高村正彦のニュース

日本最大級のクラウドイベント「Concur Fusion Exchange 2016 Tokyo」 自由民主党 副総裁 高村正彦氏・厚切りジェイソン氏登壇決定!

DreamNews / 2016年06月30日13時30分

2016年6月30日(東京発)日本最大級のクラウドイベント「Concur Fusion Exchange 2016 Tokyo」に自由民主党 副総裁 衆議院議員 高村正彦氏、スペシャルゲストとしてお笑い芸人の厚切りジェイソン氏の登壇が決定~今までの日本、そして、これからの日本のあるべき姿をそれぞれの立場から切り込んでいただきます!~出張・経費管理クラウドの [全文を読む]

高村正彦×島田晴香(AKB48)『選挙ってなんだろう!?』発売!

@Press / 2015年11月19日16時30分

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2015年11月20日(金)、高村正彦×島田晴香(AKB48)『選挙ってなんだろう!?』を発売します。 今年6月、公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、公布されました(施行は平成28年6月19日)。今回の公職選挙法等の改正は、満18歳以上、満20年未満の者にも選挙に参加できるという点。高校 [全文を読む]

コンカー監修の東洋経済新報社 Think! 別冊No.9 「間接費改革から始める戦略的コストマネジメント」が発刊

DreamNews / 2017年03月24日11時00分

自由民主党 副総裁 衆議院議員 高村正彦氏とコンカー 代表取締役社長 三村真宗の成長戦略と電子帳簿保存法規制緩和に関する巻頭特別対談から、コンピュータ・AIが変える社会と仕事の近未来像、デジタル化・クラウドサービスなどテクノロジーの発展を活用した間接費改革による経営基盤の強化施策、先進的な間接費改革・働き方改革を推進する企業のトップリーダーたちの理念と成長 [全文を読む]

民主党・蓮舫代表「昔も今も、実現可能なものしか提案していない」発言に疑問の声

ガジェット通信 / 2016年09月30日05時45分

9月28日には、自民党の高村正彦副総裁の「実現可能な提案をしてもらいたい」という発言を受け、「昔も今も、実現可能なものしか提案していない」と反論したという蓮舫議員。 参考記事:民進・蓮舫代表「昔も今も、実現可能なものしか提案していない!」 自民・高村正彦副総裁に反論(産経ニュース) http://www.sankei.com/politics/news/ [全文を読む]

明治大学国際総合研究所・東京財団共催国際シンポジウム「中国はどのような『大国』か?」4月25日(月)、 駿河台キャンパスで開催

@Press / 2016年04月11日13時45分

高村正彦自民党副総裁を基調講演者に、川口順子明治大学特任教授(東京財団名誉研究員・元外務大臣)をモデレーターとして、中国のみならずアジア太平洋の国際情勢を知り尽くす、日米中ASEANの論客をパネリストに迎え、特定の国家間関係にとらわれず、政治、社会、外交、安全保障、経済など幅広い視点から、これからの中国とアジア太平洋地域の未来を論じます。 国際シンポジウム [全文を読む]

そもそも選挙とは何か? 民主主義とは? なぜ投票するのか?―AKB48・島田晴香の質問に政治家・高村正彦が答える!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月07日11時00分

同書は、選挙権を与えられる18歳や若い世代を読者と想定し、そもそも選挙とは何か? 民主主義とは? なぜ投票するのか? 日本の政治・外交など、AKB48の島田晴香の質問にベテラン政治家の高村正彦が丁寧に答え、わかりやすく解説した1冊。もちろん若い世代だけでなく、政治や選挙に関心が薄かった人も“選挙とはなにか?”を学び直すのに最適な内容になっている。 <主な内 [全文を読む]

安保法案に反対する学者たちが「ケンカを買った」 その余波

NEWSポストセブン / 2015年06月23日07時00分

物言わぬ学者たちに火をつけたのは、自民党で安保法案取りまとめにあたった高村正彦・副総裁のひと言だ。 「学者のいう通りにしたら平和が保たれたか」 高村氏は安保法案に「憲法違反」と表明した憲法学者たちをそう批判した。すると、「このケンカ、買うしかない」と同法に反対する学者たちが立ち上がったのである。 「憲法学者が憲法の字面に拘泥するのは当たり前。それをやめろ [全文を読む]

日本食を堪能しつつ親交深める日中関係者=「大使公邸春の交流会」開催―中国

Record China / 2017年05月07日10時40分

また、高村正彦会長率いる日中友好議員連盟訪中団や自民党宏池会訪中団も同交流会のために駆けつけ、在中国日本大使館の横井裕大使とともに日本料理や茶を堪能した。 同交流会に参加した日中各界の関係者たちは、日本食材を使用した色とりどりで見た目も春らしさあふれるおいしい日本料理に舌鼓を打ちながら、さらなる日中関係の発展を目指して、互いの親交を深めた。(提供/人民網 [全文を読む]

日中友好議員連盟が訪中、兪正声全国政協主席と会談―中国紙

Record China / 2017年05月05日14時30分

兪正声全国政協主席は4日、高村正彦会長を団長とする日中友好議員連盟訪中団と人民大会堂で会談した。人民日報が伝えた。 兪主席は「国交正常化から45年で両国は相次いで4つの基本文書をまとめ、各分野の交流・協力は目覚ましく発展した。ようやく手に入れたこの局面を、一層大切にすべきだ。中国側は一貫して『歴史を鑑として、未来に向かう』精神に基づき、平和・友好・協力とい [全文を読む]

安倍政権を操るサントリー、「優遇」政策に批判噴出…狡猾な政治家・新浪社長の暗躍

Business Journal / 2017年01月10日06時00分

同7時33分、同ホテル発」(16年10月24日付時事ドットコム「首相動静」より) 懇談会に同席したのは、二階俊博自民党幹事長、高村正彦自民党副総裁、大島理森衆院議長など政府・自民党の要人たちだ。首相が30分余りで退席すると、入れ替わるように菅義偉官房長官が入った。「まるで閣議だね、集まった顔ぶれは」。宴会場から出てきた甘利明元経済財政政策担当相は、記者団の [全文を読む]

法務大臣経験者は総理になれないというジンクスあり

NEWSポストセブン / 2016年11月27日16時00分

法相経験者には谷垣禎一・前総裁や高村正彦・現副総裁など自民党総裁選に出た実力者が少なくないが、それでも総理が生まれない。そのうち総裁の椅子が見えてきたら、就任を断わる人が出てきたりするかも。 ◆総理になれない3ジンクス 【1】県議あがり 【2】参院議員出身者 【3】落選経験者 自民党で長く破られなかった有名な3つのジンクスだ。田中角栄・元首相の言葉とされる [全文を読む]

衆院、来年1月解散説を自民党関係者は否定…来年12月選挙が党上層部では有力

Business Journal / 2016年10月27日06時00分

その後も二階氏は「選挙の風が吹き始めている」(10月10日)と発言し、同12日には高村正彦副総裁も「確かなことは解散風が吹き始めているということだ。常在戦場の心構えを超え、なんらかの準備を始めたほうがいい」と語り、「年明け早々の冒頭解散じゃないか」「いや、年内にあるかも」といった憶測が永田町を飛び交い、気の早い週刊誌は当落予測記事の準備に余念がない。 自民 [全文を読む]

<ボイス>日中韓で面白い一致=そろってトップの任期延長進める、もしかして相談済み?―在日中国人作家

Record China / 2016年10月24日21時20分

日本の自民党は19日、現行の「連続2期6年」の党総裁任期を延長することを決め、「3期9年」案を軸に、無期限案も含め最終判断を実行本部長の高村正彦副総裁に一任した。いずれの案でも安倍晋三首相が3選に向け立候補できる環境が整い、2020年の東京五輪時の在任も濃厚となった。 一方、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は24日、国会演説で「実態に合わなくなっている」 [全文を読む]

安倍首相「1月解散」は意外と本気 維新150周年に意欲

NEWSポストセブン / 2016年09月26日07時00分

本部長の高村正彦・副総裁は同本部の初会合(9月20日)でいきなり現在2期6年の総裁任期を「3期9年」に延長する私案を提出し、安倍首相から直接、「総裁任期の延長を検討してほしい」と本部長就任を要請された内幕を明らかにした。 いくら安倍首相が「任期延長は全く考えていない」と否定しても、首相の特命なのはバレバレなのだ。 首相自身、この夏、地元・山口での講演で任 [全文を読む]

安倍首相 東京五輪開会式でのコスプレに前向き

NEWSポストセブン / 2016年09月05日07時00分

「任期延長は大いに検討に値する」と公言する二階俊博氏を幹事長に起用し、党則改正を議論する党の政治制度改革実行本部長に高村正彦・副総裁、本部長代行には茂木敏充・政調会長とシンパ議員で固め、「年内に任期延長の結論を出す」(二階氏)と強行突破を図ろうとしている。将来的に安倍首相からの“禅譲”を期待する稲田朋美・防衛相も早々に「前向きに検討」と賛意を示した。政治 [全文を読む]

日本最大級のクラウドイベント「Concur Fusion Exchange 2016 Tokyo」 参加登録者数2,000名突破!

DreamNews / 2016年08月31日09時00分

■ Concur Fusion Exchange 2016 Tokyo 開催概要日時 : 2016年9月8日(木)10:00-17:00 (受付開始 9:15)会場 : グランド ハイアット 東京(東京都港区)参加費 : 無料(事前登録制)参加人数 : 2,000名主催 : 株式会社コンカー公式サイト : https://www.concur.co.jp/ [全文を読む]

9条改正 日本会議国会議員懇談会メンバーは一枚岩でない

NEWSポストセブン / 2016年08月15日07時00分

さらに自民党最高幹部の高村正彦・副総裁も「10年先、何年か先は別だが、憲法9条が改正される可能性はゼロだ」との立場だ。 そのため、安倍首相の改憲戦略は揺れ動いてきた。9条改正のハードルが高いとみた首相がまず打ち出したのが憲法改正条項(96条)の改正だった。 国会では安倍側近の古屋圭司・元拉致担当相を会長に超党派の「憲法96条改正を目指す議員連盟」(96条改 [全文を読む]

岸田外相 谷垣氏入院で2年後に一気に総理・総裁狙える

NEWSポストセブン / 2016年08月02日11時00分

そんな中堅議員からは、「谷垣さんは声が出せないんじゃないか」「頸髄損傷なら、少なくとも当分は車椅子生活は避けられないだろう」という見方が上がり、後任の幹事長には、細田氏の昇格や高村正彦・副総裁の“降格”、さらに二階俊博・総務会長の名前や、菅義偉・官房長官の幹事長起用という大型人事まで取りざたされている。 [全文を読む]

衆参同日選めぐる安倍VSオール衆院議員の攻防展開

NEWSポストセブン / 2016年05月30日07時00分

高村正彦・自民党副総裁は、「私みたいな草食系の人間は(内閣不信任案が提出されても)淡々と否決すればいいと考えるが、『それじゃあ、国民に聞いてみよう』と思うのは立派な大義名分になりうることだけは確かだ」と語り、自民党選挙対策委員会の幹部は、「総理は肉食系。最近肉ばかり食べている」という言い方で、周囲が反対しても解散に踏み切る可能性があるとの見通しを語った。 [全文を読む]

安倍総理の外交戦略を揺るがすプーチンの重大疑惑

まぐまぐニュース! / 2016年01月28日19時30分

先ごろ訪露した自民党の高村正彦副総裁がプーチンの訪日を要請したが、いまだプーチンは動かず、先に安倍首相が出向くことになった。あいかわらずプーチンはしたたかだ。 おりしもロシアは資源価格暴落のあおりで、石油や天然ガスの税収を基盤とする政府の基金が2019年にも枯渇するといわれるほど経済が悪化している。追い込まれたロシアが、例のごとく北方領土をエサに、日本と [全文を読む]

フォーカス