仁志敏久のニュース

【プロ野球】野村弘樹、仁志敏久が語る「あの選手」がスゴかった!

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日16時05分

「由伸は、教科書なんですよ」 5月26日(木)、NTTぷららが運営するオンラインコミュニティサービス「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」の人気トークイベント「里崎智也のプロ野球語り呑みvol.2」に、元横浜の野村弘樹氏、元巨人・横浜の仁志敏久氏、元ロッテの里崎智也氏が登壇。そこで出たのが仁志氏による冒頭のコメントだ。かつてのチームメイトだからこそわかる、「ヨシノブ [全文を読む]

里崎智也(元ロッテ)&仁志敏久(元巨人)が語る「打順は固定すべきか否か?」打順討論

デイリーニュースオンライン / 2016年05月12日16時05分

その中で、「僕は、打順は決まっていた方がいいと思います」と打順固定論を推したのが、ゲストの仁志敏久氏(元巨人ほか)だった。 「選手にはそれぞれ、試合に臨む上でのイメージ作り、ルーティンがあります。でも、極端にいえば1番と9番では打席に立つまでの時間が全く違います。1番と2番でも、似ているようで全然違います。打順が変わるとルーティンに影響が出るので、結構大変 [全文を読む]

DeNAのセカンドといえば…最近10年の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月21日10時00分

また、12年以前をみると、07年から2年間は巨人から移籍してきた仁志敏久が2年連続で、100試合以上にセカンドで出場。07年には夏前まで打率3割を記録するなど好調だった。09年からの3年間は、09年が藤田一也、10年がカスティーヨ、11年が渡辺直人と毎年レギュラーの選手が変わっていた。 5年連続で石川が最多出場中だが、今季ヤクルトを自由契約となった田中浩 [全文を読む]

「SB新書」新装刊!―池上彰・堀江貴文・竹中平蔵・仁志敏久らによる8タイトル同時刊行

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月17日06時30分

「SB新書」が新装刊! 2015年12月よりリニューアルされたSB新書から、池上彰、堀江貴文、竹中平蔵、仁志敏久など、著名人による新刊8タイトルが2015年12月5日(土)、一挙に刊行された。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ また、電子書籍版も同時に配信開始。さらに、スマホやタブレット、PCでも見られる「試し読み版」も用意されているので、2015 [全文を読む]

【プロ野球】9番・倉本寿彦(DeNA)は奇策か。ラミレス監督の変わり手「8番・投手」は堀内・巨人も試していた

デイリーニュースオンライン / 2017年06月07日16時05分

このときの9番はほぼ仁志敏久。9番・仁志、1番・清水隆行、2番・二岡智宏が塁を埋め、ローズ、小久保裕紀、清原和博の強力クリーンナップが走者を還すという戦略だった。 ここでも「9番・仁志」という形で固定され、9番が「影のリードオフマン」役を担っていた。 なお、阪神時代の岡田監督も2004年と2007年に、8試合で「8番・投手」のオーダーを組んでいる。 現状、 [全文を読む]

関口宏、張本勲に「そういうこと言うとまた電話が鳴る」と異例のツッコミ その返答は…

しらべぇ / 2017年05月28日11時00分

スタジオに戻ると「これは仁志が説明しますから」と元・巨人の仁志敏久氏に解説を任せ、自身は発言を拒否する。無茶振りを受けた仁志氏が丁寧に説明すると、張本氏は「日本のプロ野球が忙しいのにね、遠い国の野球なんか勝っても負けても関係ないや」と投げやりなコメント。それを聞いた関口宏は、「またそういうと言うと電話が鳴りますから…余計なことを言わなきゃいい」と異例のツッ [全文を読む]

侍J・U12代表監督は仁志氏が続投…新たに江尻氏が入閣

ベースボールキング / 2017年04月17日14時24分

NPBエンタープライズは17日、「第4回WBSC U-12 ワールドカップ」に出場する侍ジャパンU-12代表の監督を、前回大会に引き続き、仁志敏久氏が務めると発表した。 「第4 回WBSC U-12 ワールドカップ」は今年7月28日(金)から8月6日(日)に台湾・台南市で開催。2015年の第3回大会でもチームを率いた仁志氏が引き続き監督を務める。また、今回 [全文を読む]

巨人、課題の“1、2番コンビ”

ベースボールキング / 2017年04月14日11時00分

山本氏も現役時代に「私も試合をしていて、巨人が仁志敏久さん、元木大介さん、清水隆行さんが1、2番を打つジャイアンツは嫌でした。その後ろには、高橋由伸監督であったり、凄いバッターが並んでいた」と振り返る。 山本氏が話したように当時の巨人は、“仁志、清水”の1、2番が出塁し、高橋由伸、松井秀喜、清原和博といった中軸で還すという抜け目のない打線だった。今季は3 [全文を読む]

【ロッテ】データで楽しむ野球観戦チケット発売

ベースボールキング / 2017年03月23日11時15分

『勝てる野球の統計学――セイバーメトリクス』(岩波科学ライブラリー、2014年)『プロ野球のセオリー』(仁志敏久氏との共著、ベスト新書、2012年)など。 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC 代表選手・監督・コーチ ■投手 大谷翔平(22=日本ハム)右投左打 増井浩俊(32=日本ハム)右投右打 宮西尚生(31=日本ハム)左投左打 菅野智之(27=巨人)右投右打 秋吉亮(27=ヤクルト)右投右打 牧田和久(32=西武)右投右打 則本昂大(26=楽天)右投左打 松井裕樹(21=楽天)左投左打 千賀滉大(23=ソフトバンク)右投左 [全文を読む]

【プロ野球】青木宣親と山田哲人の共演、早仕上げのバレンティンetc…。ヤクルトファン的WBCの楽しみ方!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日17時05分

1(二)仁志敏久 打率.289/28本塁打/60打点 2(左)清水隆行 打率.308/16本塁打/60打点 3(中)ローズ 打率.287/45本塁打/99打点 4(右)高橋由伸 打率.317/30本塁打/79打点 5(三)小久保裕紀 打率.314/41本塁打/96打点 6(一)ペタジーニ 打率.290/29本塁打/84打点 7(捕)阿部慎之助 打率.30 [全文を読む]

【プロ野球】大型補強で挑む巨人・高橋由伸体制の2年目はいかに!? 巨人の大型補強の歴史を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月22日16時05分

仁志敏久、高橋由伸、ローズ、小久保、ペタジーニ、清原和博、阿部慎之助、江藤智、二岡智宏と長打力のある選手が揃う「史上最強打線」を形成した。 6選手が20本塁打以上を放ち、この年のチーム本塁打数は259本塁打とプロ野球記録を樹立する。なかでも中軸を担った小久保、ローズは揃って40本塁打以上を記録し、ローズは45本塁打で本塁打王。小久保は巨人の右打者で初の40 [全文を読む]

【プロ野球】山口俊がFA宣言! ベイスターズがたどった「主力選手流出」の歴史を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年11月09日16時05分

藤田は、巨人から横浜にやってきた名手・仁志敏久氏に「日本一守備がうまい選手」と言わしめたほどの守備力を誇っていた。藤田の代わりにDeNAに移った内村は、今季終了後に戦力外を通告された。 横浜の正捕手だった相川亮二は、2008年のオフにメジャー挑戦を目指したがMLB球団との交渉が不調に終わる。結局、国内のヤクルトに移籍した。2008年までの3年間は選手会長も [全文を読む]

肝炎の早期発見・早期治療の必要性を伝達「知って、肝炎プロジェクト」スペシャルサポーター元野球選手 仁志 敏久が秋田県を表敬訪問

PR TIMES / 2016年10月20日14時53分

この度、厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業の「知って、肝炎プロジェクト」(所在地:東京都港区六本木1-6-1 特別参与:杉 良太郎)のスペシャルサポーターで、元プロ野球選手の仁志敏久氏が2016年10月18日(火)に秋田県庁に表敬訪問をいたしました。当日は、仁志氏の挨拶からはじまり、杉特別参与のメッセージを代読し、その後、秋田県の肝炎対策についての懇 [全文を読む]

【プロ野球】里崎智也が語る「外国人監督」と「ベンチからのサイン」の功罪

デイリーニュースオンライン / 2016年04月15日16時04分

4月21日には仁志敏久(元巨人ほか)とのトークイベント「里崎智也のプロ野球語り呑み」も予定されている。仁志もまたベイスターズOBの一人として、ラミレス監督にモノ申したいことがあるはずだ。詳しくは「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」を運営する「部活DO!」のホームページ(https://bukatsu.hikaritv.net/#/talk/5/2789)でチェック [全文を読む]

青山愛アナ「夜の女から朝日を浴びる女に」

Smartザテレビジョン / 2016年04月09日10時00分

その後も高橋尚成、仁志敏久というラインアップが続く予定だ。 青山アナは「朝早い!! 夜の女から朝日を浴びる女になるんだと思いました(笑)」と、「報道ステーション」を卒業してこの番組担当になったことを表現。 続けて「社会人になってから、これだけ朝早く出社して、朝の番組に出るのが初めてなので、報道ステーションの夜の雰囲気とは違う中でスポーツをお伝えできるんだと [全文を読む]

【プロ野球】パの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月04日16時05分

4月21日には里崎部長と仁志敏久(元巨人など)のトークイベントが予定されている。詳しくは「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」を運営する「部活DO!」のホームページ(http://bukatsu.hikaritv.net/campaign/0014/)へ。野球太郎でも注目のイベント情報は随時レポートをしていく予定だ。 (※以上、敬称略) 文=オグマナオト(おぐま・な [全文を読む]

【プロ野球】セの”タイトル争い”を里崎智也、駒田徳広、西崎幸広らがガチ予想

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日16時05分

4月21日には里崎部長と仁志敏久(元巨人など)のトークイベントが予定されている。詳しくは「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」を運営する「部活DO!」のホームページ(http://bukatsu.hikaritv.net/campaign/0014/)へ。野球太郎でも注目のイベント情報は随時レポートをしていく予定だ。 (※以上、敬称略) 文=オグマナオト(おぐま・な [全文を読む]

阪神タイガース・藤浪晋太郎独占インタビュー! かつて少年だった全ての人に送る珠玉の甲子園物語が完成!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月29日17時30分

同書では、1984年夏に当時最強を誇ったPL学園を倒した、取手二高の名将・木内幸男元監督と、常総学園で木内監督のもと“木内野球”を学んだ仁志敏久による師弟対談が実現。さらに、阪神タイガースの若きエース・藤浪晋太郎投手の独占インタビューも掲載している。 他にも、高校野球評論家が選ぶBEST100勝負や、データで振り返る「甲子園なんでもランキング」など、100 [全文を読む]

汗と涙のあの夏の物語 日販限定流通商品『甲子園100年物語』を販売

DreamNews / 2015年07月28日10時30分

本商品は、名監督として名高い常総学院の木内幸男元監督と、その教え子である元プロ野球選手の仁志敏久による師弟対談や、阪神の若きエース藤浪晋太郎の独占インタビューを掲載するなど、夏の甲子園100年を振り返り、未来の100年につなげるのにふさわしい、保存版の内容となっております。 日販は今後も取引先書店、コンビニエンスストアと協力し、高校野球ファンに喜んでいただ [全文を読む]

フォーカス