仁志敏久のニュース

【プロ野球】野村弘樹、仁志敏久が語る「あの選手」がスゴかった!

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日16時05分

「由伸は、教科書なんですよ」 5月26日(木)、NTTぷららが運営するオンラインコミュニティサービス「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」の人気トークイベント「里崎智也のプロ野球語り呑みvol.2」に、元横浜の野村弘樹氏、元巨人・横浜の仁志敏久氏、元ロッテの里崎智也氏が登壇。そこで出たのが仁志氏による冒頭のコメントだ。かつてのチームメイトだからこそわかる、「ヨシノブ [全文を読む]

里崎智也(元ロッテ)&仁志敏久(元巨人)が語る「打順は固定すべきか否か?」打順討論

デイリーニュースオンライン / 2016年05月12日16時05分

その中で、「僕は、打順は決まっていた方がいいと思います」と打順固定論を推したのが、ゲストの仁志敏久氏(元巨人ほか)だった。 「選手にはそれぞれ、試合に臨む上でのイメージ作り、ルーティンがあります。でも、極端にいえば1番と9番では打席に立つまでの時間が全く違います。1番と2番でも、似ているようで全然違います。打順が変わるとルーティンに影響が出るので、結構大変 [全文を読む]

DeNAのセカンドといえば…最近10年の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月21日10時00分

また、12年以前をみると、07年から2年間は巨人から移籍してきた仁志敏久が2年連続で、100試合以上にセカンドで出場。07年には夏前まで打率3割を記録するなど好調だった。09年からの3年間は、09年が藤田一也、10年がカスティーヨ、11年が渡辺直人と毎年レギュラーの選手が変わっていた。 5年連続で石川が最多出場中だが、今季ヤクルトを自由契約となった田中浩 [全文を読む]

侍J・U12代表監督は仁志氏が続投…新たに江尻氏が入閣

ベースボールキング / 2017年04月17日14時24分

NPBエンタープライズは17日、「第4回WBSC U-12 ワールドカップ」に出場する侍ジャパンU-12代表の監督を、前回大会に引き続き、仁志敏久氏が務めると発表した。 「第4 回WBSC U-12 ワールドカップ」は今年7月28日(金)から8月6日(日)に台湾・台南市で開催。2015年の第3回大会でもチームを率いた仁志氏が引き続き監督を務める。また、今回 [全文を読む]

【ロッテ】データで楽しむ野球観戦チケット発売

ベースボールキング / 2017年03月23日11時15分

『勝てる野球の統計学――セイバーメトリクス』(岩波科学ライブラリー、2014年)『プロ野球のセオリー』(仁志敏久氏との共著、ベスト新書、2012年)など。 [全文を読む]

巨人のセカンドといえば… 最近10年の最多出場選手を振り返る

ベースボールキング / 2017年02月13日10時00分

また、巨人のセカンドは90年代後半から00年代前半にかけて活躍した仁志敏久を最後に、長く固定できていない印象がある。 最近10年間の巨人のセカンド最多出場者を振り返ると、100試合以上出場した選手は08年の木村拓也、11年と12年の藤村大介、14年と15年の片岡治大の3人。仁志氏が巨人を退団した07年以降は、セカンドを固定できていないのが現状だ。 ただ、1 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC 代表選手・監督・コーチ ■投手 大谷翔平(22=日本ハム)右投左打 増井浩俊(32=日本ハム)右投右打 宮西尚生(31=日本ハム)左投左打 菅野智之(27=巨人)右投右打 秋吉亮(27=ヤクルト)右投右打 牧田和久(32=西武)右投右打 則本昂大(26=楽天)右投左打 松井裕樹(21=楽天)左投左打 千賀滉大(23=ソフトバンク)右投左 [全文を読む]

【プロ野球】青木宣親と山田哲人の共演、早仕上げのバレンティンetc…。ヤクルトファン的WBCの楽しみ方!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日17時05分

1(二)仁志敏久 打率.289/28本塁打/60打点 2(左)清水隆行 打率.308/16本塁打/60打点 3(中)ローズ 打率.287/45本塁打/99打点 4(右)高橋由伸 打率.317/30本塁打/79打点 5(三)小久保裕紀 打率.314/41本塁打/96打点 6(一)ペタジーニ 打率.290/29本塁打/84打点 7(捕)阿部慎之助 打率.30 [全文を読む]

巨人からDeNAに移籍した選手といえば…

ベースボールキング / 2017年01月05日17時00分

◆ 2007年以降巨人からDeNAに直接移籍した選手 【2007年】 仁志敏久(トレード) 07年成績:137試 率.270 本10 点45 工藤公康(人的補償) 07年成績:19試 7勝6敗 防3.91 【2008年】 真田裕貴(トレード) 08年成績:26試 2勝4敗 防4.91 小関竜也(トライアウト) 08年成績:49試 率.215 本1 点3 [全文を読む]

【プロ野球】大型補強で挑む巨人・高橋由伸体制の2年目はいかに!? 巨人の大型補強の歴史を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月22日16時05分

仁志敏久、高橋由伸、ローズ、小久保、ペタジーニ、清原和博、阿部慎之助、江藤智、二岡智宏と長打力のある選手が揃う「史上最強打線」を形成した。 6選手が20本塁打以上を放ち、この年のチーム本塁打数は259本塁打とプロ野球記録を樹立する。なかでも中軸を担った小久保、ローズは揃って40本塁打以上を記録し、ローズは45本塁打で本塁打王。小久保は巨人の右打者で初の40 [全文を読む]

フォーカス