井端弘和のニュース

【プロ野球】宮本慎也、稲葉篤紀、井端弘和。WBC日本代表を支えたベテランたちの献身プレーをプレイバック!

4 / 2017年03月09日17時05分

■日本の危機を救った井端弘和 まだ記憶に新しい2013WBCで躍動したのが当時37歳の井端弘和(中日)だった。2007年の北京五輪アジア予選以来の代表選出となった井端は、1次ラウンドから持ち前の勝負強さを発揮する。 初戦のブラジル戦は7回まで2対3とブラジルがリードする展開に。「まさか初戦で敗れるのか…」という暗い空気が漂い始めた8回表、1死二塁の場面で [全文を読む]

【プロ野球】ヒーローは最後にやってくる!? 頑張れ“ラスト侍”田中広輔! WBC・過去の秘密兵器を振り返る

3 / 2017年02月01日17時05分

■2013WBC:守備の人・井端弘和が打撃でも覚醒 ■井端弘和(中日) 【WBC成績】 6試合:打率.556(18打数10安打)/0本塁打/4打点/0盗塁 【前年成績】 140試合:打率.284(489-139)/2本塁打/35打点/4盗塁 2013年のWBCで思わぬ大活躍を果たしたのは井端弘和。当時の侍ジャパンは二遊間を鳥谷敬、松井稼頭央、坂本勇人で回 [全文を読む]

【プロ野球】「目の愛護デー」に振り返る、目のトラブルと戦い続けた名プレーヤー・井端弘和伝説

3 / 2016年10月10日17時05分

現・巨人の井端弘和1軍内野守備走塁コーチの中日時代の出来事だ。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■間違いだった「井端レーシック失敗」説 「井端の目」といえば、「レーシックに失敗してから成績が落ちた」といった言説をよく耳にする。試しに井端の名前で検索すると、その手の話題を取り上げたサイトに事欠かない。 だが、この噂は誤りだ。 [全文を読む]

侍ジャパン・井端弘和を支え続けた良妻。WBC陰のMVPは河野明子元アナ

3 / 2013年03月31日06時00分

WBCでベテランらしい勝負強さを見せた中日・井端弘和(いばた・ひろかず)。その活躍の裏には、2008年に結婚した元テレビ朝日・河野(かわの)明子アナの支えがあった。 「2009年3月に寿退社した彼女は、フリーアナにはならず、専業主婦として夫を徹底的にサポート。同年、彼女はスタジアムに通い詰め、145試合中137試合もスタンドで観戦したらしい(笑)。今回のW [全文を読む]

【侍ジャパン】過去3大会の2番打者といえば…

2 / 2017年03月06日07時45分

【2009年】 中島裕之(7試合) 片岡易之(2試合) ◆ 第3回大会は井端と松井が最多 第3回大会は、井端弘和、松井稼頭央がチーム最多の3試合で2番打者として出場した。 特に井端は2番で出場した第2ラウンドのチャイニーズ・タイペイ戦では、9回二死から値千金の同点打を放った。第2ラウンドGame4のオランダ戦でも2安打を記録。さらに、準決勝のプエルトリコ [全文を読む]

【侍ジャパン】過去3大会のショートは誰が務めた?

2 / 2017年02月28日06時45分

この大会は、坂本勇人、松井稼頭央、井端弘和、鳥谷敬とショートを主戦場にする選手が多く選出された。 その中で最もショートで出場したのが、6試合で坂本だった。第1ラウンドは3試合で12打数1安打と苦しんだが、第2ラウンドのチャイニーズ・タイペイ戦で2安打を記録すると、オランダとの第2ラウンドGame4で本塁打を含む4打点の活躍を見せた。 坂本がスタメン出場して [全文を読む]

【侍ジャパン】過去3大会のセカンドは誰が務めた?

2 / 2017年02月24日17時00分

この大会は、松井稼頭央、井端弘和、鳥谷敬、坂本勇人といったショートを主戦場にする選手が多く選出された一方で、本職のセカンドは本多雄一のみだった。 そのため、チームではショートを守る鳥谷が最多の6試合に出場。次いでメジャー時代セカンドを守っていた松井が4試合、本職の本多と本大会で大活躍した井端が2試合だった。スタメン出場をみると、鳥谷と松井のそれぞれ3試合が [全文を読む]

第2の井端は誰だ!? 短期決戦のカギ握る“ラッキーボーイ”

2 / 2017年02月23日17時00分

2013年の前回大会で言うと、井端弘和がその役割を担った。 一次ラウンド初戦のブラジル戦、1点を追う8回表に鮮やかな同点タイムリーを放って逆転勝ちを呼び込むと、二次ラウンドのチャイニーズ・タイペイ戦では1点を追う9回二死という絶体絶命の場面で打席へ。ここで一塁走者の鳥谷敬が決死の盗塁を成功させると、ここで井端は追い込まれながらも左中間へ弾き返すタイムリー。 [全文を読む]

中日優勝は巨人選手獲得した年に多い 小笠原効果で今季は?

2 / 2014年03月21日07時00分

一方で、先発要員だった中田賢一がFAでソフトバンクへ、年俸の大幅ダウンを提示され、退団した井端弘和は巨人へ移籍した。 外国人は未知数であり、小笠原や工藤はここ数年活躍していない。ファンにとっては、不安の残るストーブリーグとなったが、吉兆を示すデータもある。過去9度のリーグ優勝のうち、実に5度が巨人から選手を獲得した年なのだ。 巨人のV10を阻止し、2度目の [全文を読む]

屋鋪要氏がエール 巨人移籍の井端はレギュラー獲得できるか

2 / 2014年01月26日16時00分

この会には、川崎市出身で、オフに中日を自由契約となり、巨人入りした井端弘和も参加。会の前には、川崎市の野球少年育成のために、みずから創設した『井端弘和杯』の表彰式も行なった。 会が始まると、テーブルごとに席が割り当てられているにもかかわらず、井端のもとにはサインや写真を求めるファンが殺到。ひとりひとりに丁寧に「巨人」と新背番号「2」を記しながら、2時間以上 [全文を読む]

フォーカス