野田佳彦のニュース

『亡国のイージス』作者 野田佳彦氏が総理になって困った

NEWSポストセブン / 2012年03月14日07時00分

野田佳彦・首相に字面までそっくりだ。 主人公・野田圭介は、放射能の不安に怯える中学生の息子を救うため、中学の全校集会で日本の未来、真の脱原発に向けた演説を行なう。 この展開に、読者の間には「“子供たちの未来”が口癖の野田佳彦・首相を意識したのではないか」「終盤の主人公の演説は、野田首相の所信表明演説へのオマージュ」などの噂が広がっているが、実際はどうなのか [全文を読む]

政界で“メンズブラ”が流行中!? 歴代首相や大物議員もブラジャー着用か!

tocana / 2017年04月05日07時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/04/post_12708.html】■ブレイクのきっかけは、野田佳彦元首相 秘書氏は、「国会議員や秘書たちには、以前からメンズブラを愛好する人たちが多かったのですが…」と前置きをしたうえで、最初に驚きの政治家の実名を挙げた。「政界でメンズブラを本格的に着用した第一人者は、旧民主党の野田佳 [全文を読む]

松井一郎大阪府知事が野田佳彦民進党幹事長に『Twitter』で応酬! 「財務官僚に忖度して消費増税した張本人」

ガジェット通信 / 2017年03月28日21時00分

※参考記事 松井一郎大阪府知事「民進党の要請を受けた忖度でしょ」 籠池夫人のメールに関し辻元清美議員に触れないメディアを批判 http://getnews.jp/archives/1672935 [リンク] さらに、2017年3月27日に野田佳彦民進党幹事長が国会内の記者会見で松井府知事の「総理が政治家であるなか忖度はある」という発言に対して「大阪府の職 [全文を読む]

皇室典範改正 民進党は蓮舫氏でなく野田佳彦氏が議論リード

NEWSポストセブン / 2017年02月06日16時00分

民進党内の議論と発信をリードしているのは、蓮舫代表ではなく野田佳彦幹事長だ。 最大のポイントは、野田が総理経験者だという事である。首相は国政の状況等を陛下に説明する「内奏」をおよそ2~3か月に一度の頻度で行う。陛下のご意向が議論の核心と密接にかかわるこの問題では、天皇皇后両陛下と直接言葉を交わす機会があった野田の言葉の説得力は、民進党内では突出している。 [全文を読む]

蓮舫氏に早くもシラケムード。野田幹事長起用で「民進党は終わった」

まぐまぐニュース! / 2016年09月21日04時45分

圧勝という形で民進党の新代表に就任した蓮舫氏ですが、その最初の大仕事とも言える党人事で、周囲の反対を押し切り野田佳彦氏を幹事長に起用、党内からは反発の声が上がっています。メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では野田氏の戦犯性と民進党の混濁ぶりを記すとともに、今回の人事について「政治的自殺行為」と厳しく批判しています。 「野田幹事長」という民進党の死に [全文を読む]

増税問題で落選させたい議員は谷垣禎一と野田佳彦と与謝野馨

NEWSポストセブン / 2012年09月11日16時00分

野田佳彦氏】 政権を取るまでは「シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです」というシロアリ演説に自ら酔っていたが、首相になると財務省の操り人形となり、「これから生まれてくる子どもは1人700万円の借金を背負っている」と増税を推進した。役人に簡単に操られる程度のパペット政治家。 【 [全文を読む]

蓮舫氏を襲った ダブルの「ちぐはぐ」

J-CASTニュース / 2017年04月13日19時05分

「そこから先の判断はご本人」と突き放す 蓮舫氏の会見が行われる1時間ほど前の4月13日14時頃、細野氏は野田佳彦幹事長を訪れて辞表を提出し、受理された。記者団の取材に応じた細野氏は、 「私は、立憲主義的な民進党らしい憲法改正案を出すことは、提案型政党としてきわめて重要なことだと考えてきたが、今の民進党の執行体制については、やはり改正について消極的と理解せ [全文を読む]

暴政を排除するために最も有効な手法は「民主主義の活用」だ-植草一秀

メディアゴン / 2016年12月13日07時30分

2012年の総選挙に際して、野田佳彦氏は、 「シロアリを退治しないで消費税を上げるのはおかしい」と大声で叫んだ。その野田佳彦氏が首相に就任して、「シロアリを退治しないで消費税増税を強行決定」した。日本政治刷新の偉業が水泡に帰した最大の原因がここにある。鹿児島県知事による川内原発再稼働容認沖縄県知事による高江ヘリパッド建設容認、辺野古米軍基地建設容認の行動を [全文を読む]

野党共闘を妨害する原発推進の御用組合「連合」[植草一秀]

メディアゴン / 2016年10月26日16時16分

菅直人氏、野田佳彦氏、岡田克也氏は本当の意味での革新勢力である小沢氏と鳩山氏を排除するためのエージェントとして活用されたのである。2010年6月政変は、このエージェント勢力による権力の強奪であった。2010年2月に来日して小沢一郎氏と会談した米国務次官補のカート・キャンベルは、ソウルでキム・ソンファン氏と会談して、日本の窓口を小沢-鳩山ラインから菅・岡田ラ [全文を読む]

日本文明の墓場行きTPPバスに絶対乗ってはいけない[植草一秀]

メディアゴン / 2016年10月15日07時30分

この「存立させてはならない」鳩山政権を破壊して、支配者が創設したのが菅直人政権と野田佳彦政権である。そして、野田佳彦政権に安倍晋三政権誕生の橋渡しをさせた。その安倍晋三氏は、祖父の岸信介氏の代からの米国のエージェントであると思われる(訴訟リスクを避けるため、文末に「評論」と弁明できる語尾を付す)。岸信介氏は戦犯容疑者として収監されたが、釈放された。米国によ [全文を読む]

フォーカス