栗原健太のニュース

田中が菊池、鈴木に続きWBCメンバー入り 広島から過去最多の3名選出

ベースボールキング / 2017年01月28日18時22分

栗原健太は村田修一(巨人)の負傷で緊急招集され、決勝の韓国戦にスタメン出場した。 3連覇を逃した2013年の第3回大会では、前田健太と今村猛がメンバー入り。前田は準決勝のプエルトリコ戦で負け投手になったが、先発3試合で防御率0.60、18奪三振をマークし大会ベストナインに選出。今村は2試合の登板で3失点と力を発揮できなかったが、大舞台で貴重な経験を積んだ。 [全文を読む]

【プロ野球】優勝前年に広島を去ったかつての主力・栗原健太(楽天)。選手生命をかけた今シーズンに迫る!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月15日16時05分

あの選手とは、栗原健太だ。 昨シーズンオフ、栗原は出場機会を求め自由契約となることを選び、楽天に移籍。新天地での復活にかけた。 しかし、広島を飛び出した栗原を待ち受けていたのは辛い現実だった。優勝の歓喜の裏で、かつての主力選手はいかなるシーズンを送ったのか? 栗原の今シーズンを振り返りたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題 [全文を読む]

【プロ野球】阪神・福留&西岡…復活にかける男たちのキャンプ事情

デイリーニュースオンライン / 2015年02月11日08時50分

日本を背負って立つとも言われた栗原健太 24年ぶりの優勝に期待が高まる広島カープにも、復活を目指す選手がいる。カープかつての4番、栗原健太だ。栗原は2006年からレギュラーに定着。2008年からはカープ不動の4番として君臨。チームの顔として活躍を続けた。 栗原は、長距離ヒッターながら、三振が極端に少ない確実性を持ち、反対方向へ力強い打球を飛ばす器用さも兼 [全文を読む]

【プロ野球】WBCとケガ。「神の右手」と引き換えに川崎宗則が負傷! 極限状態が引き起こしたアクシデント集

デイリーニュースオンライン / 2017年02月09日16時05分

この後、村田の代わりに召集されたのは栗原健太(広島)だった。 主砲を欠いた日本代表だったが、このアクシデントで結束が強まったのか、準決勝でアメリカを、決勝で再び韓国を撃破し、WBC2連覇を達成。表彰式では、当時のチームメイトだった内川聖一が、村田のユニフォームを被せたトロフィーを掲げるパフォーマンスを見せた。 ■いつだって見たいのは最高のプレー 2013W [全文を読む]

岸、細川を獲得 楽天の新加入選手は?

ベースボールキング / 2017年01月28日10時00分

【IN】 岸 孝之(投手/西武) 小山雄輝(投手/巨人) 細川 亨(捕手/ソフトバンク) ハーマン(投手/フィリーズ) 藤平尚真(投手/横浜高) 池田隆英(投手/創価大) 田中和基(外野手/立教大) 菅原 秀(投手/大体大) 森原康平(投手/新日鉄住金広畑) 鶴田圭祐(投手/帝京大準硬式野球部) 野元浩輝(投手/佐世保工高) 石原 彪(捕手/京都照英) [全文を読む]

【プロ野球】いざ出陣! 侍ジャパンのカープ戦士・鈴木誠也、菊池涼介はWBCでも「神れる」のか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月27日17時05分

■WBC第1回大会(2006年) 黒田博樹 左手人差し指の負傷により出場辞退 新井貴浩 2試合:打率.333(3打数1安打)/0本塁打/0打点 ■WBC第2回大会(2009年) 石原慶幸 1試合:打率.000(0打数0安打)/0本塁打/0打点 栗原健太 2試合:打率.000(3打数0安打)/0本塁打/0打点 ※村田修一の負傷により準決勝から追加招集 ■W [全文を読む]

栗原健太 広島市民球場最後のHRは「初めて狙って打った」

NEWSポストセブン / 2016年11月25日07時00分

かつてチームの低迷期を支えた4番打者・栗原健太(34)が、人知れずバットを置いた。 「広島が優勝したことは素直に嬉しかったけど、“なんで俺がそこにいないの?”って寂しさはありました。そういう星の下に生まれたのかな(笑い)」 2000年代の広島で右の大砲として君臨し、2008年にはキャリアハイの103打点を記録。今年、16年間過ごした広島を自由契約となり、楽 [全文を読む]

【プロ野球】目の前で優勝を見届けたファンのリアルドキュメント。25年ぶりの悲願成る! その時ファンは!?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月16日17時05分

弱小時代、栗原健太のホームランに歓喜した神宮、わずか8,000人ほどの横浜スタジアムで見た前田健太のノーヒットノーラン…。 色々な名シーンを見てきたが、今この瞬間、それらをはるかに超える喜びが待っている。そう思うと、嬉しい反面、パニックにもなってきていた。 試合は9回。あと2つのアウトで優勝が決まるその時、男はおもむろにカバンのなかにあったメロンパンを無 [全文を読む]

【プロ野球】もはや”戦力外通告”寸前…FAした元広島・木村昇吾はどうなる?

デイリーニュースオンライン / 2015年12月30日11時00分

12月からはカープの練習場を締め出され、現在は楽天入団が決まった栗原健太とともに広島市内で自主トレを続けている木村。ごちそうが揃う正月を目前に控え、早くも胃が痛む思いをしているだろうが、自主トレにしっかりと力を入れ、万全の状態でテストに挑みたいところだ。 文=落合初春(おちあい・もとはる) スマホマガジン『週刊野球太郎』 オフシーズンも毎日更新!「プロ野 [全文を読む]

2015年に引退するプロ野球選手140人の去就と第二の人生

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日12時00分

楽天移籍が決まった広島の栗原健太や、DeNAで新たなマウンド人生に懸ける巨人の久保裕也、ヤクルトで再起を図る坂口智隆(オリックス)のように、新たな移籍先がみつかった選手は10名しかいない。今年の合同トライアウトには47名の選手が参加したが、携帯電話が鳴ったのは鵜久森淳志(日本ハム→ヤクルト)、山内壮馬(中日→楽天)、白根尚貴(楽天→DeNA)、大田阿斗里 [全文を読む]

フォーカス