山本直樹のニュース

公園デビューも連合赤軍もオウムもみんな同じ――山本直樹が描いた閉鎖された社会

サイゾーウーマン / 2012年10月07日09時00分

すっかり久しぶりとなってしまった(!)第2回は、「イブニング」(講談社)にて連載中の『レッド』が好評な山本直樹先生にご登場いただきました。これまで、“本業”であるエロマンガを活動の主体としながらも、1996年に映画化され、家族のあり方に迫った『ありがとう』(小学館)や、新興宗教を題材とした『ビリーバーズ』(復刊ドットコム)など、独自の視点で社会問題を取り上 [全文を読む]

「人は死ぬし、死んだ後には何もない」クリスチャンになれなかった山本直樹の信念

サイゾーウーマン / 2012年10月08日09時00分

――連動赤軍とオウム真理教との共通性を、どんなところに感じたんですか? [全文を読む]

閃光、家畜、最後の晩餐…今日の芸術が“爆発”しまくる「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」がヤバい!

tocana / 2017年03月03日07時00分

【その他の作品写真はコチラ→http://tocana.jp/2017/03/post_12498.html】 これは今回、岡本太郎賞を受賞した山本直樹の作品《Miss Ileのみた風景》の一部である。「入口のセンサーが人を感知すると戦闘機の音がして、7秒後に3秒間、5万6千ルーメンのLEDが発光、ガラス張りの展示室は一瞬真っ白になります」と、山本は観客た [全文を読む]

「浦沢直樹の漫勉」シーズン4に、巨匠・ながやす巧らが登場!

Smartザテレビジョン / 2017年02月24日12時45分

第3回(3月9日放送)は山本直樹。ストーリー性のある青年漫画を描く一方で、大胆な性描写の成人向け漫画など幅広いジャンルで活躍している。'91年発表の「BLUE」(小学館)ではその過激な描写が論争となるが、その後も作風は変わらず、'95年発表の「ありがとう」(小学館)では“家族とは何か”を問い掛けたテーマ性も高く評価された。 現在は、「レッド」(講談社)を [全文を読む]

PwC「グロバール情報セキュリティ調査」が教える日本の課題

Forbes JAPAN / 2016年12月27日17時45分

PwCコンサルティングの山本直樹パートナーは「ただサイバー攻撃そのものがおとなしくなってきたということではないんです」と指摘する。大きな被害が出ていないことと、インシデントの予兆を捉えて早い段階で対策を打てるようになったことが、被害額の減少につながっているようだ。1件あたりの被害額が減少していることから、ターゲットがまだ対策が不十分な中小企業などへシフトし [全文を読む]

相続放棄の落とし穴...骨肉の争いを防ぐ「遺産分割協議書」の作り方

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月03日10時04分

(ライター・椙原繭実、監修・山本直樹弁護士)● 相続放棄の落とし穴Aさん(40代・主婦)は、父親が亡くなる以前から、実姉と「私たちが相続放棄をして、母親に全財産を残してあげよう」と合意していたそうです。両親は持ち家で、2人暮らし。預貯金はそれなりにあり、借金などの負債はなかったとのこと。父親が亡くなると、当初決めていたとおり、姉妹で一緒に相続放棄しようと話 [全文を読む]

進化するテクノロジーと高まるサイバーリスクにどう向きあうか

Forbes JAPAN / 2016年09月02日17時00分

<パネリスト>・大井哲也/TMI 総合法律事務所 弁護士・須田真也/アステラス製薬 情報システム部長・ジュゼッペ・コバヤシ/シマンテックコーポレーション(US) 日本担当チーフストラテジーオフィサー・名和利男/PwC サイバーサービス 最高技術顧問・星澤裕二/PwC サイバーサービス 最高執行責任者<モデレーター>・山本直樹/PwCコンサルティング パート [全文を読む]

1人だけ違う「連れ子」の名字、変えるのに「養子縁組」が必要?【小町の法律相談】

弁護士ドットコムニュース / 2016年08月05日09時48分

山本直樹弁護士に聞きました。(この質問は、発言小町に寄せられた投稿をもとに、大手小町編集部と弁護士ドットコムライフ編集部が再構成したものです) ●養子縁組しなくても、名字変更の手続きは可能まず、妻の連れ子である男の子の名字を変更するにあたって、養子縁組をする場合としない場合、それぞれ分けて検討してみましょう。養子縁組をしない場合は、「子どもの氏の変更の手続 [全文を読む]

闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(10)あいまいだったピンク作品の「有害図書」基準

アサ芸プラス / 2016年05月06日17時58分

○「BLUE」山本直樹 めくるめく淫靡なカラミに、薬物を思わせる表現も登場。そのため都条例で不健全指定を受け、コミックスは裁断されたが、後に複数の出版社から復刊されている。○「密室」ビューティ・ペア 表現が過激すぎたため、作者だけでなく出版社社長、編集局長も逮捕された。書店に正規流通するコミックスとして、戦後初の有罪判決となったが、その基準は今も不明のまま [全文を読む]

朝ドラ「あさが来た」に「妾」を出すべきかどうかで論争・・・法的にはどんな存在?

弁護士ドットコムニュース / 2015年12月13日11時00分

山本直樹弁護士に聞いた。●現在の法制度では「妾」契約は無効「歴史上、『妾』がどのような存在であるのかという点について、様々な意見があるところだと思います。ただ、現在では、仮に妻子ある男性が、他の女性を妾にする契約を結んだとしても、裁判所は、契約自体が公序良俗に反するとして無効と判断するでしょう。そのため、現在の法律では『妾』は許容されていないといえます。ま [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース