大田泰示のニュース

【巨人】矢野謙次と大田泰示、札幌で再会する「元・巨人」の男たち

8 / 2017年06月09日11時00分

栄光の原巨人時代、今は日本ハムで活躍する代打の切り札・矢野謙次と未来のスラッガー大田泰示がいた頃の話だ。今回の文春野球交流戦コラムは“野球ライター界の生きる伝説”日本ハム担当えのきどいちろうさんとの対戦形式アップというわけで、北の大地で躍動する「元・巨人」の男たちについて書こうと思う。 あれは7年前の2010年のゴールデンウィーク中の話だ。しみったれたラー [全文を読む]

苦境打開へ…日本ハム・中田&大田が一軍昇格! 23日のプロ野球公示

3 / 2017年04月23日13時31分

◆ どん底のチームを救えるか… 日本ハムは23日、中田翔と大田泰示を一軍登録した。 昨季の日本一王者はここまで4勝15敗の借金11とまさかの出遅れ。開幕直後から離脱者が続出し、苦しい戦いを強いられてきた。 そんなチームに頼れる主砲が復帰。『右内転筋筋挫傷』で戦列を離れていた中田が帰ってくる。19日にファームで実戦に復帰し、結果よりも強く振ることを意識して調 [全文を読む]

【プロ野球】勝手に妄想! 日本ハムの編成から見えてくる「ポスト大谷翔平」は中田の後輩!?

3 / 2016年11月12日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ポスト陽岱鋼は岡大海、淺間大基、そして大田泰示 大方の予想通り、という表現が適切だろうか。陽岱鋼(日本ハム)がFA宣言をした。陽は会見で「来年の構想に自分の名前がなかった。自分のため家族のためにFAを悩みに悩んで決断した」という趣旨の発言をしている。 この発言にある「構想外」が真実かは不 [全文を読む]

日本ハム、中田翔が決勝打…大田泰示は古巣・巨人相手に先頭打者弾

2 / 2017年06月10日22時10分

日本ハムは初回、この日1番に入った大田泰示が、今季第7号となる先頭打者本塁打を左中間スタンドに放りこみ、幸先よく1点を先制。その後、巨人に1-2と逆転されるも、8回裏に1死二、三塁の好機を作ると、主砲・中田が左中間を深々と破る適時二塁打を放ち、3-2と逆転に成功した。 投げては、4番手の鍵谷陽平投手が今季2勝目。敗れた巨人は打線が4安打と沈黙し、連勝とは [全文を読む]

日本ハム・大田泰示のブレイクで考える、セの「減点法」とパの「加点法」の違い

2 / 2017年06月07日06時00分

彼には本当にいいトレードになった」(セ・リーグ某球団スカウト) 日本ハム・大田泰示(たいし)の勢いが止まらない。巨人で芽が出ず、昨オフに日本ハムにトレードされた“未完の大器”。これまではシーズン最多で4本塁打だったが、今年は5月に早くも6号を放って自己記録を更新中だ。 パ・リーグ関係者が言う。 「巨人では彼の長所であるパワーを生かすことよりも、欠点である『 [全文を読む]

【5月26日プロ野球全試合結果】ロッテが清田育宏のサヨナラ打で連勝、中日が劇的な逆転サヨナラ勝ち、日本ハム・大田泰示が決勝弾

2 / 2017年05月27日03時06分

■広島、投打がかみ合い巨人に快勝…岡田明丈が7回1失点の好投広島は5月26日、東京ドームで巨人と対戦。投打ががっちりとかみ合い、7-2で巨人に快勝した。広島は0-0で迎えた4回表、菊池涼介内野手のソロ本塁打で幸先よく1点を先制。6回表には、無死二、三塁の好機で安部友裕内野手の適時打や、松山竜平内野手の適時打で4-0とリードを広げる。以降、終盤は点の取り合い [全文を読む]

日本ハム、大田泰示が今季第6号の決勝弾…ソフトバンクはバンデンハークが6失点

2 / 2017年05月27日02時55分

日本ハムは1-4と3点ビハインドで迎えた3回裏、1死満塁の好機でレアード内野手が走者一掃の適時二塁打を放って同点とすると、続く好機で大田泰示外野手が今季第6号の2点本塁打を放って6-4と勝ち越しに成功。 投げては、2番手の高梨裕稔投手が今季3勝目を挙げた。敗れたソフトバンクは、先発のバンデンハーク投手が4回途中6失点とまさかの乱調だった。 [全文を読む]

新天地で躍動する日本ハム・大田泰示

2 / 2017年05月24日11時15分

巨人からトレードで加入した日本ハムの大田泰示が、打撃で存在感をみせている。 巨人時代は松井秀喜さんが背負っていた『55』を与えられるなど、将来の4番候補として期待されていたが、レギュラーを獲得することができず、16年オフにトレードで日本ハムへ移籍した。 故障で開幕一軍スタートとはならなかったが、4月23日に移籍後初めて一軍に昇格すると、同日の西武戦、第1打 [全文を読む]

“フリーバッティングだけなら世界一” 日本ハム・大田泰示は覚醒できるか

2 / 2017年05月22日11時00分

「練習も髪型も、何事も自由にやらせてくれる日本ハムで、ノビノビやれているということでしょう」(スポーツ紙デスク) 昨年オフ、巨人から日ハムへ移籍した大田泰示外野手(26)が12日のロッテ戦で、自身初の1試合2本塁打を放った。今季のホームランは早くも5本。8年間在籍した巨人時代の通算本塁打は9本だったから、新天地で好スタートを切った、と言えるだろう。 大田は [全文を読む]

日本ハム、大田泰示が貴重な3点本塁打「札幌ドームで打てるなら本物」…オリックスは12安打も拙攻

2 / 2017年05月20日00時24分

大田泰示外野手が貴重な一発を放つなど投打がかみ合い、7-2で勝利した。 日本ハムは初回に幸先良く1点を先制すると、2回裏には1死二、三塁の好機で西川遙輝外野手が適時打を放って3-0とリードを広げる。続く3回裏には、無死一、二塁の場面で大田が値千金の3点本塁打を放ち、6-0と大量リードを奪った。 投げては、浦野博司投手が5回無失点の好投を見せ、今季3勝目。敗 [全文を読む]

フォーカス