宮木あや子のニュース

宮木あや子『校閲ガール』スピンオフ作品が無料公開

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月05日09時20分

宮木あや子の小説『校閲ガール』のスピンオフ作品「皇帝の宿(全5話)」が無料公開される。第1話は雑誌『ダ・ヴィンチ』5月号と、「ダ・ヴィンチニュース」で、2話以降はJTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となる。 関連情報を含む記事はこちら 『校閲ガール』は2014年3月に発売されたばかりの宮木あや子の最新作。雑誌の編集者に憧れて出版社に就職 [全文を読む]

宮木あや子・著『セレモニー黒真珠』 第9回酒飲み書店員大賞 受賞!!

PR TIMES / 2013年10月25日11時11分

メディアファクトリー ブランドカンパニー 宮木あや子・著『セレモニー黒真珠』(MF文庫ダ・ヴィンチ)が、第9回酒飲み書店員大賞を受賞致しました。 悲しい過去、失った恋、弔うことのできない想い 悲しいお別れを、やさしく見守ってくれるチーム葬儀屋。お葬式のご用命は、真心と信頼の旅立ち・セレモニー黒真珠まで――小さな町の葬儀屋「セレモニー黒真珠」を舞台に、シッカ [全文を読む]

「賛否両論すべてを受け止める準備がある」 安達祐実×宮木あや子対談

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月22日11時00分

第5回「女による女のためのR‒18文学賞」で大賞と読者賞をW受賞した宮木あや子のデビュー作『花宵道中』が映画化された。ヒロイン・朝霧を演じるのは安達祐実。芸能生活30周年という節目に、彼女がこの作品を選んだ理由とは? 主演女優と原作者がそれぞれの胸の内を語る。異色デュオ・黒色すみれが彩る『花宵道中』の世界――映画化の話はいつ頃から動き出したのでしょう?【安 [全文を読む]

石原さとみ、新ドラマ主演決定で反響「ファッションが気になる」「参考にします」

モデルプレス / 2016年08月12日05時30分

◆原作者も期待 そして、ドラマの原作である宮木あや子氏の同名小説シリーズについては、「面白くてあっと言う間に読んでしまいました。(主人公の)口の悪さも読んでいてスッキリするし、本当にファッションが好きな人なんだなぁということが伝わってきてワクワクしました」とコメント。 対して「ドラマ化の話をいただいたときは飛び上がるほど嬉しかったです」と語る宮木氏は、「 [全文を読む]

石原さとみ、ド派手ファッションで大暴れ “地味にスゴイ”新風巻き起こす<本人コメント>

モデルプレス / 2016年08月11日05時00分

◆原作者も期待 そして、ドラマの原作である宮木あや子氏の同名小説シリーズについては、「面白くてあっと言う間に読んでしまいました。(主人公の)口の悪さも読んでいてスッキリするし、本当にファッションが好きな人なんだなぁということが伝わってきてワクワクしました」とコメント。 対して「ドラマ化の話をいただいたときは飛び上がるほど嬉しかったです」と語る宮木氏は、「 [全文を読む]

異色デュオ・黒色すみれが彩る『花宵道中』の世界

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月23日11時00分

原作者・宮木あや子からのラブコールを受け映画『花宵道中』のエンディングテーマを手がけた、ゆか・さちによる女性デュオ「黒色すみれ」。かねてから親交が深い3人が語る秘話とは? 主演・安達祐実が語る『花宵道中』 【宮木】いつかお近づきになりたいな、とずっと思っていたんです。それで横浜の演奏会に行ったのが最初の出会いでした。 【ゆか】 そのときはもちろん作家の方だ [全文を読む]

20年ぶりとなる映画主演作で証明 安達祐実は「上手い」ではなく「すごい」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月16日05時50分

関連情報を含む記事はこちら 原作は、宮木あや子の連作短編小説。江戸の吉原で火事が出たため、遊女たちは住み慣れた土地を出て、仮住まいでの仕事を余儀なくされた。己の運命を受け入れていたはずの遊女・朝霧はそこで、心を動かす相手と出会ってしまう。ハッピーエンドなんて決して訪れることのない、悲恋の物語が幕を開ける─。 宮木あや子は冒頭の一編『花宵道中』で、「女によ [全文を読む]

今回のテーマは、「愛」×「官能」×「読みきり」 紙は存在しません!文藝春秋 電子小説誌『つんどく!vol.2』発売!

@Press / 2013年11月21日13時00分

宮木あや子さんコメント(『つんどくvol.2』に「ヴィオレッタの尖骨」を寄稿)単行本は持ち運びに不便だから文庫になるまで待つ、という読者は結構います。ファッション雑誌も最近、ミニサイズの持ち運びが楽な版が登場しています。レストランやネイルサロンのメニューは既にタブレット。紙媒体の小型化、軽量化の最たるものが電子化です。現代人の読書離れとスマホ(タブレット [全文を読む]

主演舞台「野良女」初日 佐津川愛美「全部アラサーのせいで…」

スポニチアネックス / 2017年04月06日08時35分

「校閲ガール」「花宵道中」などのヒット作で知られる作家、宮木あや子氏の同名小説が原作で、アラサー女子の本音トークがさく裂する。 開幕前の会見で、佐津川は「コケたりするのも、セリフを忘れるのもアラサーのせい。全部アラサーのせいで片付きます」と自身について語って笑わせ、「チームワークで乗り切りたい」と意気込んだ。 共演は芹那(31)、沢井美優(29)、深谷美 [全文を読む]

佐津川愛美&芹那らが舞台初日「せりふ忘れたらアラサーのせい」

ORICON NEWS / 2017年04月05日15時36分

【個別ショット】佐津川愛美、芹那らが役衣装で登場 同舞台は石原さとみ主演でドラマ化もされた小説『校閲ガール』の作者・宮木あや子氏の小説を舞台化。稲葉賀恵氏が演出を務め、独身アラサー女性5人の日常と葛藤を描く。きょう5日から9日まで8公演を行う。 芹那は「(共演して)2ヶ月近くなんですけど、アラサーの集いが何個かあって舞台とかぶる部分あるなって思った。ある [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース