宮木あや子のニュース

石原さとみ、新ドラマ主演決定で反響「ファッションが気になる」「参考にします」

モデルプレス / 2016年08月12日05時30分

◆原作者も期待 そして、ドラマの原作である宮木あや子氏の同名小説シリーズについては、「面白くてあっと言う間に読んでしまいました。(主人公の)口の悪さも読んでいてスッキリするし、本当にファッションが好きな人なんだなぁということが伝わってきてワクワクしました」とコメント。 対して「ドラマ化の話をいただいたときは飛び上がるほど嬉しかったです」と語る宮木氏は、「 [全文を読む]

石原さとみ、ド派手ファッションで大暴れ “地味にスゴイ”新風巻き起こす<本人コメント>

モデルプレス / 2016年08月11日05時00分

◆原作者も期待 そして、ドラマの原作である宮木あや子氏の同名小説シリーズについては、「面白くてあっと言う間に読んでしまいました。(主人公の)口の悪さも読んでいてスッキリするし、本当にファッションが好きな人なんだなぁということが伝わってきてワクワクしました」とコメント。 対して「ドラマ化の話をいただいたときは飛び上がるほど嬉しかったです」と語る宮木氏は、「 [全文を読む]

異色デュオ・黒色すみれが彩る『花宵道中』の世界

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月23日11時00分

原作者・宮木あや子からのラブコールを受け映画『花宵道中』のエンディングテーマを手がけた、ゆか・さちによる女性デュオ「黒色すみれ」。かねてから親交が深い3人が語る秘話とは? 主演・安達祐実が語る『花宵道中』 【宮木】いつかお近づきになりたいな、とずっと思っていたんです。それで横浜の演奏会に行ったのが最初の出会いでした。 【ゆか】 そのときはもちろん作家の方だ [全文を読む]

20年ぶりとなる映画主演作で証明 安達祐実は「上手い」ではなく「すごい」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月16日05時50分

関連情報を含む記事はこちら 原作は、宮木あや子の連作短編小説。江戸の吉原で火事が出たため、遊女たちは住み慣れた土地を出て、仮住まいでの仕事を余儀なくされた。己の運命を受け入れていたはずの遊女・朝霧はそこで、心を動かす相手と出会ってしまう。ハッピーエンドなんて決して訪れることのない、悲恋の物語が幕を開ける─。 宮木あや子は冒頭の一編『花宵道中』で、「女によ [全文を読む]

宮木あや子『校閲ガール』スピンオフ作品が無料公開

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月05日09時20分

宮木あや子の小説『校閲ガール』のスピンオフ作品「皇帝の宿(全5話)」が無料公開される。第1話は雑誌『ダ・ヴィンチ』5月号と、「ダ・ヴィンチニュース」で、2話以降はJTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となる。 関連情報を含む記事はこちら 『校閲ガール』は2014年3月に発売されたばかりの宮木あや子の最新作。雑誌の編集者に憧れて出版社に就職 [全文を読む]

今回のテーマは、「愛」×「官能」×「読みきり」 紙は存在しません!文藝春秋 電子小説誌『つんどく!vol.2』発売!

@Press / 2013年11月21日13時00分

宮木あや子さんコメント(『つんどくvol.2』に「ヴィオレッタの尖骨」を寄稿)単行本は持ち運びに不便だから文庫になるまで待つ、という読者は結構います。ファッション雑誌も最近、ミニサイズの持ち運びが楽な版が登場しています。レストランやネイルサロンのメニューは既にタブレット。紙媒体の小型化、軽量化の最たるものが電子化です。現代人の読書離れとスマホ(タブレット [全文を読む]

宮木あや子・著『セレモニー黒真珠』 第9回酒飲み書店員大賞 受賞!!

PR TIMES / 2013年10月25日11時11分

メディアファクトリー ブランドカンパニー 宮木あや子・著『セレモニー黒真珠』(MF文庫ダ・ヴィンチ)が、第9回酒飲み書店員大賞を受賞致しました。 悲しい過去、失った恋、弔うことのできない想い 悲しいお別れを、やさしく見守ってくれるチーム葬儀屋。お葬式のご用命は、真心と信頼の旅立ち・セレモニー黒真珠まで――小さな町の葬儀屋「セレモニー黒真珠」を舞台に、シッカ [全文を読む]

石原さとみ主演「地味スゴ」SPドラマで復活!「帰ってきました」

CinemaCafe.net / 2017年06月02日05時00分

原作は、町の葬儀屋を舞台にした「セレモニー黒真珠」を始め、2014年に映画化にもなった吉原遊女が主人公の「花宵道中」など、特殊な仕事を題材に「働く女性」を優しくイキイキ描くことを得意とし、高い支持を得ている女流作家宮木あや子の「校閲ガール」シリーズ。本作は、ファッション誌の編集者を夢見るオシャレ大好きな河野悦子が、一見地味な校閲部で奮闘するお仕事ドラマとし [全文を読む]

石原さとみ「地味スゴ」SPドラマで復活!木村佳乃ら参戦

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年06月02日05時00分

宮木あや子による小説「校閲ガール」シリーズが原作の同ドラマは、ファッション誌の編集者を夢見るオシャレ大好きな河野悦子(石原)が一見地味な校閲部で奮闘する物語。今回のSPドラマでは作家の折原幸人(菅田)との関係も順調で、ファッション誌「Lassy」編集部として充実した日々を送る悦子のもとに、「Lassy」の新編集長として二階堂凛(木村)がやってくるところか [全文を読む]

SMAP解散で『校閲ガール』原作者がジャニーズと文春を批判!「文春がメリー副社長をもっと追及していたら...」

リテラ / 2017年01月03日14時14分

直木賞選考委員もつとめる大御所作家・林真理子氏と、ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ)の原作者で人気急上昇中の宮木あや子氏だ。 林氏は、これまでジャニーズのタレントのコンサートに足しげく通い、SMAPメンバーや飯島三智元マネージャーと個人的親交もあることで知られている。一方の宮木氏も今井翼、そしてジャニーズJr.らの公演にも足を運ぶほ [全文を読む]

石原さとみ&菅田将暉の恋の行方は?「地味スゴロス」の声相次ぐ「えっちゃんの笑顔が見られない水曜なんて…」

モデルプレス / 2016年12月08日12時29分

◆石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 同作は、宮木あや子氏の同名小説シリーズが原作。ファッション編集者を目指し出版社に入社するも、原稿の間違いや矛盾点・疑問点を指摘する地味な「校閲部」に配属されたヒロイン・河野悦子(石原)が、ド派手ファッションという戦闘服に身を包み、作家に直接会いに行ってしまったり、事実確認のために取材現場に乗り込んだり [全文を読む]

石原さとみ「地味スゴ」涙のクランクアップ「20代最後の作品がこれで良かった」

モデルプレス / 2016年12月05日18時00分

同作は、宮木あや子氏の同名小説シリーズが原作。ファッション編集者を目指し出版社に入社するも、原稿の間違いや矛盾点・疑問点を指摘する地味な「校閲部」に配属されたヒロイン・河野悦子(石原)が、ド派手ファッションという戦闘服に身を包み、作家に直接会いに行ってしまったり、事実確認のために取材現場に乗り込んだりと奮闘するさまを描く。 ◆最後のシーンは… 最後のシーン [全文を読む]

「地味スゴ」菅田将暉の「まだ帰りたくないなぁ」に視聴者ノックアウト「私も言われたい」「帰らないで」と反響殺到

モデルプレス / 2016年12月01日11時55分

◆石原さとみ主演「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」 同作は、宮木あや子氏の同名小説シリーズが原作。ファッション編集者を目指し出版社に入社するも、原稿の間違いや矛盾点・疑問点を指摘する地味な「校閲部」に配属されたヒロイン・河野悦子(石原)が、ド派手ファッションという戦闘服に身を包み、作家に直接会いに行ってしまったり、事実確認のために取材現場に乗り込んだり [全文を読む]

石原さとみは「顔小さくて可愛かった」 「地味スゴ」第7話ゲスト発表

モデルプレス / 2016年11月16日16時00分

同作は、宮木あや子氏の同名小説シリーズが原作。ファッション編集者を目指し出版社に入社するも、原稿の間違いや矛盾点・疑問点を指摘する地味な「校閲部」に配属されたヒロイン・河野悦子(石原)が、ド派手ファッションという戦闘服に身を包み、作家に直接会いに行ってしまったり、事実確認のために取材現場に乗り込んだりと奮闘するさまを描く。 ◆蛭子能収が本業・漫画家役で登場 [全文を読む]

菅田将暉「大好きだよ」“直球告白”にファン興奮「破壊力やばい」「フリーズしそう」

モデルプレス / 2016年11月10日11時51分

◆石原さとみが“ド派手ファッション”で奮闘 同作は、宮木あや子氏の同名小説シリーズが原作。ファッション編集者を目指し出版社に入社するも、原稿の間違いや矛盾点・疑問点を指摘する地味な「校閲部」に配属されたヒロイン・河野悦子(石原)が、ド派手ファッションという戦闘服に身を包み、作家に直接会いに行ってしまったり、事実確認のために取材現場に乗り込んだりと奮闘するさ [全文を読む]

石原さとみは「人としてとてもキュートな方」 安藤政信が「地味スゴ」ゲスト出演

モデルプレス / 2016年11月07日17時00分

同作は、宮木あや子氏の同名小説シリーズが原作。ファッション編集者を目指し出版社に入社するも、原稿の間違いや矛盾点・疑問点を指摘する地味な「校閲部」に配属されたヒロイン・河野悦子(石原)が、ド派手ファッションという戦闘服に身を包み、作家に直接会いに行ってしまったり、事実確認のために取材現場に乗り込んだりと奮闘するさまを描く。 ◆安藤政信がゲスト出演 安藤が演 [全文を読む]

石原さとみ『地味にスゴイ』“マスゴミ炎上”を描いた第4話、モデルは高畑淳子の謝罪会見か

日刊サイゾー / 2016年10月28日00時00分

ドラマのヒットに伴い、売れまくっている宮木あや子氏による原作小説ですが、27日には最新巻『校閲ガール トルネード』(角川書店)が発売に。なんと、悦子が念願のファッション誌編集部へ異動する話だとか。原作のほうも気になりますね。 これまでは、悦子(石原)の校閲を気に入った著者が、直接会いたがる、という展開が常でしたが、今回はパターンがガラリ。著者が悦子を最後ま [全文を読む]

石原さとみ主演のドラマ『地味にスゴイ!』、原作『校閲ガール』最新刊では、悦子がついに編集部に異動。意中の彼とも衝撃展開!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月27日06時30分

最新刊『校閲ガール トルネード』(宮木あや子/KADOKAWA)では、悦子が念願かなって女性誌の編集部に異動する様子が描かれる。だがそこに待ち受けていたのは、「できない」ことだらけの壁。あんなに雑誌を読みこんできたのに。ファッションを誰より愛してきたのに。夢だったはずの居場所で悦子がどんな結論をくだすのかが本書の読みどころのひとつだ。ドラマとはまたひとあ [全文を読む]

好発進!石原さとみが「校閲ガール」で“ほんわか”から“バリバリ”に脱皮

アサジョ / 2016年10月11日09時59分

原作は、宮木あや子氏の小説「校閲ガール」で、ファッション誌の編集者を目指していた河野悦子(石原)が、校閲部に配属されたことから巻き起こるコメディードラマだ。 放送される“水10”枠はこれまで、篠原涼子主演の「ハケンの品格」や菅野美穂主演の「働きマン」、北川景子主演の「家売るオンナ」などの“お仕事ドラマ”で高視聴率をたたき出している。 石原も「『ハケンの品格 [全文を読む]

2016年秋ドラマの注目作は?あらすじ一挙紹介

モデルプレス / 2016年10月11日08時00分

◆水曜日 『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』10月12日第2話放送(毎週水曜よる10時、日本テレビ系)/石原さとみ、菅田将暉、本田翼、岸谷五朗 今作は、宮木あや子氏の同名小説シリーズが原作。ファッション編集者を目指し出版社に入社するも、原稿の間違いや矛盾点・疑問点を指摘する地味な「校閲部」に配属されたヒロイン・河野悦子(石原さとみ)が、ド派手ファッシ [全文を読む]

フォーカス