朝井リョウのニュース

朝井リョウ氏が絶賛! 『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』バレリーナを目指して滝に打たれる?

ガジェット通信 / 2016年12月08日07時00分

加藤千恵さん/朝井リョウさんが『谷ゆき子』の超展開を絶賛! この『真夜中のニャーゴ』、先週11月30日に配信された加藤千恵さん/朝井リョウさんがパーソナリティーを務める回で、『超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界』を熱い想いを交えて紹介してくださいました! ◎放送前の朝井リョウさんの意気込み 本日23:05から「真夜中のニャーゴ」 #ニャーゴ水 に出演しま [全文を読む]

映画「何者」公開記念!原作小説『何者』がブックパス限定で読み放題!!朝井リョウ直筆サイン入り本のプレゼントも実施

PR TIMES / 2016年10月14日13時50分

今秋大注目の映画の原作小説『何者』がブックパスの読み放題に登場! 幅広い層から絶大な支持を受ける人気作家・朝井リョウが、就活大学生の自意識をリアルに描いた長編小説『何者』。発売当初より大きな反響を呼び、第148回直木賞を受賞した本作品が、豪華俳優陣で映画化!今秋大注目の映画「何者」が、いよいよ10月15日(土)に公開します。 「ブックパス」では、映画公開 [全文を読む]

~審査委員長朝井リョウ氏より子どもたちへ賞状を授与~ 第5回 私のおすすめブックコンテスト表彰式を開催! 朝井リョウ氏がおすすめ!文章力アップの秘訣は?

DreamNews / 2016年11月18日14時30分

今年は過去最多の応募となる18,045作品の応募をいただき、審査委員長の朝井リョウ氏などによる厳正な審査の上、大賞4作品と審査委員長賞1作品を表彰しました。受賞者と朝井リョウ氏との記念撮影(11月13日 東京マリオットホテルにて)<受賞者>【小学校低学年の部 大賞】ペンネーム:小百合さん「おすすめの本「さかさ町」を読んで」 作者:F.エマーソン・アンドリ [全文を読む]

佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生ら豪華キャスト集結! 朝井リョウ『何者』実写映画化に期待の声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月24日17時30分

平成生まれの直木賞作家として世間にその名を残した朝井リョウの代表作『何者』が、主演・佐藤健をはじめ有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之など超豪華俳優陣で2016年10月15日(土)に実写映画化されることが決定した。これにはファンも「キャスト豪華すぎいいいいい!」「この豪華なキャストなら絶対いい作品になること間違いなしだな」「これは濃ゆい面々! [全文を読む]

朝井、会社やめるってよ! ウソでもギャグでもなく、朝井リョウが東宝を退職!

リテラ / 2015年04月22日13時00分

なんでも、作家の朝井リョウが、二足のわらじで勤務していた映画会社・東宝を辞めたというのだ。 朝井リョウといえば、こじらせ男子たちの、嫉妬と羨望の眼差しを一身に集めている作家。早稲田大学在学中の20歳のときに『桐島、部活やめるってよ』(集英社)で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。映画化された『桐島〜』はヒットし、アカデミー賞も受賞。そして、日本でいちばん有名 [全文を読む]

審査委員長 朝井リョウ氏 による講評も! 第5回 私のおすすめブックコンテスト 表彰式を開催! 【11月13日(日)/ 東京マリオットホテル(品川)】

DreamNews / 2016年11月04日13時00分

11月13日(日) 東京マリオットホテル(品川)にて、審査委員長(直木賞受賞作家 朝井リョウ氏)、協力出版社をお招きし、大賞・審査委員長賞受賞者の表彰式を開催します。個別指導塾「明光義塾」が主催する第5回「私のおすすめブックコンテスト」の入賞者が決定しました。今回は過去最多となる18,045作品の応募がありました。11月13日(日) 東京マリオットホテル( [全文を読む]

~子どもたちが手に入れた新しい視点~ 第5回私のおすすめブックコンテスト 18,000作品の中から朝井リョウが選んだ大賞作品が決定!

DreamNews / 2016年10月21日17時00分

審査委員長に直木賞受賞作家の朝井リョウ氏を迎え、小学生低学年、小学生高学年、中学生、高校生の各部門から大賞を4名、および審査委員長賞や出版社特別賞など各入賞作品を決定しました。■大賞【小学校低学年の部 大賞】 小百合さん 小学3年生 ・おすすめの本「さかさ町」を読んで ・おすすめしたい人 お友だち ・審査委員より 題名だけではなく中身が読みたくなる「おすす [全文を読む]

朝井リョウ氏 「次世代へバトンを渡す覚悟はできてます」

NEWSポストセブン / 2016年08月21日16時00分

就職活動を通して自分の“今”と向き合い、「何者」かを模索する5人の大学生を描いた『何者』(新潮社刊・ 朝井リョウ著)だ。 この作品で初めて平成生まれの直木賞作家として世間に名を轟かせた小説家・朝井リョウ。就職活動、兼業作家生活を経て、昨年の春に2年働いた会社・東宝を辞め、執筆活動に専念するようになった彼の“今”との向き合い方とは――。 小説家、朝井リョウ[全文を読む]

朝井リョウ原作の『チア男子!!』アニメ化決定に「こりゃあ見るしかないな」とファン興奮!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月04日17時30分

チアリーディングに青春をかけた男子たちを描いた朝井リョウ原作の『チア男子!!』がTVアニメ化され、2016年7月から放送を開始することが分かった。直木賞作家の小説が待望のアニメ化とあって「チア男子アニメ化するのか! 原作読んでめちゃくちゃはまったなー」「ちょ、朝井リョウ初めてのアニメ化じゃない!? こりゃあ見るしかないな」「朝井リョウに外れはないから、もち [全文を読む]

石田衣良、朝井リョウ...小説界にハロプロファン急増!ハロー!の魅力を伝えたい文豪5人

AOLニュース / 2015年05月09日12時00分

直木賞作家である朝井リョウが架空のアイドルグループの姿を描いた小説『武道館』の発売を記念して組まれた特集の中で、一人の小説家がハロプロファンであることを表明したのだ。その小説家とは『池袋ウエストゲートパーク』『4TEEN』などで知られる石田衣良。朝井リョウ、柚木麻子とともに行った鼎談で、ハロー!プロジェクトを絶賛している。座談会の記事によれば石田衣良は昨年 [全文を読む]

番組『SCHOOL OF LOCK!』と朝日新聞がコラボ!10代リスナーが創った「MIRAI新聞」、11月29日(金)発行!

PR TIMES / 2013年11月27日12時09分

~特別編集長は、直木賞作家の朝井リョウ~ TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』では、朝日新聞とのコラボレーションにより、10代リスナーが記者となってホンモノの新聞を創るスペシャル企画を、直木賞作家の朝井リョウを特別編集長に迎えて実施致しました。新聞のタイトルは、『MIRAI新聞』。朝日 [全文を読む]

番組『SCHOOL OF LOCK!』と朝日新聞がコラボ! 直木賞作家 朝井リョウが特別編集長に就任し、10代リスナーと新聞を創ります!

PR TIMES / 2013年10月21日14時27分

さらに、特別編集長には「桐島、部活やめるってよ」で10代の学校生活における不穏な空気を緻密に描き、「何者」で直木賞を受賞した作家、朝井リョウが就任。10代の希望と今が詰まった新聞を共に創ります。発行は11月末予定。★応募は番組ホームページで10/31(木)24:00まで受付中。http://www.tfm.co.jp/lock【朝日新聞からのメッセージ~ [全文を読む]

朝井リョウ新作「子供たちの姿を繊細な言葉で描いている」評

NEWSポストセブン / 2013年08月19日16時00分

【書評】『世界地図の下書き』(朝井リョウ/集英社/1470円) 【評者】今井麻夕美(紀伊國屋書店新宿本店) 朝井リョウの新作が出た。プレッシャーと期待のなかで紡がれる受賞後の第一作は、作家の真価が問われると思う。本作を読んで私が感じたのは、「朝井リョウ、やはり只者ではない!」ということだ。 両親を事故で亡くし、小3の夏、児童養護施設「青葉おひさまの家」に来 [全文を読む]

朝井リョウが「兼業作家に戻りたい」発言! 古巣の東宝が絶好調で作家として成功の川村元気が羨ましくなった?

リテラ / 2016年10月31日12時00分

佐藤健、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之といったオールスターキャストで映画化された朝井リョウ原作の『何者』。10月22日放送の『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ)で、宇多丸も「こんな体の内側からヒクヒクくるぐらいきちゃったのは結構『クリード チャンプを継ぐ男』以来かもしれない」と絶賛するなど話題を呼んでいる。 [全文を読む]

山田孝之 共演の“佐藤健”に寄せて役作りをしていた!

anan NEWS / 2016年10月20日20時00分

'12 年に発表された時、そのヒリヒリするほどの生々しさで話題となった朝井リョウさんの小説『何者』が、ついに映画化された。 描かれるのは、就職活動というゴールの見えない競争に足を踏み入れた、学生たちの心の葛藤。そして繊細に傷つき、傷つけあう姿だ。 佐藤健さんが演じたのは、冷静な観察眼で、人を分析するのが得意な主人公・二宮拓人。山田孝之さんは、サークルのOB [全文を読む]

「生きる世界は他にもある」朝井リョウが『世界地図の下書き』で伝える、「逃げる」ことの意味

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月06日06時30分

『世界地図の下書き』(朝井リョウ/集英社)は、それぞれ事情を抱える子どもたちの日々が細やかに描かれている。太輔と同い年の淳也、その妹の麻利。おしゃまな美保子。彼らは学校でのいじめや疎外感、帰る場所のない孤独感などと戦っている。けれど本書の眼目は、彼らの悲劇を描くことではない。むしろ彼らから伝わってくるのは「希望」だ。辛いこともある、うまくいかないこともあ [全文を読む]

審査委員長に朝井リョウ氏(2013年直木賞受賞) 2016年夏 明光義塾主催 第5回 私のおすすめブックコンテスト ~感動を友だちに伝えよう~

DreamNews / 2016年07月01日12時00分

「第5回 私のおすすめブックコンテスト ~感動を友だちに伝えよう~」・募集期間:2016年7月1日(金)~2016年9月8日(木)・投稿資格:小学校低学年・小学校高学年・中学生・高校生・審査委員長:朝井リョウ・推薦図書:出版8社(朝日出版社・ 学研プラス・KADOKAWA・講談社・集英社・新潮社・PHP研究所・文藝春秋)の協力により推薦図書100冊を選定。 [全文を読む]

直木賞作家・朝井リョウさんを招待!「目指せ直木賞!ぼくわたしのショートショート発表会」の作品募集中!

DreamNews / 2016年06月27日16時00分

また、当日は直木賞作家の朝井リョウ氏にコメントやアドバイスをいただきます。【開催概要】1.発表会開催日時・場所平成28年10月29日(土)14:00~ぎふメディアコスモス みんなのホール(岐阜市司町40番地5)2.応募資格中学生または高校生で、開催当日にイベント参加可能な方3.応募規定テーマ:自由原稿用紙5枚以内の短編小説(同等の文字数2000字以内であれ [全文を読む]

【朝井リョウさん】『幸福な方がよいものが書ける』直木賞作家の幸せを生む睡眠とは

Fuminners / 2015年12月03日11時00分

デビュー作『桐島、部活やめるってよ』の映画化や、2013年『何者』での戦後最年少の直木賞受賞など、数々の話題を集める人気作家・朝井リョウさん。大学在学中、さらには就職してからの約3年間、学生・会社員という本業を持ちながら、作家としても活躍するという兼業生活を送ってきました。しかしこの2015年の春から、ついに作家活動に専念することに。とはいえ専業作家となっ [全文を読む]

明光義塾主催 第4回「私のおすすめブックコンテスト」表彰式を開催 ~ 計13,855の応募作品から大賞4作品、審査委員長賞1作品を表彰 ~

DreamNews / 2015年11月16日16時00分

今年は、過去最多の応募となる計13,855通の応募をいただき、審査委員長の朝井リョウ氏などによる厳正な審査の上、大賞4作品と審査委員長賞1作品を表彰しました。受賞者と朝井リョウ氏との記念撮影(11月15日 京王プラザホテルにて)<受賞者>小学校低学年部門 大賞ペンネーム 柞木琉衣さん『くだものたくさん』 ハンダのびっくりプレゼントアイリーン・ブラウン作/ [全文を読む]

フォーカス