川畑真人のニュース

川畑リベンジ達成!D1GPお台場チャンピオンシップ

Walkerplus / 2016年10月24日17時25分

「追走バトル」の決勝は、川畑真人(Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING)と齋藤太吾(WANLI FAT FIVE RACING)という、前日に行われたD1グランプリ最終戦の決勝と同じ対戦となり、両者一歩も譲らない走りはサドンデスにまで及んだ。その2本目に齋藤太吾が攻めすぎて川畑真人をプッシュ! 川畑真人が優勝を果たした。2人 [全文を読む]

日本車&日本人ドライバーが300キロでドリフト世界最速記録を樹立!【動画】

clicccar / 2016年04月08日23時52分

GT-Rと川畑真人選手がついにやりました! ドリフトのギネス世界記録です。以前このサイトでもお伝えしたことがありましたが、これまでのドリフトスピードの世界最速記録は、ポーランドのドライバー、プジゴンスキー選手が、V8エンジンに積み換えられた86で記録した217km/h。このとき進入速度は256km/hだったようです。 そして、その記録を、昨年度のD1GPチ [全文を読む]

D1グランプリ富士は斎藤太吾が完全勝利し開幕2連勝!

Walkerplus / 2016年04月25日17時53分

午後に行われた追走トーナメントでも順当に勝ち上がり、決勝は、開幕戦同様、川畑真人(Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING)との1000馬力対決。ここでも安定した走りを見せて、開幕2連勝を飾った。 観客席には、クルマ好きの方はもちろんのこと、家族連れの姿が多く見かけられた。コース近くには、自動車関連メーカーが出展。グッズの販売や [全文を読む]

220Km/hオーバーの史上最高速ドリフトに挑戦「2015 D1グランプリシリーズ」第2戦 2015 SUZUKA DRIFT

PR TIMES / 2015年03月05日11時06分

今回は、昨年度 川畑真人が世界最高速度(非公認)*1を記録した、ドリフトへの進入最高速度(226.7km/h)に各ドライバー達が挑戦する事も注目となります。その他、インターネットLIVE中継によるレース配信や、付随イベントとして「鈴鹿スーパーラップ*2」を予定しております。D1GPは、今年で創立15周年を迎えるにあたり、東京オートサロンでは世界初となる電気 [全文を読む]

世界屈指のラリーレーサー ケン・ブロックとD1GPドライバー川畑真人による 世紀のドリフト合戦!勝者は・・・? 約8,500名を前に、土屋アンナさんが生歌を披露!

PR TIMES / 2014年07月07日19時02分

開催概要|KEN BLOCK’s NAGOYA EXPERIENCE日時 :2014年7月6日(日) 10:00~18:00会場 :中部国際空港セントレア臨時駐車場・特設会場出演者 :KEN BLOCK今村陽一、上野高広、内海彰乃、川畑真人、熊久保信重、佐久間達也、末永直登、手塚強、時田雅義、野村謙、日比野哲也、松川和也加賀晃(FMXライダー)、釘村孝太( [全文を読む]

夏休み最初の土日は大阪・舞洲でガチンコドリフトバトルを堪能! D1グランプリ第4戦開催

Walkerplus / 2017年06月10日08時00分

今年のD1グランプリは、昨年のチャンピオン斉藤太吾、その斉藤とシーズンを通して激戦を繰り広げた川畑真人、そして人気の日比野哲也など有力選手が新車を投入する一方、藤野秀之をはじめとするベテラン勢が活躍するなど、見逃せないシーズンとなっている。 23日にはシリーズの第4戦となる「2017 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES R [全文を読む]

ギリギリ攻めすぎ! ドリフトのプロが公道を本気で爆走するとこうなるっていう動画

ロケットニュース24 / 2017年05月28日20時15分

そして同イベントで、素晴らしい走りを披露したゲストドライバーが「川畑真人」選手だ。彼はドリフトの世界最高速度のギネス記録を更新した経歴を持つプロ中のプロ。もちろん、公道を走っても至高のテクニックが狂うことはなかった。 ・さすがプロ 動画では、冒頭から川畑選手が名車「日産シルビア」に乗って公道を爆走する様子が見られるのだが……スッゲェェエエエーーー! 少し [全文を読む]

目指せ「D1グランプリシリーズ in チャイナ」参戦!塚本奈々美のチャイナ・レポート①

clicccar / 2017年05月28日19時33分

ハンドル・シフトレバー・サイドレバーを忙しく扱うドリフト操作を左右逆転して行うのは至難の業…でも、広く海外での活動を目指す私としては左ハンドルのドリフト車両にも是非チャレンジしてみたいですね! 大会の結果は、多くの日本人ドライバーがマシントラブルなどで大苦戦する中、川畑真人選手が見事優勝、それを観ながら、私もぜひこの中で戦いたいとの想いを一層強くしました [全文を読む]

第2回「スペシャルステージ曽爾クラシック」開催! ゆっくりでも、速くでも楽しめるイベント

clicccar / 2017年05月14日11時40分

先導者の役割をする「0号車」のドライバーはD1GPチャンピオンの川畑真人選手が自らの愛車で務めます。 奈良県曽爾村の公道を利用して、クラシックカーやスーパーカーが走ります。 中にはどちらでもない現在の普通のクルマも参加してます。 この競技は、単にタイムを競うのではなく、設定速度に近い速度で走れたかを競います。普通に公道を走る部分では設定速度は当然制限速度 [全文を読む]

1000馬力級のニューマシンが続々! D1グランプリ4月1日開幕

Walkerplus / 2017年03月28日15時50分

注目は、昨年圧倒的な強さを誇りシリーズチャンピオンを獲得した齋藤太吾と、彼と激闘を繰り広げた川畑真人。齋藤太吾は、スーパーGTのGT300を走っていたコルベットZ06のGT3バージョンをベースとして、7.6リッターV8エンジンに8連スロットルを装着して800psを発揮するエンジンを搭載。対する川畑も、2017年版R35GT-Rをベースに、重量バランスと足回 [全文を読む]

2017年D1グランプリのスケジュール発表!

Walkerplus / 2017年01月23日20時34分

2016年、圧倒的な強さをみせつけた「齋藤太吾」が、今年も席巻するのか? それとも、川畑真人をはじめとするライバル達が一矢報いるのか。「お台場」で行われる開幕戦の前売りチケットは現在発売中。迫力のドリフトバトルを体験しよう!【ウォーカープラス編集部】 [全文を読む]

ACミランの選手と、日本のD1GPマシンがコロッセオで対決!?【動画】

clicccar / 2016年12月02日19時16分

運転するのはもちろんD1GPドライバー川畑真人選手。もう1台は、TOYO TIRESの86。こちらも運転するのはD1GPドライバーの藤野秀之選手です。 いやー、私の世代(1970年代前半生まれ)が10代だったころはねー、ふだんはテレビでサッカーなんてめったにやっていなくてね、ほとんど唯一のサッカー番組が『ダイヤモンドサッカー』だったんですよ。そこで、『AC [全文を読む]

3.9秒で時速100km!京大発、日本初のスポーツEVの走りを見よ

IGNITE / 2016年11月26日08時00分

国内初披露となる「トミーカイラZZ」によるドリフト走行を、プロドライバーの川畑真人氏がドリフト専用会場で4回(8:30~、12:50~、13:55~、15:00~ 各会5分程度)披露する。 静寂の中にある加速のすごさをその目で確かめてほしい。 (h.Oishi) [全文を読む]

EVとして蘇ったトミーカイラZZが「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2016」に初参加

clicccar / 2016年11月24日20時44分

富士スピードウェイでは、その加速感を会場内の本コースで12:05から見ることができるほか、国内初披露となるトミーカイラZZによるドリフト走行をプロドライバーの川畑真人氏がドリフト専用会場「ドリフトエクスペリエンス(Drift Experience)」で4回(8:30~、12:50~、13:55~、15:00~ 各会5分程度)披露する予定。 多彩なイベント [全文を読む]

白熱のナイトドリフト!斎藤がD1GP最終戦でも強さを見せつける

Walkerplus / 2016年10月23日06時10分

その中で行われた決勝は斎藤VS川畑真人(Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING)という、今シーズン幾度となく行われた、まさにシリーズの締めくくりに相応しいカード。今季一度も勝てていないディフェンディングチャンピオンの川畑は、どうしても勝って来年へとつなげたいところ。試合は一回の勝負では決着が着かず、サドンデスへ。ここで後追い [全文を読む]

ドリフトのトップドライバーは雪上でも速い! スムーズ!!

clicccar / 2016年10月18日16時20分

ドライバーはTeam TOYO TIRES DRIFT TRUST RACINGからD1GPに参戦している川畑真人選手。車両はTOYO TIRESのスタッドレス『OBSERVE GARIT GIZ(オブザーブ・ガリットギズ)』を装着した86。トラストチューンによるTOYO TIRESのデモカーですね。 それにしても美しいロケーション。そして、雪上であるにも [全文を読む]

10月22日(土)と23日(日)は台場で“ドリフト”を堪能!

Walkerplus / 2016年10月17日13時57分

22日(土)の「2016 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX」では、既に前戦で齋藤太吾(WANLI FAT FIVE RACING)の年間チャンピオンは決まったものの、現チャンピオンの川畑真人 (Team TOYO TIRES DRIFT TRUST RACING)が、遠かった一勝をシーズン最後に果たし、ランキング2位を確定させられるの [全文を読む]

塚本奈々美のD1ロシアレポート

clicccar / 2016年10月16日14時33分

今大会、川畑真人選手との日本人対決を制した斎藤太吾選手の優勝で幕を閉じ、上位陣は日本人ドライバーが占めましたが、ロシア勢もあなどれず!というロシアンドリフトの現状を目の当たりにしました。 D1は今季も中国・ロシアで開催されていますが、Cool Japanコンテンツとして、東アジアを中心にさらに海外での展開に大いに期待したいし、私自身もぜひ来季は海外のドリ [全文を読む]

ガルパン痛車がドリフト競技の最高峰「D1グランプリ」シリーズ第6戦で勝利!!

おたぽる / 2016年08月10日13時00分

午後の追走では、準決勝で川畑真人(38)が同じ「Team TOYO TIRES DRIFT」に所属する藤野秀之(42)に敗れ 、前日のレースで優勝した齋藤太吾(36)が村山に敗れるという、予想外の戦いが繰り広げられた。そして決勝戦では、村山が藤野にベテランの走りを見せつけて今レース2度目の勝利を果たした。 このニュースには「ガルパン車マジでつええええ!」 [全文を読む]

ジャンプドリフト夏祭り!D1GP第5戦は斎藤が勝利

Walkerplus / 2016年08月07日12時35分

2位にランキング2位の川畑真人、3位に斎藤大吾がそれぞれ入賞を果たした。 「追走」では、斎藤のマシンが本調子ではないこともあり、「ストップ斎藤」の筆頭である川畑に期待がかかったが、まさかの初戦敗退! 横井は準決勝まで進むものの、松井に敗退。いっぽう斎藤は、盤石の走りで決勝戦へとコマを進めた。斎藤と松井の試合は、松井のミスが響き、斎藤の勝利。D1グランプリ始 [全文を読む]

フォーカス