムといえば、当時主力だった糸井嘉男をオリックスへトレード、今オフも12年MVPの吉川光夫が巨人へトレードするなど、生え抜き選手でもトレードで他球団へ移籍する [全文を読む]

ソフトB・明石が抹消 1日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月01日14時30分

<4月1日の公示情報> ※再登録=4月11日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 36 牧原大成 / 内野手 =抹消= 8 明石健志 / 内野手 ■ オリックス・バファローズ =抹消= 38 小島脩平 / 内野手 ■ 横浜DeNAベイスターズ -登録- 35 平田真吾 / 投手 ■ 中日ドラゴンズ -登録- 44 バルデス / 投手 [全文を読む]

川崎宗則、古巣ホークスへ復帰するのか 「戻ってきて」「来られてもって感じ」

J-CASTトレンド / 2017年03月30日17時39分

セカンドに回された場合、本多雄一や明石健志、川島慶三らとの競争に勝たなければならない。 ネット上では 「ムネリン戻ってきてーーー!またホークスでプレイしよう」 「ムネリン自身もまだまだやれるやろうし、華麗な守備走塁、シュアなバッティングをみたいよ」 という喜びの声に加え、 「正直、ソフトバンクに来られてもって感じよね。メンバー固まってるし...」 「もう1 [全文を読む]

山中、亀沢、立岡に続け!新天地で活躍なるかロッテ・猪本

ベースボールキング / 2017年03月13日11時00分

二軍では結果を残していたが、一軍には一塁に内川、指名打者も長谷川勇也がレギュラーに君臨し、控えもユーティリティープレーヤーの明石健志、川島慶三といった選手たちがいたため、なかなか一軍で出番が巡ってこなかった。 新天地のロッテは、昨季一軍のチーム最多出場が74試合の細谷圭、次いで43試合の井口資仁、35試合の根元俊一と続いていき、レギュラーが固定されていな [全文を読む]

球界最年長、ロッテ・井口資仁が見せる「真のリーダー像」

NEWSポストセブン / 2017年03月12日07時00分

でも、そうしないのは『見て盗め』と言ってくれているんだと思います」(明石健志・ソフトバンク)「僕らでもきついメニューを、10歳以上も年上の井口さんが、先頭に立ってこなしていく。絶対に手を抜かない真面目さを尊敬しています」(清田育宏・ロッテ) 皆、口を揃えて「井口さんがやっているから手を抜くわけにはいかない」という。多くを語らず、行動で示す。率先垂範──。そ [全文を読む]

【プロ野球】WBCの年は楽天がAクラス!? 勝利の四重奏を奏でる「鷲の新人投手カルテット」で躍進だ!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月08日16時05分

ここで打席に迎えたのが今宮健太、柳田悠岐、明石健志。しかし高梨は、このそうそうたる実績を誇る3者を連続ゴロアウトに打ち取ってみせた。ゴロ凡打の間に三塁走者に2度の生還を許して2点を失ったが、内野前進守備なら無失点というシーンだった。 昨季の楽天は、救援陣の防御率が12球団ワーストの4.53。後ろが崩れて試合を落とすケースが目立った。再度の1軍合流を期待した [全文を読む]

球界最年長・井口資仁 引退はオルティズ的スタイルに憧れる

NEWSポストセブン / 2017年03月08日16時00分

沖縄自主トレには、チームメートの清田育宏や、大崎雄太朗(西武)、明石健志(ソフトバンク)など、井口を慕う後輩選手たちがチームの垣根を越えて何人か参加している。その中のひとり、茶谷健太(ソフトバンク)は19歳だが、井口は親子ほど年の離れた選手と同じメニューをこなしていた。「35歳を過ぎてから疲れが取れにくくなっているのは確かですけど、それ以外は特に衰えは感 [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース